快適なフライトを楽しむ方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:224
  • ありがとう数:0

はじめに

海外旅行にでかけるとき、往復のフライト時間をいかに快適にできるかは、その後の旅行や、旅の後の疲れにも大きく影響する重大な問題です。

エコノミーでゆくときにはなおさら。ただでさえ狭い席の中でいかにリラックスしてすごせるか?

事前に足を伸ばせる席を確保する、並びで2つの席をとり体を伸ばすとか「席を確保する」系のノウハウはここでは触れません。

純粋に「楽を出来る旅のアイテム」のガイドです。

STEP1

アイマスク、空気枕、歯磨き、歯ブラシ、ハンドタオル、ウェットティッシュ、スリッパを全て手荷物に入れます。スリッパは必須です。

STEP2飛行機内で自分のシートを確保し、手荷物を定位置に締まったら

まず、スリッパに履き替えます。これで足のむくみは半分はとれたも同然です。

STEP3

食事の後は、トイレに行き、歯磨き、洗顔、ウェットティッシュで顔をさっぱりと整えます。機内は水があまり出ないので、紙コップを上手に使いましょう。
ウェットティッシュは貴重品です。

STEP4空気枕を膨らまして、首を固定して寝ます。

航空会社が用意してくれる枕は、首を固定できません。

10時間近くなので、首を固定しておくと大分楽です。
また、からだの向きを多少でも変えるには、航空会社が用意してくれる枕
がやわらかいのでベストです。

まとめ

スリッパは、折りたたみできる携帯用のものか、ホテルで出てくる使い捨ての
ものを失敬して、持ってくると便利です。

応用編として、旅行中に宿泊先のホテルで手に入れたスリッパやアメニティーグッズを、帰りの機内で使いこなす方法もあります。

必要なもの

携帯用スリッパ、空気枕 ウェットティッシュ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ