乳酸菌・生きているのと死んでいるのと差は? 乳酸菌vs納豆菌? 乳酸菌を知ろう

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

花粉症に良いとも言われる乳酸菌。でも乳酸菌についてどのくらい知ってる?

ということで今回は

・乳酸菌 生きているものと死んでいるのとの差は?

・乳酸菌vs納豆菌 身体によい菌代表格は共存できるのか?

・乳酸菌飲料を飲むと太る?

等、乳酸菌の基礎知識が分かるQAを集めました。

乳酸菌 生きているのと死んでいるのとの差は?

乳酸菌、ビフィズス菌などの効果というのは生きて腸に届くからあるのではなく、菌が分泌する代謝物や菌体成分に効果があるとされています。菌が生きて腸に届けば、腸の中で活動して代謝物を増やすので、もちろん効果が期待できます。しかし、ヨーグルトやサプリなどで口から入れる菌類はそのままずっと腸に生息するわけではありません。1~2日もすると大体死ぬとか、便として体外に排泄されてしまいます。特保のヨーグルト、サプリ、乳酸菌製剤などには毎日摂取するように書かれているのはそのためです。

乳酸菌の働きに関して書かれたある製薬会社のサイトです。

http://www.daiwa-pharm.com/info/mitsuoka/6459/

というわけで、敢えて殺菌して菌体成分や菌の代謝物を濃縮し、より高い効果を期待したサプリもあります。生菌と死菌のメリット・デメリットを説明したあるサプリメーカーのサイトです。

http://cogconcept.jp/?tid=2&mode=f6

死しても影響力が!

パンに殺菌済みの乳酸菌?なぜ?

乳酸菌の効果は、2つあります。

・腸などに達して、整腸作用を助ける効果を求めるもの。
・乳酸菌が生成したものの効果を期待するもの。

上のものは整腸作用などを目的として使われますので、生きていないと意味がありません。
下のものは、乳酸菌発酵の時にできた生成物を使う(酸味など)ので、乳酸菌が生きている必要はありません。

乳酸菌が生きていると、当然発酵をしていきますので、ほっておくと、酢になってしまいます。
それじゃぁ意味がありませんから、必要なところで、殺菌をすることで、酢になることを防ぐというものもあります。

何でもかんでも生きているば良いというものじゃなく、途中で止めるということも必要なので、殺菌をして、それ以上発酵などが進まないように止めるというひつようがあります。

一般の人は知らないと思いますが、
パンの風味や物性の改良、老化の防止等を目的とした、
業務用の乳酸菌材料は色々あります。
生地に入れる改良材だと思って良いです。
イーストを入れないのであれば生きた乳酸菌を入れても良いですが、
入っているので生きた物を入れる必要がありません。
殺菌乳酸菌パウダーという業務用の材料がある、そういう事です。
もちろんヨーグルト的な材料もあります。

また乳酸菌が生きているタイプもあります。
ルバン種やサワー種、パネトーネ種など野生酵母を発酵させたパン種には
生きた乳酸菌が入っています。
これらはパンの発酵に関与させるため、殺菌しません。

やはり死しても影響が!

乳酸菌vs納豆菌 身体に良い菌代表格は共存できるのか?

納豆菌と乳酸菌(ビフィズス菌を含む)を同時摂取しても、体内で納豆菌が乳酸菌を殺すということはありません。数々の実験で、納豆菌は乳酸菌の働きを補佐していることが確認されています。したがって、納豆とヨーグルトが食べ合わせとは言われない訳です。もし、納豆菌が乳酸菌を殺してしまうなら、特保のヨーグルトのパッケージに「納豆と一緒に食べないでください」と書くはずです。書いてないということは、一緒に食べても問題ないばかりか、体に良いくらいです。

私はほぼ毎食納豆もヨーグルトも食べています。納豆はヨーグルトには含まれない食物繊維を豊富に含み、この面でもヨーグルトの働きを補佐しているというか、相乗効果があります。私はヨーグルト以外に毎日25g程度の食物繊維を納豆その他から摂取しているせいで、快便の毎日です。是非ともお試しください。

食べる訳ではなく「菌の付着」です。
つまり納豆菌に汚染されるわけです。
それほど納豆菌は強いんですよ。
知り合いに小さな納豆屋さんを昔やっていた人がいますが、自宅兼製造所で自宅の冷蔵庫の中のヨーグルトが溶けてしまうそうです。
これは納豆菌が家中に回っているので冷蔵庫の内部にも存在しているからだそうです。
(逆に言うとそういう状態にしないと安定して納豆が作れないだとか…)

パン職人が納豆を避けるのも同様です。
パンにはローブ菌なんて納豆菌の親戚が原因なる不良があるくらいです。

ただし、これらは施設全体が菌に汚染された場合です。
朝食ったからと言ってそれだけで工場自体が汚染されるなんて事は考えにくいでしょう。
そういう汚染対策は取られているでしょうし…

しかし、こういう汚染事故が起きるは事実です。
先の納豆屋さんも原因不明で2ヶ月間も納豆ができなくなるって事態に陥った事があると聞きました。
原因は下水管から来た雑菌による工場汚染だそうです。
原因がわかれば対策はありますが、それを見つけるまでが大変だと言う話でした。

納豆菌としては強力のようですが、食べ物としては大丈夫そうです。

乳酸菌飲料は、飲みすぎると太る?

乳酸菌飲料だから太るということはありません。
しかし、市販の乳酸菌飲料には99%以上に砂糖が含まれています。
それも酸味を中和するためにかなり糖分が多いものが見られます。

ですから、糖分が摂取カロリーとなり摂りすぎは太る原因と成ります。

太る原因の最たるものは、糖分の取りすぎです。
カルピスなど乳酸菌飲料は大量の砂糖が使われています。
飲み過ぎは太る原因になるでしょう。

必ずしもそうとは限りません。例えば森永マミーだと102kcal(200ml当たり)で、牛乳とほとんど違いがありません。ただし商品によってはかなりカロリーが高い商品もあります。乳酸菌飲料といっても商品によってばらつきが多いので個々の商品のカロリーを調べていただきたい。例えばヤクルト・ミルミルは100mlで91kcalになります。まあ、何にせよ、飲みすぎはよくありません。過ぎたるは及ばざるがごとし。

一緒に入っている糖分が曲者のよう。

乳酸菌は取りすぎると下痢をする?

なんだって食い過ぎれば飲みすぎれば、下痢もするだろう。ヨーグルトに限らず。
熱中症には、水分を多めにとりましょうというのでじゃんじゃん飲んだら、下痢が止まらなくなってしまったよ。

こんばんは

体質によって合うあわないがあると思うんですね
なので乳酸菌が合わない
もしくは菌によっても合うあわないがあると思いますので
ほどほどで試してみる方がいいですよ

乳酸菌ではなく、乳糖不耐症なのでは?
冷たい牛乳を飲んで下痢するなら、間違いなくそれです。
日本人の85%が乳糖不耐症だそうです。

乳酸菌だけが原因、とは言い切れないかも・・・。

まとめ

身近な乳酸菌で、健康一番。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ