「ありがとう」って言い過ぎると重い? いえいえ、思わず言いたくなるような、ほっこりエピソード

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:5
  • ありがとう数:0

はじめに

本日3月9日は「サン・キュー」の語呂合わせより「ありがとうの日」です。

「ありがとう」の言葉は、言っても言われても、心が温かくなりますよね。

そこで今回は

・思わず「ありがとう」と返しちゃう!褒められて嬉しかったこと

・聞いたこっちもほっこり 嬉しかったこと

・「ありがとう」をいつでも言うと・・・?

等、「ありがとう」と思わず言いたくなるようなQAを集めました。

思わず「ありがとう」と返しちゃう!褒められて嬉しかったこと

褒められてうれしかったこと

素直な気持ちで他人から褒められてうれしかったことをおしえてください

自慢でもなんでもけっこうです

実年齢は成人式×2回ですが、お世辞でも「見えないですね」と言われた時

嬉しい半面、恥ずかしいやらです

自慢になるかもですが、子供の頃から絵を描くのと工作が得意でしたので、幼稚園児の時は先生から絵が上手と褒められて幼心にも素直に嬉しかったですし、小学生になってからも小学生が作った工作とは思えないと先生達から驚かれて褒められた時は嬉しかったです。

また、社会人になってからは、勤務先の改善提案制度で何度も改善案が採用されてコストダウンや省力化に貢献したと上司から褒められ会社からは褒賞金を頂戴する度に嬉しかったです。

焼き魚を綺麗に食べるねと言われた時はうれしかったです。

最近。意識せずに着て行った服の色を、
『なかなかその色着こなせる人 いない
ですよね!』と言われたことです☆

『肌がスゴくキレイ』

同姓から、具体的なパーツを
誉められるとウレシイ♪です。
( ^∀^)

彼に一生懸命作った料理を褒められた時です。
心を込めて作ったものだから、やっぱり嬉しいですよね。

褒められたらやっぱり、嬉しいですよね!

聞いたこちらもほっこりするような、嬉しかったこと

先週末にツーリング先で子ども(保育園児)と原付が接触する事故の瞬間に遭遇しました。

私が原付の後方を走っていたこともあり、救急車を呼びながら額を切っていたので止血もしたのですが、今日の昼に子ども本人から「退院する」と携帯に連絡が有り、現場で予想はしていたものの私は素人なので見立てに自信も無く、軽い怪我で済めばいいと思っていただけに嬉しかったです。
(額を4針縫ったそうですが「キレイに裂けていたので傷はほとんど残らない」と医師に言われたとお母さんが教えてくれました。)

1曲だけですが、ピアノで譜面を見ずに弾けるようになったことが嬉しいです。
メチャメチャゆっくりで、短い曲ですが(笑)

最近嬉しかった事は、前からダイエットしていて
私の目標の体重になったことです。
身長157cmで44kgになれました。
これが超嬉しいです(笑)

母親が、「あんたが好きなように、良いと思うように生きなさい。」と言ってくれたこと。

こんにちは(^^)

今月、私は誕生日を迎えて家族や弟、祖父母や従姉妹、従姉妹の子供達にもお祝いして貰って、年を取るのは嫌だけど
とても、周りの気持ちが嬉しく思いましたが…

ココで私が今月誕生日を迎える事を知っている方達からの「おめでとうございます」の言葉が、それ以上に嬉しかったですね…。

私の誕生石まで覚えて下さっている方達も居て…。
気持ちが、ほんわかしましたね(´▽`)

最近チョッピリ嬉しかった出来事がありましたが、誰にも言えない事でしたので、この場をお借りして…

1ヶ月の内に何回か顔を合わす職場の26才男性に告白されました。
私は今年36になる既婚者で子供も2人。旦那とも仲良くやっていて不満のない生活。
相手の男性は私の年齢など細かな事は知らずに告白してきました。勿論結婚していることなどを話し断りましたが、嬉しかった事は事実です。

聞かせてくれてありがとう、という感じですね。

あだ名にまつわる、嬉しいこと

宇宙人
百均男
傘地蔵


そう呼ばれる、私を想像してみてください。

あだ名、付けやすいタイプみたいで、みんなに浸透しています。


高校の同窓会で、「待ち合わせ場所は、宇宙人ね」で通用してしまいました。


今では…

施設のおじいちゃんおばあちゃんたちが…

私に向かって、手を合わせて、坊主頭をなでます…


ありふれた名前なので、あだ名のほうが、みんなが笑顔になって嬉しいです。

私が小学校高学年の頃は、「皆さんもういい大人なんだから、お友達のことは、下の名前やあだ名で呼んだりせず、名字で呼び合うようにしましょうね」(笑)といった風潮が、当時の小学校には広まっていたように思います。
同級生も自分も、「あだ名」全般に対し、不健全なイメージを植え付けられていました。
その年代特有の現象なのか地域性による現象なのか…学校からは「あだ名は、相手の氏名や特徴を揶揄したものが多く、好ましくない」といった教えを受け、皆、釈然としないながらも、それに従っていたように思います。

そんな学校生活を一変させたのが、私の最終学年を受け持ってくれた担任の先生でした。

そのときのことは、20年以上経った今でも、はっきり憶えています。

ハート型の用紙がクラスメイト全員に配られ、「皆さんがお友達に呼んでもらいたい『あだ名』を、そのハートの中に、ふたつまで記入して下さい」と、先生から指示を受けた私たちは、ワイワイガヤガヤ相談し合いながら、思い思いの名をハートに書き込みました。
そのハートは、クラスメイト全員が確認し合える場所へ掲示しようということになり、各々、自席の机の右上に貼ることを決めました。

そうして、その日を境に、私たちのクラスでは、自ら希望した「あだ名」で、お互いを呼び合う習慣が始まりました。
といっても、先生はさすがにしっかりしていて、授業中など、公の場では、ちゃんとした名称(名字)で呼び合うよう、私たちは指導を受けました。
おかげで、小学生の内から、「公私の使い分け」を自然と意識する習慣を体得できたと思っています。

その後、私は何度か転校を繰り返しましたが、転入先での挨拶で、「以前の学校では、こんな風に呼ばれていました」と、自己紹介を加えることで、あだ名だけは、新境地でも引き継がれることとなっていきました。
中学~高校~大学と進学する中、小学校当時のクラスメイトとは離別したものの、小学校時代のあだ名は、変わらず健在でした。

現在、20年越しの付き合いを継続中の中高生時代の友人から、依然、小学校時代のあだ名で呼ばれ続けています。
自ら呼んでほしいと意思表示したあだ名ですから、呼ばれ始めの内こそ、ちょっぴり照れくさかったものの、快く呼んでもらえることを嬉しく思わずにはいられません。

因みに、その友人の内、何名かのメンバーは、私が当サイトを利用していることを知っているため、彼女たちから、「○○ちゃん、今の投稿、矛盾してるよ!」などと、あだ名入りの鋭い指摘を受けることも、たま~にあったりします。
私の態度の悪さを容赦なく叱り付けてくれる友には、感謝、感謝なのですが、そんな場面でも、やっぱり、あだ名で呼ばれている自分自身に、我ながら奇妙な感覚を覚えることがあります(笑)。

親しみをこめて呼ばれる「あだ名」は、嬉しいものですよね。

「ありがとう」をいつでも言うと、重いの・・・?

いいと思いますよ。
素直で正直だと感じます。

最近職場でも当たり前の感謝の言葉を
表現できる人って少なく感じてますことから
あなたのように一つ一つをありがとうって
評価してもらえるわけですから
あなたの周りが幸せ者ですね。

でもその相手によって感受性は違いますから
一概には良いとも悪いとも決定できません。

私は素敵な事だと思いますよ。

私はさほど、重たいとは感じませんし、
かといって、特別偉いとか 良いことだとは思いません。
だって、お礼を言うってごく当たり前なことですから。
頻度が多いとか少ないとか無いと思います。

人に何かしてもらうって 本当に有難いことですから、その都度『ありがとう』を言うのは普通のことです。

言いたい時には、言うべきです(キリッ)!


まとめ

感謝の言葉は、大事にしたいですよね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

ピックアップ

ページ先頭へ