【パクチー好き必見】パクチーの買い方、育て方、パクチーを使ったヤムウンセンのレシピなど

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1529
  • ありがとう数:0

はじめに

好き嫌いの分かれるパクチーですが、パクチー焼きそばが発売されたり、

パクチー食べ放題のメニューがあったりなど、

好きな人にはたまらないようです。

OKWAVEに寄せられた、パクチーに関する興味深いQ&Aをまとめてみました。


筆者は、料理にパクチーが入っていれば食べるけど、好きでも嫌いでもないです。

STEP1ベトナムはパクチーだらけ?

ベトナムってパクチーばっか??

大学2年です。

夏休みに友達とベトナムに行こうかと考えています。ただ!私はパクチーがかなり苦手で行こうかどうか迷っています・・・

ベトナム自体はとても行きたい国なのですがどうしてもパクチーを考えると渋ってしまいます。

ベトナムにはパクチーが入ってない料理もたくさんあるのでしょうか?
それともどの料理にもパクチーが入っているんですか?
教えて下さい!

観光客の良く行くちょっと品のいいお店だと癖がない(パクチーっぽさがない)ことが多いです。
 ただ、どうしてもパクチーがないと成り立たない(と考えられている)料理にはやはり入っています。風味ももちろん。

ぎゃくに、バックパックを背負って旅行するようなことを考えているとしたら、屋台だとか大衆食堂で食事することになると思いますが、その場合はかなりの割合でパクチー料理に出会うことでしょう。
たとえば、そういう店でのチャーハン風炒めご飯などにも入っていますから。

3番目の回答者さんが仰っているように、ベトナムに限らず東南アジアには、
パクチーでなくとも癖のある香草はたくさんあります。
これはもう相性でしかないですね。

何度も何度も、ベトナムへ行ってると次第にハマってしまうようになります。
「習うより慣れろ」とは関係ないかもしれませんが、パクチーとバイクの洪水を“制覇”しなければ、ベトナム・フリークは出来ませんよ♪
私も好きじゃありませんが、パセリのつもりで食べています。
時には、つまんで捨てる場合もありますけど・・・・。

東南アジアのひとつの国としてパクちーは当然使っていますが、フランスの植民地だったこともあり、ハーブの一つとしてより多く使っている感じがしますね。

香港に長く住んでいますが、パクチーがだんだんだめになる人もいればだんだん好きになっていく人もいます。
妻も以前は匂いもきらいだったらしいですが、魚の蒸し料理を食べてから好きになり、現在は家で作る鍋料理や湯豆腐にも欠かせなくなっています。

どの料理にも入っているわけではありません。
私もパクチーは苦手です。(ただ食べられないわけでは
ありません)。中には細かく切られたパクチーを取り出した
時もありますが、「パクチーだらけで困った。食べられない」と
いうほどでもなかったです。

基本的にはトッピングで乗っていたり、自分で巻いて
食べる用に添えられていたり・・・だと思います。
フォーとかの麺類だと、自分で乗せる前に、細かく
切られたパクチーが入っている場合があるので・・。
「パクチー、嫌い、抜いて」という内容のベトナム語を
調べていく(またはガイドさん、現地で知り合いになった人に
教えてもらう)などして、主張して入れないでもらうのが
良いかもしれません。

ベトナム料理はたくさんのハーブを使います。
揚げ春巻き、焼肉、肉団子、海老のすり身の料理など、
いろんな料理をライスペーパーやレタスなどに巻いて
食べます。その時にたくさんのハーブを入れますが
中にはパクチーではないと思っても、食べてみると
その味だったり、どくだみの葉を入れたりするので
苦手なハーブがある場合は、料理に入れる前によく
吟味して入れると良いです。
ベトナム人と食事を同席する時、親切で巻いてくれる
時があるのですが・・・。できたら(丁寧に)お断わり
した方がいいです。ハーブ類に慣れていない日本人には
きつすぎるハーブをたくさん入れてくれる場合が
あるので・・・。

店によっては、パクチーが別皿になっていて、好みで使うようになっているので、
そういうところを探せばいいと思います。
または、ベトナム料理以外を食べるとか。

質問者様がどのくらい苦手かにもよると思います。

私はベトナムに行って
パクチーは好きじゃないけど別に入ってても大丈夫→苦手
になってしまいました。

行ったのは初めて、しかもホーチンミンとニャチャンだけなので、探せば違う系統の料理があったのだとは思いますが、具にパクチーの葉が入っていないスープでも汁からはパクチーの匂いがしたり(汁は他の料理と共通だったのかもしれません)、添え物のパクチーの香りが主菜にうつっていたり、レストランの空気がもうパクチー臭かったりだったので、もし質問者様が、現在「匂いだけでもいや!」という場合は辛い事になるかもしれません。

匂いはいいけど、パクチーの葉を食べるのはいや、という程度でしたら、大丈夫だと思います。

STEP2パクチーを別の食材で代用できないか?

パクチーの代用

世界的にも割とメジャーで タイ料理やベトナム料理には絶対欠かせないのに 日本では馴染みの薄い野菜にパクチーがあります。 東京や大阪のような大都市の専門店でないとなかなか手に入りませんが、パクチーの代用って何かあるでしょうか?

私もパクチ―大好きです。
でもなかなかあの香りを代用するのは難しいです。
ごまかしで言うなら、「三つ葉」を浮かせてライムを絞っておけば何となくOKかも?
あまりいい代用品が浮かびませんが・・・みつばが苦手なら「イタリアンパセリ」もいいかも・・・

園芸店やJA、ホームセンターなどには置いてます。
種からはちょっと・・・と言う場合には苗で買ってみましょう。

一般的にはパクチーの代用としては『三ツ葉』を用いますね。セリやパセリ系なら合わない事はないとは思います。

近い物で入手しやすいものでしたらセロリの葉ですね。かじるとわかりますけど茎よりもさらにセロリの香りが強いです。

STEP3近所に売ってない場合は育ててしまおう

パクチーの苗か種

タイやベトナムの料理が大好きで、たまに作るのですがパクチーが手に入りません。
いっそのこと、自分で栽培しようと思うのですが苗か種を売ってるところご存知ないでしょうか。

私も質問者さんと同じくパクチー大好きで、
なかなか売ってないのでこの春(3月下旬)から栽培を始めました!
(まさに同じ考えでした)

種はインターネットで入手しましたが、
比較的大きな園芸店だと売っているそうです。
なまえは「パクチー」ではなく「コリアンダー」で探したほうが、検索でHitします。

種を植えてから芽が出るまで2~3週間かかりましたが、
その後の成長は早く、種植えから収穫まで2ヶ月弱といったとことで、我が家では今まさに収穫時です。
日当たりのよいところで、適当に水をあげただけなので、
それほど難しくないようですね。
購入したところのURLには、栽培方法もかかれているので、ご参考ください。

ちなみに育ちすぎると葉が黄色くなってしまうので、
私みたいに葉っぱが大きくなることを期待せず、
そこそこの大きさになったところで収穫するのがよさそうです。

ちなみにいつものサラダにちょっと添えただけですが、
もうそれだけで気分はアジアン♪を味わえますよ!

秋に蒔いて、苗で防寒せずに冬越しし、春先に葉の収穫もしました。気温が20度を越えるようになってから種を蒔くよりも、管理がしやすいように思います。スーパーで買うよりも香りが強いです。ただ、売っている物みたいに綺麗に育てるのは難しいです。暑くなって、徒長したり、伸び始めてすぐに細い違う形の葉が出たり(香りが弱い)、低いうちに花が咲いてしまったりします。

私もパクチー好きで自宅で育ててますよ~。
私の場合はハーブ園で苗を買って植えました。
一苗200円弱ぐらいだったと思います。

余談ですが、パクチーって根っこがすっごく臭いんですよ!
葉っぱの臭いの数倍、あの生臭い感じがプンプン。

STEP4パクチーがたくさん食べられる店

パクチーが大好きです

パクチーがたくさんたべれるお店ありませんか?

パクチーハウス東京

STEP5パクチーを使った代表的な料理、ヤムウンセンの作り方

タイ風春雨サラダ(ヤンウンセン)

神戸にんにくやのタイ風春雨サラダ(ヤンウンセン)が大好きで、自宅でも再現出来ると良いな~と思い、色々とヤンウンセンのレシピにトライしましたが、同じ味のものを作る事ができません。

何が入っているかわかる方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。
できれば、分量なども・・・。宜しくお願いします。

私が普段はこうやって作っているというレシピ。

材料
春雨
たまねぎ
トマト(少々。固めのもの)
ひき肉(少々)
普通はこれにイカとか、海老とか。
グンチャイ(ないだろうから、日本なら、三つ葉?いやでなければパクチー(香菜)でも)


調味料
ナンプラー
ライム絞り汁(レモン可)
砂糖(少々)
唐辛子(生のもの)
ニンニク漬けの汁(ないだろうからにんにくみじん切り少々でもよい)

作り方
1.春雨は水に浸して戻しておく
2.たまねぎ薄切り、トマトも切っておく
3.調味料を混ぜる。ナンプラーとライム汁は1:1(これが肝心)。ここにすりこ木かなんかでぼこぼこたたいて小さくなるまでつぶした唐辛子、砂糖少々、ニンニク。多めに作ること。
4.春雨の水を切って、熱湯をかけておく(湯で煮るとグチャっとなります)
5.そうして入間に、なべに湯を極少量をいれ、ひき肉をゆでるというかいためるというか。なべに肉がくっつかない程度の水でよい。イカ、海老も入れて火を通す。
6.春雨の湯を良くきり、5(ゆで汁も入れる=ゆで汁は極少量、春雨の水は良く切ること)、その他の材料を加え、合わせておいた調味料を味を見ながら入れる。

以上です。これで2回に1回はタイ人の妻にも納得してもらえています。

スィートチリがかかってると思います。
後、ナンプラーかな・・そのようなにおいがしたと思います。そして、レモン。

レモンを入れた時とライムを入れた時では、ライムの方が本格的でおいしかったですよ~

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ