オリーブオイルをなんとなく使ってませんか?【オリーブオイル専門家からの回答もあり】

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1505
  • ありがとう数:0

はじめに

オリーブオイルは、なんとなく体によさそう、なんとなくヘルシーな気がする。

いろんな種類が売ってるしとりあえず使ってみるかという人は多いと思います。

オリーブオイルについてさらっと読みでもっと有効活用してみませんか。

STEP1オリーブオイルの種類の違い

オリーブオイルの種類の違いがわかりません。

料理でオリーブオイルを使うのですが、オリーブオイルの種類の違いがわかりません。
スーパーで普通に売られているオリーブオイルとエクストラバージンオリーブオイルって違うのでしょうか?
ネットなどで調べていると、日本のオリーブオイルはエクストラバージンオリーブオイルと書かれていても違ったりしてると書かれていたので、購入に迷っています。

オリーブオイルとエクストラオリーブオイルの違いは何なのでしょうか?
また、そもそもで申し訳ありませんがオリーブオイルの種類によってどう違うのかも参考に教えていただければ嬉しいです。

エキストラバージンオリーブオイルは、
オリーブの果実を搾ってろ過しただけで(しない製品もある)、
科学的な処理を一切用いずに抽出されたオイルをバージンオイルといいます。
このバージンオイルの中でも酸度が0.8%以下(100gあたり)のもので官能検査により完全な食味を保っているものです。

日本では、IOOC(国際オリーブオイル理事会)基準ではなく、JAS基準によって販売されているものもあります(JASは酸度が2.0%以下で、国際基準の分類だとファインになります)。

JAS基準のものは、日本ではエキストラバージンと称することができますがIOOC加盟国であれば名乗れません。

逆に、大量にファインオイルを輸入して、
日本で容器につめればエクストラと称して販売が可能です。

エクストラやバージンなどの記載がないおいオリーブオイルは、

日本ではピュアオリーブオイルといわれているもので、
これは、
酸度が高く食用に向かないランパンテバージンを精製したオイルや、
バージンオイルを絞った残りかすから化学薬品を使って抽出したオイルに、
エクストラより劣るオイルを混合したものです。


質の良いエクストラの見分け方は、
1.遮光性の高いボトルに入っている
2.酸度が0.8%以下
英語だと、acidやacidityという表記の数字を見る。
3.オーガニックとなっているもの
4.値段
IOOC基準主のだと、本当にお高いです。

5.原産国(地域)や収穫時期が書いてあるもの


一度専門店でテイスティングしてみれば違いがわかります。

難しく言うと長くなるので、簡単に分かるように説明します。

エキストラバージンオリーブオイルとは、オリーブの果実を搾って濾過させ
て、一切の科学的処理をしていない物を言います。
オリーブオイルはピュアと言われ、精製されたオイルを指して言います。

エキストラは主に生食用。ピュアは主に加熱料理用として使用します。

一般的なスーパーで販売され、私の様なごくごく一般的な人が使う分野ですと、加熱調理しない、後から掛けるだけの、そのまま飲んでも良いのが「エクストラバージンオイル」などの表示が在る物で、ソレ以外は加熱調理に使う「油」と考えて良いでしょう。


ほんの僅かな「クセ」でも、加熱によって、香りも味も「クセ」が減らせるので、より高品質で純度も良い。と言うのが「エクストラバージンオリーブオイル」だと思っても良いと思います。

実は、スーパーや百貨店に限らず、
日本のお店に並ぶ「エキストラ・バージン・オリーブオイル」の中には
偽物があるという事実をご存知ですか?
偽物があるばかりか、日本市場において、
9割以上の「エキストラ・バージン・オリーブオイル」が実は偽物であるとされています

国際オリーブオイル協会の定めるエキストラ・バージン・オリーブオイルは、
溶剤を使用せずオリーブから純粋に抽出された一番搾りのオイルで、
食用として使用できるオリーブオイルの中でも酸度0.8以下であること、
また官能検査をクリアしたもののみ名乗ることが許される、最高品質のオリーブオイルを指しています。


日本に「エクストラバージンオリーブオイル」の偽物が出回る原因は、
そもそも生産国で既に国際オリーブオイル協会(IOC)の定める
エキストラ・バージン・オリーブオイルの基準を満たさない粗悪なオリーブオイルが、
検査をパスしてしまっていることにあり、、、


では本物のエクストラバージンオリーイブオイルって何?ってなりますよね。
以下の項目まとめてみましたのでご覧になってください(*^o^*)

★原産国(地域)
★収穫時期
★品種
★DOP(原産地名称保護制度認定マーク)やIGP(保護指定地域表示マーク)などのラベルの有無
★搾油方法
★アロマ
★味

本物か見極めることはとてもむずかしいことです。総合的にオイルの情報を知り、
判断する必要があります。そこまでの知識を集めるのって本当に時間がかかりますよね、、、

■もっと簡単に信頼できるオリーブオイルを見極める あくまでの目安は3円以上/1ml以上の物が良いでしょう。
そして『トリプル・国産オーガニック認証』を確認することが大切です。
コレはその国が「有機」とみとめたオリーブオイルが生産された証です。

長々と書きましたが以上はあくまで目安です。

STEP2オリーブオイルの保存方法

オリーブオイルの保存方法を教えてください

料理にと思い奮発してよいオリーブオイルを購入しましたが
使ってみると、すごく苦く感じました。

加熱したなど料理での使い方がまずかったのでしょうか?
それともオリーブオイルの保存法など問題があったのでしょうか?

教えて頂きたいです。

保存は冷暗所で空気に触れないことです。
友人宅はオリーブの木があるので収穫してオイルを作っています。
一年分樽に入れて地下の食料庫に保存、必要な時に小出ししてます。

オリーブオイルは地域によって味が違います。
値段は友人宅の地域では一リットル13ユーロ(1600円位)です。
それ以下だと混ぜものと言われています。

一度確認していただきたいのですが
原産国の表記は日本の法律では瓶詰めされた場所が属する国が原産国として表記されます。
つまりスペイン以外で作られたオリーブオイルをスペインで

瓶詰めするとスペイン産と表記できることから、ラベルやボトルに表記された原産国は当てになりません。
唯一、ラベルだけで原産国のオリーブオイルと判断できるのは、「DOP(原産地名称保護)」の証明書があるオイルのみです。
DOP(原産地名称保護)

品質のよいオリーブオイルと判断するには
原産国や品種などで判断するのは、「ちょっと難しいかも・・」と思割れると思います。
エキストラ・バージン・オリーブオイルを買う前にチェックしておきたい一番のポイントは
ペットボトルではなく、きちんと遮光瓶や缶に入っているオリーブオイル缶

酸化しにくいオイルではありますが、きちんと保存をしなければ酸化は進みます。
酸化が進むと香りも風味も損なってしまい、もったいないですよね
酸化の一番の原因である光を遮る容器に入っていることがポイントです。

STEP3プロが教えるオリーブオイルを使ったガーリックトースト

ガーリックトースト

最近、パン屋さんでガーリックフランスを買って、とっても美味しくて、自分でつくれないかと思いました。
ガーリックトーストって家でも作れますか?
普通の食パンでの場合、フランスパンでの場合についても教えて下さるとうれしいです。

私の店でもガーリックフランスを販売していますが。
店で実際に使っているのは柔らかくした有塩バターにガーリックパウダーを混ぜ、焼きあがった熱々のパンに付けます。仕上げに乾燥バジルをトッピングしていますが結構人気です。
自宅でガーリックフランスを作られるお客様によくお薦めするのは、moominx2さんもおっしゃっている通り、わさびやからしのチューブ入りがスーパーで売っていますよね?あのニンニクバージョンを買って、やわらかくしたバターに混ぜてトーストしたフランスパンに塗る&バジルをトッピング←です。これだと手がニンニク臭くならなくて済むし、パウダーに比べて香りも良いですし、とても手軽に作れます。
それと、食パンで作る場合ですが、ガーリックトーストは本来フランスパンのような、うすい塩味のパンに適した食べ方だと思います。
普通の食パンで作る場合、わりとパン自体に甘味がある食パンはガーリックトーストには不向きでしょう。
例をあげれば、イギリスパンやカンパーニュ等と言った、トーストするととカリカリっとして少し歯ごたえの残るタイプのパンがガーリックトースト向きです。
ガーリックトーストの上に「角切りトマト&オリーブオイル&塩コショウ」←をのせて食べても美味しいですよ。

フランスパンに食べやすい厚さ(3センチ位かな?お好みで)で切り込みを入れていきます。(パンが切れない程度ぎりぎり)
ガーリックを潰す(ガーリック潰し機があります。これなら一発で細かく仕上がります。なければすりおろし。)
潰したガーリックにバターと塩(塩加減は味見する)とパセリを細かくきざんだものを加え、混ぜます。バターよりもガーリックの方が多いんじゃないか?って位のガーリックの量にするとおいしいです。
それを、先程切り込みを入れた、パンの両側に分厚く塗ります。
塗り終わったら、パンをアルミホイルで包みます。
それをオーブンで熱します。(190度で20分位)

これだと、中がすごくしっとりして、ガーリックのジューシーさが味わえます。
冷めてもおいしいですよ。

にんにくを薄切りにし、それをオリーブオイルに一晩以上つけておきます(にんにくが浸るぐらい)。それをカリッと焼いたフランスパンに塗り、軽く塩コショウしてOKです。簡単です。生のにんにくはちょっと匂いと唐さがキツイですから普段の日でもgood!沢山作って置いても、保存が利くので便利です。その薄切りにしたにんにくは、ぺペロンチーノなどに使えますし、肉を焼くときに入れてもいいですよ。かなり応用が利きます。オイルが少なくなったら少しずつ、足していけば香りが維持できます。(2.3回までですかね!)

まず、バターを電子レンジで10~20秒位チンして、
そこにすりおろしたニンニクを加えて混ぜます。
それをトーストやフランスパンに塗ってトースターで
焼くだけです。

ウチの店では、バターにニンニクのすりおろしたモノ(チューブ入りでOK)と、ドライバジルを混ぜ込んだものを塗ってから焼いています。
ニンニクは混ぜすぎると匂いが強くなりすぎますので、ほどほどに。

ウチの店では、あらかじめスライスしてから冷凍にしたフランスパン(防カビと水分の蒸発防止)にたっぷり塗ってから、オーブントースターでこんがりと焼いています。ニンニクとバターだけでなく、バジルの良い香りがしてなかなか人気が有ります。

「スライスしたパンに、にんにくの断面をこすりつけて、バターを塗って焼く」
でいいと思います。
簡単な方法は、「市販のガーリック入りマーガリン(バターかな?)を塗って焼く」とか「マーガリンを塗って、ガーリックパウダーを振って焼く」があります。
私が作ったのは、フランスパンです。
食パンでもできると思いますが、あの「パリパリ!」はフランスパンですよね。

STEP4オリーブオイルを使ってお店のようなクリーミーなマカロニサラダ

クリーミーなマカロニサラダの作り方

今日お店でマカロニサラダを食べましたが、クリーミーでとても美味しかったです。
入っていたのは、普通のマカロニときゅうり、ハムぐらいかなと思いますが、とてもクリーミーでした。
家で作るとマカロニがマヨネーズを吸い込んで、すぐぱさぱさになってしまいます。
かといって、マヨネーズだけを多めに入れたという感じではありませんでした。
とってもまろやかでした。どうやって作るんでしょうか。

マカロニは、茹でる時にお湯にオリーブ油を少し加えておくか、茹で上がった時にオリーブオイルを絡ませておいてください。
マカロニは、茹でてからじゅうぶん冷ましておきます。

茹で時間は心持ち長めにし、コールスロードレッシング(市販のものより作ったもののほうが美味しかったです)にマヨネーズを多めに加えて混ぜたものに和えると、割と時間が経っても美味しく食べられます。

マカロニにオリーブオイルを多めに絡ませ、マヨネーズを酢でのばし、少量の砂糖を加えるだけでもクリーミィな感じになりますよ。

マカロニなどは水分をすってしまい、時間が経つとごわごわしてしまいますので、できたら食べる前に和えたほうが美味しいです。(あらかじめオイルをマカロニに馴染ませておくと、あまり水分を吸わない感じがします)

STEP5バージンオリーブオイルとそれ以外の違い

バージンオリーブオイルと、2番絞りオリーブオイルの違いはどこにあるので

バージンオリーブオイルと、2番絞りオリーブオイルの違いはどこにあるのでしょうか?

香りや味は明らかに違いますが、栄養価・健康効果はどうでしょうか?
それさえ問題なければいいんです。オリーブオイルのシンナー臭さが大嫌いなので、、、。

バージンオリーブオイルと2番絞り以降のオリーブオイルの違いは酸価の違いで、この値がバージンオリーブオイル以降になると高くなるようです。 酸価とは、オリーブオイル中に含まれる脂肪酸(リノレン酸)が遊離している度合いをいうそうで、酸価が高いほど一般的に味が悪くなるそうです。

バージンオリーブオイルは、オリーブを絞ったものです。

オリーブオイルは、酸度が3.4%以上のランパンテ(灯油用という意味)バージンオリーブオイルを精製(化学的に還元して脱色、脱臭)したものとバージンオイルを混ぜたもの

二番絞りは、バージンオイルを採った搾りかすにヘキサン-HEXANEと呼ばれる有機溶剤を加えて無理やり絞ったものでオリーブポマースオイルと言います。オリーブオイル(ピュアオリーブオイル)とはまた別ですよ。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ