松竹梅で特上は松ではない? 梅と桃の区別はつく? 春に梅に詳しくなるガイド

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

梅の時期になってきました。春を待ちつつ、しとやかに花を愛でる・・・なんと雅やか。

ということで、今回は

・松竹梅で特上は松?梅?

・庭にお勧めの梅の木は?

・梅と桃の違いは?

等、梅の木に関するQAを集めました。

ちなみに、ガイド内はあまり雅ではありません。

うなぎやお寿司の「松竹梅」特上は松?梅?

一般的には、松(特上) 竹(上) 梅(並) の順に
それぞれに応じたお値段になっていると思います。
私は梅が一番高い例は見たことがありません。
ただ聞きかじりではありますが、
ウケ狙いで逆に設定しているお店があるのも事実のようです。

思い込みで一番高い梅を注文しちゃったとか
ソレが目的か?とかたまに話題になっていました。

品物に等級があると注文しずらい
「並み」と注文するより「梅」と注文した方が美しい
「松竹梅」には本来等級はなく平等であるが
一般的に 松は特上 竹は上 梅は並 とされるが決まりがあるわけではない。
その店の店主の粋な計らいで、並ではあるが「松」と注文させることで
客に優越感、喜びを与えているのでなないでしょうか。

中国の「歳寒三友」が日本に伝わったもので松>竹>梅になります。
桜を加える場合、桜=疑似ということで最下位になります。

本来、松竹梅に序列などありません
一般的には、松>竹>梅 の順番で松が1番上等というイメージがありますが、お店によっては反対に梅のほうを上等にしているところもあります。
松・・・青々とした常緑樹で不老長寿を思わせる
竹・・・節目正しく真っ直ぐ伸びて風にも強い
梅・・・冬に花を咲かす
つまり、どれも縁起のいいおめでたいもので序列はない

色々思惑が会っての「松竹梅」みたいなので、メニューはしっかりチェック!ですね。

庭にお勧めの梅の木は?

おすすめの梅の木

一軒家への引っ越しを機に、庭に梅の木を植えたいと思います。
梅の実が欲しいので、一本でも実がなって手入れの簡単な品種がありましたら教えてください。

白梅は大抵よい実をつけます。紅梅は実は小さいかついても落果することが多いです。我が家ではブンゴウメ(豊後梅)を植えています。花は薄いピンクで大きな実をつけます。毎年梅干しや梅酒、梅ジュースにしています。花桃と間違えないでください。

完全自家製梅干や梅酒。楽しみですね!

梅の実はいつなるの?

はじめまして♪

「梅の木」と言っても、「花」を観賞する為に品種改良を繰り返した品種ですと、「実」が成っても「大豆」くらいの大きさで、食用にも出来ませんし、なかの種で同じ花が見られる次世代も期待出来なかったりします。
(多くの観賞用「花梅」は、古くから自生する苗木に「接木」をして、増やしています。)

食用に適した品種の「梅の木」でしたら、おおよそ「梅雨」の時期に大きく実ってくれます。(私は雪国在住なので、梅の開花が3月末から4月上旬、桜の開花が4月下旬頃ですので、収穫時期はおおよそ「梅雨明け」に近い時期にずれ込みます。遅咲きの梅と、早咲きの桜、数日間ですが同時に開花する年も珍しく在りません。)

なお、「桜」も「実」をつけます。花を楽しむ観賞用は、チッコイさくらんぼう?でも色付いていたのを食べてみたら、全然美味しく無い、、ぺっ、ぺっ、って。。。
(梅は青い未成熟機に毒素が在るので、絶対にそのままでは口にしないで下さい。最悪、死んじゃいますから。)

大きく結実した「梅の実」、まだ青い(緑)の状態では、梅漬け、梅干し、梅酒という加工を行い、毒素を分解してから食用にします。黄色く色付いてくると毒素がかなり分解されていますので、加工も軽度にした状態で美味しく頂けます。(熟した状態で、長期間の加工を行なっても悪くは無いのですが、実が柔らかいためぐちゃぐちゃに成ったりします。味は良いのですけれど、食べにくいというか、見た目が、、ねぇ。苦笑)

梅の花が開花した時に、ちゃんと「受粉」してなければ「結実」しません。
まぁ、大抵の自然環境で、充分な受粉が行なわれているはずですから、「梅雨の時期」かどうかは、それぞれの地域気候とか、品種によりますけれども、おおむね、「梅雨」に近い時期に、「実る」と言って良いでしょう。

梅の実がなる頃だから「梅雨」という説もあるそうです。

梅と桃と桜の見分け方

梅と桃の区別の仕方

恥ずかしながら、梅と桃の区別がつきません。

どのように見分けたらいいのでしょうか。よろしくお願いします。

梅、桃、桜はよく似ていますが、花を見ると分かります。
五角形の花弁の一枚づつの先が、梅は丸くなっています。桃は尖っています。蟹のハサミのようにV字形に割れているのが桜です。
花が咲く前なら幹を見ます。
梅は肌荒れのようにザラザラ、桃は斑点模様、桜はツルツルで横縞です。

これで優雅に花を楽しむことができますね。

まとめ

心待ちの春は、もうすぐです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ