お肌プルプルの最強の味方?「コラーゲン」を科学してみた

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2427
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 足成

お肌がプルプルになりますよー、と言われているコラーゲン。


化粧品にサプリ、ドリンクなど様々な形で取り入れることができますが・・・さて?


・そもそも、コラーゲンって何?

・コラーゲンは肌から吸収しないって聞いたけど?

・コラーゲンを口から接種したらどうなるの?

等、今回はコラーゲンを科学してみました。

そもそも、コラーゲンって何?

真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつです。

コラーゲンは細胞と細胞の間に存在する最も多いタンパク質ですね。

食品としては、

何の意味もないのに添加してコラーゲン1000mg配合とか書いておくと値段が何割か高く、数も多く売れるという奇跡のタンパク質です(笑)

栄養もアミノ酸スコア0ですし、普通に豚肉食べてビタミンCをとった方が肌にも良いのにね。

たんぱく質だそうです。

コラーゲン入り化粧品 肌から吸収しないって聞いたけど、効能のほどは?

コラーゲンは、骨や皮膚などを形作る蛋白質です。体内の蛋白質の3分の1は、コラーゲンです。人の体は、コラーゲンだらけなのです。

牛のコラーゲンを毎日食べ続けたとしても、人間が牛にならないのは、牛のコラーゲンが吸収されないからです。

皮膚に塗つても吸収されません。食べたとしても「消化」されてバラバラになります。むしろ、コラーゲンは骨を作るほど強固なので、消化もされずに排泄されます。

ビタミンCは、体内でコラーゲンを合成するときに必要とされます。アミノ酸のプロリンをヒドロキシプロリンに、リジンをヒドロキシリジンに変換します。ですから、ビタミンCが不足すると、コラーゲンが合成できず、まづ壊血病になります。

コラーゲンは皮脂から吸収しないのは常識です。
油がついて肌が乾燥せずぶるんとなったような気がするだけです。

肌質を変えたいのであれば、新陳代謝を良くして、ビタミンと脂質をとり、少し太るくらいの体質改善が
いります。乾燥肌であれば普段はワセリンなどを塗って必要以上に乾かないように心がけるほか
ないですね。あと、毎日こ汗かくように身体を温め続けて細胞単位で治していくほかないです。

吸収されてプルプルお肌になっているわけではないんですね。

コラーゲンが肌にいいのはなぜ?

コラーゲンはなぜ肌に良いのでしょう?

コラーゲンはなぜ肌に良いのでしょう?

肌の潤いを保つ作用があるからです

ただし、潤いを保つコラーゲンは、身体が自ら作り出しています

コラーゲン含有の化粧品類を肌に付けても、肌はコラーゲンを吸収しないので効果はありません

また、食品のコラーゲンも消化でアミノ酸に分解されるので、肉や納豆とかを食べる場合と同じになります

潤い効果は、自らの力だったか

コラーゲンを飲むとどうなる?

すべての健康食品がいかさまというわけではありません。

しかしコラーゲンはダメですね。
なぜなら人間の身体は食べた物を消化した上で吸収するようになっていますが、コラーゲンはコラーゲンのままでは吸収されず、コラーゲンをペプチドやアミノ酸のような細かい分子にこなごなに分解して吸収します。

いちどアミノ酸に分解され体内に吸収された後、そのアミノ酸は何に利用されるか判りません。人間の生体反応でコラーゲンに戻されるかもしれないし、糖新生でエネルギーにされてしまうかもしれない。

つまり飲むコラーゲンと言ってもただのタンパク質を摂取しているのと何ら変わりがないです。安い卵白と正体は同じ、ということです。それをわざわざコラーゲンと名付けて高い金を払わせているということです。

コラーゲンは経口摂取してもそのままでは身体に吸収されません。

一旦、ペプチドやアミノ酸といったレベルにまでバラバラにされてからでないと腸壁を通過できないのです。
そして腸壁を通過したのちはただのアミノ酸として扱われます。もしかすると中には体内で再度コラーゲンに合成される場合もあるかもしれませんし、そうでない形で利用されることも多いです。

要するに飲むコラーゲンといっても、体から見ればただのタンパク質に過ぎないのです。安い卵白と変わらないレベルのものを「飲むコラーゲン」と銘打って高い値段を付けて売っている、ということです。

すべての健康食品がいかさまというつもりはありませんが、飲むコラーゲンや酵素ドリンクの類はダメですね。

大学生です。
私の大学の教授(生物系)も、授業中にチラっとこういった話をしていました。
その際、コラーゲンを口からとっても意味が無いと断言していました。
あんなのただのたんぱく質、消化されればアミノ酸になる。
美肌になるなんてただの思い込み、プラシーボ程度にしか効果は無い、とのこと。
「それで満足するなら、それはそれでいいんじゃない」という締めでした。

コラーゲンと言う物質は、総称です。
小学校や中学校でまともに家庭科や理科の授業を聞いていれば、タンパク質はアミノ酸や単純なペプチドまで分解されて取り込まれる---消化吸収される---と学んだはず。
 他の動物も人も、確かに原料は同じものですから、原料がそもそも不足しているなら、コラーゲンが役に立つかもしれませんが、コラーゲンに関してはその原料となるプロリンはゼラチンなどに多く含まれ、ゼラチンなどが有効なのは想像がつきますが、他のアミノ酸などからも体内合成されるため必須アミノ酸ではありません。
 またコラーゲンの合成過程で鉄やビタミンCも必要です。
 そのため、あなたが想像されるとおり「食事の改善、ビタミンCの摂取、鉄の補給」が重要です。そしてなによりも運動が必要です。体は必要性もないのに無駄なものは作りません。適度な運動などでコラーゲンが必要なら、合成されます。

プラシーボ効果でも、お肌プルプルになったら万事OK?

まとめ

コラーゲン「だけ」に期待するのではなく、バランスよく食事をして運動をして生活をする方が、プルプルお肌への近道かもしれません。






このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ