甘~い「イチゴ」特集。「ケーキの苺は最初派?最後派?」「一粒千円のイチゴの味は・・・?」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

1月5日はイチゴの日。1月中旬からイチゴの収穫・出荷が本格化し、これからが美味しい季節。「一粒千円のイチゴの味は?」「イチゴは野菜?果物?」などのQAをまとめました。

日本初・最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」 コミュニティー

http://okwave.jp/

ショートケーキのイチゴ、最初に食べる?最後に食べる?

小さい頃は最後にとっておきましたが、
成人しますとケーキ食べながら、そろそろかなと思ったタイミングで食べてしまっています。
なので決まっておらず、適当です!

小さい頃はあんなにいちごに執着していたのにな・・・w

真ん中ごろ。

最初に、ケーキ!の甘さと味を堪能し
中ごろになったら、少し酸味のあるてっぺんのイチゴをがぶり。来たるべく、最後の至福の瞬間に備えます。
最後に、スポンジとクリーム、間に挟まったイチゴたちが奏でるハーモニーを存分に堪能するべく、ガブリ。

途中ですね。

ベース部分を食べ進めて、イチゴがバランス悪くなったら食べます。何もこだわりありません。

うちの娘が最後の最後までイチゴをとっておく派なので、毎回「要らないならもらうよ」とイジめますw

私は 後 です。

ショートケーキに限らず、美味しいものは最後にとっておく派なんです。自分の好きな味で食事を締めたいというか。

でも、何が何でも最後ではありませんよ。いい大人になったので、三角の頂点から食べ初めて、イチゴのところにきてケーキが崩れそうになったら、イチゴ食べます(笑)。

一粒千円のイチゴを食べたことはありますか。やっぱり味はちがいますか?

箱入りの高いの食べたことあります。
おいしいです。
噛んだ感じは表面がパリッとしてて果汁が濃い感じでした。
噛んだ瞬間の香りもよくて甘みと酸味が程よい感じで安い苺とぜんぜんちがいました。

某有名デパートでいい値段で売っているイチゴと同じものを栽培農家で買って食べることがあります。
 やっぱり美味しいですが、時期が遅くなってくると糖度が落ちてそれ程でもなくなってきます。


 確実さを考えると旬を外さないことが大事だと思います。

私はたまたま親友の奥様の実家がイチゴ農家をしていまして、妻がイチゴ大好きで

親友の奥様と仲が良くて一年中イチゴの話をしているぐらいです。

私は摘んで直ぐの苺しか食べないのですが、1個1000円以上の苺は歯触りと甘みが

一般的に売っている苺とは全く違いましたね。甘みが豊富なのですがしつこい甘みでは

なくて上品な甘みで水分量も豊富ですね。

イチゴの実は点々の部分ですか、それとも赤い部分ですか

ツブツブ(点々)が痩果(そうか)という果肉の無い「果実」で、
その中にイチゴの本当の「種」が有り、
普段美味しく食べている赤い部分は「花托(かたく)」
が大きくなったものだそうです。

普段私たちが美味しく食べている赤い部分は花の下の部分の
花托(かたく)=花床(かしょう)が大きくなったものです。
「偽果」と言われています。
これは、イチゴの雌しべや雄しべ等をつける台でクッションの役目をしています。

イチゴの種と呼んでいる点々が痩果(そうか)という果肉の無い「果実」です。
その中にイチゴの本当の「種」が有りますよ。

イチゴは野菜、果物、どちらなのでしょうか?

理科の先生が、畑でなるものは野菜で木になるものが果物だと言っていたのを思い出しました。

回答は野菜です。
トマトと同じ感覚で考えればいいと思います。
とっても甘いトマトをフルーツトマトとも言いますが、野菜は野菜ですよね。

「野菜と果物の定義」と言う言葉で調べました。
具体的なことが分りましたので見て下さい。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/7515/TXT/000-2000_11/001102.htm

野菜、果物には、厳密に区別はありません。

草本は野菜、木本は果物と言うのは、1つの考え方であって、これが全てではありません。関係する人の立場によって変わるんですよ。

苺の場合、生産者→農協→青果市場→小売店の流通システムでは、果物に分類されます。
「流通関係や消費者の生活感覚をもとにした分類では果物となります。」

一方、政府機関での分類では、野菜生産出荷統計(農林水産省)では、「一般に、野菜とは、食用に供し得る草本性の植物で、加工の程度の低いまま副食物として利用されるもの」とし、イチゴは「果実的野菜」としています。
農林水産省でも青果物卸売市場調査報告の統計では、イチゴは果物としています。日本食品標準成分表(文部科学省)ではイチゴは果物に、また、成分表を基礎としている国民栄養調査(厚生労働省)でも果物です。家計調査(総務省)、日本貿易統計(財務省)もイチゴは果物に分類されています。
学問的にはどうでしょうか。園芸学では、主として植物としての特性と栽培の観点からイチゴは野菜と定義・分類しています。
植物学的に言えば、苺はバラ科に属しています。
これは、リンゴやナシなどど同じですね。ですから、植物学的には果物です。
梅は、流通的には野菜ですが、バラ科植物で、木になりますので果物ですね。
パイナップルは、茎を食べますので野菜ですかねぇ…でも、感覚的には果物ですよね。(ちなみにアナナス族の植物です)
ちなみに私(飲食業)の観点から言えば、苺は、果物であり、けっして野菜ではありません。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ