恋愛は下、仕事は上に習う法則

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:264
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ホエン
世の中は実力も大切ですが、一番大切なのは口裏を合わせて時流に乗って、勝ち馬に乗って立場の弱い人を叩くことです。世の中には様々なおきてがあり、恋愛は下に、仕事は上に習うという法則を身につけておいたほうがいいです。

STEP1

日本の平均の結婚までの交際人数は3人と言われています。これは調査や個人によってばらばらで一般論がしにくいですが、少なくてもテレビで語られるような恋愛感は、偏差に基づく標準だと思ったほうがいいです。

そういった場合、例えば風俗で仕事をしたりお金を払ったりしている人の意見が強く反映されます。彼らが異性関係に意思表明する頻度が高いからです。そこで自分の恋愛感が違うからといって本音を言う必要はありません。本音を言っている強情な人を、その他多数と一緒に叩いておくことです。

経験人数何人と聞かれたときには、実際の数をいうことはありません。相手が仲間だと思う数をいっておけばいいです。

STEP2

一方仕事をしているときは、いつも会社の意向、上司の意向と顔色を第一に考えます。自分は別にクライアントと直接契約をしているわけではないので、極端な話し、客の意向を汲む必要はありません。普通のサラリーマンはみんなそうやっています。

個人で責任を取らない、自分の意向を説明するときは会社の意向にすることが大切です。

間違っても就職面接のときに、率先して動く人や自分でものを考える人というフレーズを信じてはいけません。あれは答え方のテストをしているだけなのです。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ