2017年の主役?「ドナルド・トランプ」ガイド(後編)「期待」「今後の日米関係」「米国の鳩山?」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3
  • ありがとう数:0

はじめに

前編に続き、トランプ氏ガイド後編です。トランプ大統領への期待や今後の日米関係についてのQAをまとめました。

強気な改革は実現できる?「ドナルド・トランプ」ガイド(前編)経済対策、減税、北朝鮮対応(前編)

http://okguide.okwave.jp/guides/76005/edit

日本初・最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」 コミュニティー

http://okwave.jp/

大統領がトランプになって良かったことは?

ヒラリーは旦那も中国びいきでムカついていたので、トランプでよかったです

初の女性大統領誕生したら、レンホーあたりが「日本も女性首相を出すべき!」と騒ぎそうなので、トランプでよかった

日本が自分の国の防衛を本当に考える時が来た。
今までは安全保障条約とやらで「アメリカが守ってくれるから・・・」だったが
自国の安全は自国で守ると言う考えが出てくる。と信じたい。
核を持つ持たないは別として、
「抑止力として持っても問題ない。」と他国に公表するだけでもかなりの抑止力になるはず。
警察が拳銃を持ちません。と言えば警察なんて怖くないと言う拳銃強盗がでてきてもおかしくない。
警察が拳銃を持っていても、法律で玉が入っていません。と言えば持っていても意味が無いのと同じ。

TPPは農業に取ってトランプだったと思います。
今まで自民党に守ってもらって何も考えなかった農家が、
TPPで攻めの農業を考えだした。

トランプ大統領に期待することは・・・?

戦争をしないこと。兵器を今以上に売り込まないこと(とくに日本に)。

共和党大統領の後ろには、常に新保守派と産軍共同体がいて、政治ブレーンを送り込んで何らかの戦争を起こして来ました。
民主党政権が続き、このまま戦争を起こさないと、アメリカは古い兵器の廃棄のために莫大な経費が必要になります。このため、次の政権は戦争を起こすことが、アメリカの一部の支援団体から期待されているわけです。
トランプがこれに抵抗できたら、世界としては良いことじゃないかと思います。

安倍総理とトランプ次期米大統領との会談は、私の想定では、次のようになります。

米国に対立する、中国、ロシアに対して、日本をパートナーにして、防衛バリーァにして、米の戦争による被害を少なくする必要があった。

地勢的に、日本は役に立つ位置にいる。

だから、最初に、米日の防衛体制を確立させる必要があった。

これが出来てから、中国、ロシアに交渉を始めると。

それで、日本に、米から先進の軍事商品を買い、核ミサイルも買い、中国、ロシアに対して備えなさい、と密談した。

それで、安倍総理は、米をトランプ氏を、信頼できるパートナーだと、評した。

まあ、こんな風に思いました。

トランプの選挙は重要性を持ちます。

まずは、あなたはトランプの最初の世界的リーダーとの会議が安倍晋三との会議だった、と気付きます。
すなわち、本当に最初の世界的リーダーとの会議でした。
そんな会議は本質的意味も象徴的意味も持ちます。

馬鹿なオバマは8年間、「新世界秩序」のぼけ役をしました。
米国嫌悪のイデオロギー信奉者として、アメリカを深刻に弱めてしまいました。
ありがたいに、今日から7週間後オバマの大統領としての在職期間がやっとのことで終わります。
同じ日に、ありがたいにトランプの就任もあります。

男らしい男の億万長者のトランプは、もう頑丈な顧問のグループと人員を組織し始めました。
その人たちは、悪びれずに愛国的なアメリカ人です。

英語のスローガンがあります:「Make America Great Again!」

トランプ大統領で今後の日米関係はどうなる?

>「アメリカ第一主義」は逆行させるものと思います

 質問者さんご自身が指摘されているように、トランプ候補の発言は当初の過激さは徐々に収まり始めています。そもそもが荒唐無稽の戯言の域を出るものではなく、実現性はほとんどゼロに近いものでした。低所得者などが日頃の鬱憤をぶちまけて溜飲を下げて楽しんでいたのです。晩酌で酔っ払って、大法螺を吹いていたのですが、そろそろ酔いも醒めてきました。

 トランプ政権の行方は、今後の動向を見極めた上で判断する必要があると思われます。

トランプ大統領が誕生すれば日米関係の蜜月時代は終わり、日米は距離を置くでしょう。
トランプは古き良きアメリカの時代を再現させたい。プレスリーが歌ってたころですね。
あの頃のアメリカは確かに輝いていました。
私の受ける感じでは人種差別主義者KKKの考えに近いと思っています。
彼は中国やメキシコに対して攻撃的で劣った人種扱いをします。つまり白人至上主義者です。
トランプにとって日本はどういう立場かと言うと、
有色人種の中では別格だが、所詮アジア人であることには変わりがなく、距離を置いて付き合わねばならぬ相手と思っているでしょう。
現在、日本は英国やカナダの次に親しい友好国でありますが、トランプ政権になれば、よそよそしい関係となるでしょう。
日本と組んで中国を牽制しようなどという気はなく、中国の横暴は日本が一人で相手しなさいよ。必要なら原爆もミサイルも作って自己防衛しなさいというスタンスで、アメリカは白人同士、ヨーロッパと組みたがるでしょう。
それならそれで日本は自分の国は自分で守る普通の国になれば良いのです。
原爆は北京と上海に一個ずつ、つまり2個あれば十分です。二個だけなら日本の技術力であれば半年以内に作ることができるでしょう。
日本は専守防衛の国ですから海軍さえあれば良く、軍備にお金はそんなに必要ありません。アメリカの援助は不要で、今でも日本海軍は中国海軍より強いです。米軍が日本から手を引けば日本は原爆を二個作ればいいだけです。

まず、防衛ですが、トランプさんは、全額負担しろ、
さもなくば撤去する、としていますが
日本の負担割合は70%ぐらいで、ドイツや韓国寄りも
多く、
世界一ですから、これが100%になっても
それほど影響はないと思います。

また、米国軍が駐留しているのは、日本の為では
ありません。
中国や北朝鮮、特に、日本に対して睨みをきかせる
ためです。
つまり、米国の為に駐留させているのです。

日本は、防衛を委ねているから、米国の言いなり
になっているのです。
それが無くなれば、日本の独立性は高まります。

とりあえず、米国国債など買わなくなるだろうし、
逆に、売りに出して財政赤字の緩和を図るように
なります。
核武装も真剣に検討するでしょう。

そういうことを考えたら、そうおいそれと撤退など
出来ません。


TPPは、あまりやる気が無かった日本に対し、
米国がかなり強引に締結させたものです。
損するのは米国でしょう。

米国は独裁国家ではありません。
何でも大統領の思うとおりなんて出来ません。
制度的には、米国大統領の権限は、日本の首相よりも
劣る、という人もおります。

トランプはアメリカの鳩山由紀夫か?

その可能性は高いと思います。

メキシコとの国境に、メキシコの金で塀を
造るなんて、どう考えても不可能です。

日本や韓国を核武装云々も無理でしょう。

ただ、反日、親中韓の鳩山氏と違って、彼は反米ではありませんので
そこが救いです。

それは誤解です。トランプは出来もしないことなど一つも言っていません。全部出来る事だけです。それに対して、ルーピーハトヤマは出来もしないことしか言いませんでした。最低でも県外とか東アジア共同体とか。

マスコミの報道の仕方が悪い。
彼らの公式HPでは報道内容と異なります。
しかし、メキシコとの壁は公式HPでも意欲を示してますね。
皆さんの仰る通り、無理な話です。
マスコミ報道通りに成らなかったら、鳩山氏のような存在になるかも知れません。
アメリカ社会なら、トランプ氏はトランプ氏の熱烈な支持者よる暗殺が考えられます。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

ページ先頭へ