函館の名所「五稜郭」ガイド。「見所はどこ?」「なぜ星型をしている?」「3000人も立てこもれた?」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1516
  • ありがとう数:0

はじめに

12月15日は五稜郭占領の日。1868年のこの日、榎本武揚らが蝦夷地を占領し、五稜郭を本営としました。その後、新政府軍と新撰組を含む旧幕府軍、最後の戦いとなる函館戦争の舞台となります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AE%B1%E9%A4%A8%E6%88%A6%E4%BA%89


日本初・最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」 コミュニティー

http://okwave.jp/

五稜郭、一見の価値あり?見どころは?

一見も、二見もの(こんな言い方はありませんが)価値があります。
五稜郭は、幕末から明治維新にかけての我が国の歴史を理解する上での重要な遺構として、大正11年(1922)に国指定史跡とされ、
さらに昭和27年(1952)には、「史跡のうち学術上の価値が特に高く、
我が国文化の象徴たるもの」として、北海道では唯一の特別史跡に指定された。
そして、国宝に準ずる文化財として保存整備事業が進められ、
石垣の修理や橋の架け替え、更には五稜郭に関る絵図面や文献資料の調査を経て、
昭和60年(1985)から郭内の遺構調査が進められ、
この結果に基づいて平成22年(2010)、庁舎全体の建築面積の3分の1とはいいながら、
当時と同じ場所、伝統工法、同じ材木を使用して御役所(奉行所)庁舎の高い精度での
復元をみたのである。(HPから抜粋)
見所は、まずは五稜郭タワー。五稜郭全体を見渡せ、
五稜郭の命名がなるほどと思わせます。
ともかく歴史のある素敵な公園です。参考までに。
http://www.tabirai.net/sightseeing/tatsujin/0000148.aspx

>観光地として一見の価値はありますか。

ありました。

>見所はどこでしょうか

当方は秋に行きましたが、桜が満開になる時期に、五稜郭タワーから見る満開の桜は「見所」というか「見事」です。

何度も行っていますが、2・3の回答者のご意見通り、見ごたえはあります。
江戸末期、明治維新の歴史的背景に興味を待たれない方でも、ある程度満足を得られるかと思いますし、日本の夜明けの歴史的な背景に興味があるかたでしたら、それはきっと大いに満足されるかと思います。
 風景の美しい時期となればやはり桜の開花時期ですが、五稜郭タワーから見下ろす五稜郭の端正な姿自体も四季を問わずひとつの花として目に映るかと思います。
 ほかの函館観光と一体でプランニングされれば、良い楽しみができると思います。
 五稜郭タワーから写真を撮る場合は、出来るだけ広角のレンズをご用意された方がベターです。

五稜郭が星型なのはなぜですか?

>日米和親条約締結による箱館開港に伴い、防衛力の強化と役所の移転問題を解決するため、徳川家定の命により築造された。設計を担当したのは洋式軍学者の武田斐三郎。

 大砲による戦闘が一般化した後のヨーロッパにおける稜堡式の築城様式を採用し、堡を星型に配置している。総面積、74,990坪(約247,466m²)、施工は土工事を松川弁之助、石垣工事を井上喜三郎、奉行所の建築を中川源蔵が請け負った。

 下記より抜粋
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E7%A8%9C%E9%83%AD

 洋式城郭なんですね。ウィーンもかつてはこのような星形の城塞に取り囲まれていました。で、撤去した後にできたのが「リング」と呼ばれる今の大通りです。パリもそうですよ。どちらも19世紀末に撤去工事が行われ、現在のウィーン、パリの街並みができあがりました

1、榎本武揚が五稜郭に立てこもりをした理由は何か。 2、五稜郭の戦いはどういった内容の出来事なのか

1.日本軍が攻め込んでくるので立てこもった。
2.近代日本が初めて行った侵略戦争です。
榎本武揚達は蝦夷地に渡り、蝦夷国を名乗り日本から独立した。
アメリカ・イギリス・フランスなどが国家承認した独立国であった。
そこに薩長を始めとする官軍(正式には日本軍)が攻め込み戦争となった。
欧米列強は蝦夷国に攻め入るのを止めたが、官軍が物を言わせず攻め入った侵略戦争です。

新撰組について調べていたところ、五稜郭の戦いについて知りました。旧幕府軍は3000人とありましたが、それだけの人数全員が五稜郭の中にいたのでしょうか?

五稜郭だけに籠城したわけではありません。
榎本軍は五稜郭を中心にして、各所へ砲台などの防御施設を築いており、あちこちに分かれていたと考えるのが自然です。
ちなみに旧新撰組は最後、弁天台場で戦いました。

北海道に渡った榎本軍は約3000人ですが、全員函館にいたわけではありません。  五稜郭が開城した時降伏した人数は、1300余人と記録されているので、立てこもった人数は1500~1600人くらいと思われます。  もともと一城郭あたり500人、総数2500人で守る城と私は考えています。  榎本は各地の軍を撤収させるつもりだったと思いますが、政府軍の進出早く分断されました。

まとめ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ