柔道の日!「リオ五輪、日本柔道、復活の理由」「柔道と柔術のちがい」「“柔道”整復師とは何?」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1484
  • ありがとう数:0

はじめに

12月6日は柔道連盟の日。1951年のこの日、パリで国際柔道連盟が結成され、世界で柔道が普及する始まりとなりました。「リオ五輪、日本柔道復活の理由」「柔術とのちがい」「大人になってからでも習える?」などのQAをまとめました。

ロンドン五輪で惨敗した柔道はなぜリオ五輪では復活できたのでしょうか?

乱取りのような柔道専門の練習時間を少し減らし、その分筋トレなどの練習をしたそうです。

私はそれを知って「はあ!?」と素っ頓狂な声を上げてしまったのですが、なんとも驚くべきことにそれまで日本柔道連盟は、代表レベルの選手でさえ筋トレをしてこなかったそうです。それを井上康生監督自らが招聘して筋トレ専門のコーチを呼んだそうです。
さらに驚くべきことは、それに反対する声も少なくなく、井上監督の強力な後押しがあったからこそ実現したそうですよ。なんと、柔道畑以外の分野からのコーチが招聘されることそのものに根強い反対論があったそうです。ちなみに今タレントとしてあちこちに出てる前の監督はそのバリバリの外部招聘反対論者で、昔ながらの講道館柔道の練習ばっかりさせていたそうです。

筋トレ専門のコーチによると、代表レベルの選手でさえ、懸垂が1回もできない選手がいたそうです。
だから、パワーがある外国人選手に力負けしていたのです。筋トレで外国人選手のパワーにも負けない肉体ができてきたので、対等に戦えるようになりました。

また日本の柔道は、講道館スタイルの綺麗に投げて一本を取るような柔道こそが「正しい柔道」とされています。しかしJUDOが世界に広まるにつれて、本来の講道館スタイルではない柔道が世界の主流となりました。「JUDOは、柔道ではない」といわれていますね。
だから日本人の柔道ファンの多くは「国際大会より国内大会のほうが本物だから、面白い」といいますね。「JUDOはもう異種格闘技戦みたいなもので、あれは柔道ではない」と嘆く人も多くいます。
しかし井上監督は国際大会の結果こそを重視して、日本の柔道をJUDOに合わせるスタイルと戦術を選手に与えました。結果、柔道ではなくなったのですが国際大会で結果が出せるようになったのです。

柔道と柔術はちがうものなのですか。柔術は格闘技ですか?

 「柔術」とは「徒手あるいは短い武器による攻防の技法を中心とした武術(戦闘用の技術)」の一種です。
 それに対し「柔道」とは「徒手を主体とした攻防を行う技術を習得し、その過程によって心身を鍛える事を目的とした武道」の一種であり、使用する技術自体は古来の柔術の技術の一部を流用して発展させたものですが、柔術があくまで「武術」即ち「戦闘用の技術」であって、「相手を倒す事」を目的とした「技術」でしかないのに対し、「柔道」の方は「武道」という「道」、即ち「生き方」・「心構え」も重視し、「心身を鍛える事」を主な目的としているという点が「柔術」とは異なります。
 従って、厳密に言えば「柔術」と「柔道」は異なります。
 また、「格闘技」という言葉には、「徒手を主体とした攻防を行う技術」という意味もあれば、「徒手を主体とした攻防を行う競技・スポーツ」という意味もあります。
 「柔術」は「徒手を主体とした攻防を行う技術」という意味での「格闘技」ではありますが、柔術を収めたもの同士が技を競い合う協議が行われる事はあるものの、柔術の主な目的は「戦闘で相手を倒して生き残る事」であって「競技で勝つ事」ではないため、「徒手を主体とした攻防を行う競技・スポーツ」という意味での「格闘技」と呼べるかどうかは微妙で、おそらくスポーツとは呼べないと思います。


【参考URL】
 柔術 - Wikipedia
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%94%E8%A1%93

 柔道 - Wikipedia
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%94%E9%81%93

 コトバンク > ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 > 柔道とは
  https://kotobank.jp/word/%E6%9F%94%E9%81%93-77257#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29

 「武術」の検索結果 - Yahoo!辞書
  http://dic.search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%AD%A6%E8%A1%93&ei=UTF-8&fr=slv1-tbtop2

 武道 - Wikipedia
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E9%81%93

 格闘技 - Wikipedia
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%BC%E9%97%98%E6%8A%80

 コトバンク > ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 > 格技とは
  https://kotobank.jp/word/%E6%A0%BC%E6%8A%80-43570#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89

柔道には、ルールが有りますし 当て身 蹴り技は有りません
柔術は、昔は 小具足回りの術 とも言われ
関節技 当て身 蹴り技 武器 戦場を前提に 何でも有りです
柔道は、嘉納 治五郎が創設しましたが 山嵐等の技も有りました
今の、柔道は危険な技等を 禁止していますね

柔道整復師はなぜ「柔道」という言葉がつくのですか?

元々は柔道家の間で受け継がれてきた武道療法だからです。

武道では練習で怪我をすることがついて回るので柔術や少林寺拳法などでも独特な治療法が存在します。

昔は整形外科の絶対数が不足していたので国が柔道整復師という資格をつくり接骨院の開業を認めたのです。

柔道は大人になってから習うのは難しいですか?

指導に携わっています。
少年の部に送迎しているお母さんが自分も習ってみるということで黒帯を取った人が何人もいます。
勿論、最初は長い間運動をしていないために、また全く新たな競技をそれなりの年齢で行うので、受け身も満足に出来ずにフーフーいいながらですが熱心にやっています。
技を覚えて自分の子供と乱取りをしても親が投げられたり・・・。
でも熱心に稽古に励んで黒帯を取るころには、新たに稽古に加わったお母さんに教えるぐらいにはなります。

参考にして下さい。

柔道は理論体系なので実は大人になってからの方が、
子供のそれよりも早く習得できるんです。

だから理屈が分かれば直ぐに実力の無い者を短期間で投げることができるようになります。
問題は同等の力を持った者、若しくはそれ以上の人を相手にした場合。

あまりにも相手を投げられなくなり、実力不振に陥ることがあるんです。
そうなった時は思い出してください。
「続けることに意義がある」と。

これで大丈夫です。

大人であれば他の武道よりも比較的短期間で黒帯が取れるのも魅力です。

柔道指導経験者です。
大人からでも始めることは可能ですし、黒帯を取ることもできます。
実際にしている人もたくさんいます。

問題は、時間の確保と怪我です。

週1回程度の練習でしたら、すぐに忘れてしまうので、なかなか身につきません。
継続して行えるか。
あとは、年齢にもよりますが、無理すると簡単に大怪我してしまうので、無理しないでできる正確かどうかですね。
大きくなってからはじめると、体の力をうまく抜くことができず、力に頼った柔道になる傾向が多いです。まっすぐな木の棒を想像してください。しっかりとした木でも、柔軟性のある枝より簡単にボキッと折れてしまいますよね。
違うスポーツをいくらやっていても、柔道の怪我は別物と考えてください。
中高生とやって、ムキになると大怪我します。この時に自分の弱さを認めてすなおに受身が取れる人は怪我をしないし、長く続けられ、結局強くなれます。

練習場所ですが、皆さんが回答されるように、柔道整復師や警察署に聞いても良いですし、子供向けの道場に聞いても良いと思います。
最近大人で始める人が多いので、そういったところを紹介してもらえばよいと思います。

都内なら、東京ドーム横に柔道のメッカ的存在の講道館がありますので、のぞいてみたらよいと思います。

まとめ

その他のQAはこちら


柔道

http://okwave.jp/searchkeyword/%E6%9F%94%E9%81%93

必要なもの

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ