ショウガについての知識まとめ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

生姜は体にいいって言われるから買ってきても一回で全部使い切れないですね。

しかも何で体にいいの?その成分は?など掘り下げていきましょう。

  1. ショウガの保存方法
  2. 皮はむいたほうがいい?
  3. ショウガの成分について
  4. ショウガは体を温めるだけではない?
  5. 食べすぎるとどうなる?

STEP1ショウガの保存方法

間口の広い蓋つきのビンに生姜をいれ、
口いっぱいに水をいれて蓋をする。
それを冷蔵庫に入れてます。

 普通はそのまま玉ねぎのようにつるして置いたりしますが、
 おがくずに埋めて置く人もいるし
 里芋のように杉の葉を置いて腐らないようにする人もいるし
 冷凍庫保存する人もいます。

 こちら田舎ですので、ネギやニンニク生姜は自宅で作る方が多いのですが、大抵は冷暗所に放置ですね。
 蒸れないように籠にいれては置くようです。

穫量との関係もありますが・・・
ショウガは、生育段階に応じて、葉ショウガ(新ショウガ)→根ショウガ→種ショウガ(ひねショウガ)と、いろいろ楽しめ味わえます。

◇葉ショウガ:ミソをつけて生食で
◇根ショウガ:ミソ漬けや紅ショウガに
◇種ショウガ:細かく刻んだり、すりおろして使用

少量ならば、冷蔵庫の野菜室に水気を良く拭き取って、ラップに包むかポリ袋に入れて保存

大量ならば、畑の土に埋めて置く(地温が低く冷蔵保存になる)

しょうがの保存方法

生姜は買ってきても 一度の料理で使い切ることはありません。残った部分を保存するとき、ラップに包んでおくと、汗をかいて腐ることが大抵です。(たまに、くさらず保存できることあるのですが)
 
かと言って、ラップもしないでいると たちまち干からびてしまいます。

あと考えられる保存方法は、すりおろして冷凍庫へ入れるくらいです。かたまりで保存しておこうとする場合、どのようにして保存したらいいのかご存知のかた教えてください。

湿らせた新聞紙に包むとよいそうです。

我が家では買ってきた固まりを小分けに切り、そのまま冷凍庫に入れ保存します。
すり下ろして使うときは、凍ったまますり下ろして使います。(繊維質が残らず口当たりは良くなります)
炒め物などみじん切りにして使うときは自然解凍します。
どちらも風味は若干落ちますが、無駄なく使う(腐らすとか干からびるなどをなくす)にはこの方法かなって思います。

生姜は買って来たら、風通しのいい所で丸のまま乾かすといいですよ。
表面がよく乾いてからラップで包んで冷蔵庫で保存します。
抜群にもちが違います(八百屋さんに教わりました)

そのまま(かたまりのまま)をラップにまいて冷凍させているだけです。

あとは使う分だけ、おろし器でおろしています。
スライスにする時は、少し早めに冷凍庫から出しておくと包丁で切りやすいです。

私の場合は、薄切り・千切り・すり下ろしをして全部冷凍しています。ラップを張った皿に重ならないように起き、冷凍して固まったらタッパ移し、必要に応じ凍ったまま調理します。
すり下ろしについては、2つまみ分ほどの山をいくつも作って汁ごと冷凍。ショウガ汁が必要なときは解凍してぎゅっとしぼりつかっています。暇な時にまとめて冷凍しておくと下ごしらえの時間が少し減ってらくになります。

にんにくも同じ事をしています。

STEP2皮はむいたほうがいい?

生姜の皮はむいた方がいいでしょうか?

自分は、男なのですが、
大変な寒がりで、
いつも、子犬のように
プルプル震えています(笑)。

どうにかしたいとずーっと思っていたのですが、
最近、ちょっと小耳にはさんだのですが、
生姜が体を温めるのでいいという情報を
つかみ、生姜を食べてみようと
思ったのですが、
恥ずかしながら、料理が一切できないので、
包丁がまともに使えないのです(恥)。

実際、生姜って皮をむいた方が
いいんですよね?

それとも、皮のまま、
おろしても大丈夫ですか?

もしよかったら、教えて下さい。

もし、皮をむいた方がいい場合、
例えば、包丁を使わなくても、
こんな方法でむけるよ!っていう情報が
あれば、教えて下さい。

よろしくお願いします!

こんにちは。

生姜を使う用途によりますね。

刺身などで、おろして使う場合は皮を剥きます。
(皮までおろすと黒ずんだ色になるので)

煮物などに入れる場合はそのまま入れます。
(臭い消し目的で入れるので皮付きでもOK)

基本皮まで食べられる食材ですので、色等が気にならなければ皮は剥かなくても大丈夫です。

固い“たわし”などでゴシゴシこするとある程度皮をこそげ取ることができますよ。
少し皮が残っていても、しっかり水洗いしてあれば大丈夫です。

あと、もったいなーい方法としては
皮をむこうとせずに包丁で四角に切ってしまう方法もあります。
これなら包丁になれてない人でも大丈夫かと。
私も古くなって外側が固くなってしまった生姜はそうやって中心の部分だけ使うことがあります。
皮にごっそり残った実を見て、「うーん、もったいない」と懺悔してから捨てましょう。

体を温める効果を求めているのなら、生姜を丸ごと皮を剥かずにガリガリとすりおろして、そこにハチミツお入れあつ~いお湯で溶かし飲むんじゃ!

泥を洗い落とせば、皮は剥かなくてもかまいません。ちょっと摩り下ろした時、見た目が茶色っぽくなりますが。
皮をむきたければ、スプーンの横っちょでこするとむけます。
摩り下ろしたら、ラップの上に薄~く延ばしてつつみ、冷凍庫にいれてくといいですよ。
薄くしておけば、使いたい時に手でポキッと折り取れますので。

オススメの食べ方としては、
・温かい紅茶にいれる。紅茶も温める効果があるので相乗UP!
・肉を、焼肉のタレをかけて焼くときにショウガを足す
 (薄切り肉なら、包丁を出す必要なし!ついでにニラなんかも買っていて、手でちぎって一緒に炒めるとGooD!
 フライパンすら家にない場合、耐熱容器に、肉、タレ、ショウガをいれてラップをし、レンジでチンしてもOK。赤くなくなれば食べられます。)
・ハチミツに漬けておく
 (ショウガの皮をむかず薄切りにしてビンやタッパに入れ、ハチミツを注いで混ぜ、冷蔵庫にいれておく。
 お茶・コーヒー・ホットミルク・お湯に混ぜて飲む、パンや果物につけて食べる、そのまま舐めても。
 夏に冷たい飲み物は身体を冷やすが、これをお湯で溶かして冷やして飲むと、ジンジャーエール風になり温まる!)

果物や野菜は大抵、皮と実の間が一番栄養があるといいます。
もちろん生姜もです。
生姜の皮は乾燥させると「生姜皮」というそのまんまな名前の漢方薬になります。

おろしたりすると多少見栄えはは悪く、またもしかするとデリケートな人は歯ざわり等気になるかもしれませんが、自家消費する分には皮は剥かない方が良いと思います。

私は直接口に入る場合以外は皮もむかずに使っています。
おろして汁を絞るなら皮ごとおろして大丈夫。皮のすぐ下が一番香りが強く薬効があります。
肉や魚の匂い消しに煮込む場合などは、口に入らないように(取り除けるように)敢えて厚くむいた皮を使うこともできます。

千切りにして料理に混ぜたり天盛りにする時はごく薄く皮をむきますが、包丁でこそげるようにむきます。扱いに慣れていない方にはおススメできません。
スプーンでこそげることもできますよ。あまりきれいにはむけませんが。


あと、チューブ生姜も確かに生の生姜より弱いですが、倍量を目安に摂取すれば効果はあります。

STEP3ショウガの成分について

ショウガの成分について

ショウガには辛味成分のジンゲロン、ジンゲロール、ショウガオールが含まれることは理解していますが、これらは単独で存在しているのでしょうか??
それともジンゲロンはジンゲロールに属しているのでしょうか??
ショウガオールもジンゲロールに属しているのでしょうか??
教えてください。

厳密に言えばshogaol(ショウガオール)、zingerone(ジンゲロン)はショウガに含まれる成分ではありません。ショウガの主な辛味成分は[6]-gingerol([6]-ジンゲロール)です。shogaolとzingeroneは[6]-gingerolをショウガから分離するための過程で生じてしまった成分です。つまり人間の手によって作られた成分だということになります。なお、[6]-gingerol、shogaol、zingeroneはすべてフェノール性化合物であり、似たような性質です。

>分離過程で生じたジンゲロンの還元性

これに関してはちょっと難しい話になりますが・・
ジンゲロールの構造をみてみるとカルボニル基および水酸基がついていることがわかります。この部分の構造のためにジンゲロールは逆アルドール反応という反応を起こし(分離の過程で)還元性のある(高い)ケトンの構造をもつジンゲロンが生成するわけです。

>ショウガに含まれている成分に辛味のない成分というのは(香味成分を除いて)例えばどのような物があるかご存知であれば是非教えてください。

ショウガには辛味成分、精油成分、ジテルペン化合物(ゲラニルゲラニル二リン酸(GGPP)から生合成される炭素数20の化合物)が含まれるといわれています。

筆者からの豆知識です


ショウガの成分はおもに、

「ショウガオール」と「ジンゲロール」

ショウガオールを摂取すると体は温まるが、

ショウガオールは生の状態では摂取できません。


ショウガを加熱すると、このジンゲロールがショウガオールという成分になるんですね。

STEP4ショウガは体を温めるだけではない?

ショウガは体を冷やす?温める??

こちらのカテでいいのか分かりませんが、質問させてください。

わたしはずっと、ショウガという食材は、冬、体を温めるのに効果があるものだと思っていました。

ところが最近、「ショウガが夏バテに効く!」という記事を読みました。
そこには、「ショウガは体温を下げる」と書いてありました。
これは、わたしがいままで信じてきた効果と、まったく逆の効果です。

ショウガは、体を温めるのでしょうか。体温を下げるのでしょうか。

ネットで調べると、

・ショウガは、血液の循環を良くし、身体を温める
・ショウガは、新陳代謝を高め、体温を下げる

というような説明が見つかり、ますます混乱しています。

自分では、これらはまったく矛盾する説明としか思えないのですが、どなたか詳しい方、
ショウガを食べると結局温まるのか冷えるのか、教えていただけないでしょうか。

ショウガというと思い浮かぶのが葛根湯

それはおいといて

その二つの説明はまったく矛盾していません。
ショウガには血行を促進させ、身体を温め、発汗作用を促進し、解熱効果が期待されます。

ショウガを食べると身体が温まります。
そして汗をかかせる事で身体を冷やすことができます。
これは、弱ったからだの機能を正常に整えると言うことです。

誤解していただきたくないのは
「体温を下げる」と言っても勝手に体温が下がるわけではなく
汗をかくことで体温を下げる
と言うことです。

ここを勘違いしなければ、二つが矛盾していないことがお分かりいただけるかと思います。

STEP5食べ過ぎるとどうなる?

生姜の食べすぎはよくない?

冷え性に生姜がよいと思い、食事の際に結構大目に生姜を入れたりして、食べていました。確かに身体はぽかぽかしてきたのですが、顔の肌あれが急に出てきて、困っています。顔が暑くなって乾燥しきってかなりひどい状態です。もともとアレルギー体質なのでその成果と思っていたのですが、もしかしたら生姜の食べすぎで肌荒れ、ってありえると思いますか?

適度な食用は有効ですが・・・。粘膜を強く刺激するため、一度に多量に摂取すると、腹痛、下痢を起こすので気をつけましょう。

効能が強いとされている食材は取りすぎると胃腸を弱めます。
胃腸が弱ると肌荒れの原因にもなるそうです。

質問者の方の肌荒れの原因がそれだとは言えませんが生姜の食べすぎでなった
可能性はあると思います。

その他に食生活を変えたことにより、ミネラルのバランスが崩れた可能性もありますね。
いずれにしてもほどほどにした方が良いですよ。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ