力がぶつかる「ラグビー」特集!「魅力&面白さ」「五郎丸はなぜ人気? キック前のお祈りの意味は?」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1539
  • ありがとう数:0

はじめに

ラグビー

ラグビーの面白さ、魅力

ラグビーの面白さをどういうところで感じるかは、人によって
違うかも知れませんが、私はボールをつないでトライを目指す
連続プレーに最も魅力を感じます。

他の球技でもボールをつなぐプレーがありますが、ラグビーほど
長い時間、長い距離をつなぐ球技はありません。
また、ボールをつなぐ為には自己犠牲が必要で、自分の身体に
タックルさせることでボールをつないで行くのも魅力です。

怪我は確かに日常茶飯事のようです。
試合を重ねるうちに、満身創痍でプレーしている選手ばかりのようです。

たくさんいるラグビー選手のなかで、なぜ五郎丸選手だけが人気なのでしょうか?

(1)マスクが良いのと、(2)キック前のあの独特の 印 を結ぶようなしぐさと、(3)その成功と更に、(4)五郎丸 という苗字のめずらしさが合わさって、人気が出たものと思います。

ルックスが良いのは勿論ですが、彼はゴールキックのキッカーだったので、必ず単独でカメラに映ったこと。
それから、キックシーンは、必ず得点に直結することから、注目を集めやすいこと。

しかも、あのポーズは、子供から大人まで親しみやすく、真似もしやすいこと。

いかついルックスなのに、どこか子供っぽいところを残しているところ。

そこら辺が、人気を集めた原因ではないでしょうか。

五郎丸選手のキックの前のお祈りポーズは何か意味があるのですか?

五郎丸本人が言うには、試合中必ず左右のバランス感覚がずれる。
それを修正して左右のバランスを整える為に、正中を意識するポーズと言ってました。
体操の内村航平選手も両手で正中を意識するポーズをとりますよね。あれと同じ意味があります。平行感覚を整えないと上手くいかないということです。

五郎丸選手の動作については、テレビ(NHK「アスリートの魂」)でも取り上げられていましたが、一連の決まった動作(ルーティン)を行うことによりよけいな事に惑わせれず精神集中させるために行っているそうです。お祈りのポーズに特に意味はなく(気を身体の内側に貯めこむと言う話もありますが)、一連の動作のひとつです。

なお、あのポーズはかってのイングランドの名選手であるジョニー・ウィルキンソンを参考にしていると言われています。

五朗丸選手のあのポーズは、最後の部分だけを見るとお祈りをしているみたいに見えますが、実はあれはお祈りなどとは違いちゃんとした意味があるイメージトレーニングの動作なのだそうです。

ボールをセットしてから実際にキックするまでの一連の動作を見ていると、ゴールポストの位置を確認して、キックする寸前のあの最後のお祈りみたいなポーズになる前に、両手を目標のゴール中心方向に合わせてから、左手はそのまま目標のゴール方向に合わせたままで、その左手に沿って何度も右手を滑らせる様な動作をしています。

五朗丸さん本人が、某局のテレビ番組に出演している時の質問に答えてあのポーズの意味を説明していました。

五朗丸選手は左足が軸足で右足でキックします。
すると人間の身体はボールを蹴る時に軸足を中心にコマのように弧を描いて左方向に回転する力が働きます。

ゴールポストを狙ってキックしたつもりでも、この人体の回転運動の作用でボールは狙いよりも左に流れてしまうそうです。
キックの強弱により、回転の影響によるボールの曲がり具合も変わるため、以前はゴールを外してしまう事が多かったそうです。

そこで五朗丸選手は、ボールを蹴る時に右足が回転方向に回らない様に、キックする右足を出来るだけ真っ直ぐにゴール方向に蹴り出す練習をしたそうです。

でも常にそれを強く意識していないと、どうしても自然に回転する身体に合わせて右足も回転してしまう。
それを防止する為に、キックの前にゴールの方向を確認して、左手をゴール方向に合わせて、その左手に沿って右手でゴール方向に真っ直ぐに右足を蹴り出すイメージトレーニング(動作の確認)をしている。

その確認の動作が、あのお祈りみたいなポーズになっているんだそうです。

立ち位置から精確なゴール方向の確認をして、そこに向かって真っ直ぐに右足を蹴り出すイメージトレーニングをする事が、また彼のキック前の最後の精神集中にも繋がっているとの事でした。

要するに、あのポーズはポーズではなくて一連の動作であって、実際のゴール方向の確認と蹴る時の足の動きの再確認と精神集中の時間の意味を持つ複合の動作になっているそうですです。

メンタルトレーナーさんからのアドバイスでキックの上手いイギリスのウイルキンソン選手のキックのビデオを何度も見て研究する様に指導を受けたそうです。

なので、あの合掌の様なポーズはゴール方向の確認と右足の動きの確認で、浣腸?みたいなポーズはイギリスの選手の影響?だと思います。

なぜラグビー日本代表に外国人の選手がいるのですか?

その国にプレーする直前36ヶ月継続して住んでいればその国の代表になれるというルールがあります。なので外人さんでもOKです。

もともとは「日本代表」というより「日本ラグビー協会代表」という意味合いが
強かったように思います。
国籍は問わずに日本協会のもとでプレーしている選手の代表、ということで。

ところが安易な強化のために、他協会での代表経験のあるプレイヤーをどんどん
入れるようなことが国際的にも見られるようになったため、
・居住期間の制限
・代表経験のあるプレイヤーが他協会の代表選手となることの禁止
等の制約が加えられるようになってきているようです。

ラグビーはヨーロッパ生まれのスポーツなのにサッカーほど広まってはいないですね。何か理由があるのでしょうか

単純には、ラグビーの方が敷居が高いからですね。
格闘球技ですから、子供達が広場で草ラグビーという環境がなかなか出来ません。ラグビーには芝生が必要ですから(土でやっていたのは日本くらいだそうです)、サッカーのようにちょっとした路地裏でミニサッカーというわけにはいかないのです。タグラグビーやタッチラグビー(これはリーグ系ですが)もあまり普及していません。
6N以外でヨーロッパでそこそこ強いというと、ルーマニア、スペイン、グルジア、ロシアあたりでしょうか


一応、ヨーロッパのほとんどの国にナショナルチームはあり、ワールドカップの予選には参加しています。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ