維新の時代を駆け抜けた「坂本龍馬」特集! 「主な功績」「歴史に与えた影響はある?」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1608
  • ありがとう数:0

はじめに

11月15日は維新志士・坂本龍馬の誕生日であり命日。「龍馬の功績」「暗殺されてなかったらその後なにをした?」「日本の歴史に与えた影響」などのQAをまとめました。

龍馬の功績はどのようなものでしょうか

「薩長同盟の仲介をした」のが最大功績と言われています。ただし、どの程度本当かというと心もとないというのが正直な所です。

なお、坂本龍馬が日本史上で最も有名で人気の高い人物であるのは司馬遼太郎が書いた「竜馬が行く」の功績であり、坂本竜馬の人物像も「竜馬が行く」で司馬遼太郎が作った人物像がそのまま「常識化」しています。

司馬遼太郎が上記の作品を書くまでは坂本竜馬は特に有名な人ではなかったようです。坂本龍馬について歴史家の書いたきちんとした伝記が存在しない、端的に言えば吉川弘文館の「人物叢書」に坂本龍馬の巻がないことが、坂本龍馬が「司馬遼太郎の小説によって過大評価されている人物」であることを示します。

坂本龍馬について確実なことを知りたければ、市町村の図書館に行って、たいていはワンセット揃えてある
「国史大辞典」 吉川弘文館
で「坂本龍馬」の項目を見てください。そこに書いてあることが「坂本龍馬について史実と認められること」です。

民間での初めての株式会社として、海運業を起こした人物と解釈する方が無難ではなかろうかと思う。
社名は亀山社中、後に海援隊。株主には松平慶永をはじめとし、幕府の大物あたりもいたらしい。大風呂敷の癖はあったが、結構なヤリ手ではある。

薩長同盟を強く勧めたが、実質的にも当時四面楚歌であった長州藩の武器弾薬を、長崎から薩摩藩に代わって(商売として)調達させた。(薩摩藩が大っぴらにやる訳にはいかなかったなどの事情による。)
このような事が当時犬猿の仲であった薩摩、長州においてその関係を友好たらしめた功績は大きかったと言えよう。(これにより第二次長州征伐は幕府側の大敗となる。)

しかしながら龍馬本人は船中八策など公武合体論者であった為、倒幕を目的とする薩長からは齟齬をきたすようになる。(株主に幕府関係者がいたから当然か?。)
この事が龍馬暗殺に関係しているかどうかは知らないが、この線を疑う人もいる。

海援隊のメンバーの中に龍馬の薫陶を受け、後に外務大臣となる陸奥宗光(陸奥陽之助)がいたが、終生龍馬の思慕の深かった人である。
やはり龍馬はひとかどの人物だったとは言えよう。明治の時代まで生きていれば、岩崎弥太郎や渋沢栄一と並ぶ実業家となっていたとは思われる。

なお日露戦争におけるバルチック艦隊が日本にせまりつつ国民の不安が高まるなか、明治天皇の妃であった昭憲皇后の枕元に龍馬の幽霊が立ち「心配めされるな、日本は必ず勝つ。(大意)」といった事があったらしい。
昭憲皇后は龍馬のことを知らなかったらしいが、その幽霊の特長を聞けば龍馬にそっくりであったらしい。この事が新聞で報道され、龍馬は一般の人が知る存在となった。
どうも明治政府における薩長閥が、龍馬の事については封印した気がしないでもない。
何か後ろめたい事があったためであろうか?。

龍馬のように短銃を持ちブーツをはいている人は当時は珍しかったのでしょうか?

当時の日本では、連発の拳銃は非常にめずらしかつたようです。
もしかしたら、坂本龍馬以外には所持していた記録が無いかもしれません。
なお、当時の日本では単発式の「単筒」という銃はありました。高価なので持ち歩く人はあまりいなかつたようですけど。

ブーツというか、革靴も、普段使用している人は非常に珍しいです。
こちらも、もしかしたら文献に残っているのは坂本龍馬だけかもしれません。

ただし、靴の方は坂本龍馬の死後しばらくしての、西洋式軍隊の導入で、珍しい物ではなくなりますけど。

たしかに坂本龍馬時代に短銃を持ち歩いて、靴を履いている日本人は
いなかったようですね。
刀を持ち、ワラ草履をはいていた当時としては凄いことだと思います。

【龍馬の短銃】
真偽のほどはわかりませんが、
坂本龍馬の短銃は高杉晋作から送られたものという話があります。
晋作が上海に渡航した時、最新式のS&Wモデル2アーミーの短銃を数挺購入し、
それを晋作が龍馬に贈ったというものです。
その銃のおかげで何度も命拾いをしました。

【ブーツ】
ブーツは西洋砲術を学ぶのには、草履ではなく
革靴出なければと龍馬は考えていた節があります。
西洋のことを学ぶにはまず、ファッションからという風に考えたのでしょう。

【日本の近代化】
龍馬のように西洋の新しい物を受け入れる姿勢が
維新の夜明けを開いた若者にあったがゆえに、
明治になってから急速に近代化がすすみました。

龍馬が暗殺されなかったら、その後、どのような活動をしていたのでしょうか

そうですね、もし坂本龍馬が暗殺されていなかったら。
と考えると明治の政治体制も変わってくると思います。
まず、西郷隆盛の下野も無かったかもしれません。
すると西南戦争も回避できたかも。
日清日露の戦争も様相を違えていたかもしれませんね。
それだけ坂本龍馬の存在は大きかったと思います。

司馬遼太郎さんによって、余りにも美化されちゃいましたね。
紀州藩に難癖を付け、船の弁償金として7万両をせしめた、
ゴロツキの面が有ります。
勝麟太郎と西郷隆盛の使い走りでゴロツキの面で、歴史に名を留める
活躍をしたのですから、素晴らしい事ですが・・・

生きていれば、下級武士の出身ですから、明治政府の閣僚には、
ならなかったと思うのは衆目の一致する処でしょう。
戊辰戦争と西南戦争で武器商人としてガッポリ儲けた・・・
ゴロツキだけど悪では無いので、日本を外国の植民地にするような事は
しないでしょうね~~
蝦夷地に、職を失った武士を集め開拓して、大地主になった。

それにしても、暗殺の数日前にせしめた7万両はどこに消えたのかね。

海援隊の隊士ではなかったものの、坂本龍馬の下で彼の自由奔放な生き方の後始末をやたらとやらされた経理担当の可哀想な人がいまして、その人の名を岩崎弥太郎といいます。後に岩崎は政商となり、三菱財閥を作りました。
坂本龍馬がやろうとしていたことを受け継いだのが、岩崎弥太郎だったのではないかと思っています。龍馬が託した、というより頭の良かった岩崎が龍馬がやらんとしていたことを見抜いていたというような気がします。元々龍馬は商家の息子ですしね。龍馬の基本的な価値観というのは武家のそれというより、商家のそれだと思います。有名なエピソードが、友人にピストルを見せて「これからはこれだ」と言い放った話です。刀の届かない先から飛び道具で勝つという「卑怯でこすい勝ち方」を卑怯とは考えなかった合理主義は武士の思考回路ではないですよね。

というわけで、もし明治に生きながらえたら財閥を築いて巨万の富を得たように思うので、決して人気がある人物にはならなかったでしょうね。龍馬は志半ばにして斃れたことによって伝説化されたと思います。

龍馬がいなかったら日本の歴史は変わっていましたか?

やはり、変わっていたと思いますよ。
(龍馬がいなくても、同じという意味で)

吉田松陰が未来の扉を発見し、勝海舟が海を渡った異国に日本を越えた世界を感じ取り、龍馬は、松陰の夢と海舟の先見の明を引き継ぎ、薩長を初めとする改革派との調停役を演じて見せた。

しかし、龍馬がいなくても、時代の潮流は、ペリー来航を機に、否応なしに変わらなければならなかったし、尊皇攘夷だの倒幕だの後家人だのという内向きの状況から、開国という方向へ向かうしかなかった。

龍馬の功績は絶大ではありましたが、あくまでも、大きな時代の潮流の中での功績だと思いますよ。

たぶん変わらないと思います。

倒幕だとか明治維新とか、これは必然であって
龍馬が居ずとも(タイミングは別として)歴史は
動いていたと思います。

龍馬はもちろん数居るキーマンの一人だったでしょうけど、
それもほんの一コマに過ぎないと私は思いますね。
日本史に多大なる影響を残したのは龍馬よりも西郷どんの方が
はるかに大きいと思います。要職にも就いていましたから。

司馬遼太郎によって作られた龍馬像が、のちの日本人に
与えた影響の方が大きいと思いますよ。

(坂本竜馬個人でなく)坂本龍馬的な人がいなかったら、歴史は若干変わっていたでしようね。
ただ、イギリス・フランス・アメリカなどの列強の植民地にはならなかったでしよう。
政商であるグラバーの日記には、「坂本龍馬に色々と知恵と資金を与えた」と書いています。
「船中八策」も、グラバーが龍馬に教えたとの記述もありますしね。
南北戦争後に二束三文になった旧式銃を、高値で大量に買ってくれた海援隊に対するお礼です。
「ヨーロッパでは、こんな政治制度があるんだ」とか・・・。
つまり、龍馬が存在し買った場合は「別の人物に知恵」を与えたでしようから、基本的に明治維新は変わりません。
他にも回答がありますが、坂本龍馬は「司馬遼太郎」が「竜馬が行く」を書くまでは地元高知を除いて無名な存在でした。
今でこそ、誰もが知っている英雄ですがね。

坂本龍馬がいなかったら?。
いつの時代にも英雄的な活躍をする人物は出現するものですが。
明治維新とは何だったのだろう。と考えた場合、桂小五郎や西郷隆盛が
薩長を率いていたわけですが、そこまで二人を引き合わせて倒幕の機運
を高めたのが坂本龍馬です。
坂本龍馬が倒幕をして新しい時代を作ることを習ったのが幕府の勝海舟
ですが、勝海舟の弟子は坂本龍馬以外にもいたことはいました。
しかし、あれほどの行動力を示したのは坂本龍馬以外にはいませんでした。
ですから、坂本の後を継ぐ形で新政府に入った後藤象二郎も坂本のマネは
できない。と言っています。経済界の岩崎弥太郎も同様に坂本龍馬を
神格化して話したそうです。
やはり、坂本龍馬がいなくては明治維新は達成できなかったでしょう。
おそらくイギリスの植民地になっていたのでは。

龍馬について知るおすすめの本はありますか?

平尾道雄の「海援隊始末記」(中公文庫)と、
飛鳥井雅道の「坂本龍馬」(講談社学術文庫)。

文庫本で価格もお手ごろだし、オーソドックスな
入門書というころでしょうか。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ