スピーディーな攻防が魅力の「バスケットボール」!「アメリカが最強の理由」「うまくなるコツはある?」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

9月30日はバスケットの日。1930年、大日本バスケットボール協会が設立され、日本バスケットの大きな転換期となりました。

「身長が低い場合のシュートはどうする?」「スモールとパワーのフォワードのちがい」「なぜアメリカが強い?」などのQAをまとめました。


日本初・最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」 コミュニティー

http://okwave.jp/


身長が低いのでシュートがなかなか入りません。何かコツはありますか?

シュートの成功率は身長には関係無いですよ、安心してください。
まず、ゴール下(近く)からボールをリングにもボードにも当てずにネットにだけ当たるように正確にシュートを決める練習をします。リングの上からスポッと入れるようにね。
それから少しづつ距離を伸ばしていったり角度を変えてみたりして更に練習をしてみてください。もちろん試合中のようにイメージをしながらですよ。
力が足りないなら腕立て伏せや腹筋をして鍛えたり、ひざや胴体の曲げ伸ばしで距離を伸ばしたりも出来ます。手首のスナップも大事ですよ。
シュート練習は根気のいる地道なものです。がんばって下さい。

バスケ部に入った女子ですが、筋肉で脚が太くなりますか・・・?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1324434643
上のサイトをご覧下さい。
「私の部活の子はだいたい脚ほそいですよ!!・・・」
「友達でバスケ部に入って痩せて足が細くなった人もいますし・・」
人によって大分違います。
むしろ下のサイトに「膝の痛みはバスケ選手の共通の悩み:とあるように、十分に準備体操をし筋肉を付け練習しないとひざを痛めます。
こちらに注意して下さい。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1324434643
上のサイトをご覧下さい。
「私の部活の子はだいたい脚ほそいですよ!!・・・」
「友達でバスケ部に入って痩せて足が細くなった人もいますし・・」
人によって大分違います。
むしろ下のサイトに「膝の痛みはバスケ選手の共通の悩み:とあるように、十分に準備体操をし筋肉を付け練習しないとひざを痛めます。
こちらに注意して下さい。

スモールフォワードとパワーフォワードというポジションはどうちがうのでしょうか?

スモールフォワード(SF)は通常「3番」と呼ばれるポジションで、
自らシュート、ドライブ、リバウンド、何でもこなせる、いわゆるオールラウンドプレーヤーの事を言います。
対してパワーフォワード(PF)は「4番」と呼ばれるポジションで、
通常はSGよりも背が高く、体格の良い選手が務める事が多いようです。
主な仕事としては、その名の通りパワーを生かした場所取り(スクリーンアウト)などリバウンドを取る為の重要な仕事を任されます。
センターではないが、その補佐的な役割をする、と言えば分かりやすいかと思います。

バスケが上手になる方法を教えてください!

センターは、まず、面取りができること、シュートが入ることが大切だと思います。私は、ガードをやっていますが、面取りのできないセンターとはなかなかやりにくいです。 だから、面取りの練習を誰か体格の同じような人や、自分よりも大きい人に手伝ってもらって、うまくできるまで、やったほうがいいと思います!
シュートは、正しいフォームで体が覚えるまでやることだと思います!!
(まちがったフォームでいっぱい打ってもダメです。)

フェイントなどは、そのあとでいいとおもいます。
頑張って下さい!!

“努力は才能を超える”この言葉を信じて!!!

経験だと思います
ふだん練習してることが意識しなくても体が動くように頑張るしかないと思います

ただ、体育の体力測定の時に反復横飛びでかなり困りました
ディフェンスって進む方の足から出すじゃないですか
でもそれだと反復横飛びはやりにくくなります

センターになるというのは背が高いからですか?
ポジションを選ぶなら自分のプレイスタイルにあったポジションを選ぶのが一番だと思います
そしてそのポジションで頑張るしかないでしょう
自分は中学ではガードやらされてました
でも背の小さい人でボールコントロール上手い人が居てね
その人と一緒にプレーするときには他のポジションだったんですけど
センターやってるレギュラーから何度もリバウンドとってましたよ
(自分は膝壊して練習たまぁにしかやってなかった。公式試合には出てません)
リバウンドだけで言えばしっかりスクリーンアウトがとれるようになれば問題ないでしょう
相手に取りやすいように飛ばせなければ身長差、ジャンプ力の差があっても勝てるでしょう
ボールをキャッチしたあとが一番大事です。相手に取られちゃうようじゃダメです
ミート後のボールの位置をよく考えましょう

ディフェンスは体力付けて相手の動きをよく見て防ぐ

練習しかないでしょうね

練習しましょう。
練習方法は、
1、うまい人のプレーを真似る。(試合や練習の見学やビデオをたくさん見る)
2、顧問の先生、監督、コーチに相談する。
あなたの体格や能力、性格がわからないのでみなさんこれぐらいしか言えません。
センターの役割を把握しどうすればチームに貢献できるか考えることが大切です。

バスケはなぜアメリカが強い?

ビッグマーケットになっていて、投資出来る金がたくさんあるから
その金を取りに頑張る選手も多く競争率高いからでは?

ブラジルがサッカーの本場で強豪であるように、アメリカもバスケットの本場なので強いです。
ご推察の通り、競技人口と人気が高いので必然的に競争率が上がって強くなります。
あちらこちらにバスケットコートがあったり、バスケットしやすい環境もあるでしょう。
アメリカ人が最強という訳ではありません。
実際にNBAで活躍する日本人も居ます。
ただ、現状最強と言わざるを得ません。
アメリカ以外の国もバスケットを大々的に取り入れれば状況も変わるでしょう。

プロスポーツとして確立していること。

膨大な人口と多彩な人種の中から、特に身体能力に秀でた逸材を発掘できること。

彼らをスーパースターに育て上げる環境と設備が整っていること。

一つのマーケットとして成立するための全ての条件がアメリカにあること。

人材と金が、あくまでプロスポーツビジネスとしてのバスケットを牽引しているのではないですか。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ