都会の下で大活躍「地下鉄」ガイド! 利用者の多い駅、少ない駅。深い駅、浅い駅はどこ?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:40
  • ありがとう数:0

はじめに

9月27日は地下鉄の日。初の地下鉄である銀座線が1925年に起工されました。

「利用客の多い駅、少ない駅」「一番深い駅、浅い駅」「バスと地下鉄どちらが好き?」などのQAをまとめました。

日本初・最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」 コミュニティー

http://okwave.jp/

地下鉄で平均利用の多い駅、少ない駅はどこでしょうか?

東京メトロでは
1 池袋  48万人
2 北千住 28万人
3 大手町 27万人
http://www.tokyometro.jp/corporate/enterprise/passenger_rail/transportation/passengers/index.html

こちらでは、メトロ、都営合わせて
1 渋谷 73万人
2 新宿 63万人
3 北千住63万人
http://blogs.yahoo.co.jp/mkmbw678/46348762.html

大阪市営地下鉄では
1 梅田45万人
2 難波28万人
ですから、比べ物にならないですね。


http://www10.atwiki.jp/etcranking/pages/3856.html

社団法人日本地下鉄協会のHPに掲載されている範囲では、1日あたりで多い順に

1位 東京メトロ東西線 132万人
2位 東京メトロ千代田線 113万人
3位 大阪市営地下鉄御堂筋線 112万人
4位 東京メトロ丸ノ内線 108万人
5位 東京メトロ日比谷線 107万人
6位 東京メトロ銀座線 100万人
7位 東京メトロ有楽町線 92万人
8位 東京メトロ半蔵門線 85万人
9位 都営地下鉄大江戸線 79万人
10位 都営地下鉄新宿線 66万人

ちなみに11位・12位も東京の地下鉄です。13位に横浜市営地下鉄(ブルーライン)が入ります。14位以下に大阪(御堂筋線以外)や名古屋の地下鉄が入ってきます。さらに以下、他の地方都市の地下鉄が続きます。

少ない方は

1位 名古屋市営地下鉄上飯田線 1万人

なのですが、路線距離(規模)が極端に小さく1駅しかありませんから、これを他の路線と比較するのはあまり適切でないようにも思います。

2位 福岡市営地下鉄箱崎線 2万人

これも、箱崎線と空港線は一部直通していて一体的に運転されていますし、旅客流動に鑑みても箱崎線部分だけを切り出して「少ない」と捉えるには適切でないように思います。そうすると、純粋な意味で路線として最も少ないといえるのは

3位 神戸市営地下鉄海岸線 4万人

ではないでしょうか。ちなみに

4位 大阪市営地下鉄今里筋線 5万人
5位 福岡市営地下鉄七隈線 6万人

となっています。

http://www.jametro.or.jp/index.html

一番深い駅、浅い駅はどこでしょうか?

一番高い駅は大阪市営地下鉄中央線の弁天町駅です。地下鉄の高架駅の場合
一番浅い駅は東京メトロ丸の内線の茗荷谷駅だと思います。茗荷谷駅は地下駅の扱いなので一番浅いと判断しました。
茗荷谷駅はトンネル出入り口にホームがあります。
一番低い駅は都営地下鉄大江戸線の六本木駅です。

一番深いのは都営地下鉄大江戸線・六本木駅ですかね。
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/subway/stations/roppongi/e23.html
内回りが42.3メートル。

一番浅い方ですが、
浅いどころか地上駅というか高架駅もありますからねえ。

東京の地下鉄は複雑ですね。どのようにすれば知ることができますか?

まず、出発地と行きたい場所を決めてください。
そしてエキスパートで検索してください。
東京って行き方がいろいろあったりするので遠い行き方にあたりません用にご注意ください。
例えば、東京駅から東西線(東京メトロ)に乗りたいと思ったら地下鉄に乗って案内されますが実は歩けます。
皇居や靖国神社もちょっと歩きますが東京駅から歩けます。
地方の方ではないのかもしれませんが私の感想だと意外とみんな近いんだな。
と思いましたよ。
1日フリー切符を購入されたら気兼ねなく乗りまくれますけどもね。
種類があるので行きたい場所を幾つか決めて駅員さんに相談してください。

都内の地下鉄路線図で複数の地下鉄が交差する主な地下鉄駅を下調べをして、実際に地下鉄を利用することです。

私は、台東区浅草生まれですが、幼稚園児の時に父親の仕事の関係で茨城県古河市に引っ越しましたから田舎者になりましたけど、港区芝に先祖代々の墓がありますし、本籍地は当時から浅草のままですから父親と一緒に都内に行くことが多く小学五年生頃から電子部品を買いに1人で国鉄古河駅から東北本線の下り電車に乗って上野駅で乗り換えて秋葉原の電気街に行くようになりましたが、新古河駅から東武日光線で浅草駅まで行き、浅草から地下鉄銀座線に乗って末広町で降りても秋葉原の電気街に近いことを知り小学生の頃から地下鉄も利用して乗るようになりました。

今では、上の姉が港区麻布に住んでますし、真ん中の姉が文京区千駄木に住んでますので、地下鉄千代田線や南北線に乗ることも多くなりましたけど、何事も「習うより慣れろ!」だと思います。

バスと地下鉄、どちらが好きですか?

どちらもメリットデメリットがあり捨てがたいですが、
やっぱりバスでしょうか?

地下鉄は早いけれど、景色が見えず、ちょっと臭い。
バスは、景色が観られて楽しみが多いけど、個人的に乗り物に弱いのでという
デメリットがあります。

どちらも好きですが、どちらかと言われるなら地下鉄です。鉄道ファンなので。レールと車輪がカタタン、カタタンと鳴っているだけでなんとなく落ち着くのです。
 日本中の地下鉄に乗ったわけではありませんが、特に好きなのが都営浅草線と京都市営地下鉄東西線です。
 都営浅草線は、京急から浅草線経由で京成電鉄、京成と直通している複数の鉄道会社と、相互乗り入れしている路線が多いため、いろんな車両を見ることができます。
 京都市営東西線は、4両編成の浜大津行きが大好きです。京阪の京津線が一方的に地下鉄に乗り入れている形で運用されていますが、京都市内から乗ると御陵から京津線になります。普通鉄道としては日本で2番目の急坂、そこに設けられた駅には左右の脚の長さの違うベンチという珍品があります。標準軌の鉄道としては日本で3番目の急カーブなどを通りながら浜大津には路面電車として到着します。地下鉄と路面電車が直通するのは日本でここだけであり、4両なんていう長大編成の路面電車も例外中の例外として許可が下りたものです。
 都バスで唯一高速を通るあの路線なんかも好きですが、やっぱり鉄道派ですね。

バスの醍醐味は景色を見ながら、「あっ、あそこ良さそうだな、降りてみるか」といって降りられるところでしょうか。途中下車バスの旅というのも良さそうですね。テレビ東京で「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」http://www.tv-tokyo.co.jp/rosenbus/ (違法転載ですがYoutube上にも動画はあるようです)がとても面白いですよ。ただ、古いバスだとステップや座席に問題があって、バリアフリー上好ましくない場合もありますね。

地下鉄は景色に差が無いといわれるかもしれませんが、最近の地下鉄ではだんだん趣向を凝らした駅が増えているように思います。東京メトロ副都心線渋谷駅の“地中船”http://www.shibukei.com/column/7/ 等、駅空間内に吹き抜けを設ける駅も出ています。
地下鉄ではありませんが、私鉄の地下駅などでは、横浜高速鉄道の駅構造( http://www.nhk.or.jp/yokohama/chukei/2012_02/day_01.html )が良いと思います。

従来からの“楽しめる”ポイントを挙げると、次のようなものがあります。
・急行運転(都営地下鉄新宿線、東京メトロ副都心線など)
・他社線の乗り入れ(都営地下鉄浅草線、京都市交通局東西線など)
・明かり区間(東京メトロ東西線南砂町駅~西船橋駅間など)

浅草線は、都営地下鉄の車両と、京成線、北総線、京急線等の多種多様な車両が乗り入れており、快速特急運転も実施しています。色々な“楽しみ方”が期待できます。
京都市交通局東西線に乗り入れている、京阪京津線( https://www.youtube.com/watch?v=aw-jI1qBB6w )は短いながらも変化に富む路線です。これも地下鉄ではありませんが。
明かり区間は、トンネルでない区間のことです。トンネルに覆われていない(地下区間ではない)ので外の景色が楽しめます。東京メトロ東西線では快速運転を行っています。

鉄道ファンの間では前面展望という楽しみ方があり、運転席に座っているかのように、列車が走っている様子を楽しむというものです(例えば、「北陸新幹線・運転席展望映像(下り・長野→金沢、JR西日本提供)」(https://www.youtube.com/watch?v=wicgx9jyXvY))
私は高速で流れる前面展望の方が好きなので、地下鉄が好きですね。他にも味わいかたはあるのですが(走行音など)。

まとめ

その他の「地下鉄」QAはこちら

http://okwave.jp/searchkeyword/%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E9%89%84

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

ピックアップ

ページ先頭へ