おいしい「温泉卵」を作ろう! 70℃を保つ様々なワザ紹介

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2541
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 足成

温泉卵、美味しいですよね。あのとろとろさ加減が、たまりません。

でも、家で作るには温度管理が難しい・・・。


大丈夫です、温泉卵を作るのに最適な温度(70℃前後)を保つ、様々な裏ワザを紹介します。

これで失敗なく作れますよ!


美味しいタレの作り方と、アレンジメニューも、セットでどうぞ。

温泉卵の作り方

Mサイズの玉子4個分の場合です。
(1)鍋に1lのお湯を沸かして火を止め200ccの水を入れて玉子を入れます。
(2)鍋のふたをしてそのまま12分待ちます。
(3)12分経ったらお鍋から玉子を取り出し3分置きます。
これで完成です。

私はいつもこれで作っていて失敗はありませんが
もしこれで失敗するようなら玉子の大きさに合わせて自分で調整をしてください。

私の母が作っていた方法です。
コーヒーメーカーのポットのところに
お湯と卵を入れておく、という方法です。
どのくらいの時間だったのかは忘れてしまった
のですが。コーヒーを保温しておく温度が
温泉卵の適温、と聞いたことがあります。
(間違っていたらごめんなさい)
試しにやってみてください。

私の場合は、冷蔵庫から出した卵を炊飯ジャーに入れて沸騰したお湯を卵がかぶるくらいまで入れて保温ボタンを押します。固さは好みもあると思うので6分半~8分位で取り出せばちょうどいいと思いますよ。
私はいつもMサイズの卵を使っているので、卵のサイズによっても多少時間を変えた方がいいかもしれません。
ちなみに私はMサイズで6分半くらいで取り出しています。

先ず1つは、炊飯ジャーを使った方法です。
生卵をラップに包んで、炊飯ジャーのご飯に埋め込んでおきます。
凡そ30~40分後に取り出せば、温泉玉子の出来上がりです。

もう1つは、電子レンジを使います。
コーヒーカップに水100ccと生卵1個を割り入れます。
小皿などでカップに蓋をしてから電子レンジに入れて、強(500W)で1分20秒セットして下さい。
取り出したら、カップに残った水(お湯)を捨てて出来上がりです。
ポイントは真ん中ではなく、カップを端においておくことです。

温度計とにらめっこしなくても、手短なもので作れますよ。

温泉卵に合う、美味しいタレの作り方

市販のうどんつゆとかそばつゆを薄めればいいのでは。

本格的にやるのでしたら、昆布とかつおでだしを取って、しょうゆをで味をととのえる。
お好みで酒とかみりんとかで調整。

この場合、何日か冷蔵庫などで寝かしたほうが味がまろやかになるみたいですが、やったことがありません。

カツオか昆布のダシ汁と酒を2:1の割合で混ぜたものを一煮立ちさせて、色づけに醤油を加え、塩で味を調整して冷まします。
甘めが好きならみりんを少し加えてください。

一から作るのが面倒なら、市販のそばつゆを薄めたものに酒を加えて煮ると簡単です。

こんばんは

温泉卵のタレのような繊細な味のものは
だし汁の良し悪しで風味が決まると思います。

味付けは、だし汁にみりんと薄口しょうゆを入れて一煮立すればOKです。

みりんは出来れば事前に煮切りしてアルコールを飛ばしてから
入れたほうがいいと思います。

分量はだし汁200ccに対して、みりん40~50cc位 薄口しょうゆ30~40cc位
でいいと思いますが、好みで調節してみてください。

濃口しょうゆ(普通のしょうゆ)を使うなら
色が黒くなりすぎない程度に入れて、塩で味を調節したほうがいいかもしれないです。

粗熱を取って、冷蔵庫で冷やせば出来上がりです。

お出汁の風味と甘辛の味が、より美味しく引き立ててくれます。

そのままでも美味しい温泉卵を、より美味しくアレンジ!

温泉卵

温泉たまごが大好きです。
卵かけご飯の要領で、あったかいご飯の上に食べます。
あとは、シーザーサラダに混ぜるのもおいしいです。

皆さんはどうやって食べてますか??
よければ教えてください。

おススメは、豚キムチを丼に入れたご飯の上にかけ、
(豚キムチ丼?)温泉卵をのせる、っていうものです。

飲み屋に行くときに つくねの温泉卵のせ ってのが絶対に頼むメニューですね。

うな丼の上にかけて食べます。
牛丼とか、結構どんぶり物のうえにかけることが多いですね。

あとはカレーライス、シチュー、ハンバーグにも・・・

私は、ざるうどんに入れて食べることが大好きです。
温泉卵が入っていないざるうどんなんて寂し過ぎます(^_^;)

どれも美味しそうですねー。

まとめ

ご家庭でも温泉卵を、是非どうぞ。


特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ