【烏龍茶】黒烏龍茶を飲むタイミング、妊娠中に飲んで大丈夫?脂肪を分解する?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3814
  • ありがとう数:0

はじめに

ウーロン茶に関するまとめです。

このような内容になってます。

・黒烏龍茶を飲むタイミング

・スポーツ時に飲むのにはむいてない?

・妊娠中に飲んでも大丈夫?

・中華街で買えるおいしい烏龍茶

・脂肪を分解する?

・中国のお茶に対する意識

STEP1黒烏龍茶の飲み方、飲むタイミング

黒烏龍茶の飲み方・飲むタイミングを教えてください!

ダイエットサポートに黒烏龍茶を買いました。
しかしこの黒烏龍茶、食事前・食事中・食後・食後○分後・・・いつ飲めば一番効果的なのでしょうか?教えてください。

黒烏龍茶を使って効果があった方のアドバイスなんかもお待ちしてます。

黒烏龍茶は最初、効果があるのか!?と思いましたが、案外あるみたいです。
私は実感しております。また、高級ステーキ店の烏龍茶では烏龍茶を頼んだところ、当店では黒烏龍茶を使用しておりますという、現代社会に適応したお気遣いをしていて頂いたほどですので、効果を期待してもよいのではないでしょうか。

飲み時ですが、私は経験上、通常の食事と同様に烏龍茶をのみつつ食事をするという方法がよいと思います。
食べた食事の脂肪の吸収を押させるという事で、一度に食前、食後等よりも飲みつつ食事という形が良いと思います。

また追伸ですが、黒烏龍茶を飲む前に、脂物のカロリーをカットするカロリミットというサプリメントを飲んだあと、食事をしつつ黒烏龍茶を飲むという形が自分の中ではベストです。

私の参考例ですが、特にお菓子類やアイス、ファストフードを我慢せずに10/1~現在までで、13kg減量、体脂肪16%です。
ちなみに20代男性です。BMIも正常範囲です。
だまされたと思って、使用してみると良いでしょう。
少々値が高いですが、それなりの効果が期待できると思います。

昔から烏龍茶は脂肪吸引を抑え、食後の中性脂肪の上昇を抑える効果があり飲まれてますが、黒烏龍茶はウーロン茶重合ポリフェノールを多く含まれてるので黒いそうです。

飲み方は食事しながら飲むのが良いみたいです。

本格的に痩身をめざすのであれば、この手のお茶やサプリは効果ないと思った方が良いです。

とりあえず、脂肪の吸収過程は以下のとおりです。読まないほうがいいと思います。

体内に入ると中性脂肪は十二指腸で胆汁により乳化されます。次に膵臓からの消化酵素リパーゼの働きで、脂肪酸を一つつけたままのモノグリセリドと脂肪酸、グリセロールなどに分解されます。
水に溶けやすいグリセロールはそのまま小腸上皮細胞から吸収されますが、モノグリセリドと脂肪酸は、腸内に分泌された胆汁酸の働きによりミセルという親水性の非常に小さい分子に取り込まれ腸管から吸収されます。
小腸上皮細胞に入った乳化物は、今度はタンパク質と結合し、カイロミクロンという大きなリポタンパク質(Q44参照)をつくります。カイロミクロンはリンパ管から吸収されリンパの流れにのり、腹部、胸部、さらに左頸部下から鎖骨下静脈、心臓を巡って動脈に移り全身へ運ばれます。
炭素の鎖が10個以下の短い脂肪酸は、ブドウ糖やアミノ酸と一緒に門脈経由で肝臓に向かいますが、脂肪成分の多くはリンパ経由の道のりをたどります。

めんどくさいですね。脂肪の分解って…。


本題に入りますが、黒烏龍茶は消化酵素のリパーゼを妨害し、脂肪の吸収を抑える働きがあります。つまり、胆汁によって乳化されたあとに効果があるということです。
論文を読むと、乳化にかかる時間は30分~1時間後みたいですね。(ちょっと実験内容がちがいますが…。)
つまり、食事を開始してから30分後くらいですから…。

食後から少し経過したくらいに飲むのがベストだと思います。
長文すみません。

STEP2スポーツにはむいてない?

ウーロン茶について教えてください。

私の家では、最近麦茶からウーロン茶にお茶を変えました。何故かと言いますと、ウーロン茶は油分を分解してくれると聞いたからです。ちょっと太り気味の家族に良のでは・・・。しかし先日野球をしてる子供のコーチからウーロン茶を練習の時に持たすのは良くないと言っているのを聞いたのですが・・何故いけないのかを聞けずに今日にいたってます。お恥ずかしい限りです。どなたかご存知の方が居られましたら教えてください。お願いします。

こんにちは、野球の時にはダメということですよね。
野球のときは、汗をとってもかきますよね。その場合、汗とともに体内の塩分も一緒にでちゃいます。そういうときに、ウーロン茶ばかりでなく普通の水だけしかとっていないと、体内の塩分バランスがくずれて一種の脱水症状を起こすことがあります。この場合、体内に吸収されずそのまま、体外に出てしまいます。ウーロン茶なんかだとそれに加え利尿作用もありますから、やっめといたほうがといわれたのではないでしょうか。よく、炎天下で脱水症状をおこして倒れるスポーツ選手がいますが、彼らは決して水分を取っていなかったのではないのです。そうゆう意味でも、体内吸収のよいスポーツ飲料は、こういった場合にとっても適しているといえます。
ですから、べつに薄い食塩水なんかでも効果はおなじですけでどまずいし、運動時の適度なカロリー補給は疲れの軽減に役立ちます。
もちろん、それほどハードでなく汗もかかないようなら、ウーロン茶とかでも悪くないとおもいますよ。たいした運動もしていないのに、スポーツドリンクをがばがば飲んでいると、結構な糖分が含まれている手前、カロリー過多になっちゃってよくないですよね。

ウーロン茶(カフェイン入り飲料?)は利尿作用があると聞いた記憶があります。
体内から水分を出す働きがあるということは、スポーツの練習などには不向きだからかな?と思いました。

油分を分解してくれるウーロン茶は
食後(特に油物を取った後)にはいいけれど
空腹時に飲むと胃を荒らすからよくないと
聞いたことがありますヨ。

STEP3妊娠中に飲んでも大丈夫?

妊娠中のウーロン茶

妊娠7ヶ月の妊婦です。今回はじめての出産で妊婦さんにカフェインはダメと聞いてコーヒー・紅茶・緑茶は初期
から我慢していたのですが(飲むとしても週に1杯とか人の家でだされてとか)ウーロン茶はカフェインが入っていないと思い1日ずーっと飲んでいました。雑誌で中国茶のウーロン茶は◎と書いてあったので大丈夫なんだと思いガブガブと・・・1日1リットルは飲んでいました。後悔で一杯です。ウーロン茶にカフェインが入っていると知ったのはついさっき・もう7ヶ月で不安で一杯です。これからはもちろん麦茶や水に変えますが妊婦がカフェインを取りすぎた場合赤ちゃんにはどんな影響があるのでしょうか・・・。それと麦茶は本当に大丈夫でしょうか?コーヒー・紅茶・緑茶・ウーロン茶のほかにダメな飲み物はありますか?もし知っている人がいたら教えてください。お願いします

ウーロン茶には、カフェイン、また、鉄分の吸収を妨げるタンニンが含まれています。
1日2~3杯程度なら心配いりませんが、大量に飲むのは避けたほうが無難。
医師から貧血指導を受けている妊婦さんの場合は、なるべく飲まない方がいいでしょう。
カフェインの少ないほうじ茶や、麦茶なら安心です。

私も妊娠中からカフェイン摂取には気を使っていました。
カフェインの胎児に対する影響については諸説あるようですが、胎児は大人と違い、カフェインを分解するのが難しいので、母親が取りすぎると分解されずに体内に蓄積されるため、よいとはいえない…ということらしいです。
ウーロン茶は品質の差が激しく、カフェインうんぬんもそうですが、衛生的にもあまりいいとは言えないと聞きました。
コーヒー・紅茶・緑茶・ウーロン茶のほかにはコーラやココアもNGかも。
麦茶はもちろんノンカフェインですよ!
私は麦茶、ほうじ茶(カフェイン低め)、ルイボスティー、ジュース類を飲んでいました。
とはいえ、外出先では飲むものがなくて困ってました…。
でもドドールのオルゾーラテ(大麦エキスを使ったカフェラテ風ドリンク)はお気に入りでしたよ。

でも出産後、完全母乳で育児してるので、カフェインはより気をつけてます。
何せ、子供がモロに影響を受けて夜寝つきがわるくなるので…。

私も相当神経質になってましたが、飲みすぎなければさほど心配はないようです。

現在8ヶ月の女の子がいます。

私も妊娠中(s-tiaraさんと同じく多分妊娠7ヶ月くらいまで)、ウーロン茶は大丈夫だと思って1日の水分はほぼウーロン茶でとってました(^^;)
(コーヒーや紅茶などはほとんど飲まないようにこころがけていたのですが・・・)
ひょっとしたらs-tiaraさんより多く飲んでいたかも・・・昨年の夏は暑かったんで!
でもある時「ウーロン茶にはカフェインが・・・」と知り、慌てて麦茶やほうじ茶に切り替えました。
s-tiaraさんと同じく、一時は不安になりましたが「毒を飲んでいたわけではないし、きっと大丈夫だ!」と自分自身に言い聞かせ(ほぼ自己暗示ですが)、それからはあまりウーロン茶は飲まないようにしました。

その後、出産を迎えましたが、今のところ特に娘に影響は見られません。発育も順調ですし、健康診断でも問題なしですよ☆
気になるようでしたら産婦人科のお医者様や看護士さん、助産士さんに相談してみるといいと思います♪その方が落ち着くと思いますよ(^^)

妊娠中で些細なことでも気になってしまうと思いますが、あまり考え込まずに頑張っていいお産を迎えてくださいね!
あとちょっとです、頑張ってください☆

ちなみに私は現在、小学生と幼稚園児の母親ですが妊娠中1日3~4杯コーヒーを飲んでましたよ。
普通にお茶も飲んでましたし。
しかし、産まれてきた子は一人目4000g強、二人目3700gとまぁ、巨大児・・・。
ですんで、なんとも言えませんが・・・。
摂取制限がストレスになるなら無理しない程度でいいようですよ。
ちなみに飲み物では、ココアにも少しと食べ物でチョコレートにも原材料がカカオなので実はカフェインが少し入っているんですよ。
こうなるとまったくなしってわけにはいかなくなりますよね。
でも、よ~く考えてみてください。
昔の人は緑茶を飲むのが普通だったはず。
あまり、神経質にならないほうがいいと思いますが1日1リットルはちょっと多い気がしますので、気になるならカフェインが少なめの麦茶などはどうでしょうか?

水分摂っちゃいますよねぇ
私は元々コーヒーが異常なくらい大好きで妊娠前は大袈裟じゃなく1日8杯くらい飲んでました
で、妊娠発覚後~7ヶ月の今まで1日3杯は欠かさず飲んじゃってます^^;
多量のカフェイン摂取はダメという記事をたまに目にしますが、気にしすぎるのが一番赤ちゃんによくない!と私は勝手に思っており、ストレスをためない生活♪を心がけてます^^
正直もう飲んじゃったモノは今更気にしても仕方ないので、今後はミネラルウォーターや麦茶に代える事をおすすめします^^

ウーロン茶は飲んでもいいのですか?

妊娠中の、コーヒーとかカフェインの多い飲み物は良くないって言いますよね。
緑茶にもカフェインが入っているので、良くないと聞きました。ウーロン茶は
大丈夫なんですか?

ウーロン茶も紅茶も緑茶も同じ「お茶の樹」の葉が原料なので、成分の中にカフェインは含まれています。(コーヒーなどの半分程度)

こんにちは。
そこまで厳密にならなくてもよいような気がしますが....
中国の妊婦さんは飲んでると思いますし。
わたしは
なんとなく、コーヒーはほとんど飲みませんでしたが
お茶は飲んでました。

カフェインの催奇性はなにかと問題視されている様ですが、最近はそれ程気にすることも無いようだと聞きますよ。
私の妻も妊娠中ですが、いまだにお茶の教室に通っていますし、がぶ飲みしない限り(1日1杯くらい)は問題ないようですよ。(某大学病院の産科の先生談)

STEP4横浜中華街で買えるおいしいウーロン茶

美味しい烏龍茶(ウーロン茶)を探しています

美味しい烏龍茶(ウーロン茶)を探しています。
ペットボトルなどではなくて自宅でお湯を沸かして
作ろうと思っています。
濃い烏龍茶=美味しいと思っていますので
濃い目の烏龍茶をご存知でしたら教えてください。

川崎市内か横浜市内のお店だと助かります。
東京都やネットショップの情報でも構いません。
どうぞ宜しくお願いします。

横浜中華街の天仁茗茶に行ってみてください。
店頭の手前に置いてある「お徳用烏龍茶」1000円程度でも十分に美味しいですよ。

濃い烏龍茶の定義もたいへん難しいですが、まずは濃い烏龍茶=美味しい烏龍茶とは、濃い味がお好みだということでしょうか。
それとも濃い=美味しいとどなたかに教えていただいたのでしょうか。
さっぱりしていても美味しい烏龍茶だってたくさんありますが、とりあえずは淹れ方に関わらず「比較的濃く出て渋みの少ないお茶」でしたら岩茶(ガンチャ)系の烏龍茶をおすすめします。
金佛、水金亀、肉桂・・・などなど。(代表選手は大紅袍ですがこれはけっこう値が張ります)
他に東方美人という名の烏龍茶などもありますが、かなり紅茶に近い味わいです。

ですが、例えばさっぱりとした頂凍烏龍なども焙煎されているものであればまろやかで味の濃いお茶になります。

川崎は残念ながら中国茶を専門に扱うお店は私も知りません。
ですが、せっかく横浜がお近くならばやはり中華街に行ってみるのがよろしいのでは?
中国茶専門店はいくつかありますし、専門店なら試飲したいといえばさせてくれます。最終的には好みなので、いくつか気になったものを飲ませてもらってご購入されることをおすすめします。

また、美味しい淹れ方(湯温など)も聞いておくと自宅での素敵なお茶時間を楽しめると思います。
いいお茶に出会えるとよいですね!

STEP5脂肪を分解する?

ウーロン茶の秘密?!

ウーロン茶には脂肪分解作用があるというのは有名なことです。でも私が質問したいのは、ネットの情報で、ウーロン茶はコップ一杯で40キロカロリーのカロリー消費があるということについてです。私はこれを信じて毎日5リットルほど飲んでいます。最近この情報が本当なのか不安になってます。だれかこの情報の真偽がわかる方がおられましたら教えてください。

ウーロン茶自体に「脂肪を分解」するような作用はありません。
ウーロン茶に含まれる「ポリフェノール」が「リパーゼ」の働きを活性化させるだけです。
また、「リパーゼ」が行っている作用としては脂肪をエネルギーとして使いやすい状態にしているだけなので、エネルギーに変えてもそれを使用しなければまた脂肪に戻るだけです。


何かを口に入れてじっとしてるだけで脂肪が減るという物はないですよ。。。。 

STEP6中国のお茶に対する意識

中国人の茶に対する意識について

このカテゴリが最善なのかよく分からないのですが、
他に適当なカテゴリがなかったので質問させていただきます。

いま日本は健康茶ブームで、コンビニに行けばダイエット効果を謳った
茶がたくさん売られています。特保の茶なんてのもありますよね。
茶っていうのは元々健康には良いといわれているものですけど、
「健康にいい」とか大々的に言われだしたのはここ数年ですよね。

中国では茶っていうのは元々漢方薬だったらしいですが、
中国人はそういうことをどれだけ意識しているのでしょうか?

つまり、日本人ならスーパーに行って、痩せたいからお茶買おうとか、
健康にいいから茶を買おうとか、最近は頻繁に考えたりしますよね。
中国人は、中国のスーパーで買い物する時、そんなこと頻繁に考えたりする
のでしょうか?
要は、どれだけ茶を健康食品だと意識しているかって質問なんです。
単に茶が健康にいいという知識をもっているだけなら意識が高いとはいえず、
その意識が買い物するたび、茶を飲むたびに表に出てくるようであれば、
意識は高いといえます。

こんな質問をするのは、今ちょっとしたレポートを書いていて、
中国と日本はどちらも茶文化があるけれど、日本の方が健康食品
としての側面が強いっていう流れで書けないかなと思っているんです。

中国人の方、中国文化に詳しい方、どうぞよろしくお願いいたします。

中国と日本のほうが健康食品としての側面が強い茶文化は、かなり無理なこじつけ発想ですね。

日本のお茶って、緑茶、麦茶、に紅茶くらいしかなく、それぞれが微妙な味わいの差に勝負してきただけで、頭が痛いーそれならこれ、食欲がないーそれならこれ、下痢をしたーそれならこれ、眼がつかれたーそれならこれ、など各家庭には15種類くらいのお茶が。食事中に飲むお茶は、油を分解させて体内に残させないお茶なので、デブにならない効果はありますね。

微妙な味文化では、日本が勝っていますが、健康食品としては、根がないですね。それに、日本では、道端に生えている雑草(薬草)を煮て飲むなどしている人は、見たことなしです。

 中国・台湾で合計8年ほど暮らしていた者です。
 漢方の陰陽、熱寒といった考えは、中国の人たちには当たり前の常識として身についています。日本人の場合、食事の際の食材の組み合わせの陰陽など普通の人は考えませんが、中国の人は自然とそれを考えています。上海ガニを食べると必ず食後に生姜湯を飲みます。それは、甲殻類が体を冷やすから、暖める生姜を摂取するわけです。ビールを常温で供するのは、つめたい飲み物は体に悪いと認識されていたから(最近はつめたいビールのおいしさが勝っているようですが)。中国の人と食事に行くと、食材毎の熱寒のバランスをかなり真剣に検討して注文しています。日本人は烏龍茶は油を流してくれるからと手放しで効能を喜びますが、中国人は、確かに油を流すが、それがいいことなのか?と疑問を呈します。あくまでも全体のバランスのなかで位置づけて考えているのです。

 お茶の場合、緑茶<烏龍茶<紅茶の順に発酵度は高まりますが、烏龍茶の中でも発酵度によって(産地の別等の要因も入ってきますが)、お茶の種類が細かく分かれています。どのお茶を美味しく感じるかで、その人の健康状態の傾向も分かるといいます。日本ではお茶でそこまで考える人はいないでしょう。中国の漢方はそれだけ深く、人々に生きる知恵として浸透しています。
 また、日本では水代わりにお茶を飲みますが、中国では最近まで普通の人が水代わりに飲むのは白湯でした。だから、お茶を飲む際は日本人より明確な目的意識や飲む理由がありました。

 だから、スーパーでお茶っぱの買い物をする際も、食堂で料理を注文する際も、漢方の陰陽・熱寒、体質傾向等を考慮するのが当たり前なのです。
 日本人がスーパーで食料品であれ、お茶であれ、買うときに、そこまでのことは、何も考えていないでしょう。トクホとか健康食品とか銘打たれた特定の商品について、商業主義的キャッチフレーズの効能書きにあおられて、サプリ感覚で購入摂取することがあるというだけ、自分で全体のバランスを考えることもせず、すごく薄っぺらで浅いと思います。

 まとめると、中国は、漢方の陰陽・熱寒のトータルバランスを考えて、普通のお茶も購入している。日本は、普通のお茶を購入するときは何も考えず、トクホとか健康食品として販売されている商品をサプリ感覚で購入摂取することがあるだけ、ということになると思います。

2000年くらいかな?
サントリーが発売したペットボトルの烏龍茶が
中国で大ヒットしていました。
まさに逆輸入のような?
砂糖入りと、砂糖なしの
二種類あって、砂糖入りも売れてました。
日本人は烏龍茶に砂糖を入れて
飲むことはしませんよね。
不思議です。

お茶に塩をたくさん入れて
ゆで卵にする

茶叶蛋 (cha ye dan)
美味しかった。

茶叶蛋を知らない中国人はいないと
思いますよ。
このようにお茶をつかった
料理もあるということで。

まとめ


このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ