華やかなフランスの首都「パリ」ガイド。本当の呼び名はパリス? セーヌ川クルーズは見るべき?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1748
  • ありがとう数:0

はじめに

    8月25日はパリ解放の日。1944年のこの日、4年間にわたるドイツの占領が終了しパリが自由を取り戻しました。

     日本初・最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」 コミュニティー

    http://okwave.jp/

英語を母国語とする人で、「パリス」ではなく「パリ」と発音する人はほとんどいないのですか。英和辞書の発音では「パリス」になつていました

もともとフランス語でもParisです。 フランス語だと最後のSが日本人には聞き取りにくいだけです。この点は英語も同じです。

それと、フランス語をはっきりとした語源のものは、イギリス英語ではフランス語の発音のままに聞こえます。 たとえば、パンのクロワッサンも、イギリス英語の中にでてきても、フランス語の発音です。
とてもまねができない鼻に抜ける音でいいます。 


日本語は大部分の音が母音で終わるので、子音でおわる単語の子音が欠落するか、母音をつけた発音にかわるだけです。


日本語の「はさみ」などは、英語の発音Scissorsはかなり難しくて、わたしも最初のころはかなり笑われたものです。 日常よくでてくるものだけに、いまでも、かなり思い切って意識していっています。

フランス語では基本的に語末の子音は発音されませんので、
Paris は片仮名でいうと「パリ」となります。

英語では語末の子音は弱くはなりますが、
発音されます。
(子音にはアクセントはないので弱い、という言い方はおかしいかもしれません)

だから英語としては「パリス」です。s はもちろん子音のみで「ス」ではないです。
ただ、英語でもフランス語やドイツ語など外来語を母国語読みすることはあります。
Bach は英語としては「バック」ですが、ドイツ語読みすると「バッハ」など。

そういう意味で、Paris をフランス語式に「パリ」と言うことはあると思います。

私の範囲の情報からの類推では、フランス国以外には、「パリ(sをつけない)」と発音するのは、皆無に近いようですね。なぜなら、他の言語では「パリス」と言っているからです。むろん、地名としてのフランス語の"Paris"の語尾に"s"の発音は着かないのは言うまでもないとは思います。しかしながら、フランス語の固有名詞(主に人名)などでは、「パリー」や「パリース」と両方があるそうです。(三省堂の固有名詞辞典から)

私も、#2さんの「英語でもフランス語やドイツ語など外来語を母国語読みすることはあります」の主張に同調します。以前、この質問を、若いネイティブの英語の講師に書いたら、否定されたこともあります。

私や私の上司なども、仕事で、やはり、相手が言い慣れた言葉に対しては、その国の呼び方、読み方で言うというのは、一つの礼儀として認識して母国語読みしますね。例えば、Z?richは、[tsyːrɪ?] や M?nchenは、[m?n?ən] ということも多いです。特に、人の名前は、相手の国の呼ばれ方に、なるべく忠実に従おうとします。時として、人の名前が一番難しいこともありますが。

現在、日本では、原音に近い発音に似せて流通させることが多いので、どうも、お隣の韓国や中国の名前がややこしくなるようです。

はじめてパリに行きます。夜景が楽しみなのですが、セーヌ川クルージングは一度体験すべきものですか。セーヌ川から見るのは格段に違うものなのでしょうか

僕は、パリに限らず、船から見る町はいいと思います。モスクワ、ザンクトペテロブルグ、ストックホルム、コペンハーゲン、ハンブルグ、アムステルダム、ベニスなど。

 町だけでなく、他の景色もライン下り、ノルウェーのフィヨルド巡り、ヘルシンキ行きのフェリー、スイスのトゥン湖など,色々楽しめます。

はっきりいって セーヌ川クルージングは途中で飽きます
理由は 同じ所を往復するからです 格段に違う? そこまでは無いです!

でも初めて行くのであれば パリ市内の主要観光地を巡る
ビッグバス・カールージュと供にお薦めです
パリの町並みを堪能できますし 復路はうたた寝をして旅の疲れを落とせます

去年パリに行った時に 新婚旅行の方と話したのですが
やはり 途中で寝てしまったと・・・! 

知人のチュニジアの方が、パリのお店(ヴィトン本店さえ)クレジットカードを使うのは危ないというのですが、旅行中はすべて現金かトラベラーズチェックを使うべきでしょうか?

ルイヴィトンは基本クレジットカードでの買い物になります。
クレジットカードで買い物して、クレジットカードに免税戻しです。

トラベラーズチェックは換金に手数料がかかるので、
受け取ってくれないところもあります。
短期の旅行であればトラベラーズチェックは使い勝手が
あまりよくないと思います。

現金は盗まれたら何の保障もありませんよ。

結論としては、怪しい店でクレジットカードを使わない限り
クレジットカードのほうが安全といえます。
万が一スキミングされても、不自然な使用が見つかれば
クレジットカード会社から確認の連絡がきます。

念のため複数枚のクレジットカードと、ある程度の現金を
用意しておけばよろしいんじゃないでしょうか?

歴史上にパリ条約というものがたくさんありますが、なぜですか?

国際会議などを主催するためにはホスト国としてある程度以上の国力がもとめられるので
(会議場の提供、治安、それこそ通訳の手配まで含めれば)
国際社会のリーダーシップをとる事の出来る国の都市の会議で成立した条約は当然多くなります。
それで同名の○○条約と言うことになります。
パリ条約も多いですがロンドン条約も多いです。
その他でもジュネーブ条約、今話題のハーグ条約(これを陸戦に関する条約ととるか、国際結婚破綻後の子どもの連れ去りに関する条約と取るかで年がわかる?)、ワシントン条約なども多いです。

ルイ14世以降、パリはヨーロッパの中心として国際性を増し、国際紛争にかかわる多くの条約がパリで締結されたためです。

パリ条約 (1763年):1763年に七年戦争を終結させた条約。
パリ条約 (1783年):1783年にアメリカ独立戦争を終結させた条約。
パリ条約 (1810年):1810年にフランス帝国とスウェーデン王国との戦争を終結させた条約。
パリ条約 (1814年):1814年にフランス帝国と第六次対仏大同盟諸国との戦争を終結させた条約。第一次パリ条約とも。
パリ条約 (1815年):1815年にワーテルローの戦いの後に締結され、ナポレオン戦争を終結させた条約。第二次パリ条約とも。
パリ条約 (1856年):1856年にパリで開かれたクリミア戦争の講和会議で締結。
パリ条約 (1857年):1857年にパリで開かれたアングロ・ペルシア戦争の講和会議で締結。
パリ条約 (1898年):1898年に締結され、米西戦争を終結させた条約。
パリ条約 (1919年):1919年に締結された国際航空体制に関する条約。シカゴ条約によって廃棄された。
パリ条約 (1920年):1920年にベッサラビアとルーマニアの統一を宣言した条約。
不戦条約:1928年に締結された条約。パリ条約あるいはパリ不戦条約とも呼ばれる。
パリ条約 (1947年):1947年にドイツを除くヨーロッパの旧枢軸国と旧連合国の間で結ばれた講和条約。
パリ条約 (1951年):1951年に西欧6カ国で締結された欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)を設立する条約。

ベルギー・ブリュッセル、ルーマニア・ブカレスト、アルゼンチン・ブエノスアイレスなどが小パリと呼ばれていますが、なぜですか?

日本の「小京都」と同じノリではないかと。
もしくは「パリのように」その国のオシャレ都市という意味かも。

結局は前の方のお答えの通りなんですが・・・、この場合の「小」とは「ちょっと」と解釈すれば分かりいいかも。つまり、たたずまいなどが、ちょっとどこかパリのような・・・といった意味でそう言われているのですから。

 あとは、ベトナムのホーチミン市も東洋の小パリと言われていたようですね。小京都のほかにも、小江戸と呼ばれた埼玉県の川越の街などもありますが、そういうのと一緒の表現です。

そう言われてみればブエノスアイレスはパリに似た雰囲気があります。
共通点
1.女性が美人でお洒落。
2.人生を楽しんでいる。
3.時間をかけて食事を楽しむ。
4.花を愛する。
5.街並みがなんとなくパリに似ている。
6.その街の人間であることにプライドを高く持ち、パリジャン、パリジェンヌという言葉が有名になっている。ブエノスっ子もそうでポルテーニョ、ポルテーニャとよく言う。

まとめ

その他の「パリ」QAはこちら

http://okwave.jp/searchkeyword/%E3%83%91%E3%83%AA


特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ