なぜ台風は発生するの?台風の進路って変えられないの? 台風に関するQ&A

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

台風の上陸を気にする季節になりました。暴風雨は大変、でも来ないと水不足が・・・等、人間も自然の一部だと認識する台風の規模。


今回は

・なぜ台風は発生するの?風の向きや進路はなぜ同じなの?

・台風の速度は遅くなる時もある?

・台風の進路って、変えられるの?

等、そんな台風にまつわるQAを集めました。

なぜ台風は発生するの?風の向きや進路はなぜ同じなの?

台風

なぜいつも台風は
沖縄から北海道へ下から上に行くのでしょうか?

地球の自転と関係があるのですか?

 赤道で温められた空気は膨張し軽くなるため上に向かって上昇しますので、赤道の付近には上昇気流が発生します。
 上昇気流が発生すると、地上から上空までが密度の低い温かい空気で占められる事になるため地上における気圧が低下します。このため、赤道付近の帯状の一帯は気圧の低い地帯となります。
 この赤道付近の気圧の低い地域の事を赤道低圧帯(又は熱帯収束帯)と呼びます。

【参考URL】
 熱帯収束帯 - Wikipedia
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E5%B8%AF%E5%8F%8E%E6%9D%9F%E5%B8%AF

 大気循環 - Wikipedia
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B0%97%E5%BE%AA%E7%92%B0

 赤道低圧隊は周囲よりも気圧が低いため、周囲から空気が流れ込みますので、南北の中緯度地域から赤道に向かって風が吹く事になります。
 すると今度は中緯度地域の地上付近の空気が少なくなるため、北緯30度や南緯30度付近の中緯度地帯では上空の空気が地上に降りて来る事になり、下降気流が生じます。
 下降気流が生じると、地上から上空までが上空の冷たい空気で占められる事になり、冷たい空気は密度が高いため、地上から上空までがその密度の高い空気が占めている訳ですから、下降気流のある所の気圧は高くなります。
 そのため、北緯30度や南緯30度付近の中緯度地帯の一帯は気圧の高い地帯となります。
 この北緯30度や南緯30度付近の気圧の高い地域の事を中緯度高圧帯(又は亜熱帯高圧帯)と呼びます。

【参考URL】
 亜熱帯高圧帯 - Wikipedia
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%9C%E7%86%B1%E5%B8%AF%E9%AB%98%E5%9C%A7%E5%B8%AF

 亜熱帯高圧帯から赤道低圧帯に向かって移動する空気はコリオリの力と言う見かけ上の力を受けるため、南北方向に真っ直ぐ進む事が出来ず、東寄りの風になります。
 これは何故かと言いますと、地球は球形をしているため、低緯度地域は地球の自転によって速い速度で動いているのに対し、中緯度地域が動く速度は低緯度地域の速度よりも遅くなっているますから、低緯度地域の地面は中緯度地域に存在していた空気の速度よりも速い速度で東向きに動いている事になりますので、中緯度地域から高緯度地域に向かって移動して来た空気は、低緯度地帯の地面の動きに付いて行く事が出来ずにおいて行かれる事により、地面に対して西寄りの方向に進む事になります。
 これが偏東風(又は貿易風)と呼ばれるものです。
 又、中緯度高圧帯は前述の様に気圧が高いため、赤道に向かってだけではなく、南北の高緯度地域に向かっても風が吹く事になります。
 この中緯度高圧帯から高緯度地帯に向かって流れる風もまたコリオリの力を受けて東に向かって流れる西寄りの風になります。
 この西寄りの風の事ほ偏西風と呼びます。

【参考URL】
 コリオリの力 - Wikipedia
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%81%AE%E5%8A%9B

 貿易風 - Wikipedia
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%BF%E6%98%93%E9%A2%A8

 偏西風 - Wikipedia
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%8F%E8%A5%BF%E9%A2%A8

 台風は熱帯低気圧の一種であり、熱帯低気圧は先述の偏東風の流れにうねりが生じた際に、蛇行する風の流れによって渦が生じ、その渦が低気圧の渦になるためだと考えられています。

【参考URL】
 台風 - Wikipedia > 6.1 台風の発生
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E9%A2%A8#.E5.8F.B0.E9.A2.A8.E3.81.AE.E7.99.BA.E7.94.9F

 熱帯低気圧 - Wikipedia > 4.1 発生\
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E5%B8%AF%E4%BD%8E%E6%B0%97%E5%9C%A7#.E7.99.BA.E7.94.9F

 こうして発生した台風は最初の内は偏東風に流されて東向きに進みますが、太平洋高気圧の様な中緯度高圧帯を構成している大きな高気圧の西側にまで移動した処で、右回りの渦を描いて回っているその太平洋高気圧の渦の流れによって、北向へと流されて北上を始めます。
 そうして、中緯度高圧帯よりも高緯度の地域に達すると、今度は偏西風に流されて西向きに進む事になります。
 この様な訳で日本の様な北緯30°よりも高緯度の地域に台風がやって来る場合には、最初は南から北に向かって進んで来て、日本の辺りでは大きく右回りにカーブして西向きに進む様になる訳です。

台風 ?

(1)台風の語源を
(2)どうして起きるの?
(3)全部左回り?
 有識者様教えて頂けませんでしょうか?

> (1)台風の語源を

 語源は判っていません。諸説アリです。
http://gogen-allguide.com/ta/typhoon.html

 台風の雲の立体構造は、ミシンの糸巻きである「ボビン」や、ケーブルのリールを平たく押しつぶしたような形に似ています。
 断面は、横に寝かせた「Hと」いう例えもできるかもしれません。
 それで、台のような形をしているから?(どういう意味かは不明だけど)、という説明も見たことがあります。

> (2)どうして起きるの?
> (3)全部左回り?

 熱帯の温かい海から発生した熱を持った蒸気は軽いため上空に向かい、一部は熱を放出しながら積乱雲になります。
 水蒸気は水の気体ですが、雲は厳密には気体ではなく、水滴の集まりであり、水滴は大量の雨となって落下するため、雲はどんどんその体積を失っていきます。
 水蒸気と水の体積比は、1000倍くらい体積が違うので、雲ができれば出来るほど、雨が降れば降るほど、負圧が発生し縮んでいくことで、雲の内部が気圧の低い状態になります。
 そして、周辺に積乱雲がある場合はこれを取り込み、雨が降ってさらに気圧が下がるという循環が始まります。
 これが、熱帯性低気圧です。

 熱帯性低気圧がある程度発達すると、中心に向かう空気の流れが顕著となっていきますが、地球の自転の影響を受け、その流れはまっすぐに低気圧の中心へは向かわず、北半球では、上から見て反時計回りの渦を描き始めます。
 この実際には回転による影響で発生する「見かけの力」を「コリオリの力」と呼びますが、赤道を挟んで南半球側は、地軸に対する角度が逆になるため、時計回りの回転をするコリオリの力を受けます。(⇒(3)の回答)

 コリオリの力により回転を始めた熱帯性低気圧は、さらに周囲の空気を吸い込む力を強め、加速度的に発達する場合もあります。
 そして、難しい言葉になりますが「角運動量保存の法則」という物理的な原理に従って、回転の中心に近いほど、回転の速度が速い、即ち、風速が強くなります。
 この、中心付近の風速が、平均で17.2km/秒(34ノット)を超えた場合、恐らく被害が多くなり始めるからだと思われますが、日付変更線より西で且つ赤道より北の太平洋では、「台風」と名称が変わり、気象情報で注意が促されるようになります。
 また、中心に近いほど回転の曲率が上がると共に回転速度も増すため、遠心力の効果が顕著になり、これによって雲はある一定以上の距離より中心に近づくことができなくなり、円柱状の雲が全くないか少なめの、風速も穏やかな領域が発生します。
 これを、台風の目と呼びます。
 地上に居て、上空を台風の目が通過すると、青空や夜なら星空を拝める場合さえありますが、台風が移動すればすぐに目の外側にある最も強烈な吹き返しの風が控えているので、注意は怠れません。
 台風の目は、その台風の勢力が強ければ強いほど(中心の最大風速が速ければ速いほど)、ハッキリ、クッキリとし、その勢力が衰えると崩れていくため、ある程度、台風の強さを知るバロメータになります。

 同じ現象であっても、南太平洋及びインド洋ではサイクロン、北東太平洋と北大西洋では、ハリケーンと呼びます。
 しかし、サイクロンは回転する低気圧全般を指す言葉であり、名称については絶対的ではなく、多少曖昧なところや特定の条件で個別に呼称される場合もあります。
 (以下、次のリンクに従って、サイクロンという場合は、強い熱帯性低気圧全般のことを指し、台風は台風と呼称します。)

http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/help/world.html.ja

 サイクロンは、水面温度が28度以上の海域にその目がいる限り、水蒸気のエネルギーを供給され、生き残ります。
 かつては、1ヵ月近く太平洋をうろついた台風もありました。
 また、日付変更線を越えてハリケーンと名が変わり、日付変更線を戻って来て、再び台風になったものもあります。

熱帯低気圧は北緯5度~南緯5度の間には存在しえません。
又、南半球に発生した時点で(東経180度を挟んで移動すると名前が変わるように)もはや台風ではなくサイクロンです。

因みに、南半球に発生した熱帯低気圧の渦の向きは?という趣旨の質問なら、答は右巻き。

地球規模の現象というのが良く分かります!

台風の恩恵は?

四国の場合は水不足が解消されるし
とりあえずPM2.5とか飛ばしてくれるし

あくまでも、大過なく被害が軽微で終わった時にホッとして、涼しくなるとか水遣りが助かったと一瞬感じる心境といったところです。

冷静に考えて、稲作に野菜の実りに好影響をもたらし、ダムや水瓶の湖沼に河川に降った恵みの雨が、私たちの水道の源、渇水対策に役立っていると思いをはせられるのは、現実に台風が来ず、安全平穏な日々に在って、心の余裕で思う感慨だといえます。

勿論、畑のキュリやナスや庭の樹木に行なう炎天下の水遣りからの解放は、それはそれで大変有難いですが、適量と言うか適切、その頃合い&按配が難しい。
往々にして過剰と過少、何れかに偏るのが、私のこの時期の、悩みの種・愚痴の素です。
台風の風や水は、自然の恵みの一環でしょうが→「過ぎたるは猶及ばざるが如し」と思う心境です。

台風は「天然の水がめ」と言われるくらいですから、渇水地域にとっては“恵みの雨”と言えます。台風1個でダムの水を満水にすることができますからね。
来てくれてありがとうということなら、そういう部分かも知れません。

やはり「水」ですね。

台風の速度は遅くなる時もあるの?

台風

台風って速度遅くなることってありますか?
疑問に思ったのでお願いします。

遅くなることもあります。

周囲の気圧や、気流(偏西風)などの影響を受けて
速度が遅くなったり速くなったりします。

そのため、予報は難しいような話しを聞いたことがあります。

私達にすごく影響力のある台風も、気流の影響で進むんですね。

台風の進路って変えられる?

台風

幼稚な質問ですが台風にミサイルか何か打って台風自体を温帯低気圧にしたりできないの?

台風制御は昔から研究はされてきています。

アメリカで(コッチはハリケーンですが)実験したところ、
海上、陸から充分に離れたところにあるハリケーンに薬剤を散布しました。
通常、雲というのは水蒸気の塊でありますので、水蒸気が雨粒になる元ネタを入れてやれば
雨になって落ち、雲が消え、結果、ハリケーンが消滅するとされていました。
ところが、急に進路を変え、上陸し、甚大な被害をもたらした結果、研究は中止されました。

台風でもそういう議論はされたようです。
しかし、台風の確かに風はいらないが雨については貴重な水資源だと、
台風が来なくなったら水不足になるという国が出てきました。
何を隠そう、この日本です。

なんであれ、被害もあるが恩恵も併せ持っているのが自然なのです。
洪水で人命が失われるのも困りますが、水不足で死者が出る事態も避けねばならないのです。

また、台風を人工的になくした場合、偏西風などの大気の流れ、海流などの影響はないと
言い切れるでしょうか?さらなる異常気象が発生するとも限りません。

自然制御など、まだまだ人間にはできないのです。

ロシアや中国は、国家行事には戦闘機によるヨウ化銀ミサイルの散布で、式典中、絶対に雨が降りません。
会場の手前で雨を落としちゃう。だから会場周囲は1週間長雨になります。
この技術、逆に雨のない所に打ち込むと、水蒸気を集めて雲にして、雨を降らせることもできます。
東京都のダムでも試用段階。
http://www.j-cast.com/tv/2013/08/22181956.html

それを台風に行うと、他の方の回答のようなことになります。
自然に一点に集まるエネルギーを分散させると、コントロールが効かなくなって、動かなくなるので、その周囲に停滞して、ヤバイことになります。

あらゆる意味で、台風は強大です。

まとめ

強大な自然現象は、人間の思うようにはやはりならないようですね。


このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ