ドイツの名車「ポルシェ」! 「登録台数はフェラーリとどちらが多い?」「なぜ古いデザインにこだわる?」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

憧れの高級スポーツカー「ポルシェ」特集。ここ数年、本国のドイツでポルシェ人気が急上昇。その影響で日本でも通常モデルの中古車が2倍、限定車だと5倍の価格になっているそうです。また、イチロー、斎藤佑樹、相葉雅紀、ビートたけしといった著名人もオーナーとなっています。そんなポルシェのQAをまとめました。

ポルシェデザイン社についてご存知の方教えてください 1)過去の作品 2)生い立ち

仕事で自動車技術史を研究していた事があったので、一応『経験者』とさせて頂きました。

>1)過去の作品

 ヘルメット、バイク、ステーショナリ、クルマ、時計など多岐に渡りますが、創立者、F・A・ポルシェのデザインで最も有名なモノは『ポルシェ911』ですね。(911自体は、F・A・ポルシェの独立前の作品です。そして911以降のポルシェAG社のクルマのデザインの多くが、ポルシェデザイン社によるモノと考えても差し支えないでしょう。)

>2)生い立ち

 ポルシェ家3代目のフェルディナント・アレキサンダー・ポルシェ(F・A・ポルシェ)により設立されました。
 1代目F・A・ポルシェは世界初のミドシップGPカー、アウトウニオン・タイプAやVWビートル、エレファント自走砲、タイガー2型戦車などを設計し、ジャーナリスト、エンジニアなどの“業界関係者”の投票による『20世紀を代表する自動車技術者』として選ばれた、同業者も認めるバリバリの設計屋です。
 2代目"フェリー"ポルシェは今日まで続くスポーツカー・メーカ、ポルシェAG社を設立、同社最初の量産スポーツカーにして後の911の元ネタともなった356を設計しました。彼もやはり優秀な自動車技術者であり、更には優秀な経営者だったとも言えるかもしれません。
 斯様に歴代ポルシェは優秀且つ堅実なエンジニアでしたが、3代目はエンジニアの道に進まず工業デザインに走ってしまい、ポルシェAG社を飛び出してデザイン会社を設立しました。ちょうどこの時期、ポルシェ家はポルシェAG社の持株の一部を放出し、会社は一族経営から開放されましたが、この事が3代目の独立を促した、とも言えるかもしれません。
 全く余談ですが、ついでに・・・3代目と年齢はさほど変わらないはずですが、ポルシェ家には4代目相当の人物もいます。娘ムコのフェルディナント・ピエヒ(またフェルディナント)です。
 彼は‘70年代、ポルシェ917を設計して世界の耐久レース界を完全制覇し、その後アウディ・グループに移籍し、今日、日本の自動車メーカの尽くがマネをしている『ハイスピード4輪駆動車』の車両運動理論を研究、オフロード用では無く高速走行用4WD車を作り、国際ラリーを席捲します。(これがあのアウディ・クーペ・クワトロです。)
 その後ピエヒはVW・アウディグループの総帥にまで登りつめ、エンジニアとしても経営者としても極限の成功を収めました。
 恐るべしポルシェ家、とゆぅ感じですね。5代目(相当のヤツ)は今頃どこでナニをしているのか・・・今のところメディアには登場していませんし、ワタシが知る限り学会に論文を出している気配もありません。
 是非一度調べてみたいところです。

ポルシェは古い911のデザインにこだわっていますが、そこから離れられないのでしょうか?

かつてポルシェは911から離れようとしたことがあります。

928,924です。

これからは928をフラグシップにカレラを放棄するつもりだったようです。

しかし、結局911のみがポルシェと認められ、928,924は認められず、求められませんでした。

>ポルシェは911から離れられないの?

ポルシェの方はせっせと911以外のミッドシップ・スポーツやSUVや4ドアセダンまで作っています。

911から離れなれないのはリアエンジン・ポルシェのユーザーの一部でしょう。

ポルシェ社としてはそのような昔ながらの客の嗜好も大切にしながらも、V8エンジンや、FRセダンを作り続けるでしょう。

>フェラーリのように新しい形を提案できないのでしょうか?
カイエンもパナメーラも新しい形の提案だったと思えませんか?

誰が見てもひと目でポルシェだとわかるって点を重視しているのだと思います。元々のオリジナルデザインが優れていたからこそ、今でも通用しているのでしょう。それがゲルマン民族が考える伝統というものかもしれません。もちろん過去に試行錯誤を繰り返して、マーケティング的に失敗して結果的に今の形がベストだと素直に修正してきたからでしょう。でも確かにカイエンにしろパナメーラにしろ、デザイン的には醜悪でそれがドイツらしいといばそうかもしれません。フェラーリは伝統よりも自由な発想を重んじるイタリアらしく、また偉大なオリジナルデザインがなかったから、その時々に応じて様々なカロッツェリアにデザインを依頼したり、奥山氏のような日本人がデザインしたりして、それぞれにフェラーリらしさは残されていますが、見た目重視で空力が無視されたものがあったり、リアランプだけは拘っているようですが、全く違ったものですよね。昨今の日本車を見ると、ごく一部の人しかわからない車ばかりですし、昔の車名もどんどん消えていき、使い捨てのようなイメージが強いと思います。例えばトヨタ2000GTはジャガーEタイプをインスパイアしてデザインされていますが、日本車の歴史に残る優れたデザインにまとまっていると思います。あのようなオリジナルを基本にポルシェ911のように進化させて存続させていけば、車離れはかなり減ると思うのですが。

ポルシェの洗車で注意すべき点はありますか?

洗車機に通す=お金払ってわざわざキズ付ける。

手洗い=少々キズは付くが、一番綺麗に仕上がる。

手洗いの際は、セルフスタンド等の大型ガソリンスタンドで行うのが良いです。

高圧洗浄でボディに乗っている鉄粉を落とせます。
(コレをすることでボディにキズが付きにくくなります。)

洗車機ですとそのまま洗ってしまうので鉄粉がボディをキズ付けます。

空冷の911シリーズでしたら、エンジンに過度に水が掛からないように注意したほうがよいと思います。
水冷の911シリーズは知りません。

カイエンとかなら、普通のクルマと変わりないと思います。

高額車なので洗車傷は気になるかもしれませんが、洗車すれば必ず傷はつきますし、そもそも走れば細かい傷はつきます。

ポルシェといっても年式によりますが、一般的に下回りをしつこく高圧水流で流さない方がいいです。
さび止めが流れ落ちます。
それとリアフードにはあまり水がかからないように、特にエアフィルターには水を入れないようにしましょう。
洗車の際は、ワイパーを上げると思いますが、そのままうっかりフロントフードを上げると折れることがあります。
基本は手洗い、洗車機は避けましょう。

ポルシェ

ポルシェとフェラーリはどちらが日本での登録台数が多いですか?

こういうのは自検協(自動車検査登録情報協会)の統計データが一番正確です。というより、これ以外には公式統計はありません。雑誌の記載はここからの孫引きです。
http://www.airia.or.jp/publish/car.html

こんな感じで統計があります。書籍を買えばもっと細かく車種別の統計が載っています。
http://www.airia.or.jp/publish/pdf/an05.pdf

例の掲載年度が平成20年版で、20年度は年度途中になります。ここで最新だと平成19年ですが、初度登録だとフェラーリが407台、ポルシェが4169+11(小型)台ですから、10倍の差がありますね。
他の年度でみてもフェラーリは3-400台、ポルシェは2000-4000台で、勝負になりません。

ポルシェはヒトラーが作った会社という噂を聞きましたが、本当ですか?

微妙に違います。
確かにポルシェ博士とヒトラーは関わりが深く、博士に軍用車両の設計・製造を命じたりしましたが
会社自体はヒトラーの作ったものではありません。
ヒトラーが作った会社といえば、どちらかといえばフォルクスワーゲン社の方です。
正確には、ヒトラーが作らせた党営工場が戦後に民間企業になったものが現在のフォルクスワーゲン社に
なります。
国民車フォルクスワーゲンを戦時中に設計したのはポルシェ博士ですから、博士とフォルクスワーゲンの
関わりも深くはありますが、「ポルシェ社を作ったのはヒトラー」というのは誤りです。

ヒトラーが国民車計画を立ち上げ、んで、その一案としてポルシェ博士の設計したビートルが通ったけれども、戦中は国民車としてではなく軍用に転用されたものばかりが作られた、シュビムワーゲンとか…。

んで、戦後いよいよ国民車として生産するべくフォルクスワーゲン社が立ち上がりますが、この時一台売れたらナンボって形でポルシェ博士の下にも技術料が入る契約となっており、んで、その資本を下に機械設計会社のポルシェ社が興された。
そして、その作品の一つがスポーツカーの356だったけれども、これが大ヒットし、その後911に発展、今の世界に冠たるスポーツカーメーカーへと成長した、ざっとこんな歴史です。

いかがでしょうか、ちょっと間接的にもヒトラーが作ったと考えるのは遠すぎますね。
ポルシェ博士とヒトラーの間に縁があった…程度でしょうか。

まとめ

その他の「ポルシェ」QAはこちら

http://okwave.jp/searchkeyword/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A7


このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ