熱中症予防にきゅうり?きゅうりパックって効くの?【空から降る一億のきゅうり】

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

筆者はきゅうりが大好物です。
夏はきゅうりボリボリ食ってます。
そんな筆者が選んだので濃いガイドになってます。

きゅうりはおいしいけど栄養がないから買わなくていいいやって思ってませんか?

そんな人には是非見て欲しい!

きゅうりについてのQAをまとめました。


STEP1きゅうりはビタミンCと相性悪い?

きゅうりについて

きゅうりにはビタミンCと相性の悪いアスコルビナーゼとかいうものが含まれているそうですが、ではなぜ、そんなきゅうりにもビタミンCが含まれているんでしょうか?

あと、アスコルビナーゼはビタミンCを破壊するという説と酸化させるという説がありますが、結論はどっちも同じなんでしょうか?

詳しい方、よろしくお願いします。

ビタミンCとアスコルビナーゼが同居しているのはきゅうりだけでなく人参やバナナ、かぼちゃ、りんごも同じです。ビタミンCの本来の仕事は種を守るために種の身代わりとなって酸化することです。種にだけは手を出さないでくれ。俺を代わりに酸化してくれという犠牲的精神の持ち主がビタミンCなのです。そうやって酸化されてしまえば、もう役立たずになってしまう。それを人間が勝手に人間の都合でビタミンCが壊れた。お前はもはやビタミンCでも何でもないなどといっているだけの話です。きゅうりは種がしっかり育つまでは種が酸化されては困るからです。きゅうりが繁栄する為には種がしっかり育った後は土にもぐりこませたいわけです。今度は逆にビタミンCが邪魔になるのです。その時がアスコルビナーゼの出番という仕組です。アスコルビナーゼはビタミンCの酸化を助けて無力化するわけです。そうなるときゅうりは腐りやすくなって種が土に潜って育ちやすくなるわけです。アスコルビナーゼは自分の出番がくるまではじっと眠っていて何もしません。人間にとっては有効なのはビタミンCだけでアスコルビナーゼは必要ではありません。

人間は人間の都合で調理したい。その為にはアスコルビナーゼを無効化したいわけです。それがきゅうりの酢の物や、漬物なのです。

きゅうりのビタミンCについて

きゅうりはそのまま食べて他の野菜ジュースと一緒に食べると野菜のビタミンCを壊すらしいですが、ネットの検索で塩と酢と加熱とレモン汁と一緒にとると大丈夫と書いてありましたが、いくつかのサイトを見ていると塩が記入されていないのですが、塩も入るのでしょうか?又、それらで料理すれば完全にビタミンCを壊さないのですか?いろんなサイトを見るとある程度壊さないとか大丈夫とか書いてあるのですが、どちらが正しいのでしょうか?

トマトときゅうりの食べ合わせはよくないですが、どんな料理にしてもよくないですか?

食べ合わせで一緒に食べるとよくない食べ物についてですが、例えばうめぼしとうなぎのよくない食べ合わせですが(下痢になる)、昼食でうなぎとうめぼしがでたとしてうなぎを食べてその時にうめぼしを食べずに何時間かたって食べるならいいのですか?何時間経ってからうめぼしを食べても大丈夫ですか?その日にうなぎを食べたらその日はうめぼしは食べないほうがよいということですか?教えてください

キュウリにはビタミンCを酸化させる酵素(アスコルビナーゼ)が含まれているため、ビタミンCを多く含む食材とあわせて調理する際には、酵素の働きを抑える酢を使う(あるいは、事前に加熱処理する)とビタミンCを効率よく摂ることができます。

 ※ビタミンCを壊すのではなく、酸化させてしまう、が正解です。

ご参考
・食品成分表では、ビタミンCは【還元型ビタミンC(L-アスコルビン酸)】と【酸化型ビタミンC(L-デヒドロアルコルビン酸)】の合計量が記載されています。
 これは、体内で【酸化型ビタミンC】は【還元型ビタミンC】に変換されるため、2つの効力の差はないとされているからです。

 アスコルビナーゼによって、【還元型ビタミンC(L-アスコルビン酸)】は、【酸化型ビタミンC(L-デヒドロアルコルビン酸)】になりますが、「ビタミンCの総量はほとんど変わらない」そうです。

 ・2つの違いは・・・。
【還元型ビタミンC(L-アスコルビン酸)】
 ・酵素のないところでは、熱や光に安定している。
 ・ヒトの組織内では、大部分が還元型L-アスコルビン酸として存在する。
 ・食品に含まれるビタミンCの大部分は還元型である。

 【酸化型ビタミンC(L-デヒドロアスコルビン酸)】
 ・ある種の酵素によって、還元型ビタミンCに再生される。
 ・調理や保存の際に、中性の条件下で、2,3-ジケトグロン酸(ビタミンC効力を持たない)に変換されると、デヒドロアスコルビン酸には戻らない。
  つまり、調理による損失は、還元型よりも酸化型の方が大きい。
 ・アスコルビン酸とは異なり、ヒトの細胞内では、比較的早く加水分解を受け、不可逆的に2,3-ジケトグロン酸に変換される。(還元型の方が、体内に長く留まりやすい。)

キュウリを生のまま食べるとアスコルビナーゼという酵素の働きでトマトのビタミンCが壊されてしまいますので、加熱するかお酢を利用するか、或はレモン等の酸を利用すると酵素が働かなくなるので良いです。過熱の際は、50℃以上に加熱すると酵素は働かなくなります。
因みに、アスコルビナーゼはキュウリ以外には例えばニンジン、キャベツ、カボチャ、カリフラワー、トウモロコシ、メロン、リンゴ、バナナ、等にも含まれています。ですので、大根と人参の組み合わせもキュウリとトマトの食べ合わせと同じことが言えます。

塩がアスコルビナーゼを働かなくするというのは私の知る限り初耳ですが…。ただ、塩がアスコルビナーゼの働きを止めるにせよ止めないにせよ、一般的に食事の際に塩分の摂取が全く無いという事はないと思うので、塩や醤油、味噌、ソース、ケチャップ、マヨネーズ、その他の調味料、等塩分は含まれてますので、仮にアスコルビナーゼの働きを止めるとすれば一般的な食事には塩分が含まれてますからアスコルビナーゼ対策としてわざわざ意識して塩を使う事もないでしょうし、仮にアスコルビナーゼの働きを止める事がないとしても、だからと言って塩自体がビタミンCを破壊するアスコルビナーゼの働きをより一層活発にするということは無いでしょうから、その意味で心配はないのかと思います。

完全にビタミンCを壊さないのかそれともある程度壊さないのかという点ですが、程度に関しては私は知りません。ごめんなさい。ただ、仮にある程度しかアスコルビン酸の働きを止める事が出来なくて少なからずビタミンCを破壊してしまうとしても、キュウリ自体にもビタミンCは豊富に含まれていますし、そもそもトマトの栄養はビタミンCだけではなくてカロチンやカリウム、食物繊維、ビタミンE等、体に有用な成分が豊富に含まれていますので、また、キュウリ自体にもカリウムや食物繊維等体に良い成分が多く含まれてますので、それらの体に与える良い影響の方がアスコルビン酸によるビタミンCの破壊が体に与える悪い影響よりも大きいと思いますので気にする事は無いと思います。

トマトとキュウリの食べ合わせに関しては、どんな料理にしても良くないという事ではなくて、加熱調理するか、お酢やレモンなどの酸を利用すると良いと思います。ですので、サラダなんかの場合はドレッシングにお酢やレモン汁等を使用したり、また、メニューの一品にお酢やレモンを使用した物を加える等すれば良いと思います。例えば、ピクルスやマリネ、南蛮漬け、酢の物、とかです。サワードリンクを飲むのも良いと思います。
トマトとキュウリに限らず、アスコルビン酸の含まれている食材を使用する時は、ジュースなどにする場合はそれ自体単体で利用するようにして、ビタミンCを豊富に含んでいるその他の食材は摂取しないようにすると良いと思います。ただ、ジュースにする場合やすりおろしたりする場合を除いてはアスコルビン酸の影響は実際にはそんなには気にしなくて良い程度のことのように思います。

体内での効果は変わらないというのが、現在のところ定説です。
アスコルビン酸オキシターゼは、破壊する酵素ではありません。
(アスコルビナーゼという名称は専門的ではありません)
胃酸で満ちている消化管の中で、きゅうりのアスコルビン酸オキシターゼが作用するとも思えません。
また、実際食品の中には、デヒドロ型を還元型に戻す、アスコルビン酸デヒドロゲナーゼも多く存在するので、皆さんが心配するほどの、損失はあるのかどうかは今のところ不明というところですが、おそらくそんなに早く大きな損失ではないでしょう。(少なくとも、完全に破壊してしまうような表記は社会的混乱を招くというものです。)
現場の立場から言わせていただきますと、未だに正確な定量が難しいのが現状です。食品という複雑な世界には、沢山の酵素や酸化還元物質が満ちており、ある条件下(in vitro)ではデーターはとれるものの、それが各家庭で再現されているかどうかは断言しかねます。

というわけで、食べ合わせをあまり心配されず、いろいろな野菜を、おいしく調理していただいて、摂取量そのものを増やすというのが、端的なのは間違いない事です。

STEP2きゅうりは体を冷やすのか?

きゅうりが体を冷やすしくみ

きゅうりが体を冷やすしくみ

きゅうりは体を冷やす効果があると聞きましたが、
きゅうりに含まれる何の成分が体にどう作用して、なぜ体が冷えるのか、

この理由を詳しく教えてください。

この場合の体が冷えるという意味は、手足が冷えるとか、体温が下がるという意味ではなく、精神が沈静化するという意味合いととらえるべきだろうと思います。
中国医学の本に、きゅうりに血行を妨げたり、体温を下げたりする成分の記述はないようです。

体を温める食材には生姜、にんにく、ねぎ、いわし、サンマなど血行促進作用がある食材と、唐辛子、こしょう、シナモンなど興奮作用のある食材があります。
お茶の葉は、その製法によって沈静作用がある緑茶、プーアール茶、ウーロン茶と、興奮作用のある紅茶に分類されます。
一方、体を冷やす食材にはこんにゃく、海藻、夏の野菜、南国のフルーツなどがあって、水分の代謝を悪くすると考えられていますが、その理由や成分については、生姜やにんにくの場合のように詳しくは解明されていないようです。

きゅうりに塩

朝取りのきゅうりに塩を振って食べてみると日頃暑くてたまらない
温度、(寒暖計で34℃)でもそんなに暑さを気にせず過ごせました。
これって何か根拠になる、説明のしかたがありますか?
そうで無い日が多くてたまたま朝取りの一本を塩だけで丸かじりした。
日感じた事です。

きゅうりは水分が多く体を冷やしてくれるそうです。
ただ、それが朝食べてその日一日効果があるほどかは分かりません。

ちなみに、カリウムも多く利尿作用があるので、夏場の熱中症対策にもなるそうです。

夏野菜は、カリウムを多く含んだものが多く、その利尿作用から、体内の余分な熱を対外に放出させる効果があります。
トマトやナスもそうですが、きゅうりはその代表的な野菜です。

そんなわけで、スーパーで一年中安く買える野菜ですが、私は夏以外はほとんど食べません。
でも今は、冷蔵庫に必ずある食材です。
サラダや酢の物以外に、糠漬けや粕漬け等、何らかの形で毎日食べています。

食べ方はいろいろですが、一番美味しいのは、何と言っても、採り立てのきゅうり。
ポキッと折ってかぶりつく・・これって、最高の美味しさです。

STEP3きゅうりパックの効果は?

きゅうりパックって本当に効くの?

私の母がきゅうりパックをやっていたことがあって、やり方もわからないし、効果があるのかどうかも分かりません。
良かったら教えてください!
又、どんなパックが一番肌にいいんですか?

たしかにきゅうりは鎮静効果があるということで、昔はよく知られたパック方法でした(韓国では今でもポピュラー)。ですが、最近はきゅうりに含まれるソラレンという物質が紫外線にあたることでシミの原因になることが分かっています。同じ理由でレモンパックもやらないほうがいいといわれていますね。夜やって、きれいに洗い流せば良いのですが、ソラレンは肌に残り安いとのことから、効果よりマイナスのほうが高いということで最近はやる人いなくなりました。

自然なものって必ずしもよいものばかりとは限らないんです。アクだって自然なものですし。漆だって自然のモノ。そばにアレルギー起こす人もいますしね。

また、パックといっても目的によって素材もかわります。たとえば、角質ケアにはガスールなどのような泥パックが有効です。自然なものにこだわるなら、ネットで検索すればたくさんでますよ。ただ、それが必ずしも質問者さんの肌にあうかどうか、効果があるかどうかは別の問題です。

昔は
ポピュラーなケアでしたが、今ではしみの原因になる可能性
があるため、殆どみなくなったケアですよね。
私のまわりではまったくやっている人がいないです。

STEP4キュウリはギネス級に栄養がない→美味しいけど食べる

キュウリはギネス級に栄養がない→美味しいけど食べる

キュウリはギネス級に栄養がない→美味しいけど食べる気が失せる(日増しに)

聞いてください(泣)
私は栄養がない野菜は水分と一緒だと思います。
それまでキュウリは好きだから、健康にいいからと思いむしゃむしゃ食べてました…

でも、彩が綺麗なキュウリは実は野菜の中で一番栄養価が低いのです(泣)

なんかイケメン彼氏が前科あるから振る
みたいで、現金な自分に悩みます…

キュウリの栄養価が低いことに絶望された方
何か後から研究結果が分かって愛用してたものを手放された経験がある方
どうか回答お願いいたします<(_ _)>

きゅうりは言うほど栄養分は低くないように思います。
大半が水なのはその通りですが、同じグラム数の他の野菜と比較すると負けてない栄養価もあります。
たとえば100gのトマトと比較すると、カルシウムやマグネシウムはキュウリが勝っています。ビタミンCは同等です。一つの側面だけで見ちゃうと悪く見えちゃいますが、キュウリトータルとしてみてみると悪くないんじゃないでしょうか。

研究者の発表するイチ研究結果と、
所詮外国の娯楽認定、ギネスへの登録がなんだというのか…??

きゅうりの栄養
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/kiuri3.htm

ちなみに、熱中症予防にはスポーツドリンクよりきゅうりの浅漬け(一本漬け)と言われてます。
日本のようにじっとりと暑い夏には最適な食べ物ではないでしょうか。
夏のご飯にアボガドときゅうり出されたら
きゅうりの方が美味しいもの。食べなきゃ栄養にならない。食べる意欲を出させるきゅうり。

研究結果に後日研究結果が重なって
栄養高い→やっぱり高くない!→やっぱり高い!となった食品も多いですよ?
梅干とかね。
「現代科学で証明できることのうち、イチ研究員が独自のやり方でだした
研究結果(しかも外国でだと尚更)」をそれほど珍重する意味はあまりないんじゃないかなと思います。
(危険食物は別ですね。リスクは回避したいと思って当たり前ですから)

ただ、だからってあまりむしゃむしゃ食べてもダメです。
どこまで行っても栄養ってバランスだから…。

ギネス級に栄養がない、なら欧米人が消化吸収できないノリとかどうすんだべ。

栄養がない野菜は水分と一緒といわず、料理をおいしくする価値のあるものとして扱えばいいと思います。

栄養があり過ぎて太ってしまうケーキなどに比べたら、きゅうりは食べごたえもあってナイスな存在だと思いますがどうでしょう。

キュウリ作ってますけどねσ(^_^;ワタシ

キュウリにはβカロティン、カリウムなどの栄養分があり、中でもカリウムは野菜の中でもたくさん含まれています。
カリウムはご存じだと思いますが、採りすぎた塩分を排出する効果があるので、高血圧の人には必須ですね。
また、利尿作用もあるので体内の水分量を調節してむくみの解消にも効果的です。
さらに、キュウリ、ナス、スイカなどの夏野菜には身体を冷やす効果があるので、暑い夏には必須の野菜です。自然の摂理はうまくできていますよ。
季節季節で必要な野菜や果物ができるようになっています。
季節に旬なものは積極的に食べましょう。

そうそう、最初に書いたβカロティンと言えば緑黄野菜に多く、キュウリでは緑色の皮に多く含まれていますよね?
ならば私の作っている白キュウリはどうなるのだ???

キュウリは水分が多く、体を冷やす効果があるので体の中から体温を下げてくれます。
アイスやジュースなどより体にいいですし、漬け物にしたらビタミンも増えるし熱中症対策の塩分もとれるし、夏にぴったりな食べ物ですよ。

STEP5きゅうりをおいしく食べる

きゅうりのおいしい食べ方

ある会で、きゅうりを担当することになりました。
家庭菜園で作っているきゅうりを使い、あまりお金をかけないで、50人程度のきゅうり料理をつくるのです。
「酢の物」「もろきゅう」「くらげときゅうりの中華あえ」等を考えていますが、もっとおいしい調理法があれば知りたいのです。
会が間近ですので、早いめの回答をお願いします。

きゅうりと練り梅を混ぜて食べるとおいしいですよ。

きゅうりは好きな大きさに切って
「練り梅」っていうのがビンで売ってますので
それと混ぜればできあがり。

これを食えば夏バテなんかにゃ負けません。

「酢の物」「もろきゅう」「くらげときゅうりの中華あえ」
きゅうりもみ、生、炒め物はこれをアレンジすればいいですね。
きゅうりもみには柔らかいじゃこや細かい干しえびを混ぜると一段とおいしいでしょうね。
生は味噌だけではなく前の方のように梅肉、インド料理に使うチャツネを
加えると一段と豪華になります。
炒め物はこれもじゃこや干しえびと軽く炒めたり、アサリなども組み合わせればいいと。
あと煮物です、最後のお汁にします、きゅうりを煮て薄味で、オオバ、モロヘヤ、
おぼろこぶ、豆腐、など何か組み合わせ、片栗粉で少しとろみをつけます。

白和えは如何ですか。きゅうりは薄切りにして塩を振って
置きます。

すり鉢に絞り豆腐または焼き豆腐と砂糖、味噌を入れてすります。きゅうり4,5本に豆腐一丁の割合でいいです。砂糖は多めが美味しいです。
詳しいレシピが必要な時は又書きます。

カリカリと食感もよく手早く出来ます。

韓国料理・オイキムチはいかがでしょう?

ザク切りにしたきゅうりに塩をふってしばらく置き、水洗いしたのちに
ゴマ油、赤とうがらし(韓国産のあまり辛くないものを使うと本格的)
をまぶし、塩で味を整えるだけです。ソウル滞在中に友達がサッと簡単に作ってくれましたが、ごま油がきいて和食とはあきらかに違う一皿でとてもおいしかったです。残っても次の日食べられてお土産にもなります。

以前に作って好評だったお料理です。メインディッシュが洋風の時におすすめ。きゅうりを塩もみししばらくおいた後にたたききゅうりに。生のペパーミントの葉をちぎって一緒にする(多めに)。マヨネーズとヨーグルトを混ぜ合わせ、塩、胡椒で味付けしたソースであえる。


1)胡瓜を縦に半分に切って中の種を抜き、スライスする
2)フライパンにややたっぷり目の油で胡瓜を炒める
3)しんなりしてきたら味噌、砂糖、味醂、酒で味を調え、最後に花鰹を散らす

というなんとも奇妙な料理なのですがご飯が何杯でもいけるんです。鶏肉や豚肉をいれてもおいしい!

きゅうりをせんつき(1mm角.長さ5cm程度に切る道具)で切り.1.一夜漬けの元.2.適当なドレッシング.3.塩+味の素で味をつける。

適当に切って酢豚を作る
適当に切ってサラダにませる(腐るので直前にジャガイモの皮をむく必要があります)
2-5時間時間が取れれば.塩を振りかけて適当に重石をつけて放置し.水を抜いてから.一夜漬けの元をいれて化粧漬けする

きゅうりの皮をむき、中の種をスプーンで取り除き
一口大に切って、干ししいたけと干ししいたけを戻した汁で
しょうゆを入れて煮ます。
柔らかくなったら、片栗粉を水で溶かし、入れとろみをつけます。

冷たくしても、温かいままでもおいしいです。
(きゅうりは大きいほど美味しいかもしれません。)

野菜の味を楽しむ目的で野菜スティックとして食べるのはいかがでしょう?

まとめ

雨ってゅうのゎ。。

9割以上が水分。。。

そしてきゅうりも、9割以上が水分。。。

そぅ。。これゎもぅ。。。

雨=きゅうりってゅうコト。。。

空から降る一億のきゅうり。。。

もぅマヂ無理。。。

浅漬けにしょ。。。。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ