飛蚊症ガイド【経験者多数、眼科医からの回答もあり】

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

視界に小さくて黒い点が見えて、目を動かすと同時にその点も動く、

そのような見え方をするのが飛蚊症です。

黒い点が見える

目に黒い点が見えるんですが…

4ヶ月前くらいからなのですが、本とかを読んでいるときに、字を目で追っていくと、それと共に、黒い点が同じく追ってくるのです.すぐに直るのかなって思っていましたが、そのままずるずる来てしまいました.コンタクトの傷なのかとも思いましたが、そうではありません。これって目に傷かついているからでしょうか?大きな病院に行ったほうがいいですか?教えてください!!!

いわゆる飛蚊症です。
年を経るにつれて結構ある現象です。多分大丈夫だと思いますが、網膜剥離の心配もあります。
やはり眼科を受診した方が良いでしょう。

傷では、ないでしょう。それ、飛蚊症でしょう、おそらく。
(私にも、ありますよ。3個くらい。ずーっと、ありますね)
眼の硝子体の中ににごりが生じて、それが、網膜に陰をつくるので、できるようですよ。
健康な人にもできるので、1個や2個なら、気にしなくてもいいですが、眼の前のゴミというか黒い点が、急にドバドバ増えるようですと、すみやかに眼科に行っていただいたほうがいいです。
近視の度の強い人とか、高齢者なんかは、この、飛蚊症になりやすいようです。
様子、みてください。

 眼圧が高く、まだ、緑内障にはなってないようなのですが、網膜はく離、硝子体出血などを経験しました。
 何でもだと思いますが、目の異常でも、できるだけ早く、病院に行ったほうがいいと思います。
 影が何の原因かわかりませんが、目の中の出血などであれば、目を動かすと中のものが動き、影も移動したり、動きます。視界から消えたり、また現れたりします。
 同じ場所に固定しているということは異常がある場所が固定した場所だと思われますが、それが目の中の網膜のほうか、外の方か、どこかわかりません。
 大きい病院、または大学病院などと提携のある病院にいって、検査してもらった方がいいと思います。できるだけ早く。早いにこしたことはありません。

それって、白いものを見たり、昼間によく見ませんか?目を閉じていても見えますか?私の場合は点というよりは少し長いですが、もう20年近く見えています。良くも悪くもなりません。私とおなじ症状だとすると飛蚊症と言うらしいです。
 人によっては網膜剥離とかのおそれもあるそうなので、一度眼科に行かれた方がいいと思います。
 私も最初見えた時は驚きました。友人や親に聞いてもそんなもの見えないと言うし不安でした。
 その後は親も見えるようになったり、友人でも見える人がいますが、知っている限りでは特に治療などはしていません。近視などが原因で見えることもあるそうです。

ある日「黒いゴミのような物が見える」と言い出しました。ゴミでも入っているのではないかということで、しばらく様子を見ましたが、一向に改善しませんでした。それどころか、始めは1つだけだったゴミのような物が、日が経つにつれ数が増え、大きくなってきました。

大きな病院の眼科に検査に行ったところ、網膜剥離と診断されました。早いうちに病院で治療を受ければ、レーザー治療で簡単に治るそうです。私の母親は、あと1ヶ月ほおっておいたら、失明だったそうです。そんな症状にも関わらず、3ヶ月(6回)ほどの通院、レーザー治療で治りました。

目の場合、何か違和感を感じたらすぐに病院に行かれた方がいいです。コンタクトを使用されているのであらば、なおさらです。『飛蚊症』だったらいいですが『網膜剥離』だったら大変です。

近視の人はなりやすい?

飛蚊症がひどすぎる

視力が小学4年生ぐらいから落ち始め、その頃に飛蚊症も発症しました。
最近になって気づいたのですが、蛍光灯を見て、目を細めると目全体に飛蚊が見えます。
糸くず状2 ゴマ状8ぐらいの割合で見えます。
なんというかカエルの卵がたくさん見えます。
蛍光灯を見ながら目を細めなければ、糸くず状と少しのゴマ状しか見えませんが、これは異常なのでしょうか?
視力は0.08です。眼科には行っていません。
よろしくお願いします。

中等度の近視があるとどうしても飛蚊症は多くなりますよね。
水晶体の濁りですからね。
網膜はく離の可能性もありますから、急に増えたりとか違和感があれば一度検診を受けた方が良いと思いますが、治すのは難しい症状ですよね☆

網膜はく離の術後経過

網膜剥離の術後経過

網膜剥離の術後3週間が経過します。
1)ごま粒のような飛蚊症は無くならないのでしょうか?
2)朝起きたとき、網膜の血管が見えます。健康な方も見えだしました。これって異常でしょうか。
3)退院後の指定された診察日までに正常に回復しているか気になって、二度ほど受診しました。現在のところ順調であるということですが、体験者の皆様、回復に対する不安はどのようなものでしょうか。
4)明るさの環境が変わったら飛蚊症が増加したような気がしますが体験者の皆様はいかがでしたか。宜しくお願いします。

ごま粒・・・これって意外と多いみたいですよ。時間はかかるけど、そのうち沈殿するから気にしないようにしましょう。
血管・・・私も見えます。これも気にしないでいいんじゃないかな。
安心できるまで受診したらいいと思います。納得することが大事ですよ。これで以上が発見できたらラッキーですもの。また、ひぶんしょうは気にしないように。これをめでおっていた眩暈がしました。

【網膜はく離の術後について】

50代の母がこのたび網膜はく離になり、手術を受けました。
手術の方法は、網膜復位術でガスやオイルは入れていません。
ようやく数日後に退院が決まりました。
術後2週間弱、入院していたことになります。

そこで、お聞きしたいのですが再剥離を避けるために日常生活で
気をつけなければいけないということはどんなことがありますか?
主治医の先生には、退院後も1週間は自宅療養をして下さいと言われています。
思いっきり頭を振ってはいけない等はわかるのですが、
ほかにはどんなことに気をつければ良いのでしょうか。
本を読んだりテレビを見たりも、あまりしない方が良いのでしょうか?
また、車の振動がダメなのであまり乗らないようにと言われたのですが
病院からの帰りや、その他どうしても移動で乗らざるを得ない時もあるの
ですが、その程度なら大丈夫でしょうか。

母は仕事を持っているので、職場復帰できるかにも不安を抱いている
ようです。ご自身やご家族で網膜はく離の手術を受けたことがある方が
いらっしゃいましたら、ぜひ経験談をお聞かせ願います。

眼科医です。
通常車に乗るくらいなら大丈夫です。逆に車に乗ったくらいで再剥離してくるような手術は問題です。退院時に網膜下液(もうまくかえき)が残っているか聞いてみましょう。残っているなら極力安静が望ましいですが、残ってなければ比較的安静ぐらいで問題ありません。
通常電気凝固もしくは冷凍凝固が瘢痕化して固まるまでには10日前後かかりますので、その間に衝撃を加えないようにしましょう。
自転車はやめた方がよいでしょうね。
本を読んだりテレビをみたりしても大丈夫です。
職場復帰は術後2週間もすれば通常は可能です。ただし、車の運転を含めた重労働、肉体労働は1ヶ月ほどしない方が無難です。
最終的に社会復帰に差しさわりが出ることはほとんどありません。

■網膜剥離の予後
 手術療法によって多くの網膜剥離は復位させることができますが、一度の手術で網膜が復位しないために、複数回の手術を必要とすることもあります。また、最大限に手を尽くしても、残念ながら失明してしまう場合もあります。
 網膜剥離の重症度にもよりますが、手術療法では数週間の入院を要することが一般的です。日常生活や運動などが始められるようになるまでの時期に関しては、個々のケースで異なるため、医師とよく相談する必要があります。
 術後の視力に関しては、もともと黄斑が剥がれていない場合には手術前と同程度にまで回復する場合もありますが、黄斑が剥がれてしまっていた場合には、元通りの視力に戻ることは難しくなってしまいます。網膜剥離が発生から間もない状態であり、剥がれている範囲も小さい場合は、手術も比較的簡単で見え方も元通りに回復する可能性が高いといえます。飛蚊症や光視症のような症状を自覚した場合には、早めに眼科医の診察を受けることが大切です。

飛蚊症と目薬

飛蚊症と目薬について

私は62歳で遠近両用メガネを使用しており、仕事でパソコンを利用しています。
先月、近くが見えにくくなり眼科を受診したところ、疲労・ドライアイ・多少の炎症があるということで
3種の目薬(サンコバ・ヒアレイン・サンテゾーン)を処方されました。
しばらく使用しているうちに見えにくさや疲れは解消したのですが、別に目が渋い症状が出てきました。(特に起床時)
2度目の受診でドライアイのせいとのことで同じ目薬を多めに処方されましたが少々不安になり、ドライアイも苦痛に
感じるほどでは無くなったために勝手に使用を中止しました。
ところが1週間ほど前から急に飛蚊症(ミミズが這った跡のようなものとか二重丸など)がひどくなりました。
飛蚊症は若い頃から出ていましたが、これまでは何十年も変わらない状態でした。
現在は、日中も感じる目の渋さと飛蚊症が気になっています。
この状態になってからまだ眼科に行っていません。
少々行きにくくなっているものですから、目薬はドライアイ用だけでも使用した方がよいのでしょうか、又その場合
飛蚊症に目薬は問題は無いのでしようか、その他少しでも症状が軽減する方法がありましたらお教えいただければ
有り難いのですが・・・。
長文になり申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

残念ながら飛蚊症の治療薬はありません。
お年もある程度召していらっしゃるので水晶体の老化、にごりは避けられないです。ただよりひどくしないためにドライアイをしっかりケアしたり、紫外線対策をとるなどの対処は大切だと思います

目薬と目が渋い症状(渋いとはどんな症状?)の関係はよくわかりませんが、
飛蚊症と目薬は関係ないと思います。

が、飛蚊症の急な悪化は網膜剥離の予兆であると言われていますので、
至急、眼科での診察をお受けになる事を強くお勧めします。

若い頃からの飛蚊症は生理的なものなので治療の必要は無いと思います、私も同じ様な目薬を貰っています。
冬場になって空気が乾燥してくると、ヒアレインは良く差します、サンコバは目が疲れたな~と思った時に差します。

加齢と飛蚊症

眼の不都合

飛蚊症に悩まされています。これまで(50を過ぎてから)も数回発生しましたが、いずれも翌日には直りました。また症状も蚊が飛ぶというよりは白いもやっとしたホコリのようなものがちらつくという程度でした。
ところが先週からの現象は、本当に黒い子虫が眼前で舞っているような症状で、数日経つのに一向に直る気配が有りません。食事中も小蠅が飛んでいるように錯覚し、思わず手で払いのけるようなことまでしてしまいました。
思い余って眼科に行ったのですが、『生理的な現象だから心配しなくて良い』『数十匹にも急増するようならまた来て』『その内慣れます』との診断で、目薬の処方も有りませんでした。毎日車を運転するので、気になって仕方が有りません。ネット等で確認すると、飛蚊症は直らないとの事ですが、こんな症状にこれからずっと悩まされるのでしょうか?そこで以下質問です。何か良い方法をご存知の方、教えて下さい。

※直らないまでも(直る方法が有るのでしたらなおベターですが)症状を軽減するには。
(1).マッサージ
(2).服用薬、又は点眼薬
(3).食事
(4).その他
よろしくお願いします。

新鮮な玉子を割ると、白身はそれだけでしっかり盛り上がっています
目玉の中はこの白身のようなゼリーのようなものが詰まっています(硝子体)

玉子が古くなると白身は水っぽい部分が出てきてそれがさらに増えて行きます
50歳を過ぎれば硝子体はこうした状態になってきています。

水っぽい部分とそうでない部分が混じっていますので、
その境目がユラユラと泳いでいることになります。
これ自体は早い遅いはあるもののそのうちだれでもなる現象です。

目の後側の硝子体が分かれる時にその外側の網膜も浮き上がってしまうことがあります。
先日の診察で散瞳の点眼をして瞳孔を開いて眼底を診られたのであれば、
網膜にこうしたことが無いことを確認するのが目的です。
飛蚊が明らかに急に増えたときには再びこうしたチェックを受けてください。

それ以外に注意点はありません。
お書きになったようなことは飛蚊には無効です。
また眼球に対するマッサージはかえって危険性さえあります

とりあえず、眼底検査をしてもらえる眼科を別途さがして受診なさってください。メガネ屋やコンタクト販売店の併設ではないところ。

それまでの間は、市販の目薬で、目の表面からほこりやゴミを流しとっても、
・見た時に糸状のものや丸い影が流れていくか、
・下に落ちるのではなく、横とか決まった方向に流れていくのか、
・まばたきすると持ち上がるとか収まるとかあるか、
というのに注意しながら、受診まで過ごしてください。

今、回答しながら、左目には茶色いゴミが複数と右目には薄い膜状のものがゆらゆらと視界を曇らせています。
私も飛蚊症です。

町医者の眼科医とは別に順天堂大学病院でも精密検査をしましたが、基本的に飛蚊症は生理的現象であり、老化現象でもあります。

結論から言って、何かの拍子に偶然少しよくなる可能性はあるのかもしれませんが、現在の医学で改善完治する性質のものではないと思います。

今は、ストレス真っ最中といったところでしょうが、直に慣れます。
ただ、車の長距離運転は、やはり、疲れます。

「これからずっと悩まされる」などと考えたら気が重くなるばかりですよ。

実はこの飛蚊症、貴方の身の周りにも、けっこういると思いますよ。ただ、言わないだけで、ある年齢を超えた世代では、普通にある症状です。

長い付き合いですから、先ずはリラックスしましょうよ。
老化による体質変化と考えて、ゆったり構えることをお勧めします。

目に良い食品としては、ルテインやビタミン類、アントシアニンなどのサプリメントがありますので試してみたら如何ですか?
ただし、これで改善ということにはなりません。

ただ、あまりにも虫やゴミが急増するようなら、網膜烈孔、網膜剥離と重症化しますので、その時は病院ですね。

ちなみに点眼薬は、町の眼科に定期的にもらいに行き、疲れ目には水に濡らして絞ったタオルを500wならレンジで1分程度チン。
目の上にのせて血行促進ですかね。

飛蚊症の原因は、眼球内の出血などで生じた「微小なゴミ」が
硝子体の中を浮遊しており、その影が見えるのです。
だから、目を閉じるなど暗くすれば見えなくなる。

飛蚊症を治すとは、その微小なゴミを硝子体から取り除くことですが、
現時点において、それをするには、硝子体を入れ替えるしか
ありませんが、手術の危険度を考えると、硝子体混濁など
日常生活に大きな不自由があるなど場合で、
一般的な飛蚊症ではしないでしょう。

また、その微小なゴミが比較的大きい場合には、
レーザーを照射して、小さく砕いて、気にならないようにする
という手術がありますが、気にならないほど小さく砕ける
という保証はなく、自費ですので数十万円ぐらいかかると
思ってください。

マッサージ、服薬、点眼、食事などで改善はできません。

もう一つ。有効な方法があります。
それは、「意識して」見ないようにすることです。
人間は、単に目に映ったものを見ているだけでなく、
脳で非常に優れたデータ処理を行っています。
例えば、文章を読むとき、前後左右には、色々な文字が並んで
いるのに、目的の文字だけをすらすらと読んでいけます。
これは、目的の文字以外は、見えているのに、見ていないのです。
だから、何が書いてあろうが気にならない。
つまり、情報として処理していないのです。
飛蚊症を自覚すると、どうしても、そこに意識が集中して、
見てしまいます。
集中すればするほど、その動きに合わせて、見てしまいます。
見ている画像の中心からずれて、隅っこに行っても、
まだ、ちらちらと見てしまいます。
この意識があるかぎり、飛蚊症の悩みからは逃れられません。
だから、気になるからと見るのではなく、
意識して見ないようにしてください。
例えば、目を閉じて、見えないようにします。
次に、目を開けるとき、意識して、ゴミが見えていた方と
違う方を見るようにします。
このような訓練を繰り返して、ゴミに意識が向かないように
すると、次第に、気にならなくなります。

まとめ


このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ