生命保険の選び方ガイド

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2003
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 素材辞典

賢い保険の選び方とは?みんなの悩み相談から分かった“本当”の保険の選び方。

STEP1税金について

生命保険の税金

生命保険を親にかけます。その場合親が自分自身にかけるのか、子供が親にかけるのかどちらがいいのですか?両方とも受取人は子供です。相続税と所得税どちらがお得ですか?教えてください

生命保険をかける対象になる親に配偶者がいれば、ほとんどの一般家庭では相続税はかからない。ついでに配偶者がいなくても相続税がかからないことも多い。
まぁ相続税の場合、遺産の総額とか法定相続人数とか、将来受け取る予定の保険金額にもよってきます。

親が(親のお金で)自分自身にかける・・・相続税
子供が(子供のお金で)親にかける・・・所得税
保険料の支払いは誰が実質負担してたかによっては、この限りではないこともあったりする。

STEP2控除について

生命保険料控除制度を有効に使おうと思ってます。なん

生命保険料控除制度を有効に使おうと思ってます。なんか死亡保障、介護医療保障、老後保障、と3種類あるみたいです。現在県民共済に加入しています。1.9万の控除制度の内県民共済でいくらか使っていると思います。残りが上記3種類のどれかわかりませんがマックス使っていきたいと思います。またその使い方は資産運用に使いたいです。つまり銀行経由の保険会社資産運用のヤツをうまく使いたいです。現在県民共済加入していることでどれを既に使っていて残りはどれなのかが知りたいです。それともどれも使っていない!?名前見てると病気怪我には該当しないと思うのですが、、、しかれども、県民共済加入という事で1.9万のうち3分割の6300円使っていて残りは1.27万なのか、あるいは1.9万全て残っていて3つの~保障で利用可能ということですか?

#1です。追加の回答です。

別の質問でご回答いたしましたが、保険料控除は下記サイトに詳しく記載されています。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm

最近の契約であれば、一般の生命保険料控除、介護医療保険料控除、個人年金保険料控除それぞれについて4万円まで、合計最大で12万円までです。
質問者さんの契約されている県民共済で、それぞれいくらまで控除可能かは、郵送されてきているはずの「共済掛金払込証明書」で確認できます。もし紛失されているなら、再発行をお願いしてみてください。
4万円×3の枠を超えるまでは他の保険契約で利用可能です。

「1.9万」というのはどこからの情報でしょうか?

STEP3種類について

生命保険 基本的なこと教えてください

一人暮らし、成人してます。社会人です。
私本人宛に(アヒルのCMで有名な)生命保険の契約内容を書いた書類が年一回くらい届くので判明したのですが、親が私の名義で契約していました。親や生命保険会社に確認すると、引き落としや払い込みは親の口座で登録していました。今まで必要性を感じたことがなく、説明書を読んでも基本的なことがよくわからず、とりあえず今回解約しようと思っています。
(1)もともと私は入退院を繰り返しており一時は命が危ないこともありました。そんな時期の契約のようですが、親が成人している子供名義で生命保険を契約するということはよくやることなのですか。入院が長引いたり場合によっては死亡するかもしれない時に、それで第3者が勝手に収入を得る契約をするというのが、あまりいい気がしません。子供のためを思っての事ということがあるのでしょうか。
(2)もう10年以上入院はしておらず健康に暮らしていますが、毎月保険料が引き落とされています。将来の医療費のため、というのなら自分で好きな会社を探して契約しますが、独り身の私の大病や死亡時のための払い込み先なら親の口座を指定する事は選択肢としてある事ですか。
(3)解約の案内には『解約払戻金がある場合がある』と記されていますが、どういったものですか。今まで引き落とされていたお金の一部が帰ってくるという事があるのですか。

(1)よくあることです。
成人して独立しても、子どもが独り身のうちに病気をしたりすれば、親がある程度援助することになるのは目に見えてますからね。
歳を取って結婚したりすれば、そのまま子どもに渡して後は好きにさせるということもあります。
(病気をしたりすると、保険に入りにくくなりますし・・・何にもなくても年齢が上がれば保険料は高くなります)

(2)特に珍しいことでもないです。
あなたが自身が死ぬまでの医療費その他の費用と葬式代、永代供養料くらいまでしっかり残せる算段があるなら、それがきっちり親御さんに渡るようにしておけば保険など要らないと言う理屈も成り立ちますけどね。

(3)保険契約の内容によっては。
満期時に(死亡や病気などなくても)お金が一定額戻る貯蓄型の保険では、中途解約でもある程度のお金が戻りますが・・・病気や死亡のときでないと一切お金が出ない保険(=安い保険)だと、返戻金はゼロがふつうです。

あなたが親御さんをよく思っていないのはわかりますが、親御さんがしている事イコール普通でないと決めつけたがる行動はよろしいことには見えませんよ。

STEP4解約について

保険の見直し、解約

33歳の主婦です。
今年の夏、出産のため仕事を辞めたので、保険の見直しを考えてます。
今までは大手の生命保険会社の定期保険特約付終身保険に22歳の頃から加入していました。37歳まで死亡保障が3000万円、入院保障や女性特約などいろいろつついて、1ヶ月1万円ちょっとの保険料です。
収入がなくなったので、自分の保険を見直し、安い保険料にしてその分子供の保険に入りたいと考えてます。
今入っている保険を解約し、分かりやすく安い都民共済に加入しようかと考えたのですが、どうでしょうか?
しかし、10年以上も継続していた保険を解約するのはもったいないのか?など疑問もあります。
今の保険をやめるのではなく、特約などを見直し、最低限の保障にすれば、保険料を抑えることなどできるかな、とも考えましたが、現在契約している保険会社は、保険料UPの見直しのプランをしつこく持ってくるだけなので、話を聞いてもらえるか不安です。

保険に詳しくないので、アドバイスよろしくお願いします。

都民共済などは、安くて魅力的ですが、老後のことを考えるとそれだけで行くのは危険です。
一昔前のように、老人医療は無料で病院にかかれる時代なら、65歳を過ぎて保障がガタッと落ちる共済系でも対応できましたが、これからは違います。
何歳になっても3割負担の時代がきます。それで、入院日額1,500円なんていったら、生活もままならなくなってしまいます。
ですから、先々のことを考えると、60歳払い済み、終身保障のものに若いうちに入るべきだと思います。

ちなみに出産のために仕事を辞めたとのこと。
今は、産後ですか?これから出産ですか?
これから出産でしたら、27週までに加入しないと、子宮関係不担保になる可能性大です。もし、帝王切開になっても保険金が支払われなくなってしまいますので、今契約中の保険を解約してはいけません。
産後でしたら、正常分娩での出産でしたら、1年間の子宮不担保がつく可能性大です。この場合も、産後1年までは現在契約の保険の解約はやめましょう。帝王切開だった場合、子宮不担保の期間が保険会社によりますが、3~5年です。ですので、この場合も現在契約の保険を解約する時期としては不適当です。
慎重に行動してください。

STEP5見直しについて

生命保険の見直し

保険の見直しについて

子供なしのパート主婦です。
主人のお給料が下がりこの先上がる気配がないので保険を見直したいと考えてます。

とりあえず何か病気をする前に終身には入っておかないと、と考えてあまり保険の勉強もせず5年前に
以下の保険に入ったのですが最近オリックスのキュアなどの資料を取り寄せてみて悩んでいます。

葬式代と割り切って低解約返戻金特則という保険で入ったのですが
まったく解約返戻金などがないので支払えなくなる事は避けたいと考えています。

しかし、主人の会社に来る保険の外交員(スミセイ)の方が会社に来た時に以下の保険に入っているので…と断ると
これからは通院の保障と先進医療などの保障もつけないと!!と言われたらしく最近は入院期間は減ってきているし
先進医療や通院や在宅療養の保険に入ったほうがいいのかなと考えています。

貯蓄もあまりなく家のローンもあるので保険に入っておかないと何かあった時に困ると言う気持ちはあるのですが
見積もりを見た所スミセイは高く入れないので他社で考えたいと思っています。
以下の保険にプラスして入れるようなオススメの保険があれば教えて下さい。

もしくは、以下の保険を解約した場合にオススメの保険なども教えていただければ助かります。





夫 34歳 会社員 (保険)政府管掌 持ち家ローンあり
年収手取りで340万円

ソニー生命 終身 払込期間65歳
変額終身型オプションA 200万円 3125円
ガン特約 日額 10000円 1886円

総合医療保障(120日型) 日額10000円 6839円
入院初期給付特約 日額10000円 574円

合計 12551円





私 35歳 パート 年収80万

ソニー生命 終身 払込期間 65歳

総合医療保障 5000円 3125円
死亡給付金額 500000円
入院初期給付特約 5000円 270円
女性医療特約 5000円 1345円

合計 4740円


三井生命 終身 ステップ払い ステップ期間15年

死亡時 300万円

支払い額 2394円

死亡保険を考えるときの基本は、リスクをはっきりとさせることです。
そのためには、キャッシュフロー表を作成して、しっかりとシミュレーションすることです。
キャッシュフロー表とは、今後30年、40年の毎年の収支、累計の収支を一覧表にしたもので、未来への家計簿、つまり、予算表です。
具体的なイメージは下記を参照してください。
http://fukuroi-fps.blogdehp.ne.jp/article/13230892.html
https://www.hotto.nomura.co.jp/ipg/ez/ezp2n_b1/jsp/invest/080704.jsp
http://www16.plala.or.jp/comet/cashfuro.htm#cashfurohyou2
http://www013.upp.so-net.ne.jp/Go-planning/lifeplan.htm

このキャッシュフロー表を使って、色々な状況を想定してシミュレーションをします。
例えば、お子様が誕生されたとき、住宅ローンを抱え、学費が果たして払えるのだろうか……というようなシミュレーションをします。
夫様に万一があったとき、生活は成り立つのだろうか、ということもシミュレーションできます。

さて、このようにキャッシュフロー表を作成すれば、すぐに分かることなのですが、お金には出て行く順番がある、ということです。
現在は、住宅ローンを支払っておられます。
住宅ローンというのは、穴の開いたバケツです。
給料をもらっても、そこから抜けていくのです。
ところで、老後の生活費、高齢になってからの葬儀費用は……当たり前ですが払っていません。
でも、そのための保険に契約していませんか?
老後のために貯蓄をする……貯蓄性のある保険にお金を掛ける……
でも、穴が開いているので、トータルの収支で見れば、なかなか貯まりません。
どこにしわ寄せが来るのかといえば、生活費です。
次に、払っている保険料自体が払えないとなってきます。
矛盾しているのです。
穴の開いたバケツに幾ら水を入れても、貯まらないのです。
まずは、穴をできるだけ小さくすることです。
住宅ローンの利率より高い予定利率の保険はありません。
このようなことは、キャッシュフロー表を作成すれば、すぐに分かることです。
老後のために100万円貯めるならば、今、住宅ローンに100万円払って、ローンを縮小させるべきなのです。
住宅ローンが縮小(短縮)すれば、終わってからお金を貯めることができるはずです。
例えば、30年払いで年間100万円払っているのならば、今、100万円払えば、1年間、ローンを短縮できます。つまり、29年払いとなるはずです。
となれば、30年目に、1年間で100万円を貯めることができるはずです。
実際、計算されれば分かることですが、今、100万円を支払えば、ローンの縮小金額は100万円以上です。

では、死亡保障はどうするのか?
安価な掛け捨てで十分です。
これも、キャッシュフロー表を使えば、幾ら必要なのか、すぐに計算できます。
そもそもキャッシュフロー表も作成せずに、死亡保障を言ってくる担当者を信用してはいけません。
キャッシュフロー表を作成するのは、死亡保障を考えるときの基本です。
この機会に根本的に考え直してください。

次に医療保険。
医療保障と死亡保障は、目的の異なる保障なので、別々にするのが原則です。
支払に余裕があるのならば、解約払戻金のある医療保険(=制度上、死亡保障が必ず付加される)に契約しても良いと思います。
でも、そうではないのなら、別々にしておく方が良いです。

女性疾病特約は、金銭的余裕があれば、最後につける特約です。
入院費用が子宮筋腫ならば1万円必要で、肺炎やインフルエンザならば5千円で十分という理論的根拠はありません。
初診料も入院基本料も同じです。女性疾病だから料金が高いと言うことはありません。
1万円が必要ならば、基本の給付金を1万円に増額するべきです。

入院限度日数
入院期間の短縮化がされていますが、良く内容を見ると、短縮化されているもの、そうではないものに分かれます。
手術を伴う病気は、手術技術の向上もあって、短縮化されています。
例えば、かつては1ヶ月以上の入院が当たり前だった胆嚢摘出手術は、今では1週間が当たり前になっています。
でも、自分の治癒力が決め手になる脳卒中は、長期のままです。
65歳以上の脳卒中の平均入院日数は110日を超えています。
入院期間が短くなっているから、保障も短くて良いと、単純には言えないのです。
それがいえるのは、全ての疾患の入院日数が大幅に短縮されたときです。

この機会に、医療保障も根本的に見直してはいかがでしょうか。

STEP6掛け捨てについて

掛け捨てではない生命保険

今、31歳なのですが結婚もしてないし、掛け捨てではない
保障のしっかりした生命保険を探しています。
前に入っていた生命保険は最初の3年は20万帰ってきて、
その後は2年後に20万という形の生命保険でした。
どこの生命保険だったかは忘れてしまいました。

そんな形での生命保険を探しています。

わかる方いらっしゃいましたらお願いいたします。

誰のための保険でしょうか。将来のだんなさんのための保険、それともご両親のための保険?
どういう考えかわかりませんが、葬式代として300万くらいの死亡保障に入っておけば十分ですね。それ以上の数千万円の保証を用意する場合は、掛け捨てでよいのです。結婚している場合、女性が数千万円の保険を用意するということはあまりないと思います。あなたがなくなられても、だんなさんは経済的に困らないから、だんなだけが保険に入っていればよいわけです。掛け捨てでない場合は、No.1の方がおっしゃるように保険料が高額になって支払っていられません。
医療保険は特約でカバーするのではなく、別途、外資系の保険会社か、オリックスなどで入ったほうが見直しがやりやすいです。
そのような数年後とにお金が返ってくる保険は、余計に保険料を払っているだけで、損です。第一生命も出してましたが、私も商品名は知りません。
支払い総額と、受け取り総額を計算してみてください。支払い総額が多いか、よくてイコールです。

まとめ


関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ