障がいがある方の就職についてQ&A

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1214
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 素材辞典

障がいを抱えた方の就職、転職、退職、再雇用などに役立つ様々な情報をまとめてました

聴覚障害の方の就職について

会社を営んでおります。

妹さんは障害を持たれてますがPCというスキルをお持ちなので一般企業にも就職は可能だと
思います。
確かに現実問題かなり厳しいかもしれませんが今は障害の無い方でも厳しい状態ですので・・
ただ、無能力の方より可能性はあります。

聴覚障害の場合会社が何を気にするかと言いますと業務指示や微妙な表現の意思の疎通
法人としましてはメールや紙に記録などを残したく無い内容もありますので・・・
また、他社員とのコミュニケーション等トータルで判断します。
しかしながら今あげた点はご本人の努力や周りのサポートで補えます。
ようするにご本人の職につきたいという熱意とついた後の努力です。
短期バイトとはいえ社会に出て報酬を得た経験を持たれてる訳ですからそれも立派なアピール
ポイントです。
面接で会社の質問に答えるだけでは無く積極的にご自身という商品を売り込めばいいのです。
すでにPCスキルをお持ちですから業務上必要とあれば他のスキルも身に付ける努力を
惜しまない方だと思いますので悲観的ならずに頑張って下さい。
何もせず遊び回ってる輩より断然素晴らしいです。

当社にも聴覚障害の方1名・視覚障害の方2名・発達障害の方1名おりますが確かに最初は苦労しましたが
本人達の努力や社員の協力もありたまにミス等は有りますがその時は差別なく同等に怒りますし
逆にその子達から指摘される時もあります。(汗)
今では一人前の社員で給料やボーナスも同等ですよ!!

時には親御さんや周りのサポートが必要な場合も有りますが基本本人に任せてます
(一人の大人として接してますので)

視覚障害の方の就職について

視覚障害者の就職

視覚障害5級で左手動弁右0.15です。
就労移行支援事業所に通っていますが、就職先を検討する前に問題があって、
視覚障害者として就職はするのですがその時に企業側に用意してもらう補助具拡大読書器等
を(企業が助成金を貰えない所がほとんどなので用意したがらないという話で)全て自前で用意して
雇って貰えませんか?と提案する形で就職活動する事になりそうなのです。
私は一般事務を希望しており視力が微妙でパソコンの画面も一応見えることは見えるのです。
長い時間でなければ音声読み上げソフトは必要ないとは思っていますがこちらのほうは自前でなんとかなるのですが、問題は拡大読書器を使わないという事で墨字の文字を楽にみるためにはどうしたらよいかという点・・・こちらは調べて弱視眼鏡という補装具を使うのはどうだろう・・・と思っています。あと事務ではデータ入力がありこちらは時間を短くして作業をするという方向で考えています。
そこで質問なのですが、眼鏡店のロービジョンを利用して一度見に行こうとは思っているのですが、
弱視眼鏡は使いやすいのでしょうか?弱視の方で事務作業をしている方どういうところに不便を感じ又目に負担がかかっている事がありましたら教えてほしいのです。
こういう風に事務作業をしていますとかありましたら教えてください。
もう右目しかないため仕事は慎重に選びたいというか目に負担があまりない様にしないと視力が落ちて障害者手帳も2級とかになってしまうのでぜひ教えてください。よろしくお願いします。

支援学校教員です。

同僚の弱視の方は、パソコンは音声読み上げ式で尚且つ、黒白反転で表示(ディスプレで切り替え)、アクセサリの中の「拡大鏡」を多用していました。

また、拡大読書器が使えない時は、本もスキャナーで取り込んだり。

ご参考までに。

肢体不自由の方の就職について

2年前ですが、障害者就職面接会に参加した者です(ただし身体障害だけではなく、全種共通の。私は精神障害です)。

質問者さまが受けられる業種によって変わると思いますが、その仕事に対しどのくらいの能力があるか。パソコンだったらどのくらい使えるかですね。
後はやはり障害のことについて訊かれると思います。身体障害でも通院が必要な方の方が多いと思いますので、その程度、状態とかですね。病名がややこしい場合も簡単に答えられるようにしておくべきだと思います(精神障害の場合は、近い病症のポピュラーなものを言えばいいんですが、それ以外となると「?」でしょうし。だって面接官はお医者さんじゃないですから)。
足など通勤に問題がある場合は通勤経路とか、大丈夫かも伝えればいいと思いますよ。
後は、これは一般の人にも当てはまるのでしょうけど「どうしてこの会社を選んだか」。病症柄職種を選ばなければいけない場合なら、それを理由にしても良いんじゃないかと…。

ちなみに私はその面接会で採用はされたのですが、上司にちゃんと病気を理解しようという気がなかったことがわかり(先に採用された別の病症の子と一緒にされたから合う訳がない)、退職に追い込まれ、現在再び仕事探しをしているところです(一般枠ではやはり難しいそうです…)。なかなか健康な方に障害を理解していただくのは難しいですね。私は気長に探します…。
面接会、がんばって下さいね。参考になりませんでしたらすみません。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ