愛車の車検がうっかり切れたら、どうしたらいいの?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by jb6113
車検の有効期限が切れた場合、その状態では絶対に車を使用することは出来ません。

STEP1<b/>【無車検運行】</b>

車検が切れたまま走行してしまうと、道路交通法違反の無車検運行になってしまい前歴がなくても一発30日の免停に加えて罰則が課せられます。車検切れの車を運転してしまっては絶対にいけません。

STEP2<b/>【仮ナンバー】</b>

車検切れの車を車検に通すには ディーラーや整備工場などにレッカー車で引き取りに来てもらうか(約10000円)、仮ナンバーを取得しましょう。
仮ナンバーは、検査などの理由で車検切れの車を走行する場合に限り、例外としてその運行を認めるというもので、基本的に車庫証明がある地域の市町村や区の役場で申請できます。
☆申請に必要なもの
*申請者の印鑑(法人の場合は登録した代表者印)
*自賠責保険証明書(コピーや証明書は不可)
 ※契約期間を充たす証明書の提示が必要です。
 ※契約期間最終日は正午で保険が切れるため運行許可日の対象となりません。
*自動車検査証(車検証)
*申請者が本人であることが確認できるもの(コピー不可)

☆手数料 750円
☆運行期間
運行許可日数は最長で5日間ですが、基本的に運行の目的・経路等から判断して必要最小限に日数(実際にクルマを運行する日のみ)です。

☆申請日
原則として運行期間の初日です。

☆返却期間
運行許可の有効期間満了後5日以内です。


STEP3<b/>【無車検運行で事故すると】</b>

任意保険が例え契約期間であっても適用されず大変な事になってしまいます。

まとめ

車検切れの車を運転中に事故をおこすと、保険適用にならなかったり重い罰則になったり大変な事になってしまいますよ!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

印鑑 自賠責保険証明書(コピーや証明書は不可)
 自動車検査証(車検証) 本人確認できるもの(コピー不可)


特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ