障がい者の方向けの交通機関Q&A

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:5
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 素材辞典

日常生活での交通機関や施設周りで役立つ情報をまとめました。

視覚障害の方の交通について

白杖は、視覚障害者のためのもので、眼が見えない人とそれに準ずる視覚に障害者のある人は、道路を通行する時、政令で定める杖を携えなければならない事になっています。
又、耳の聞こえない人と政令に定める程度の身体障害者以外の者は、政令で定める杖を携えて通行してはならない事になっています。
詰まり、全盲の人と、視力に障害のある人は白杖を持って歩くことになっています。
白杖を持っている障害者の内、全く視力がない人は3割程度で、7割は個人差のある、視力障害をもっているのです。
障害の程度の低い人は、何の問題もなく歩行している用に見えますが、やはり軽度の視覚障害があるのです。

以下に関連のある条文を書きます。

【道路交通法第14条第1項】(目が見えない者等の保護)
 目が見えない者(目が見えない者に準ずる者を含む。以下同じ。)は、道路を通行するときは、政令で定めるつえを携え・・・・なければならない。
【道路交通法第14条第2項】( 〃 )
 目が見えない者以外の者(耳が聞こえない者及び政令で定める程度の身体の障害のある者を除く。)は、政令で定めるつえを携え、又は政令で定める用具を付けた犬を連れて道路を通行してはならない。

【道路交通法施行令第8条第1項】(目が見えない者、幼児等の保護)
 法第14条第1項及び第2項の政令で定めるつえは、白色又は黄色のつえとする。
【道路交通法施行令第8条第4項】( 〃 )
 法第14条第2項の政令で定める程度の身体の障害は、道路の通行に著しい支障がある程度の肢体不自由、視覚障害、聴覚障害及び平衡機能障害とする。
【道路交通法施行令第8条第5項】( 〃 )
 法第14条第2項に規定する用具は、・・・・色彩がこれに類似する用具とする。

【道路交通法第71条第2項】(運転者の遵守事項)
 ・・・・目が見えない者が第14条第1項の規定に基づく政令で定めるつえを携え、・・・・耳が聞こえない若しくは同条第2項の規定に基づく政令で定める程度の身体に障害のある者が同項の規定に基づく政令で定めるつえを携えて・・・・通行しているときは、一時停止し、又は徐行して、その通行又は歩行を妨げないようにする。

聴覚障害の方の交通について

ちょうちょマーク、クローバーマーク
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/shosinmark/mark.htm

ちょうちょマークのほんとうの意味
http://www.jtsa.or.jp/topics/pdf/T110-leafret.pdf

ちょうちょマーク(聴覚障害者標識)は、
補聴器を使っても10メートルの距離で90デシベルのクラクションの音が
聴こえない聴覚障害者のときは、必ず付けなければいけません。
このような人たちは、以前は、運転免許は取れなかったのです。
逆にいうと、補聴器をつければ大丈夫、という人は必要ありません。

クローバーマークは、肢体不自由の人が運転する車に付けます。
聴覚障害者のときは、これを付ける必要はありません(付けるとおかしい)。

また、いわゆる車いすマークは、身体障害者が乗る車を示すものではなくて、
法令で決まっているものでもありません。
単なるシンボルマークでしかありません(意外と知られていないと思います)。

車いすマーク(国際シンボルマーク)について
http://www.sawaguchi.net/data/html/mark.html
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/resource/other/z00014/z0001402.html

ということで、補聴器を付けさえすればクラクションが聴こえるなら、
何1つマークを貼る必要はありません。
とはいえ、聴覚に障害があると、運転に支障があることも多いので、
それ相応の安全確保に努めて下さいね。

以下、蛇足です。

高速道路料金の割引を受けたいときで、ETCを使うときには、
ETC機のほうで登録が必要だったり、
あるいは、手帳だけで割引を受けたいときは、
事前に手帳へのスタンプを押してもらうことが必要だったり、
結構、面倒な手続きが必要になるときがあります。

また、補聴器を購入するとき、手帳があれば公費助成がありますよ。
(障害者自立支援法による補装具給付制度といいます)

役場の担当の方は、こっちからきかないと、何とも心もとないので、
正しい情報を、市町村のホームページなどでゲットしたほうが良いでしょう。
また、役場に、障害者福祉のしおりというパンフレットがあるはずなので、
1部もらっておくといいと思います。
たとえば、手帳によるJR運賃割引制度なども触れてありますし、
手帳による所得税・住民税・自動車税の減免(障害者控除など)などなど、
使える恩典が網羅されているはずです

肢体不自由の方の交通について

 道路交通法上の道路では、各都道府県公安委員会発行の「駐車禁止除外者証」が発行されています。一定の条件に合えば警察署で交付されます。
 一方、スーパーや病院・役所などの「不特定多数の人が駐める駐車場」(無料)では特定の証票は無かったのですが、全国に先駆けて佐賀県で「パーキングパーミット制」と言った物が出来ました。これは各府県が一定の障碍等の条件のある人に交付します。現在では29府県に広がり、各府県間での相互利用も可能になってきました。未だ全国には広がっていませんがすごい勢いで普及してきました。ただ、この条例・規則には罰則がありません。(外国では多くあります)。
 この制度が確立すれば障害者用の所に健常者が駐車するようなことは減少するはずですが、不断の啓蒙と監視が必要です。駐車場整理の警備員も背景となる法律が出来て「逆ギレ」されることが減って良いと思います。
 また、ご指摘の「四つ葉マーク」は車に付けても優先的に駐車できる物ではありません。これは「運転に必要な装置の改造」を条件に免許証を交付された人が付ける物です。この種の高齢者マークも同じですが「無理な割り込みや追い越しをすると1年以下の懲役・5万円以下の罰金」が課せられます。
 車椅子マークは「国際シンボルマーク」で、障害者全般が利用出来る建物や駐車場・公共バスなどを表す物で、車に付けても何の意味もありません。優先的に駐車できる物ではありません。
 之まではスーパーなどではこれらのマークが勝手に使われていましたが、全て無意味な物でした。公安委員会の「駐車禁止除外者証」は単に便宜的に使っていただけで、警察はその様な場所では無関心・無関係です。
 一日も早く、「パーキングパーミット制」が全国共通になればと願っています。
 京都府では23年9月1日より発効します。

関連するタグ

ピックアップ

ページ先頭へ