プレッシャー克服術!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:608
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 素材辞典

プレッシャーとうまく向き合い、困難を乗り越えるためにはどうすれば良いか?

克服するためのヒントが書かれたQAをあつめました。

プレッシャーを克服する考え方

私も、プレッシャーにそこまで強くないです。
やっぱり、自然と周りを意識してしまうし。。
でも、私もそれなりに失敗を体験してきて感じていることがあります。
”うまくいかせたい”という気持ちが強いから、身構えてしまうんですよね。
結果は後からついてくると思って、たちまち、精一杯目の前のことをがんばればいいんですよね。
結果を気にしすぎると、失敗を恐れてしまい、やりがいを感じにくくなります。
”失敗しても、同じ間違いを二度と繰り返さなければいい”と思えれば、失敗も次にいかせるし、少しずつ成長していけるんだと思います。

あまり高望みしすぎてもつらくなります。
”頑張ればできそう”なくらいを目安に、目標設定して頑張っていけばのびていく、と言われたことがあります(^^)

うまくいかなかった原因を冷静に考えてみて、今回の経験を次に生かしてください! 
結局その繰り返しなんだと思います。
”欲”がある以上、”これでいい”というのはないし。。

別に、うまくいかなかったからって死にません。人生すべて駄目になるわけではありません。
勇気が出ないのは、弱くて・ちっちゃくて・つまらない自分を守りたいがために自分の中に籠城して、必死こいて踏ん張って、たった“一歩”自分の外へ踏み出すことを躊躇しているだけです。
そんな自分を守っても何の徳にもなりません。

何でも“とりあえずやってみる”事が大切で、結果なんかどうでもいいんです。実際、できもしないのに結果を気にしてもしょうがないでしょ?やってもいないのに結果を気にするのは、順序が逆です。まずやることが一番最初です。

今の質問者さんは、道端の石ころを自分で巨大な岩にしてしまっているだけのように見えます。
大抵の事はやってみれば以外とたいしたことないです。もし、本当の巨大な岩にぶつかったとしても「まずやってみるのが大事」で、そこに変わりはありません。

人間死んだつもりになれば、けっこう何でもできます。本当に死ななくても、死んだ“つもり”になるだけで、一歩を踏み出せるのなら、それってすごいお得じゃないですか?(笑)

別に、うまくいかなかったからって死にません。人生すべて駄目になるわけではありません。
勇気が出ないのは、弱くて・ちっちゃくて・つまらない自分を守りたいがために自分の中に籠城して、必死こいて踏ん張って、たった“一歩”自分の外へ踏み出すことを躊躇しているだけです。
そんな自分を守っても何の徳にもなりません。

何でも“とりあえずやってみる”事が大切で、結果なんかどうでもいいんです。実際、できもしないのに結果を気にしてもしょうがないでしょ?やってもいないのに結果を気にするのは、順序が逆です。まずやることが一番最初です。

今の質問者さんは、道端の石ころを自分で巨大な岩にしてしまっているだけのように見えます。
大抵の事はやってみれば以外とたいしたことないです。もし、本当の巨大な岩にぶつかったとしても「まずやってみるのが大事」で、そこに変わりはありません。

人間死んだつもりになれば、けっこう何でもできます。本当に死ななくても、死んだ“つもり”になるだけで、一歩を踏み出せるのなら、それってすごいお得じゃないですか?(笑)

仕事のプレッシャー

人間関係については、ストレスやプレッシャーという「外圧」と認識するのは「自分の判断」なので、

・そもそも自分が受け止めなくてもいい、担当しなくてもいいものは、無視して聞き流す
・一方的に押し付けられるものも、無視して聞き流す
・会社や自治会など組織としてしばりがあるものは、「人間関係」ではなく「仕事」に統合する

と、「力では対抗しない」で、柔道のように受け流すなら、「その場から逃げずに、外圧を逃がす」というスタンスを維持できます。

私は、受け流し損ねたときに、仕事のストレスとの合わせ技でノックアウトされて、ドクターストップを食らってしまったので、その後に反省して上記のようなスタンスを取っています。

プレッシャーを楽しむコツ

プライドなり、自信なり、能力なり、経験なり、
自分の中に「揺るぎない何か」があると、ふんばりが利きますよ。

また、一度大重圧に耐えきる経験をすると、自信がつきます。
自己成長の実感・充実感と相まって、
「これを乗り越えた時、自分はどのくらい成長しているだろうか?」と
重圧を楽しめるようになるみたいです。

ちなみに私の「揺るぎない何か」は、なにがなんでも幸せになったる!という信念です。

ストレスやプレッシャーが楽しくなるなんて基本的にありません。ただ、スポーツ選手なんかは「これが上手くいったら明日の新聞に載るな」とか考えている場合もあるようですね。

でもそう思える人は、自信があるからそう思えるのであります。そして、なぜ自信を持っているかというと、それはプレッシャーを乗り越えて成功した体験があるからです。困難を乗り越えないと人間自信はつけられないんですね。
私はクレーム処理の仕事をしたことがありますが、クレーマーへの対応というのはとてもプレッシャーがかかります。特にクレーマーの中には百戦錬磨の人もいますから、そういう人が相手だとちょっとした言葉のはずみで揚げ足を取られたりします。揚げ足を取られたり言質を与えないようにしながらこちらの意思を伝えるのはとてもストレスになりますし、手が震えることもしょっちゅうです。しかし、そういうすごいクレーマーへの対応を上手くこなすと、経験と自信を得ることができます。そうなればただ単に機嫌が悪いだけのクレーマーなんてのはへいちゃらになります。そういうものなのですね。

質問者さんも、「これを上手にこなせなかったら死ぬ」みたいな物凄いプレッシャーを乗り越えたら、大概のことは「あのときに比べれば殺されるわけじゃないし」と楽しめるようになるのですよ。プレッシャーを楽しむとはそういうことなのです。
一応、おすすめの本を書いておきます。古い本ですが、「逆境を生き抜く「打たれ強さ」の秘密」はとても読みやすくて参考になると思いますよ。

まとめ


関連するタグ

必要なもの

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ