乾燥だけじゃない!バイオイルの意外な使い道

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2230
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by fotolia

バイオイルというものを知っているでしょうか。子供を出産したことのある女性なら、一度は耳にしたことがあるはず。妊娠線を薄くするのに一役買ってくれるのがバイオイルです。そんなバイオイルは乾燥だけでなく色々な面にも使うことが出来ます。

STEP1小じわ解消するためのもの

ビタミンEは乾燥による小じわに対応します。シワが気になる部分に集中的に塗り込むことで、ハリ感が生まれ、抗酸化作用のあるビタミンA、Eを同時に摂り込むことが出来ます。シワ対策としても始めてみるとよいでしょう。

STEP2ブースターオイルとしても使える!

スキンケアの観点から見てみると、ブースターオイルの役割も行ってくれます。ブースターはその後のスキンケアアイテムの浸透をよくする働きがありますから、クリームを塗る前などに適量肌に浸透させてからクリームを塗ることで、クリームがしっかり肌に馴染み、角質奥まで浸透することが出来ます。

その他、美容オイルとしてスキンケアの最後に使うのもよいでしょう。スッと浸透してベタつかない、夏でも使うことが出来るオイルです。

STEP3ニキビ跡、黒ずみetc.・・・

またバイオイルは傷跡にも使うことが出来ますから、傷跡が残ってしまった箇所に塗っていくことで傷跡の痕跡を消すことが可能となります。またワキなどの気になる黒ずみを時間をかければキレイにすることが出来ますから、もし気になっている場所があるのなら、肘、膝、ワキなど、全身に使うことが出来ます。コストパフォーマンスとしては最高のオイルでしょう。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ