“デキる奴”と思わせるプレゼンのコツとは?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 素材辞典

“デキる奴”と思わせるプレゼンテーションとは!?

説得力のあるプレゼンテーション、人を魅了するプレゼンテーションなど、“成果の出るプレゼンテーション”を行うためのみんなのコツをまとめました

英語でプレゼン

プレゼン

質問なのですが、英語のプレゼンの最後は、聞いてくれてありがとうみたいなお礼のほかなにを言ったらいいのでしょう??

生のプレゼンだったら “Do you have any questions?” と聞くと、たいてい質問が入るのでそれを答えて終わり。みたいな感じです。

英語で「私、●●(自分の名前」が説明します」は?

英語のプレゼンテーション等で、
「私、●●(自分の名前」から説明させていただきます」
というには、どのように表現すればいいのでしょうか?

どなたか教えていただけますと大変助かります。

#1です。失礼しました。
司会進行者自らが一人目のプレゼンテーターという風に勘違いしていました。

プレゼンテーションが一通り終わった後、質疑応答などの場で、「私の方から(グループを代表して)説明させていただきます」といった流れでしょうか。

であるとすれば、例えば、
"Please allow me to explain. My name is ●●, and I was in charge of collecting the data."
"Please allow me to answer that question. My name is ●●, and I helped design the experiment."
"Allow me to elaborate a little further. My name is ●●, and I am a coleader of this project."
[注1] My name is ●● と自己紹介した後、プレゼンテーション事案におけるご自身の役割を述べるとよいと思います。

一方、自らがプレゼンテーションそのものを行うということであれば、例えば、
"Ladies and gentlemen, good morning/afternoon/evening. My name is ●●, and I am here to deliver a presentation on XXXXX, [an insight into the behavior of human beings.] It should take about 30 minutes, and I will take any questions from the floor afterwards."
[注1] [   ]内には、プレゼンテーションの内容に沿ったサブタイトル的な
   フレーズを入れるとよいと思います。
[注2] 冒頭でプレゼンテーションにかかる時間を知らせておくと親切です。
[注3] 質疑応答はプレゼンテーション後に受ける、と最初に述べておくとよいでしょう。

以上は、アカデミック(学術的)なプレゼンテーション(論文発表等)を念頭に置いています。
ビジネス・ミーティング等の場でのプレゼンであれば、#2さんのアドバイスが適切かと思います。

プレゼン資料

「メッセージラインが悪い」とはどういう意味?プレゼン用語について

【プレゼン資料】の「メッセージライン」が悪いって言

【プレゼン資料】の「メッセージライン」が悪いって言われました。

メッセージラインって何ですか?

和製英語?

英語で"message line"と言うのが慣用句的に使われることは無いと思いますが、例えばコンピューターや表示板で、図や表などの情報を表示しているところで、画面の下にユーザーに対してのメッセージを表示するような印象を受けます。
プレゼンでメッセーラインと言われると、言った人の気持ちに立つと、何をどう言う順番で(書いてあるかどうかともかくとして)説明していくかと言う流れが悪いと言いたかったのではないですかね?
和製英語ですら無く、お手製英語と思います。
もし、想像道理であれあb、英語では (presentation) script, と言ったり流れを強調したいのだれば、story lineと言ったりします。

プレゼン用語 "Key Take Home"の意味は?

英語のプレゼンテーション資料の中で、"Key Take Home" という見出しを使っているものを見かけることがあります。
辞書やWeb等を調べたりもしましたが、その意味や使い方についての情報を見つけられませんでした。
どのような意味を持つ用語であるか、どのような場面で使うべき用語であるか、など、教えて頂ければあり難く存じます。

宜しくお願いします。

はじめまして。

こちらの"Key Take Homes"はひとつの名詞と考えて、恐らく"重要事項"ですとか、"大事な項目"などと考えるのだと思います。確かに"take-home pay"でお給料などを意味しますが、"key"がつくことによって、金銭的な意味はなくなると思います。これはあくまでも予想ですが、"自宅に持って帰らなければならないほど重要な内容"を示すのではないでしょうか?友人の話しですが、大学のテストなどで、期限付きの重要な宿題などの場合にこの言葉が用いられていたようです。あくまでもそうではないか・・という予想ですのでご了承ください。

それでは!

パワーポイントでプレゼン

プレゼン資料の配色について

パワーポイントでプレゼン資料を作成する時に、いつも配色に悩みます。
どのような色を使うと効果的でしょうか?
また気をつけることがあれば教えてください。

プレゼン用の資料を作成する場合。

内容にもよりますが、個人や会社のプレゼンどちらであってもご自身のお好きな配色ではなく、内容に沿った配色を重視してはいかがでしょうか?

基本はシンプルな物を選び内容を目立つようにするなど工夫次第で、戦略方法は生まれます。

頑張ってください^^

WindowsパワーポイントをiPadで使う方法

Windowsで作ったパワーポイント資料をiPadに移してプレゼンしたいと思います。
(1)iPadへの移し方について、文字化けやズレがでないようにするにはどうしたらいいでしょうか?
(2)パワーポイントの表示や加工をするためにiPadに何かアプリかソフトが必要でしょうか?
キーノートってソフトも使う…って聞いたことありますが、これ以上のことがわかりません。
どなたか回答をお願いします。

ipadのappストアにて、「パワーポイント」といれて検索するといくつかのアプリが出てくると思いますのでご自身にあったアプリを探してみてはいかがでしょうか。

仕事でプレゼンします

プレゼンのスキルアップ

自分のプレゼンテーションの能力に自信がありません。
プレゼン資料を作る段階から、自分の作っているものはテーマから外れているのではないか・・・と常に不安です。
プレゼンテーションの場でも、緊張してしゃべれないということはないのですが、自分の言いたいことが相手に伝わっているか、相手が知りたいことを自分は説明しているのか、不安でたまりません。
これは、大勢のお客様や社員を相手にしていても、一対一で説明していても、そうです。
プレゼンテーションのスキルをレベルアップする良い方法はありますか?
教えて下さい。
所属部署は、プレゼンの機会は少なく、あまり経験は積めません。
そのため、プレゼンの上手な社員も少ないです。
お力添えをよろしくお願します。

わたしは、某シスアドコースを一留年して卒業しました。
(シスアドって、ユーザーにコンピュータについて説明する;プレゼン力が必要だそうです)

学校紹介になりますが、準・学士(短/大卒)になるので、カルチャースクールとは違います。
教科と単位の関係で、金から日曜の三日間登校しなければならない時もあります。
18から上は60歳くらいまでの生徒で、授業のほとんどがグループ研究、発表の繰り返しでした。
教科には「プレゼン」はもとより「仕事と能率」などビジネス的なものが多数あります。
先生も企業向けセミナー講師出身者などで、黒板に向いたままの眠い授業を私は1回しか受けてません。
能率手帳で有名?日本能率協会のグループなのでそうなのかもしれません。
単科のみ選択も可能ですし、正科なら年間20万円位です。
(追加の教科くらいで、他大学と違い別途費用はないです)
交友関係も広がり、映画やボーリングに学生証が提示できます。

と、まあ、ごたくを並べましたが、実際のところ私もプレゼンは自信ないです。

自己紹介をプレゼンで

内定後の研修で自己紹介

私はこの夏にある企業から内定を頂きました。
来月、その会社で内定者の研修があるのですが、そこで自己紹介をしないといけません。
時間は1人5分程度あります。
採用担当の方に毎年どんな感じか聞くと、ただ喋るだけの人はおらずパワーポイントを使って自己紹介したりする人が多いと言われました。
私もパワーポイントで自己紹介を作成しようと思うのですが、自己紹介を改めて考えるとどういった内容にすればいいのかわかりません。
意外と自己紹介で5分という数字は長く感じます。
最低限どの程度の内容で仕上げるのよいのでしょうか?

あと、本番では時間制限があるのでスライドの自動再生で流そうと考えています。
アドバイスよろしくお願いします。

社会人1年目です。
内定後もですが、入社後も嫌というほど自己紹介させられましたね。
パワポも使いました。
私は自己紹介というと、自分を宣伝する絶好の機会だと考えます。
なので、趣味主体でいきますね。
趣味で重なるものがあれば、同期同士で仲良くなりやすいし、
先輩からも親しみをもってくれます。
それに生い立ちや専門分野、将来の夢とか加える感じです。
人事部が期待しているのは、内定者の素の姿が見たいというところでしょう。

まとめ

プレゼンテーションがうまくいくということは、心が通じると体験だと思います。

うれしいですね。



このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ