起業の準備はどうすれば?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 素材辞典
起業を支える創業融資、創業保証。
起業家にかかせないのが、資金調達の有益な情報。
資金調達の代表格である”融資”について学ぼう!

創業融資

融資について

会社設立を考えております。
発起人5名です
役員三名、社外取締役二名、事務員一名
資本金2000万円で創業しようと思っております。現在タイミングを待っております。
理由は、海外大手企業からのフォーキヤスト待ちです。現在同様の営業部長しており20年位業界にいます。仕入先の会社からは既に海外窓口okいただいております。支払い計画で融資を受けようと考えております。売価72000円内輸送経費2000円仕入れ40000円経費入れない粗利30000円、月次100本からスタートし販売先増やして300本まで増やす計画です。最大800本までふえますが、300で計画してます。創業後、3000万円借入金は可能でしょうか?宜しくお願いします。現在勤めながら他の発起人が活動しております

よくわからないのですが、自己資本が2000万円で運転資金として追加で3000万円必要ということでしょうか・
 事業計画に問題がなければ特に無理な金額とは思いませんが、どこで借りるつもりなのでしょうか?
 今までにお付き合いがある銀行があるのでしょうか?
 銀行には今まで一切の相談をされていないのでしょうか?
 全く付き合いのない銀行での開業融資として自己資本を超える金額を借り入れるには相当しっかりした担保が必要です。
国金などの政府系の金融機関を利用されるのでしょうか?
 どちらにしても現在の事業計画を持って金融機関に相談してみるしかないと思います。

保証制度

「信用保証協会」ってなんですか?

「信用保証協会」のことがいまいちよくわかりません。
銀行から融資を受ける時に保証人になってくれる機関が「信用保証協会」と思っていました。
「県の信用保証協会」の融資説明会に参加したところ、職員から信用保証協会付き融資を受けるには「第三者の保証人(必ず)と担保を用意して下さい」との説明がありました。
(個別ではなく参加者全員に説明されてました)
代表者や従業員が保証人になるのは分かります。
しかし信用保証協会を付けるのに第三者保証人を付ける意味がわかりません。
県の信用保証協会のHPで調べたらやはり第三者の保証人・担保が必要とありました。
http://www.chiba-cgc.or.jp/naiyou/riyou.htm

信用保証協会付き融資って一般的にそういうものなのですか?
まだうちの会社は利用したことはないのですが。
利用されている方、金融機関などに勤めている方御教授お願いします。

制度融資がそんなに少ないはずはないと思って調べてみましたら、
こんなにありましたよ。

http://www.pref.chiba.jp/syozoku/f_keishi/seidoyuusi/seidoyuusi0.html

あと、無保証人制度はこれです。

http://www.pref.chiba.jp/syozoku/f_keishi/seidoyuusi/seidoyuusi2.html

無保証はハードルが厳しいと思います。

創業スクール

似顔絵アプリを使用したビジネスについて

初心者向け創業スクールに通っているサラリーマンです。
今週中にひとつのビジネスプランを練り上げ、完成させるのが課題です。
※別の質問でも1案を相談させていただいたのですが、2案目になります。

似顔絵アプリを使用したビジネスを考えています。

1)アバターのような似顔絵を作れるサイトやアプリを立ち上げる(スマホもしくはインターネットにて)

 似顔絵はパーツを細かく設定出来、クオリティは高い。また絵柄も数種類のテイストから選択できる。
 ひとりや友人で楽しむのはもちろん、親へのプレゼント、還暦の記念日、ウェディングのウェルカムボード用等々 幅広く対応。
 自分で作るのが苦手な方には、写真を見てスタッフが代理作成。

2)プリントアウトは試し刷り、粗い画質(写真L判対応くらい)までは無料。大きなサイズは、会社への注文プリントにて(個人でやろうとすると荒くなる)。

3)プレゼント用に枠などのオプション、ラッピング販売も承る。

…といったところなのですが、いかがでしょうか?

イメージとしては、世の中の「お祝い用似顔絵」ニーズの大半に応えたいと思っています。

考えどころが、どのあたりから有料であればお客さんは利用してくれるかな…?という点。

かかる経費はまだ考えられていません(泣

その他、何かご指摘やアドバイス等 ありましたら頂ければ嬉しいです。

宜しくお願い致します。

おもしろいですが、お金にはならないでしょう。

(1) 似顔絵アプリのクオリティですが、現在の技術レベルと考えると使い物にならないレベル。

(2) 仮に完成度が高いアプリができても、消費者はおもしろがりますが有料なら利用しないでしょう。単価が安いオプションなども無駄に在庫を増やすことになりそうです。

だいたい考え得るサービスはすでに誰かが実現しているか、トライしてすでに失敗済みですので、本当に難しい課題です。具体的なものが出せなくて当然です。しかし、あなたは起業したいのだから、先輩たちの厳しい意見にもめげずに頑張ってください。

ところで、起業したいなら創業スクールなんかに行ってはダメでしょう。

創業保証

信用保証協会への支払い時期について

信用保証協会をたてて、銀行から融資をしてもらおうとしています。
創業保証の小口資金融資になります。

事業計画書を作成中で、創業後の見通しの支出の表を作成中ですが、
銀行への返済の利率や保証協会へ支払う利率がわかりません。

これは一律できまっているものなのでしょうか。
それとも、事業計画書を提出後、計画書の内容によって話し合いで
決定されるのでしょうか。

計画書を出す時は返済金額を仮で入れておいたほうがいいのでしょうか。
それとも空欄にしておいた方がいいのでしょうか。

また、信用保証料の払込みのタイミングは、融資が降りてから
その降りたお金で支払うことが可能ですか??
融資が降りなくても支払わなければいけないのでしょうか。

教えて頂ければと思います。
宜しくお願い致します。

判断が下りるまでの期間は当社の場合初回は1か月半位でした。
2回目は2週間程度、3回目は担当者が訳の分らない素人みたいな人で1か月かかりました。(全て都市銀行)、4回目は信金で2週間位でした。

まとめ

会社は基本的には誰かが創業したもの。創業に縁のない人も、知っておいて損はないのかも。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ