PC・スマホでDTM・DAW

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 素材辞典

未経験者から玄人まで音作りの楽しさを味わえる。最新の技術と音楽が融合したDTM・DAWの世界。


あなたも音作りを楽しもう! 

DTMを始めたい

DTM始めたいのですが・…・ 

DTMを始めたいのですが、いろいろ調べているのですがよく分かりません。

個人的にはdance erector house dubを目標としたいのですが、

いろいろなサンプル(雑音、おもちゃシンセ、携帯のビデオでの録音など)をパソコンに取り込んでdawによって、エフェクトをかけたり、モジュラーシンセで音を作りdawに取り込んで編集したりしたいのですが、機材は何をそろえたらいいのか、方法はどうしたらいいのか、

分からなくて困っています。

細かく教えていただけたら幸いです。

ご都合があえば回答よろしくお願いします

PCを使った音楽制作を始める人がまず購入しなければならない定番は、
「DAWソフト」と「オーディオインターフェイス」、それに「MIDIキーボード」
の3点です。キーボードは必須ではありません。

いろいろなサンプルを使った制作は「サンプリング」と呼ばれる作業をするのですが、簡単に言うと録音してきてそれを素材にして音を作るということです。
録音といっても難しくて、単純に「録れればいい」のであれば、マイクとノートPCがあればだれでもできますが、「納得のいく物を録る」となれば豊富な専門知識と発想力、機材を厳選する能力と資金力が必要になり、それこそ15年, 20年掛かりの夢だと覚悟しておいてください。


「DAWソフト」「オーディオインターフェイス」といっても様々なものがあります。もちろん、人によって向き不向きがありますから、一度DAWソフトを扱っている大手楽器チェーン店へ行って相談することがお勧めです。大手の大型店舗であれば詳しい店員さんがいますし、これから始める人向けのセミナーを無料でやっている店舗もありますので、そういうセミナーを探して参加してみるのが一番確実かつ分かりやすい方法です。直接詳しい人と面と向かって話さない限り、自分の知りたい疑問に自分がわかる形で答えてもらうことはできません。

調査資料:
ヤマハミュージック大阪 心斎橋店オフィシャルサイト
(Cubaseセミナー開催状況・情報調査)
聞取り調査:なし
回答の出所:自己経験

音源を楽譜化したい

ギターやピアノを楽譜にしてくれるソフト

ギターやピアノを弾くだけで、それを楽譜にしてくれる「ソフト」ってありますか?
宜しくお願い致します。

MIDIの出力のあるエレピやMIDIギターを使うのなら、大抵のDTMソフトで楽譜化できます。必要な機能はリアルタイム入力機能と楽譜機能です。
Finaleなどの楽譜専用ソフトが有名ですが、国産DTMソフトのSingerSongWriterシリーズは楽譜専用でない割に楽譜の質が高いと言われているようです。

おススメの録音機器

ボーカルの録音機器について

パソコン(デスクトップ)でボーカルの録音をしたいと思います。
なので今回は、高音質で取り、良く編集したいので、オススメの機器を教えて欲しいのです。
決して、プロなんて大層なものではありませんが、なるべく良く録音したいのです。

⚪︎コンデンサーマイク
⚪︎コンデンサーマイクの周辺機器
⚪︎オーディオインターフェース
(ファンタム音源付きで、録音しながら直にエフェクトをかけられるものがあればそれで)
⚪︎演奏とのミックス、ボーカルの音声のエフェクト等の編集が出来るソフト
(なるべく有料ソフトでお願いします、勿論無料でもこれ凄いよ!というものがありましたお願いします。)

以上のアイテムのオススメを教えてください。
予算は1つのアイテムにつき、3万円以下で考えています。
よろしくお願いしますm(__)m

いちばん音質に影響するのは部屋と技術です。冗談ではなくて、マイクは1万円程度、オーディオI/Fも2万円くらいまでで十分良い音ですが、外から入ってくる騒音や室内の反響は録音後に処理して除去するのが難しいです。また、いくら高性能な機材でもセッティングが不味いと聞くに堪えない音になります。

全部コミコミで手軽に揃えられるものだと、たとえばFocusrite Scarlett Solo Studio Pack(マイク、オーディオI/F、ケーブル、ヘッドフォンのセットで2万5000円)、マイク用吸音材にSeide REF-1(1万円)、マイクスタンドはK&MかTAMA(6000円)、ポップガード(とりあえずClassic Proとかの安物で良い)で、しめて4万5000円くらいですね。

この程度の機材でも、ちゃんとセッティングすればまあまあ聞ける音で録れます。
https://www.youtube.com/watch?v=DSVSUxcfKac
https://www.youtube.com/watch?v=K0nfi-F1vdQ

Scarlett Solo Studio PackにはCubase LEがバンドルされているので、必要ならアップグレード価格で製品版が購入できます。Cubase Elementsが1万円なので、プロジェクトの規模が小さければこれでも足りるかも知れません。

モニター用エフェクトはあった方が便利ですが、3万円程度のオーディオI/Fでは厳しいです。レイテンシーによりますが、DAWのモニター出力にリバーブを挿して我慢した方が良いでしょう。

余った予算は、ヘッドフォンやモニタースピーカーの購入資金として貯めておくか、部屋の防音、調音に回した方が良いでしょう。ヘッドフォンを買うなら2万円前後、スピーカーはペア5万円くらいが1つの目安ですが、どうしても予算を捻出できないならヤマハHS5(ペア3万円くらい)辺りでも良いでしょう。

防音は本格的なものである必要はありませんが、近くの大通りの車の音が入ってこず、大声を張り上げても近所迷惑にならない程度は必要です。また、手を叩いてビーンと反響が残るなら吸音も必要です。それが無理なら、宅録は諦めてスタジオ(やカラオケ屋)を借りましょう。

マイクやオーディオI/Fを高価なものに買い換えるのは、その後です。

まとめ

文字通り「音」を「楽」しめればいいですね!




このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ