じゃがいもの保存方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

じゃがいものまとめ買いをした時に、日数が経つとどうしても芽を吹いてしまって無駄にすることがよくあります。多分、保存する時の温度、湿度、光線の当たり方などが関係するんでしょうが、できるだけ芽を吹かせないようにするためには、どういう点に気を付ければいいんでしょうか?
「芽を吹かないじゃがいも」というのも売られているようですが、これはどんな処理をしているのかということと、体への影響等についてのは心配ないものでしょうか?

STEP1風通しが良く湿気の少ないところで保存すると良いですよ

この時りんごといっしょに入れておくと、りんごが発するエチレンガスの働きで芽が出にくくなります
りんごの表面がしなびてきたら取り替えてください 冷蔵庫に入れても長持ちしますがその際は新聞紙などで包んで入れてください
りんごといっしょに入れるのはサツマイモにも有効ですが、サツマイモは寒さに弱いのであまり冷え込む所には【冷蔵庫)置かないで下さい

STEP2

うちでは、ダンボールに入れて一回り大きいダンボールで蓋を作ってかぶせています。
そうして台所に置いていますが、芽は出ませんし腐りません。
室温と湿度にもよるかもしれませんが・・・

光が当たると(蛍光灯でも)緑変して毒素が出来ます。
つい先日、小学校で食中毒が起こっていました。
自分たちで作ったじゃがいもの保存状態が悪く、緑変したものを食べたためだそうです。

『芽を吹かないじゃがいも』については知りませんが、安全で安価であれば買ってみたいですね(;^_^A

STEP3

ジャガイモの保管に関してはすでにかかれている通りです。ちなみに買ってきたキーウイが硬かったらりんごと一緒に密閉容器に入れとくと早く追熟させられるらしいです。
それはさておき、芽が出ないジャガイモですが、先日、新聞(つい最近の朝日新聞朝刊記事でした)で読んだんですが放射線を当てて発芽を抑制したジャガイモが一般市場に出ているそうです。(国で認可済み)ただし、すべての発芽抑制ジャガイモにこの処置がされているのかどうか、私は知りません。
なお、記事では「ジャガイモが良いならスパイスでも放射線を使う認可をとりたい(殺菌等)」と、言うスパイスメーカに対し、いろんなところからそれに反対する動きが出てると言う話でした。たしかに熱をかけないから品質としては良くなりそうですが気分的に良くないですね。もし、放射線を使うなら、製品に明記するようにして欲しいですね。(納得ずくで買うのなら問題無しだけど知らずに・・・と言うのはちょっとやですね。)

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ