癒し&金運アップの金魚ガイド。「赤いのになぜ金魚?」「飼い主の顔は覚える?」「金魚の寝方」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2004
  • ありがとう数:0

はじめに

3月3日は金魚の日。江戸時代、ひな祭りには金魚も一緒に飾る風習があったことから日本鑑賞魚振興会が制定しました。ゆったり優雅に泳ぐ魚を眺めることはストレス解消効果があり、風水では金魚を飼うと金運がアップすると言われているそうです。

金魚は飼い主の顔を覚えますか?

人間から見て非常に人に慣れやすく賢い部類だと思います。
飼い主を覚えると言うより餌をくれる人間を覚えると言う感覚ですね。
水槽の前を通るだけでわらわらとよってきますよ。
餌の時間を過ぎてると水面を口でぱこぱこして音を立てて催促されます(笑)

金魚、錦鯉、メダカ等を飼育していますので回答をします。

 金魚は飼い主の顔を覚えるのではなく、餌を与える人や世話をしてくれる人の顔は解ります。これも稚魚の段階での飼育が基になりますから、親に同様の事をしても覚えません。

 錦鯉の場合は上記以外では影や行動を見て、反応しますので同じ池や水槽にいる個体は真似して覚えます。

 逆に嫌われる事に関しても簡単であり、嫌がる事をすれば馴れた個体でも避ける様になります。

 家にいる金魚は私が家に帰る時には何分も前に集って待っていますし、その行動を見て家族の者は食事の支度をしています。これらの個体は稚魚から育てた個体であり、必要以上に触れませんから懐きましたが、親から覚えさせるには難しいです。餌の時には手に乗る個体、芸をする個体等がいますし、これらの相手をすると喜んで懐きますから根気がないと懐きません。

小さな子供に「金魚は赤いのに、なんで金の魚なの?」と言われました。なぜなのでしょうか?

「「金魚は学名がCarassius auratus(金色のフナ)」
「クロデメキンなど黒い色をしたキンギョでは数年経過してから褪色が始まり、金色になってしまうこともある」

この辺が、名前の由来でしょうか…。

金魚などはどういうふうに寝ているのですか?

泳ぎながら寝ていますよ

回遊魚(マグロやサバなど)はそうですよね

金魚などは2~3分動かない時があります

それを何回何十回繰り返すんだそうです

他の学者に言わせると、体は本能に動かしながら脳は睡眠状態になるそうだと

いっていますが

前、私が飼っていた金魚は、水槽の中でおなかを上にして浮かんでいたので

死んだかなって水槽をたたいたら、びっくりするような態度で起き上がり、

再び泳ぎだしました

寝相がわるかったのか、よっぽど眠かったのかなと思いましたよ (笑)

金魚が仲間割れをします。赤い金魚6、黒い金魚2なのですが、赤が黒を攻撃します。どうしたらいいですか?

金魚は1cmにつき1Lの水が必要と考えていただければ参考になります。
同じ種類でもケンカはしますので水槽を大きい物に買い替えました。

金魚の祖先はフナですから、群れで生活する習慣があり、個々の魚が縄張りを主張して他の魚を排除するということはあまりありません。
集団で飼いやすい魚です。

しかし、中には時々気の荒い固体がいて、自分より弱い固体をつつきまわして弱らせてしまう困った金魚もいます。
(うちで今飼っている金魚がまさにそうでした。)

混泳させやすい金魚とはいえ、組み合わせによっては問題が生じる場合もあります。
パターンとしては、
(1)そもそも金魚の組み合わせに問題がある場合
(2)たまたまその固体に問題がある場合
があります。


(1)そもそも金魚の組み合わせに問題がある場合
現在、金魚にはさまざまな品種があります。
遊泳力の強いものと弱いものを一緒にすると、弱いものがいじめられやすく、いじめられないまでも、強いほうが餌を独占したりするなど長期的には一緒にしないほうがよい組み合わせがあります。
A.遊泳力が強いもの・・・ワキン、シュブンキン、コメットなど。フナ型で最強。
B.遊泳力が弱いもの・・・リュウキン、オランダシシガシラなど。丸っこい体型。
C.遊泳力が特に弱いもの・・・頂点眼、水泡眼。泳ぎがへたで視力も弱い。

同じグループ同士ならOKですが、違うグループ同士だと問題が生じやすいです。
特にAグループは祖先のフナに近いので、生命力、遊泳力とも強く、他のグループとは一緒にしないほうがいいです。
もしも、ワキンと出目金を一緒にしているのでしたら、すぐに水槽を別々にしましょう。
出目金は体型や遊泳力でいうとBグループですが、眼が変異しているため視力が非常に弱いので、Bグループの中でも最弱です。
とてもワキンと生存競争して勝てる品種ではありません。


(2)たまたまその固体に問題がある場合
同じ体型、同じ大きさの金魚同士でも、たまたま気の強い固体というのはあります。
こういう場合は、一時的にその問題児を隔離飼育します。
できれば飼育する部屋や入れ物も全然別にするのが望ましいです。
3週間位して、お互いに別々の環境にすっかりなじんでから、隔離していた問題児を元の水槽にいれます。

こうすることで、その水槽内の環境では、あとから入ってきた問題児だけが「後輩」になります。
新入りは新しい環境に戸惑いますから、先輩に攻撃されることはあっても、自分から先輩を攻撃はしません。

うちの場合、これで問題を解決しました。
それでもダメな場合は、隔離板で水槽を仕切るしかありません。
スドー 夏子と冬子の部屋
http://www.sudo.jp/petproducts/aquarium/aqua_goods/convenigoods/aqua_convenigoods.html
(もしサイズが合わないときは、金属用ノコギリで簡単に切断できます。)

一般論ですが、安い夜店の金魚というと、どうしても飼育にお金をかけたくないという考えになりがちですが、しかし命あるものには違いありません。
なるべく幸せに天寿をまっとうできるようかわいがってあげてください。
なるべく広い水槽で、エアポンプやろ過装置もちゃんと用意してあげましょう。
また金魚飼育のホームページもたくさんありますから、いろいろ研究してみてください。

かんたんな金魚の飼い方
http://members.jcom.home.ne.jp/m381t/

金魚の飼育に水草は必要ですか?

ズバリ!
あったほうが よい、 でしょう。

しかしながら、 ゼッタイ無いといけない。 というものではありません。

水草の効能としましては、
金魚が落ち着く。(隠れたり、休んだりするモノカゲにもなるそうです。)
外観的にも涼しげだし、緑色が(金魚の赤と)映える。

金魚さんに聞いたワケではないですが、
水槽の背景を、ただの白壁よりも、草木のポスターにするほうが、
寿命も延び、大きくなったとの実験結果があるということを耳にした覚えがあります。

私の経験では長期家を空ける時に食べられる水草を入れておきます。
帰って来ると実際減っていますし、気持ち的にもかなり楽です。

あったほうがいいと思います。
ウチで飼っていた金魚は水草が大好物で、水草を入れて2~3日後には葉を食べ尽くして茎だけになっているほど好きでした。
いつも店で買うとお金がかかるので
近所の川で流れてくるものを入れていました。
よく分からないのですが、店で買った水草より川で拾った水草の方が金魚は好きらしく、早く食べきっていました。
やっぱり自然のものがいいんでしょうかねぇ?
あと、水草を入れておくといつもより水槽の水が汚れるのが遅かっように思います。
金魚の餌にもなり、水槽もきれいになり、やはり水草はあったほうがいいと思います。

まとめ

その他の「金魚」QAはこちら

http://okwave.jp/searchkeyword/%E9%87%91%E9%AD%9A


特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ