深紅の跳ね馬! 憧れのスーパースポーツカー「フェラーリ」。その魅力、価格の秘密、驚きの維持費

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:655
  • ありがとう数:0

はじめに

2月18日は、憧れの高級スポーツカー「フェラーリ」の生みの親、エンツォ・フェラーリの生誕日(1898年)。レーサーであった彼は1928年にドライバー仲間とレースチームを作り、その後1947年、スポーツカーの開発・販売をする「フェラーリ社」を設立しました。フェラーリの様々なQAをまとめました。

友人に「フェラーリのどこがいいの?」と聞いたら「言葉じゃ表せない全て」と言いました。フェラーリの良さって何ですか?

フェラーリの良い所は
マニアの自己顕示欲を満たしてくれる所です
これが全てだと言って過言ではありません

高くて乗り心地の良い車なら
ロールスロイスがお勧めです

乗り心地だけで云うのならセルシオの方が上です。
フェラーリなどのスポーツカーは乗り心地はある程度犠牲にしても運動性能に重点を置いているからです。

フェラーリを乗りこなすには(只運転出来ると言う意味ではありません)それなりの腕が必要ですから、それはそれでステータスになるのです。

フェラーリと同程度の動力性能とスタイルの車を国産メーカーが作れば恐らく半分程度の値段で出来るのではないかと思います。
これはフェラーリが大量生産品でない事と高級ブランドである事も関係します。(希少価値)
例えばバッグでも同じようなデザインで質も決して悪くなくても「ブランド品」と呼ばれるものに比べると遙かに安いのと同じです。

また、フェラーリは(今はどうかは解りませんが)F1をやる資金を調達するために市販車を売っていると云われていました。

今、フェラーリに乗っている方、①職業 ②年収 ③フェラーリ所有の苦労を教えてください

現在は乗っていませんが、2年ほど維持していました。

1、私立中学教員。
2、内緒(妻も働いているので、まあまあ余裕はある)。
3、絶版モデルにこだわりがなく、フェラーリだったら何でもよくて、なおかつ苦労したくなければ、頑張って稼いで新車をCORNESで買って下さい。

中古フェラーリは程度がそこそこ良かったとしても、油断はできません。通常の維持費以外に年数十万~100万は予備費として用意しておいた方が安心です。
また、12気筒モデルは泥沼にハマることが多いでしょう。

自分自身、それなりに苦労はしましたが、後悔はしていません。手放したのは購入して2回目の車検が近づいて、\が掛かりそうだったのと、気軽に運転しづらかった(技量の問題もあるでしょうが)ので。次に購入する機会があれば、F355か456GTあたりを選ぶでしょう。

1、自営(地味なお仕事)
2、平均的なレベルと思います
3、車検も通して4年ですが、おおきな出費は幸いありませんでした。
初回の車検も30万程度でした。
買うときには、8気筒の新車、それが無理ならなるべく高年式(3年落ちまで)の走行距離の少ない(10000キロ以内)ディーラー車(CORNES物)しかお勧めしません。割高ですが、細かいトラブルでかかる費用などを考えれば、高くありません。
任意保険にも注意してください。一番高い区分です。一部では車両保険をひきうけてもらえないケースもあるようです。
掃除を考えると天気の悪い日や泊りがけのドライブなどは少なくなりました。上から水をかけて洗車はしたことがありません。
クルマが動かなかったら困るのであれば、壊れないクルマをもう一台所有しないといけません。
これだけ、制約が多くても、エンジンをかければすべて忘れ去ります。それだけ苦労する価値があります。
東京から東名で鈴鹿にF-1も観に行きました。最高でしたよ。
がんばって、手にしてください。

フェラーリ458イタリアに一目ぼれしました。車両価格2580万円ですが、値引き、税金、保険などで総額はいくらでしょうか。また、任意保険は20等級なのですが、 35歳以上で、人身無制限・物損500万ですと保険料はいくらでしょうか?

値引きは普段の付き合いがあるなら、ある程度はありますが
まったくないなら0円と思ったほうがいいです。
保険は条件にもよりますが年間100~200万くらいと思ったほううがいいです。
また、通販系の保険会社は入れないのでディーラーで申し込みめばいいです。
ただし加入には駐車場等の条件もあるので良く聞いて下さい。

ヴィトンの直営店へ行って
一番人気で入手困難なバッグを指さし
「これは幾らに負けてくれるの?」
と言うような物で
フェラーリで値引きを言うのはあまりにも恥ずかしいです。

その時点で商談して貰えません。
また、商談前に興信所が調査をかけてきます。

さて、
車検の基本工賃は100万ほどです。

保険ですが
珍しく人身無制限なのに
対物500万では大問題ですよ。

代理店さんにご相談下さい。

日本で、同等のものをさがして、値段は3000万円くらいですかね。

7500CCかな、フルサイズのベンツを隠している、友人に聞いたところ、

年間、200万円位維持費としてかかるそうです。

税金は、12万7千円が、毎年、5-6月ごろにかかります。

車両保険は行きつけの自動車屋さんにきいてもおしえてくれるとおもいますよ。

車両価格、2500万円の車の任意保険はいくらくらい、と聞いてみたら。

また、フェラーリを売っているようなお店なら、電話でも、教えてくれますよ。

>雑誌には、フェラーリは経済的なクルマとありました。
ポルシェ辺りもそうだけど、「相応の手間を掛ければ」という前提があって、その前提条件を満たせば「あまり故障しない」から「想定外の出費が少ない」ってことでしょうね(あと、「このクラスのスーパーカーとしては」とか「過去のイタリア車と比べて」っていう前提があるかな)。

国産車のような「乗りっぱなしが効かない」のは当たり前すぎることとして、「日常の点検整備を怠らない」ことも最低線。
1回のオイル交換で数万円。定期点検で国産車のディーラーの車検代くらい。車検で50万円以上ってトコロかな?タイヤも50万円程度で交換頻度も高いでしょうね(積み上げると#1さんの回答にある「維持費年200万円程度」に落ち着くでしょう)。

繰り返すけど「メンテナンスを惜しまなければ、不意の出費が少ない」というだけで、金を掛けずに乗り回すなんてコトは出来ません。

>3年後、ほとんど追い金なしで、新しいフェラーリを買えるとありましたが、どうでしょう?
十分に手を掛けてコンディションを維持できれば値落ちが少ないだろうけど、メンテナンスが出来ないんじゃ買い叩かれるのは必至だろうな と。

ランボルギーニがフェラーリにスピードで勝ってもブランド力はまったく勝てませんね。なぜなんでしょうか

始まりがレーシングカーとトラクターの違いからかな?

両社共に経営不振から大手の傘下に入っている訳だけど・・・

1969年以来フィアット傘下にありながら、一定の独自性を維持しているフェラーリ

1999年にフォルクスワーゲングループ入りして以来、アウディの影響が強いランボルギーニ
の(親会社のスタンス)違いもあるな と。

日本ではそんなイメージ有りますが欧米では同格ですよ。

あくまでも私個人のイメージなのですが、

フェラーリ=繊細な女性。

ランボルギーニ=マッチョな男。

こんな感じがします。

あまりにも有名な跳ね馬と猛牛が1番ピッタリかもしれませんが。

ですがここに割って入ったレクサスLFAが私は1番だと思います。

ユーチューブにムルシエラゴVSイタリアVSLFAの対決がUPされてますので観てみてください。

LFAのV10サウンド最高です。跳ね馬と猛牛を超えています。

「速さ」って数値で比較出来るから、ブランド力の要素にはなり辛いのだと思います。
マクラーレンf1やヴェイロンみたいなド級な物が存在した段階で色あせてしまう感じ。

それに引き換え「デザイン」は、それぞれの世界・時代において
最高美/最高峰が存在しうるので、
過去のデザインでも色あせることなく存在出来る結果、
の積み重ねがブランド力になって行くのだと思います。

車の素人です。フェラーリってなんであんなに高いんですか? 個人的にはベンツやレクサスのほうが乗り心地良さそうだし、価格差の理由が分かりません

一言で言えば,部品精度が違うからでしょうね.

例えば,直径10mmのねじ穴をあけるときに,大衆車や軽などは,極端に言うと±1mmまで許容します(加工としては9~11mmまでOK),フェラーリなどでは±0.1mm(9.9~10.1mmしか許しません)としているので,その分高くなります.クラウンとセルシオの価格差も部品の精度だと聞いています.

あとはボディーなどの部品に特別な合金を使っていたり,手作業が多かったりするからでしょうね.

量産されている車はほとんどロボットが作っていますから…

販売価格なんて気にしないような顧客が多いからじゃないですか?。

1千万円以上の宝石等の装飾も無いシンプルなデザイナーの限定生産の腕時計が
発表されると即完売になったりするように、
金額なんて全く気にしないで買えるような人っているんですよ。

日本のように狭い賃貸住宅で我慢してフェラーリを維持するようなユーザーじゃなくって。

一言でいえば、メーカーが価格を下げるための努力なんてしなくても
欲しい人は買う車という事じゃないですか?。

フェラーリはただ高いだけです。
エンジンだけは、いいのかもしれませんが、その他は日本車の並以下ですね。
実用性も耐久性も低いし。
しかしブランド力というかプレミア感というか、みんなが金を出してしまうというか、そういう力を持ってるのは間違いないですね。

車の値段がなぜ違うのか
それはメーカーの戦略です。
セルシオとカローラの原価が何百万円も違うわけがないとおもいませんか?同じ鉄やアルミや樹脂ですよ。

みんな騙されてるだけです。

おっとみんなの夢を壊してしまいそうですね。

売っている立場(愛車はなぜかベンツとRX7なんですけど)からすると、高いは高い。あと3、400万位は安くてもいいんじゃないかと思っています。
正確な原価はわからないけど、一番安いモデルなら1700万位が適正価格じゃないかと思います。

でも、それ以下は絶対に無理。あのホンダが作ってもNSXは1000万になってしまったでしょ。6気筒しか積んでないのに。

ベンツはわからないけど(ベンツは侮れない場合がある)、少なくともレクサスは200km/h以上でのコーナリングやダウンフォースを考えた設計なんかしてないでしょ。
しかも少量生産なら、どうしても一定の値段にはなってしまうでしょう。(F1の活動資金も稼がなきゃならないしね。)

まあ、乗用車と考えるから理解できないのであって、デチューンしたF1が市販されていると考えた方がいいのでは。

日本のスポーツカーは、安くて信頼性が高いのはいいけどコストダウンしすぎ。
パワーを結構出しているのに、溶接箇所をけちっていたり、パワーに見合わないブレーキだったり。

実は自分はフェラーリ・オーナーで、ベンツからレクサスと乗っています。

それぞれ、メーカーだけで言われても車種によって
全く別物ですから何とも言えませんが、自分の乗った
違いの感想で参考になればと思い質問につられてみました。

自分は全く質問者と同じ考えです。

まず、ベンツですが良く出来ていました。
フェラーリを乗った後にベンツを運転すると「これは
神の車だ」と感じました。片手、片足で踏み込んだだけで踏み込んだ分だけ突っ走って行く。
自分のフェラーリは年式も古く、クラッチも重く、
ハンドルも重いので特にその差があるのですが。
メンテナンスもベンツの方が楽ですし。維持費も
まぁ払ってはいける。
またドイツのベンツ博物館に行った事があるのですが、車の歴史が一番古いのですね。
つまり世の中で車を最初に創ったのはメルセデスなのです。

そして、他の外車の気分でフェラーリを手に入れたらそりゃまぁ大変。あれは貴族の乗る車ですよ。
「間違いましたスミマセン」と車に謝ってしまいました。それは維持するのが大変大変、毎回毎回毎回メンテナンスに驚いてアゴが外れますよ。
車屋の作業として同じでも国産はこれくらいで、外車はこれくらいと考えたとしてもそれを基準賭すると法外な値段が飛び交う世界です。

理由は「フェラーリ」だからです。

なんせボディーは手で叩き出して、一台一台作っているから(最近はラインですが)細かい寸法は一台一台
違うわ、台数も限られているから部品もない。しかも
エンジンは常に高回転仕様だから壊れるのは当然!
コンセプトは「公道でレーシング・カーを走らせる」のような車です。

友人を乗せるとまず、感想は「こんな楽しいレーシング・カーのような車は初めて」と言います。
自分は「車一台でここまで苦労するとは思わなかった」ですね。

ちなみに輸入車であるベンツの修理代も車体価格から考えると馬鹿にならず、左ハンドルの丈夫な国産車と
してレクサスに乗り換えてみました。
いわゆるセルシオなんですが価格、耐久性、調子など
トータルで考えたら「銘車」という言葉がピッタリですね。

理想は国産の様な扱い易さで、値段も手頃でメンテナンス・フリー、そしてベンツの様なエレガントな5人乗りの乗り心地で、フェラーリのサウンド、エンジン・パワーやデザイン、ミッドシップ(後ろにエンジン)で走りの楽しさを感じれれば・・・。

ちなみにトヨタ、レクサスの1台あたりの生産コストを知ったらぶったまげますよ。
ある意味「神技」ですね。

女性で例えるとフェラーリはダイアナ妃。
ベンツは外人モデル。
レクサスはハーフの日本人モデル。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ