きれいな字を書くコツをつかめる!

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

字ってきれいに書きたいですよね。

最近はめっきり字を書く機会も減ってきて、

ここぞというときにきれいな字が書けないと困りますね。

ということで字をきれいに書くコツや練習方法、何を心がけたらいいのかなどをまとめました。

STEP1きれいな字を書くためには

きれいな字に・・・

こんにちは。
私は中2の女の子です。
実は、私の書く字はすごく汚いんです・・・。
きれいな字になる方法ってありませんか?

わたしも非常に字が下手で汚くて、中学だったと思うのですが(高校だったかも知れません)、もっと綺麗な字にしたいと思い、とりあえず、漢字はたくさんあるので、難しいので、せめてひらがなだけでも綺麗なものにしたく思ったことがあります。

そこで、知り合いの女の子たちは、少なくともわたしよりずっと格段に綺麗なひらがなを書いているようなので、五人か六人の女の子に(もっと大勢だったかも知れません)、ひらがなの五十音を書いてもらいました。それを見本にして、こういう字が綺麗だと思える書き方を模倣しました。

実際に書いてもらった文字は、筆順がはっきりと分かるのと、どういう風に曲線部分などを書いているか、どういう風に強調しているかが分かって、いままで自分の書いていた書き方は、でたらめであることが分かりました。

ひらがなについては、二種類のスタイルで書けるようになりました。従来の自分の字と、見本を元に修得した書き方です。この二種類ができるぐらい、元の文字の書き方はでたらめだったのです。

ひらがなだけでなく、実は漢字についても言えるのですが、ひらがなは、幅や高さが、同じ大きさではありません。ラテン文字の文字の幅が、文字ごとに独自に決まっているように、ひらがなの場合も、高さや幅が、それぞれの文字で違っています。

国語や習字の本に載っている、大きな見本を元に、書いてみましょう。その時、正方形の枠のなかに、丁度収まるように書こうとするのは、間違っています。

ローマ字を考えれば分かるように、ローマ字を、正方形の枠に合わせて書くのは無理なはずです。そういう文字は、タイプライター用の特殊な字体です。

横に平たく書いた方が綺麗なひらがなと、縦に長く書いた方が綺麗なひらがな、小さくまとめると綺麗なひらがな、など、ひらがなごとで、特徴があります。この大小や縦横の変化が、実際に文字を続けて書いたのを見ると、日本語の文字の並びとして、美しい調和を造るのです。

(『源氏物語』などのかな写本の文字を、もしあれば見てください。文字の個々の大きさが、もの凄く変化することに気づきます。この変化で全体に流れて行って、全体として非常に美しい文字になるのです)。

実は漢字も同じことで、決して、正方形の枠に綺麗に均等に収まるように書くのではありません。横に長くしたり、縦に長くしたりと色々です。そして、ひらがなと同じで、こういう変化が、美しいバランスの印象を与えます。

一番大事なことは、実は、「筆順」です。それと、「強調する部分」と「軽く書く部分」です。正しい筆順で書くと、大体、その漢字のバランスにあった綺麗な文字になります。

(漢字の筆順など、実は決まっていなかったのです。ただ、昔の中国の名筆家と言われている人の漢字の書き方を元に、木版印刷などで、標準的な漢字字形が生まれ、ここで筆順の標準ができたのです。従って、有名な名筆家でも、現在の筆順と全然違う筆順で、漢字を書いていて、しかも非常に調和があって美しくなっているものが多数あります)

漢字やひらがなは、元々、筆で書いたので、大小が自然に存在し、また、筆で書くときの強弱で、線の太さや、曲線の流れに微妙な特徴が出ているのです。

最初は、ひらがなの書き方を、正しい書き順と、文字の美しい適切な大きさに気を付けて書く練習をし、筆順や文字の大きさ、個々の文字の特徴を覚えて書けるようになれば、次に、非常に基本的な漢字、100字か200字ほどで、同じような訓練をします。

難しい漢字は置いておきます。というのは、簡単な基本的な漢字の上手な書き方、正しい筆順を覚えると、難しい漢字の筆順などは、この基本的な漢字の筆順の延長上にあることが分かるのです。

ですから、いま書いている文章を、もっと綺麗にというのは、しばらくまって、ひらがなの特徴、筆順を、手本を元に勉強し、それから、基本的な漢字の特徴、筆順の修得に進まれることです。

筆記具は、エンピツが、筆の代用として一番よいと思います。HBの濃さが、大体いいです。Bでもいいですが、要は、強く力を入れると線が太くなり、力を弱くすると線が細くなり、紙の表でなめらかに滑るような書き方ができる濃さがいいのです。

線に強弱があるのだというのは、見本をよく見ると分かります。サインペン・ボールペンなどで書くと、強弱がなかなか表現できません。

なお、姿勢だとかはどうでもよいですが、エンピツの握り方、持ち方、文字の書き方は重要です。間違った持ち方や、書き方をしていると、どうやっても、見本のような強弱のあるなめらかな線が書けません。この点は、誰かに確認してもらうとか、詳しい本を見るなりして、正しい持ち方、書き方を確認してください。

これが間違っていると、努力しても無意味になります。書道の筆の持ち方とは、また違いますので、注意が必要です。

ひらがなの微妙な曲線は、どうすると書けるのかは、わたしは複数の見本を見比べて、一番、書きやすく綺麗な曲線の書き方を選んだのですが、見本が一種類では、どういう曲線の可能な幅があるのかよく分かりません。できれば、見本を三種類ぐらい揃え、見比べて、曲線の書き方の範囲を研究されることです

STEP2きれいな字の練習

丁寧さときれいさとは、異なります。
丁寧に書いても汚い人はいます。
しかし、汚い人でも、丁寧に書いている人とそうでない人とでは、一目瞭然です。
汚い字を解消するには、落ち着いて丁寧に書く練習が必要です。
落ち着いて書けるようになったら、文字のバランスを意識して、文字の見本などを見ながら書く練習をすることです。

字が汚いと見えるのは、文字の線がゆがむ・ひずむ、文字のバランスが悪い、文章全体の文字のバランスが悪い、文字の大きさが均一でないなどの理由があります。

時間に余裕があれば、習字やペン字などがお勧めですが、まずは、ゆっくり、文字のバランスを考えて丁寧に書く練習が必要です。すぐにはきれいにならないので、普段の積み重ねです。

 自分がきれいだと思う字を見本に真似て練習書きすることです。
 そのうち上手くなるでしょう。我流、癖字を書かないようにしましょ。丁寧にね。

一般的に汚い字といわれるものは、バランスがよくないことが多いです。
書道でも、ペン習字でも、まずは書写から始めます。
小学校の国語のノートに、升目に点線で十字が書いてあるノートありますよね。
綺麗だなぁと思う字をお手本に、あの十字の中にバランスよく書いてみる。
お手本をよく見て、ていねいに書いてみてください。

一つ一つの字をそれで修正して、綺麗に書けるようになったら
今度は文章を書いてみましょう。
文章の中の文字は、全部が全部同じ大きさで書いてしまっては、
見た目がよくありません。 ここでもバランスが重要です。

中学生の人でしたら、行書や草書は書かないと思いますので、
まずは楷書で、キチンと丁寧に書くためのお手本でしたら、
国語の教科書の活字(教科書体)を真似て書くのもいいと思います。
それと、シャーペンですが・・・
芯は何を使ってますか? 字が汚いという人は、意外に2Hとか堅いものを
使っている人が多いようですが、HBくらいのもので、あまり筆圧を加えず
やわらかくペンを持って書くようにしたほうがいいと思われます。

もし興味があるのなら、書道を習ってみてください。
キチンと正座して、墨をすり、字を書くという姿勢は、精神面からも
字を美しく書くという習慣が身につきます。

ペンのもち方が有ると思います。
正しい姿勢で、正しい握り方でペンを持つ。
正しい姿勢で文字を書く。
もし、そうしていなかったのなら、そのようにすることに初めは多少の違和感が有り、字も今以上に崩れるかもしれませんが、そのうちなおると思います。
試してみて下さい。

あと、no1~3のかたとダブってしまうのですが、
字をゆっくり書く
字の大きさをそろえる
ラインにそって書く(ラインのない場合はラインが有るつもりでまっすぐに書く。線の入った下敷きを活用するのもよし。)

あと、誰かに字が汚いねって言われたのならそれは、そんなに気にしなくていいと思います。
そういうことを言われちゃうと、実際以上に 自分の字が汚く見えてしまうものです。

書店に行くといろんなペン習字の本が出ています。少なくとも
5冊以上は見て、その中で一番自分が書きたい、綺麗と感じる
本を買います。
  中学生は、ペン習字で良いと思います。
その本を手本に一日に30分ほど、物まねの様に文字を写すのが
上達の早道では?
ある程度までは、上達すると思います。

毛筆だと上手いのに
鉛筆だと下手・・・
それは字が汚い、というよりも
鉛筆の扱いが下手なんじゃないか?

私もワープロやコンピュータで
文章をつくるようになってから
字が凄く汚くなりました。
昔は上手かったのに・・・
毛筆なんて、全然ダメですよ。
文字のカタチはイメージできるのですが
思い通りに筆が動かせなくなった。
イヤになります。

たくさん書いて慣れるしかないのでは?

STEP3何を心がけたらいい?

きれいな字

字がきたなくて本当に困っています。
字をきれいに書くにはやはりテキストなどで練習するしかないでしょうか?

字のイメージが大切です。綺麗な字を書く人は、「あ」だったら「あ」と記憶した字が綺麗で、そのイメージにそって書けるそうです。

練習は日々、文字を書く時イメージを持ち丁寧に書くだけでも随分違いますよ。
無意識でも綺麗に書けるようになりたいなら、他の方が言うようにテキストで矯正するのが早いと思います。

そうですねぇ、見本がないとどうしても自分の癖がわかりずらいです。
本屋に行けばいろいろありますし、価格も数百円からありますから。

練習無くして上達はないと思います。
練習だけなら、そこらにある文字をなぞったり、その横に同じように文字を書いてみるのもいいと思います。
どの程度綺麗な字を書きたいのわかりませんが、美しい文字を書くところまで求めるのであれば、テキストにも頼った方がいいでしょうね。

私はゲーム機で練習しましたが、習字の添削のように良い箇所、悪い箇所の私的があったりして文字に対する意識も変わり、文字も綺麗になった気がします。
ゲームごときで…と思ってましたので意外でした。

NHKの「ためしてガッテン」で、漢字を上手に見える書き方の放送がありました。

参考にして書いていますが、個人的には効果がありました。

こんにちは

とっても恥ずかしいですけど
脳みその活性化と字の矯正をかねて
小学生のドリルをしています
そうすると自分が今まで間違っていた書き方をしていた部分というのが
いい年になぅて判ったりします
こっちから書くの。とか
力の入れ加減というのもわかったりして新発見ですね

ためしに小学生用のドリルとか入学前のとかをすると良いですよ
大人用もありますが結構高レベルが高くて
ちょっと書かせてすぐあいさつ文の練習とかになってしまいますので
ヘコたれそうだったので
あえてレベルを下げて練習しています

STEP4力加減がわからない

ペンの持ち方が分かりません。力加減が分かりません。

ボールペンの持ち方が分かりません。

何度かこちらで質問をさせて頂いておりますが良く分かりません。

ペンを人差し指・中指・親指の3本で摘むと言うことですが、
形は何となく分かりますがそれぞれの力加減が理解できません。

私は親指と中指にしか力がかかりません。
2本で文字が書けます。
人差し指には力が入りませんし入れ方が理解できません。

次に3本でペンを摘んでもペンの後方が固定できなくて
フラフラしてしまいますが、どのように力をかけて固定すれば良いのでしょうか?
仮に人差し指の付け根の辺りに固定する場合、
ペン先を紙につけ親指に力を入れてペンを押さえつけなければ固定できません。
そうすると人差し指には力がかからなく親指と中指のみでペンを挟んでいます。

結局、ペンの持ち方の矯正グッズを使って3本の指の位置は直せても
力加減やペンの後方の位置が理解できないので
いっこうに文字が綺麗に書けるようになりません。

くだらない質問とは思いますが、
深刻な悩みですのでどなたかより良いご指摘をして頂けると助かります。

また経済的余裕や時間も取れませんので、
ペン字教室に通うと言った回答はご容赦下さい。
気持ちの持ちようではなく技術的な事を教えて下さい。

私は40代なのですが、今年になって通い始めたペン字教室で、正しいペンの持ち方を教わったので、それを書きます。

前置きとして、私も持ち方が悪く、でも字はそんなに汚くはなかったので、悪い持ち方を、本気で治す気持ちはありませんでした。

でも、今の教室の先生に「持ち方を直さないとダメです」といわれた最初は、心の中で、「この歳になって、今更、持ち方を変えられるかいな!!」と思っていたのですが、試しに、言われたとおりに持って書くと、驚くほど手が疲れないのです。

持ち方を変えたことで、まだまだ字はふらついて、きれいにはなりませんが、でも確実にこの持ち方を身に付けられるようになれば、しなやかに手が動いて、ペンをコントロールできるようになる、と確信できます。

長い前置きで失礼しました。
では。


まず、書き始める前の、基本の持ち方。
・手首までは紙に付けて、その先は浮かせる(小指側も)。
・手の内側に、卵を入れているように丸く膨らませる。
・親指の中心と、中指の親指側の側面でペンをはさみ、人差し指で上から押さえる感じ。力は入れない。
・親指と人差し指の間のつけ根あたりにペンの後ろが当たるが、固定されていなくて良い。
・このとき、親指はまっすぐではなく、なるべくしっかり曲げて持つ。
・親指、人差し指、中指、の3本の指で持っている状態で、この3本を軽く曲げ伸ばし(屈伸)して、ペンを上下に動かせるように準備運動。
・この、屈伸を、ちゃんと3本の指でできるように。
・卵を入れているようなふくらみは、ずっと崩さない。実際に何か握ってもOK。ピンポン玉、丸めたハンカチ、など


いざ、書く練習。
・先ほどの屈伸運動のまま、実際に、上から下への線を描いてみる。指の動きで書けるように、何度も練習。上下の腺を、手首は動かさないで、指で書く練習です。
・今度は横の線を書く練習。これは、基本の持ち方のまま、指を上下にするのではなく、手首から上だけを、横に振るように。
・ずっと、ちゃんと卵の膨らみ、ありますか?
・屈伸の上下運動と、手首横振りの横方向運動ができたら、次はその手首や指の感覚のまま、丸や渦巻きを書く練習。

ここまでで、何日も何十日もかけるイメージなんですが、まあ、それだけ、この持ち方の体得が重要ということで、これを忘れずに、字の練習をする場合、市販のでも何でも良いですから、ちゃんと「お手本」を見て、大きく、ゆっくり、まねして書く。

マスのある練習ノートを用意できるのなら、マスの中いっぱいに書くように、広々と、書く。

説明がうまく書けなかったかも知れませんが、頑張ってください。
私の先生はいつも、「字はすぐにはうまくならない、でも、必ずうまくなる。あきらめないこと」と言っています。

一番初めの
>・手首までは紙に付けて、その先は浮かせる(小指側も)。

これ、間違いで、正しくは「小指側の、手の側面は紙に付けます。」です。

(全部浮かせるのは筆ペンの持ち方でした。)

STEP5ペンの持ち方

ペンの持ち方はどうすれば良いですか。

ペンの持ち方はどうすれば良いですか。

字が汚いのでペンの持ち方を矯正していますが良く分かりません。

親指の腹の部分と中指の爪の横の端の辺りで挟むようにしてつまんで、
人差し指を上からのせています。

加える力加減は指ごとにどうすれば良いですか?
私は中指と二本だけで文字が書けるくらい親指の力が強くなってしまいます。
真っ直ぐ縦線を書こうとすると親指の力が強いので途中で曲がってしまいます。
なので人差し指に力を入れると今度は筆圧が強くなり過ぎるようです。
バランスが分かりません。

それから、三本の指でペンの前半をつまんだだけではペンの後ろがブラブラ安定しないので
固定したいのですがどの辺りにそえるのが良いのでしょうか?

字の綺麗な方から見ればくだらない事ですが、結構、切実な問題です。
簡単に力まずに書けといいますが、力を入れなければ弱弱しい貧弱な線になります。

持ち方はペンならば、中指の爪の根元の左端と、親指の腹のほぼ先端で持てば良いと思います。
人差し指はそれに添える感じです。
それで親指と人差し指でギュッとペンを中指のし指に強く押し付けて、
フッと力を抜いた感じが自然でベストだと思います。
でも字を書いているのは人差し指の感覚だと思います。
机にそれぞれの指で字を書いてみれば解かると思います。

それから筆圧は上手い人は皆一定で書いていません。
逆に一定の力でゆっくり線を引くのは誰でも難しいですよ。
払いはシュゥ…と抜くし、止めや折れはンギュ!と強めます。
例えば ”一” を書く時は、ツー…と一定には書きません。
最初 ンギュ! と強く入って、シュゥ…抜いて、ンーギュ!と書きます。
線を引くのではなく、置くとか乗せる感覚で書いている気がします。
何と言うかこう、シュッと置いては抜き、ギューギュッと置いては離し、
シュゥ…シュッ!と置いては抜きで、あ~チョン チョン!見たいな感じでしょうか。
みんなそういう筆圧や握りのリズムを使って書いていると思います。

手首を固定した状態で目いっぱい長い線を書こうすれば誰でも最後は震えると思います。
みな自然に震えない指の可動範囲の中で書いているのではないでしょうか。
手首を固定して、目いっぱい円を描いて見て下さい。
その中心が車のシフトで例えればニュートラルのポイントだと思います。
結構体側、右側にペンが傾いていると思います。
でも、そこを中心にして書けば指が詰まる事無く楽に書けると思います。

あと一つコツがあります。
線がこれから向かう方向に手首を捻ってペンを気持ち倒してみて下さい。
払いが書きやすくなってそれっぽくなると思います。
最初はちょっと大げさにやれば感覚が掴めると思います。

字と言うのは不思議なもので、一字一字が上手くても、
字の持っている色というか毛並みの様な物が揃わないと
全体的にはきれいに見えませんよね。
それは指の癖による、一定の棒の角度だったり払いの仕方だったり。

お手本のような綺麗な形ではなくても、自信を持って止め跳ね払いが書ける人の字は、魅力的に見えますよね。
それから漢字にはそれぞれ強調するとかっこ良くなる一画があります。
あと、漢字に対してひらがなやカタカナを小さくするとかっこ良くなります。
形は基本的に真似すれば良いだけですから、大丈夫です。

毛筆5段、硬筆4段の私が答えますと、

まず、親指、人差し指、中指の力の入れ具合は「均等」ぐらいでいいと思います。 『もし、左へ字を書くときは「人差し指」と「中指」で左に押すとともにペンがころがらないように「親指」で軽く支える。』ってな感じでやってみてください。
 あまりこのことに答えることが無いので文章では表しにくいのですが、イメージ的には 「【書く向きに近い指】の力=【ほかの2本の指】の力」ってな感じじゃないでしょうか?

 最悪それでも書けない場合、普通に3本の指で持った状態で、腕だけで動かして書いてみて、そこから最初の文章通りにやってみてください。

補足:
 >それから、三本の指でペンの前半をつまんだだけではペンの後ろが
 >ブラブラ安定しないので固定したいのですが
 >どの辺りにそえるのが良いのでしょうか?

今書いて見たのですが、小指と薬指も使って中指を支えなければ僕も書き辛いですね。
僕の指は、小さい時遊びで指を引っ掛けて作る渦巻きのような形になっています。

大事な事でした。

親指・人差し指・中指にかける力は、だいたい同じくらいでしょうか。
「後ろ」については、今はおそらく親指の付け根に近いところで支えていると思いますが、人差し指の付け根(第3関節くらい)で支えたほうが、余計な力がかからないかもしれません。わたしはその辺りで持っています。

あとはあまり考えすぎず、慣れることです!!

えんぴつに装着するタイプの持ち方矯正の補助器具も売られていますので、いざというときは使ってみてください。
三角形のえんぴつにするだけでも、だいぶ持ちやすいと思いますよ!

STEP6最近、字を書いてないから久しぶりに書いたら字が汚かったorz

久しぶりに字を書いたらきたなかった

久しぶりに字を書くときれいにかけません。
久しぶりに書いてもきれいな字を書くこつを教えてください。

■久し振りに字書いたら汚い
=毎日の様に字書いたら綺麗
...と同値 ← スマホやPCキィ打ちの弊害?

■久し振りに書いても綺麗な字書くコツ
=毎日の様に"猿真似"でいいので書くこと
...と同値

字の上手下手は、"手筋"詰まりセンスは生まれ乍(ながら)に決まってる。
だったら、手筋=センスのないヒトは如何するか?

→ひたすら、自分に気に入ったモノを猿真似するのが一番でしょう。

後、字は筆順を守ったほうが見栄えが良いのです。
その為には、ヒトの顔もそうなんだけど、"バランス"が大切なんだ。

そんなキミの為にピッタリのサイトをプレゼント、
http://kakijun.jp/main/kensaku.html

初めの中は、グリッドにチェック入れてやれば遣り易い、慣れて来たらチェック外せばいい。
アニメーション法
コマ送り法
スピード変更(0.3~3秒)

キミの好きな様に操って、キミ独自の"字風"を構築出来れば万々歳っ。

※ひらがな、カタカナ、数字、アルファベットは既出サイト左ペインにある「ひらがな、カタカナなど」押下、http://kakijun.jp/main/kanamain.html から発展出来る。
尚、サイトページを拡大させれば実際の字の大きさに近付ける。

最初は、字を書くときにはゆっくり、丁寧が大事だと思います、特に丁寧に書けばだんだんと字は上達すると思います。

STEP7早くきれいに書きたい

字が汚くて、しかも遅い、すばやく正確的に丁寧に書き方するにはどうしたらいいの?

私は殆ど自筆で書かずにすべてパソコンで済ませているんですよ。
なぜパソコンで済ませるかと言いますと自筆で書かなくて良いし難しい漢字はすべてパソコンで入力してすませちゃうんです。
それと自分で自筆でいくとどうしても字が曲がってしまう癖があるんです。(無意識に)
(特に線引いてない日白い紙など)

パソコン購入する前までは自分の字で書きました。(嫌だったけど)

このままでは字が書けない人になるのではと不安もあります。(というか兄から指摘された。)
どうしたらもっとすばやく字を書いて丁寧に正確的に書けるのかなやんでいます。
それと文章能力も高めたいと思っています。

皆さんからアドバイスください。

小さい字を書いていてはいけないと思います。大きく堂々と、やはりゆっくり書くのがいいと思います。(スピードは慣れと共に‥)

小学校の時、キレイな字を書く男の子がいましたが、よく見ると活字みたいなんですね。で、しばらくはその子の真似して書いていました。事ある毎に、キレイな字を見つけては、真似していました。やはり字を習ってる人はキレイだナ~と思いながら真似ているウチに、字ってバランスなんだなぁと思うようになりました。

とりあえず、真っ直ぐな線を引けない。思ったような字にならないなら、思ったようになるまで書いてみて下さい。同じ字を書いて、キレイな字の人とどこが違うか比べて、似るまで書いてみて下さい。

昔、通信のペン字を習おうとお金だけ払ってやらなかった事ありますが、いざ習う字と、自分の好きな字って違ったりするんですよね。最初からわかってたら、そこで習えばいいんですが。でもそこのテキストは、形(バランス)に拘ってました。字の輪郭が逆三角の方がカッコいい字、正方形がカッコいい字、平たいのがカッコいい字、色々あるのです。それを意識するといいかナ‥と思います。

後は、揃ってる事。縦でも横でも桝目がないと並々するなら、揃える事に集中すれば大分違います。一字一字のバランスと、全体のバランスがよいと、字ってキレイに見えるのです。線をこの通りに引く事に集中するのが目的‥という訳ではないと思います。

何事でも同じですが急に良くなることはありません。
いい機会と思ってペン習字等を習いましょう。
多く正確に書く事で上達するはずです。
考えていても悩んでいても進歩しないと思います。

文字が曲がってしまうのも、きれいに書けないのも、原因は
1.美しい字を見ていないため、美しい字をイメージできないこと
2.思ったとおりに手が動かないこと
だそうです。

で、結局のところ、ボールペン習字かなんかを毎日15分とか20分、数ヶ月やらないと身につかないんでしょうねぇ。

私、若い頃悪筆でした。今は 少しマシになったようです。

思うんですけど「早く書く」と「丁寧に書く」とは両立しにくいのでは ?
邪魔くさくても、字をよく書くほうが上達すると思います。

まず、丁寧に読みやすい字を書くことを心がけてはいかがでしょう。
まっすぐな線は まっすぐ。(縦も横も)角は きちんと曲がる。
その上で 上手といわれる人の「くせ」を盗みましょう。
上手な人は 何らかの「くせ」があります。

字がまがっていくのは 体が曲がっているからです。
右利きなら紙を少し左に傾けてみては どうでしょう ?

読みやすい字が書けるようになってから スピードアップしましょう。
いきなり 両方はよくばりすぎです。
文章能力を高めるには 毎日、日記をつけることが おすすめです。
必ず寝る前に、たとえ2、3行でも習慣付けて書きます。
今は 一月なので 始めるには、ちょうどよいですね。

ちょっとずつ努力されれば必ず良い方向に行くと 思います。

まとめ


このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ