躁うつ病対策 躁状態の対処

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

以前(1980年代ころまで)は病気ではなく、気分の問題だとされていた躁うつ病は、最近れっきとした病気たということが分かってきました.神経伝達物質に不調があることが原因で、セロトニンという物質の量が増すと気分が高揚し、少ないとうつ状態を引き起こします.

STEP1

現在、日本には約500万人のうつ病患者が存在すると推計されています.ストレスの多い現代社会では、肥満、糖尿病などと同様に代表的な慢性病となっています.
この治療には薬物療法が効果的ですが、精神的な治療(認知療法など)も効果的だと言われています.

STEP2躁状態になった時の精神療法には次のようなものがあります。

手に負えなくなる前に、精神科医に相談する.
支援者を作っておき、自分の状態の様子を伝え、感情をすべて吐き出すまでしゃべる.
自宅、良く知っている場所で1日を過ごす.レストラン、バーなど刺激の多い場所には行かない.
ストレスを避ける.ストレスとなる人と合わない.
1日のto do リストをつくりそれを守る.
ゆっくり行動する.散歩をする。ぬるい湯にゆっくり入る.好きな音楽を聞く.ペットと過ごす.
カフェイン、アルコール、ニコチンを摂らない。

まとめ

気が静まるまで重要な決定はくださない. 経験したことのない慣れないことに首を突っ込まない. お金を使わない.クレジットカードは身につけない. 仕事中に自分が何をしているか、時々自問し、他の考えが入らないようにする。 睡眠を十分に取る。寝付かれなかったら、ごろごろしている.

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

自分が普段好きなもの。 例えば、好きなCD。雑誌.ペットなど。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ