【乾燥対策はこれでばっちり】喉、咳、乳首のかゆみ、全身のかゆみと湿疹、髪、男の乾燥肌

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

乾燥する季節ですね。

乾燥対策に役に立つQAをまとめました。

  • 咳が止まらなくて眠れないとき
  • のどのいたわり方
  • 乾燥で乳首がかゆい
  • 乾燥肌の男のスキンケア方法
  • 全身のかゆみとしっしん
  • 髪のパサつきを解消

咳がとまらなくて眠れない

咳に効く方法を教えてください。

咳がとまりません。
特に寝るときが酷く、なかなか寝付けません。

のどの痛みに良く効く食べ物や、こうすれば楽になる!といった
良い方法はありますか?

(Q)特に寝るときが酷く、なかなか寝付けません。
(A)日中と夜間では、自律神経の働きが入れ替わります。
そのために、夜間の方が、咳が出やすいということが
起きます。
日中は、交感神経が支配的ですが、
夜間は、副交感神経が支配的になります。
副交感神経は、体をリラックスさせるための神経ですが、
気管を狭めるという役割もあり、そのために、
咳が出やすくなるということが起きます。
寝るときに、咳が出るというのは、その為です。

そこで、夜になったら、照明を薄暗くしてください。
パソコンやTVは、できるだけ見ない。
つまり、早め、早めに自律神経の入れ替えが終わっている
ようにします。
そうすれば、就寝時には、体が慣れているので、
咳き込むことが少なくなります。

マスクをするのも効果的です。
これは、喉を温めて、乾燥を防ぐためです。
仰向けではなく、横向きに寝ると良い場合もあります。

また、医師の診察を受けて、
気管支拡張剤を処方してもらって、就寝時だけに使う
という方法もあります。

市販のせきどめが効かない場合、マイコプラズマだったりすることがあります。
これだとお医者さんがマイコプラズマに効く薬を出してくれます。
はちみつ大根とか楽になりますが、やはり夜間はでますね。内部的なものになるので止められません。
お大事にされて下さい。

寝室には加湿器などはありますか?
私も就寝中に咳き込んで起きてしまうことがあり東急ハンズで売ってた加湿器を設置したら咳も無くなりました。

咳も原因がいろいろです。
ウィルス性の咳とアレルギーの咳とでは、効く薬がまったく逆だったりもします。
呼吸器科へ行けば、いろいろ調べて診断してくれますよ。

何をやっても駄目でしたが、上体を少し起こして寝ると、比較的咳が出なくなり、寝付くことが出来ました。リビングのソファなどで寝ると、そういう姿勢になります。

古くからの民間療法では大根あめや蓮根が良いですね。蓮根は生のままジューサーがあれば、リンゴと一緒にジュースにして飲みます。なければすりおろして、そのまま飲みます。
背中を強めにマッサージしてもらうのも良いですよ。夜辛いでしょう。副交感神経が働いてくると、咳が出ます。水分も十分とった方が良いです。もしやと思いますが、あまり長引く場合は百日咳の可能性があります。少しでも和らぐといいですね。お大事になさって下さい。

喉が弱いのでクラシエが市販している銀𧄍散という漢方薬を常備しています。
http://www.kracie.co.jp/products/shoujou/kaze.html
その薬を二・三回飲んでもダメなときは医者に行くと決めています。

祖父が結核だったので咳が10日続いたら疑えと
母に言われているので、どんなにいそがしくても治らない時は医者です。

医者にいって咳止めをもらう…。
身もふたもないですけど、せきをなおすには8時間せきをせずにすごすことが大事らしいです。
だから薬でせきをとめて、修復をはやめるのです。

風邪が治ったのに咳がとまらなかったとき、耳鼻咽喉科でネブライザーで患部に薬が行き届くようにしたら治ったことありましたよ。

喉のいたわり方

乾いた季節…喉のいたわり方

空気が乾燥する季節になりました。

以前は扁桃腺がよく腫れ、喉も決して強い方では
ありません。
数年前から実行しているのは…加湿器、喉用の加湿器
あとは就寝前に濡れタオルを部屋で一振りし、ハンガーにかけ、乾いたタオルを首に巻いて寝るようにしています。

それでも風邪気味のときにはまず喉にガタがくるようです。仕事柄、声がでないとつらいので、貴方が実践
している「喉健康法」を伝授してください。

よろしくお願いします。

私はペットボトルのお茶にノド飴を溶かして飲んでいます。
以前テレビで歌手の方がやっていると聞いて(その方は2リットルの水に飴を10個以上入れて水が茶色くなるまで濃くすると言っていましたが・・・)、自分でも実践しています。(ちなみに私は500mlにノド飴を2個)
味はマズイのですが効果はありますよ。

よくイソジン等を使ってる方が多いと思いますが、風邪を少しでも回避するための研究データがでました。
先日発表されたデータでは約400人を1…水でうがい2…イソジンでうがい3…全く何もしないで分類し一日3回をうがいしてもらい追跡調査したところ驚く結果がでました。
風邪をひいた率で言えば3のイソジンと2の何もしないは大差なく、1の水うがいはイソジンを使用した人の約半分に抑えられました。

上記記事の掲載新聞は京都新聞、産経新聞、朝日新聞など。

私が上記から推測するにイソジン(ヨード系)はそれ自体は素晴らしい殺菌性を持ちますが口内に使用すると口内常在菌(もちろん誰にも多種多用な菌がいてるのが普通です)をも殺してしまうために口内の防御免疫がうがい前より低くなり感染しやすくなってしまうのではと考えられます。
なぜの水うがいが一番良いかと推測すると水自体が消毒されていますし、飲用とするだけにの人体への影響がないと考えられ、水うがいをしても不必要なものだけが流されるからと考えます。

以上参考までに内科勤務の者としてアドバイスさせていただきます。

冬の間は、風邪予防も兼ねて、うがい薬を引出しに入れて、紙コップも常備して、トイレでうがいしています。うがい薬はイソジンとコルゲンの2種類を常備し、風邪薬の葛根湯も常備しています。

仕事中は、自分の机にだけ、加湿器というわけにはいかないので、マグカップに給湯室の熱湯を入れて、その湯気を加湿器代わりにしています。
缶入りのホットのお茶のふたを開けて、湯気を加湿器代わりにする場合は、そのお茶も飲みます。

寝るときは、加湿器がかかせません。
自宅ではしませんが、出張の場合は濡れタオルをハンガーにつるしてホテルの部屋の中に吊るし、洗面台に、お湯をはっておき、わざとバストイレのドアは開けたままにしています。

湿度を保っているという その行為がウイルスの活性を弱め、ご自身の体のポテンシャルを高くし、風邪にはかからないいい状態で保たれていると思います。口、鼻、喉が外から入ってくるウイルスの入り口で、どうしても喉はやられやすいんですよ。なので、ある意味、
喉が強くない(喉が痛くなるだけの風邪で風邪の症状がとまる)=きちんと体のバランスが取れている状態です とも言えると思います。


私も喉は強くなくて、風邪はほとんど喉から。喉の痛みでとまる風邪も少なくありません。私が見る限り、とても体に気を配ってらっしゃるようなので、ほかに特にあなたがしたほうがいいということは、うがいくらいでなにもありません。

私も生まれつき喉が丈夫なほうではなく、
また、スギに限らず、いろいろな植物アレルギーを持っていて、
年中、喉の違和感、痛みに悩まされています。

私の場合は、うがいのしすぎでかえって、喉に負担をかけていたらしく、
耳鼻科の医師から、「うがい禁止令」を発令されてしまいました。
はじめは不安でしたが、イソジンでのうがいをやめてからの方が、
喉のトラブルが減りました。

それから、柿の葉茶とハーブティー
これで、更に喉のトラブルが起こりにくくなりました。

自宅では、朝夕の食事時に柿の葉茶(煮出す必要なし)を、
オフィスでは、1日に2~3杯のハーブティを飲んでいます。
喉に良いハーブはいろいろありますが、オススメはエルダーフラワー。
私は、エルダーフラワー+ローズを自分でいい加減にブレンドして楽しんでいます。
(どちらも、大きな禁忌事項がない)


「あれ?ちょっと喉がおかしい?」「風邪引いたかな?」と思っても、
柿の葉茶を飲んで眠れば、翌日はスッキリ。


ただ、ハーブは薬草ですので、体質によっては、とってはいけない場合もあります。

乾燥で乳首がかゆい

乳輪(乳首)のかゆみの原因と対処法

数日前から突然乳首辺りがかゆくなりました。
乳輪の辺りから乳首がかゆくてたまらないのですが、初めての経験なので原因がわかりません。
かゆくなる前日辺りにお風呂で丁寧にソープで洗ったのですが、それがいけなかったのでしょうか?

また、ブラをつけている時はかゆくありませんが、
ブラを外すととてもかゆいです。
(なので、ブラを外して眠る夜の時間帯が特にかゆいです)

色々な質問を拝見させていただきましたが、そのほとんどが「乳首のアトピー性皮膚炎」系でした。
私も↑に当てはまるのでしょうか?
元々肌はあまり強くありませんが、こんな事は初めてなのでとても悩んでいます。
病院に行かずにかゆみを抑えたいのですが、もう3~4日はかゆい状態なので大変です。

どなたかアドバイスお願い致します。

かゆみはその後いかがでしょうか。
寝ている間にかきむしったりしていませんか?
かきむしると皮がめくれて分泌液みたいなものが
でて、昼間ブラとくっついて固まってかさぶたみたいになって
ブラをはずすときにまた皮がめくれて・・・という悪循環に陥ります。
いっぺん皮がめくれてしまうとひどいです。
最初それになったときは半年以上続きました(おまけに痛痒い)。
なので、もしちょっとでもそのような状態になったら皮膚科にすぐにいかれることをオススメします。
恥ずかしかったら婦人科でも結構だと思います。

とりあえずボディーソープ類は乾燥の原因になるので石鹸をあわ立てネットで
しっかりあわ立てて手で優しく、丁寧に洗い清潔に保つ。
お風呂から出た後は、化粧水などで保湿する。
これで結構予防できます。
私は乾燥の激しい冬によくなりますので、乾燥が原因じゃないかと勝手に思っています。
あとはブラの材質などでアレルギーみたいになってそのような症状が出る方もいらっしゃると病院の先生に伺いました。
結構このような症状の方は皮膚科に来られるそうです(その病院は女医さんだったので
特に多かったのかもしれません、男性のお医者さんの病院に行ったときは
とりあえずこれ塗っとけという感じの先生もいました)。

皮膚科でステロイドを処方されたことがありますよ。
肌の弱い人だとよくあるみたいです。ブラの裏地の素材でかぶれたり。
はずしている時が特にかゆいとのことですが、パジャマとかが擦れるからかもしれませんね。
スポーツブラかなんかをつけた寝たほうが摩擦がすくなくて良いかと思います。

乾燥肌の男性のスキンケア

メンズスキンケアについて

これまで無頓着でしたが、最近肌を気にするようになりました。
CMなどで気になるMensスキンケア商品があり、ネットで調べてもいろいろなタイプがあり、どれを購入すべきか悩んでいます。
ちなみに、今現在は乾燥肌のため、風呂上りにスキンケアクリームを塗っています。

化粧水、乳液、クリームの3種類あります。
乾燥肌対策もさることなが「エイジングケア」を考える場合、全てを塗らないと意味が無いのでしょうか?

例えば・・
化粧水は省いて乳液だけを塗るのを基本とし、冬場の乾燥しやすい時期には乳液をより保湿効果の高いスキンケアクリームに変える、あるいは、乳液にプラスしてさらにスキンケアクリームを塗るとか・・・どうなんでしょう?

是非アドバイスお願いします。

元 化粧品関係の仕事をしていたものです。男性にとってもスキンケアは今や常識ですね。
とはいうものの、商品が溢れておりコマーシャルやインターネットなどで情報も錯綜しているので確かに迷いますね。

お勧めは、男性用とか女性用とかにはこだわらず、できれば昔からある自然派系ロングセラーのものがよいと思います。理由は、まずトラブルが少ないので安心して使えます。

例えばですが、乾燥肌ならワセリン+シンプルな乳液、脂肌ならカーマインローションとか、普通肌なら椿油とか、ちょっと昭和っぽいというぐらいのものの方がよいと思います。ただし、それらは香りが今風ではないのが残念な点ですが。。。効果は結構ありますよ。 

いづれにせよ、正直値段の高いものを使っても安いものでも期待できる効果に大差はありません。
あるとしたら香りがよいことと、高いの買ったんだから聴くはずと言う思い込みからくる効果(?)ですね。

men'sのスキンケア商品は
皮脂をおさえるものや
アフターシェイブローションが
多いので、乾燥が気になるようでしたら
men'sを選ばなくていいです。

女性用のスキンケアでいいと思いますよ。
あと化粧水、美容液、乳液、クリーム、
全部は必要ないと思います。

私は化粧水をつけないで、先に
オイルをつけます。
乳液を先につけるときもあります。
朝は水をつかって顔を洗わず拭きとるだけです。
好きにしていますね。

保湿が大切なら、乳液だけで
いいと思いますよ。
女性用のほうがオイリースキンからノーマル、ドライスキンまで
目的別にいろいろあります。

あとオールインワンジェルといって、
ひとつで化粧水と美容液、保湿、
すべての役割をするものもあります。

まず乾燥を防ぐことがアンチエイジングです。

全身のかゆみと湿疹

全身ひどいかゆみと原因不明の湿疹に悩んでいます

今年21歳になる大学3年生の女です。
2週間ほど前から、おなか・足・おしりに激しいかゆみを伴った湿疹が現れました。
ちなみにその直前に胃腸炎になっています。(完治しました)
衣服の締め付け、汗をかいた時や帰宅時、入浴中、睡眠中に特にかゆみが強くなります。
かかりつけの皮膚科でじんましんぽくなっていると言われ、自分でもその症状だと思いました。飲み薬はアレロック錠とゼスラン錠。塗り薬はソルベースやザーネ軟膏、オイラックスクリームなどを混ぜたもの。おしりに関しては併せてアクアチム軟膏を出されました。
しかし、かゆみにも症状にも全く効き目がありませんでした。

そんな中、先週の水曜日(5月29日)に精神的ショックを受けることがあり、その後同じような症状が腕・手の甲・首・背中・腰・足のさらに広い範囲に発症しました。
ここ3~4日間はあまりのかゆみに夜眠れず、夕方ごろに2時間程度昼寝をして凌いでいます。
全身掻き壊してしまい、湯船にも入れなくなりました。
特におしり・おなか(胸)・腕の掻き壊しがひどく、おしりは全体的に赤黒くなり常に熱を持って、乾燥して皮膚がポロポロ落ちます。
椅子に座るのも辛く、座れても30分が限界です。
下着をつけるのも部屋着以外の洋服を着ることもつらく、首や手の甲などの湿疹も気になるため外に出れなくなり、学校も休んでいます。

今日改めて近くの総合病院へ行くと、じんましんではなく湿疹がかなりひどくなったものだと言われ、急にこんなに広がることはあまりなく、理由がわからないと言われました。
さらに食べるものなどに気を使う必要は全くないと言われました。
飲み薬はザイザル錠に変更されました。塗り薬はデルモベートを10本出されました。
さっそく塗りましたがべたつきでさらにかゆみが増し、また全身なので塗ってかなり時間が経つまで座ることもできません。

長くなりましたが質問は
・本当にただの湿疹なのでしょうか?
同じような症状の経験がある方の意見が聞きたいです。
・実はおしりは10年以上前から湿疹で悩まされています。治療方法などなんでもいいのでアドバイスください。
ここ数年はよくなったり悪くなったりの繰り返しです。
幾多の皮膚科にかかりましたが、原因不明と言われ続けました。アトピーではないと言われました。
治療としてステロイドや抗生物質を体に入れ続けてきました。
4月に遠方の病院にかかりつけを変えたが、今このような状態なのでまた変えるべきかどうか迷っています。
おしりという場所が場所なので誰にも相談できず悩んでいます。


このまま学校やアルバイトを休み続けるわけにもいかず、寝不足も生活に支障をきたすレベルであり、精神的にも参ってしまっています。
長くなりましたがよろしくお願いします。

似てるかなぁ
私も全身といっていいくらい出ましたね。
病院は三カ所、色々薬は出されましたが何が効いたかわかりません。
ただ、たまたま引っ越しをしたのですね。古い建物で日当たりも悪かったので、もしかして黴でもあったのかなと今では思ってます。
その後少々環境が変わり時間的にゆったりでき、残念ながら太りました。不思議なことに太ると共に徐々によくなってきました。
良くなってきたかなぁと感じるまで半年、所々に残った患部が完治するまで三年、小さく再発もあったりして五年、六年かかりましたかね。
あくまで私個人の体験ですし、参考にはならないとおもいますが、自分を精神的に追いつめないようなさってください。
早くよくなられるようお祈りします。

私も似たような症状が出ます。
アレルギーの一種ではないかと思うのですが、、

今もストレスなどでたまに出ますがだいぶ良くなりました。

やった事はお風呂に入ったときに石鹸で洗わないこと。
これだけで違いが出ると思います。
試してみて下さい。

同じ症状に悩まされたことがあります。
何件かお医者さんに通いましたが原因は分からないということで、とにかく我慢して薬を塗っていました。
藁にもすがる気持ちで、ものすっっっごく痛い足つぼを踏むやつ買いました。
足指に出ていた湿疹が治ったので続けています。
なんだか怪しそうですが(笑)、多分踏むタイプの痛い足つぼならどれでもいいかもしれません。
あとは精神的にリラックスしたのも効き目があったと思います。何も考えないこともしてみてください。
お互い治るといいですね!

お困りですね。
私のは回答にはならないと思いますが、お役に立てれば幸いです。
ある時、海で出あった女性の話をお伝えします。
私は夏の夕方に海で泳ぐのが好きで、陽が落ちて、
人気がなくなって涼しくなった海で泳ぐのをよく楽しんだものです。

その時、同じように夕方の海に来る中年の女性がいました。
でも彼女はただ海水に浸かっているだけなのです。
お互いに話すようになってわかったことは、
その女性は長年、ひどい湿疹とかぶれのような皮膚疾患に苦しんだそうです。
そして何を塗っても飲んでも治らず、諦めていたところ、
あるお年寄りから「海の海水に浸かるとよい」と聞いたそうです。

彼女は夏になるのを待って海に行き、人気のなくなった夕方を選んで、
肌を覆った服装で毎日、海の水に浸かりました。
それを続けるうちに症状が軽くなって、段々良くなってきたのだそうです。
今ではほとんど良くなっているようでしたが、
夏の夕方の海水に浸かるのだけは欠かさずやっているとのことでした。

ばい菌がどうの、海水の汚染がどうのということが気になる方には
とんでもない話だと思われますので、お勧めできません。
しかし私たちは自然が持っている治癒力というものについて、
実はほとんど知らないということもまた事実です。
もし興味を持たれたのであれば、今年の夏、チャレンジしてみて下さい。
快癒されることを願っています。

私は幼少のころよりアトピーなんですけど、今使っている化粧水なんですが、
アトピーでなくても乾燥肌や痒みなどにも効果があるみたいで、使い始める前は顔も体も赤みと痒みで悩んでました。
顔は赤ら顔の日も多く、弱めのステロイド剤に頼らざるを得ない状況でした。
保湿のために皮膚科が処方するのはワセリンやヒルドイドなど。重ねてぬることもありました。
一時的なもので、体にもよくないので使うのをやめました。
ワセリンなどは塗るとテカリが気になりますがこれは大丈夫でした。
オールインワンタイプなので、これ1本で化粧水・美容液・クリームの役割があり、顔に何度も触れることがなく肌への負担が軽減され、更に刺激がなく痒みが軽減され肌が再生されているのを感じています。
使い始めて割とすぐに効果がではじめ、特に乾燥で痒みが出ていた部分が保湿されて痒みも治まり掻かずに済むようになりました。
たぶん保湿がきちんとできずに赤みを帯びていたんだろうと思います。
まだ2週間程度でこの後どうなるかは分かりませんが、個人差もあると思いますがよかったら。

髪が乾燥してパサパサ

乾燥した髪には

今日美容院で、髪が細くて乾燥している、といわれました。トリートメントは毎日して、洗い流した後はツバキ油つけてそれで乾かしています。(半乾きでは寝ません)ですがなぜ乾燥がひどいのでしょう??なにをやれば乾燥した髪が潤いますか??手入れの仕方やおすすめのものがあったら教えてください。おねがいします。

髪の毛の専門家,理容師です。

まずは,髪の毛が乾燥してしまう原因を探りましょう。
で,私が考えている原因は4つ。

1.キューティクルが開いている
キューティクルが開いていますと,その隙間から髪の毛内部に水分が蒸発してしまいます。
そのため,キューティクルが開いていますと,髪の毛が乾燥しやすくなってしまうのです。

2.髪の毛の中がスカスカ
髪の毛の水分保湿率を上げようとして,髪の毛を水やお湯などに長く触れさせていても,水分を保つためのタンパク質がなければ,髪の毛は水分をとどめることが出来ません。

3.髪の毛が栄養不足
髪の毛が栄養不足になっていますと,水分を保つタンパク質は少なくなってしまいますし,また,キューティクル自体も弱いものになってしまい,自然のままにしていても,キューティクルの欠損などによって,髪の毛を覆うことが出来にくくなってしまうことがあります。
髪の毛自体もそれを覆うキューティクルも,体に吸収された栄養が足りなければ,作られることはないのですからね。

4.ドライヤーのかけすぎ
説明するまでもないでしょう。
ドライヤーは,急激に水分を奪ってしまうものです。
そのため,ドライヤーだけで乾燥させようとしますと,どうしても,調整がきかず,乾燥させすぎてしまうことがあります。

では,それぞれについて,対策を説明します。

1.キューティクルが開いているについて

理屈は簡単ですから,すぐにわかりますよね?
そう,開いているからいけないのであれば,キューティクルを閉じてしまえば良いのです。
もしくは,開かないようにすれば良いとも考えられますよね?

では,まず,開かないようにする方法です。
これは簡単。
シャワーの温度を38℃以下にしてください。
といっても,髪の毛に触れる温度ですから,温度設定は,たぶん,39℃くらいまで上げても良いと思われます。
まぁ,一度,温度計で,キチッと測ってみてくださいね。
ただ,冬場は,それでは寒くなってしまうと思いますので,お湯につかりながら,シャワーを使うなどして,風邪をひかないように,工夫してください。

2.髪の毛の中がスカスカについて

これも,理屈はすぐに思い当たるでしょう。
そう,髪の毛の中身を詰めてしまえば良いのです。
それには,トリートメントが一番ですね。
ただし,正しくトリートメントをしませんと,トリートメントの意味がなくなってしまいます。
そこで,一応,私が正しいと考えているトリートメント方法を書いておきますので,ご自分でしている方法と比べてみてください。

まずは,通常(流すタイプ)のトリートメントです。

1.
シャンプー剤を完全にすすぎ落とします。頭皮を中心に2~3分間すすぎ,髪の毛が長い人の場合は,これに髪の毛をすすぐ時間を加えてすすぎ落としてください。
なお,シャンプー剤が残っていますと,トリートメントの効果は半減以下になってしまうと考えてください。
2.
シャンプー剤をすすぎ落とした水分を,手で軽く飛ばすか,または,タオルで吸収してください。
3.
頭皮に直接つけないように注意しながら,トリートメント剤を髪の毛に塗ります。
4.
シャワーキャップ(100円ショップなどで売っている6枚105円のものでも構いません)で,髪の毛全体を包みます。
または,ホットタオルで髪の毛全体を包みます。
なお,ホットタオルで包む場合は,

質問No.973230「入浴時に頭にタオルを巻く方法」
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=973230

の回答No.1(回答者:adole_scence)の方法を参考にしてください。
5-1.
トリートメント剤の成分が髪の毛に浸透するためには,どうしても時間がかかってしまいます。
そのため,必ず,10分間は放置してください。
5-2.
通常,トリートメント剤の成分が髪の毛に浸透するためには,温度(40℃)が必要になります。
そのため,必ず,体をお湯に浸して,充分体を温めてください。(体を温めた温度が,血液を介して,髪の毛を温めます)
ただし,湯あたりする(逆上せる)前に,必ず,足湯に切り替えてくださいね。
6.
放置時間が過ぎましたら,あとは,トリートメント剤自体が髪の毛の負担になってしまいますので,完全にすすぎ落としてください。

次に,流さないタイプのトリートメント方法です。

1.
シャンプー剤を完全にすすぎ落とします。
2.
頭皮を中心に,頭皮と髪の毛を乾燥させます。(乾燥方法は,後述します)
3.
頭皮に直接つけないように注意しながら,流さないタイプのトリートメント剤を髪の毛に塗ります。
4.
その状態で,または,髪の毛をシャワーキャップなどで包んでから,就寝するか,または,8時間程度放置します。
5.
起床後,または,8時間放置したあと,流さないタイプのトリートメント剤を完全にすすぎ落としてください。
流さないタイプのトリートメント剤でも,1晩以上,または,8時間以上つけたままにしていますと,髪の毛の負担になってしまいますので,完全にすすぎ落とすことをお勧めします。

う~ん,余談的になりますが,ある意味,保湿率を安定出来ますので,一応書いておきますと,トリートメントのあとには,必ず,リンスをすることをお勧めします。
また,そのリンスは,「指に髪の毛が引っかかり出す瞬間まですすぎ落とす」ようにしてください。

3.髪の毛が栄養不足について

毎日,トリートメントすることで,ある意味解消出来るかもしれませんが,髪の毛の栄養不足が原因であるのであれば,やはり,根本的な対策をする以外にないと考えられます。
といっても,これまた,理屈は簡単なのです。
「3日間で完璧な栄養バランスとなる食事を続けること」というのが,それです。
出来ましたら,栄養士と相談することがベストですが,とりあえず,「昨日は肉が多めだったから,今日は野菜を多めに摂ろう」的な考え方で献立を考えてください。
なお,栄養士との相談ですが,これは,各市町村の保険センターなどで定期的に行われているはずの「無料栄養相談」(たぶん,要予約だと思います)を利用してみてください。

さて,栄養の問題は,これだけでは済まないのです。
例え,完璧な栄養バランスの食事を続けられたとしても,それが体内にちゃんと吸収されなければ,意味がありません。
その吸収を阻害する要因がいくつかありますので,それを紹介するとともに,その対策を簡単に書いておきますね。
なお,可能性として書きますので,中には当てはまらないものもあると思いますが,それについては,無視してください。

ストレス
ストレスを受けますと,栄養の吸収効率は低下してしまいます。
また,髪の毛自体にも栄養が届きにくくなってしまいます。
ストレスを受けないようにするのは,絶対に無理ですし,また,そのために,新たなストレスを受けてしまいますので,意味がありません。
ですから,ストレスは,解消するようにしてください。
ベストな方法は,食事前に,気持ちを切り替えてしまうことです。
また,友人知人などと,興味がある話題をしながら食事することも良い方法だと思います。(ただし,マイナス要因につながる話題は,避けた方が良いでしょう)
さらに,ストレスを受けますと,血管が収縮し,ストレスを解消しますと,血管が元の太さに拡張しますが,面白いことに,血管を拡張させてしまいますと,ストレスが解消してしまいます。
このことから,適量までの飲酒や疲労を覚えない程度の軽い運動なども,ストレス解消には有効だそうです。

だけ食い
だけ食いとは,1つのものだけを食べ,それが終わらないと,次の食材を食べない行為のことです。
このようなことをしていますと,胃の中で食材が充分混ざり合わないため,小腸での吸収効率が低下してしまうのだそうです。
ですから,並んだ食事は,いろいろなものをあれこれと少しずつ食べるようにしてください。

サプリメント
サプリメントは,だけ食いの最たるものと考えて良いと思われます。
栄養は,食事として摂取することが大切ですよ。
第一,健康を取り扱う記事や番組では,まるまるという栄養を摂るには・・・ということで紹介するものは,食材でしょ?
これは,食事として摂取しなければ意味がないことを,つまり,サプリメントに頼ってはいけないことを示唆しているわけです。

咀嚼不足
口の中で噛むことは大切です。
もし,よく噛まずに飲み込んでしまいますと,食材は大きな固まりと指定の中に入ってしまい,充分な消化が出来なくなってしまいます。
ですから,よく噛むことが大切なのです。

4.ドライヤーのかけすぎについて

ドライヤーの乾燥力は,椿油では,とても対抗出来るものではありません。
それほど,ドライヤーの力は強いのです。
ですから,ドライヤーを使用する時間を短くすることが大切になるのです。
そのためには,ドライヤーをかける前には,ある程度まで,頭皮と髪の毛を乾燥させておくことが大切になります。
ということで,乾燥(ブロー)方法です。

1.
蒸しタオル(お湯に浸して固く絞ったタオル)を用意し,まず,頭皮の水分を吸収させます。
ただし,あまり擦らないように注意してください。
また,必要があれば,蒸しタオルを絞り直して,水分を吸収していってください。
2.
1だけでは,吸収されない部分がある場合,同じタオルを固く絞り直して,水分が吸収されていない部分を優しく包み,軽く押さえて,髪の毛の水分を吸収してください。
ただし,擦ったり,叩いたりしてはいけません。(キューティクルの破損につながる可能性が高くなります)
3.
乾燥タオルを用意し,まず,頭皮の水分を吸収してください。ただし,あまり擦らないように注意してください。
4.
3だけでは,吸収されない部分がある場合,同じタオルか,または,別の乾燥タオルを用意し,水分が吸収されていない部分を優しく包み,軽く押さえて,髪の毛の水分を吸収してください。
ただし,擦ったり,叩いたりしてはいけません。

ちなみに,男性のスポーツ刈りなどでしたら,ここまでで乾燥を終えても良いくらいに乾いてしまうことがあります。
また,ブローというのは,ここからあとのことを言います。

5.
ドライヤーのノズルをはずすか,または,スライドさせて,ドライヤーの風の出口を大きくしてください。
なお,乾燥が終わりましたら,ドライヤーのノズルは,元に戻しておいてください。
6.
ドライヤーのスイッチを強風,または,ワット数の大きい方に入れ,ドライヤーを持つ腕を軽く伸ばして,必ず遠目から,まず,頭皮を乾燥させます。
このとき,ドライヤーを持っていない方の手で,ドライヤーの風が当たる場所の髪の毛を動かしますと,頭皮が乾燥しやすくなります。
また,その手が熱く感じてしまうまで,同じ場所にドライヤーの風を当てないようにしてください。
なお,場所によっては,どうしても,ドライヤーと頭皮の距離が保てなくなってしまうことがありますので,その場合は,ドライヤーのスイッチを弱風,または,ワット数の小さい方に入れて,頭皮の乾燥を続けてください。
7.
6では乾燥出来ない部分がある場合は,6と同じ要領で,乾燥出来ていない部分の髪の毛を乾燥させます。

以上が,乾燥方法です。
読みながら,または,確認しながらやりますと,面倒に感じると思いますが,慣れてしまいますと,さほどのことではないと思いますよ。

最後に,マイナスイオンドライヤーについて,私見を書きます。

マイナスイオンドライヤーが発生しているのは,マイナスイオンではなく,オゾンです。
そのため,正しく使用すれば,キューティクルが「閉じたように」なり,かつ,髪の毛に「艶が戻ったように」なりますが,だからといって,毎日使用してしまいますと,髪の毛はたいへんなダメージを受けてしまいます。
マイナスイオンドライヤーを使用したため,クセが強くなってしまった人もいますし,また,カラスの濡れ羽色の髪の毛だった人が,焦げ茶の髪の毛になったということもあります。
手触りや見た目は,傷んでいないように感じても,毎日使用することで,髪の毛は確実に傷んでしまい,特に,髪の毛表面にあるために,キューティクルの傷みは,場合によっては,目も当てられないほどになってしまうかもしれません。
ショートヘアでしたら,問題になりにくいかもしれませんが,ロングヘアの場合は,多大な問題になってしまう可能性は大きいと考えています。

ということで,私としては,マイナスイオンドライヤーの使用は控えて欲しいと考えていますよ。

トリートメントをなさっているらしいですが、これにもいろいろあって、しっとり(保湿性)タイプとサラサラタイプという風に、大きく分けて二つのタイプがあります。ですのでしっとりタイプのトリートメントをお使いになると良いでしょう。
配合の成分は出来るだけアミノ酸タイプの物をお使いになるとなお良いと思います。髪はアミノ酸タンパク質でできていますからね。(人間の皮膚もそうです。)
それとトリートメントの仕方ですが、♯2の方もおっしゃっている通り、トリートメントを水で洗い流すときに洗面器で流した水を貯めておいて、その水でトリートメントを洗い流します。この作業を2~3回繰り返す事で、髪に水分が含まれます。要は髪がよりしっとりとします。これをチェンジリンスと言って、トリートメント効果を高めるための美容室でも行っているトリートメントのテクニックの一つです。(もちろんやっていないところもあります。)

まとめ

乾燥対策をしてすこやかに過ごしたいものです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ