魅惑の「宝石」特集! 「好き&欲しい宝石」「価格はどう決まる?」「資産になる?」「見学・体験施設」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

11月11日はジュエリーデー。1909年、宝石の重量の表示に200mgを1ct(カラット)とする国際単位が採用されました。これを記念して日本ジュエリー協会が制定しました。「好き・欲しい宝石」「宝石は資産になる?」「価格は適正?」「宝石体験の施設」などのQAをまとめました。

石油や天然ガスは埋蔵量の話などがでますが、宝石の埋蔵量などは分かるのでしょうか?

鉱脈としての量はわかるでしょうが、一定の品質や大きさがないと宝石としての意味がありません。金属鉱山のように精錬すればよく、埋蔵量が資源量になるのとは違うのです。
ですから、宝石としての埋蔵量は掘ってみなければ解らないと言うことに成ります。

なお、宝石は希少価値が重要ですから、通常、鉱脈の詳細は場所を含め公開しません(株主は別でしょうが)。

あなたの好きな宝石、欲しい宝石はなんですか? また宝石のエピソードもあったら教えてください

自分の誕生石の「アメジスト」が好きですね。
若い頃は宝石なんて全く興味がなくアメジストの紫も
「おばあちゃんとか成金のおばさまみたいでいやだぁ」と
思っていたのですが、本物をいただいたらほんとに綺麗で
ずっと大事に使っています。
今興味のあるのはアクアマリンやピンクトルマリンなど
小さくてかわいい石ですが(頑張ればかろうじて手が届きそうだし)
もっと年を取ったらごっつい(ルビーやエメラルド)のが欲しくなるかもしれませんね。

私は、アレキサンドライトです。(光で緑から赤に変化する石ですあ9
昔テレビで見かけてすごくきれいで、高校のとき立川のルミネにおいてあると聞き
制服姿で(とても場違いだった・・・)見に行ってしまいました。
その後、就職してお金をためて、
いつか買おうと思ってやっと買ったと思ったら・・・

買ってからはほぼ、毎日のようにつけていて
気づいたらどかに落としていたようで、いまだに見つかりません・・・

ズバリ翡翠です。
知人の宝石店に頼んで数年間探してもらいました。
大きさ、色、価格でまずまず納得いく物に出会い今年購入しました。
本当に欲しかった物は高級外車が買える値段であきらめました。
あの東洋的な深い緑色がたまらなく好きです。
実はあんまり宝石に興味がある方じゃないんですけどね。

他には黒蝶真珠が気に入ってます。
これから欲しいのは誕生石のアメジストで深~い吸い込まれるような紫の物を見つけたら買いたいです。
アメジストは昔インドを旅行した人に裸石でもらって、数年後ペンダントヘッドに加工してもらって、ついでに鑑定してもらったら、
「せいぜい1万円だね」と言われてガックシ。
でもアクセサリーとして日常つけていると「すごいわね~!」って言われます。
大きささえあれば騙せるもんですね。(笑)

ロイヤルブルームーンストーンを持っています。
自分史上、最も高い買い物でドキドキでした。

黒い布の上に載せて見ると青がきわだってキレイなんです。
石の中にオーロラが見えて、宇宙を感じます。
夜中に1人で眺めてウットリしています。
(きっとはたから見ると不気味ですね・・・)

あとは、ピンク系の石が好きです。ピンクサファイヤ、
パパラチアサファイヤ、クンツァイト、ピンクトパーズなどです。
飴のように美味しそうな感じがして良いです。

ダイヤモンドはちょっと苦手です・・・
惹かれるんですが、あの強い輝きに跳ね返されるんです。
ダイヤなら、少し色が入ったものが好きです。(高いけど。)

大好きなのは
エメラルド(誕生石なので)
グリ-ン系が大好きです
パライバトルマリン、ぺリドット、
ちょっと色味がちがいますが

ブル-ム-ンスト-ンもスキですね、血赤珊瑚もすきです

イヤというほど宝石を見続けてきましたが
上を見ればきりがない世界ですよね

展示会などに行くと感覚がバカになりますから
9桁ぐらいの値札を見た後
6桁を見ると「安いっ!」と思うから人間の感覚は怖いですね(笑)

宝石って不思議な物で
呼んでくれることがあるんですよね
前に書き込んだことがあるんですけど
呼ばれました(エメラルドに)其のとき社長がアタフタしまして
昨日仕入れてきたばかりだからだめ~。って言うんですけど

「呼ばれちゃったんですよね」といって強引に購入しました(笑

宝石探しや見学ができる施設があったら教えてください

見つかるかどうかは別として
http://www.kuji.co.jp/museum/taiken.html

ヒスイ海岸に行きましょう ダイヤ以外の原石が取れますよ
http://www.shokoren-toyama.or.jp/~hisui/

 ヒスイや水晶を始め色んな原石が取れますよ

岡山県赤磐市 クローネンベルク
http://www.farmpark.co.jp/doitsunomori/attractions/
※夏休み中

岐阜県中津川市 ストーンミュージアム
http://www.hakusekikan.co.jp/

静岡県富士宮市 奇石博物館
http://www.kiseki-jp.com/japanese/gemstone/gem%20information.html
※夏休み中

山梨県南都留郡富士河口湖町 石ころ館
http://www.tanzawa-net.co.jp/shop/13.html
※冬季以外

山梨県甲府市の昇仙峡に行くと、そこら中のお土産屋さんで宝石詰め放題があります。

宝石の価格はあってないようなもので、いいかげんな気がします。適正な価格で売られているのでしょうか?

石が付いていてもいなくても、シルバーでもゴールドでも、多少の重さに違いがあっても、結局は「デザイン」が左右すると思います。
そのブランドらしいオリジナリティのあるデザインだと、質感の割に高く感じたとしても、いい加減…とは違うのではないかと思います。

小売店で売られている宝石類の原価は、20~25%と考えた方が良いと聞きました。
地金やダイヤなど、相場は変動しますが、石にキズなどつけずに買取してもらうとしたら、その位にしかならないと思えば良いのです。

鑑定書は、発行機関や発行時期によって差が出ますので、ダイヤならば中央宝石研究所やAGTのものが確実です。

地金相場がその都度為替によって動きますので
一年前に買った同じものが値段が違う場合があります
それは値段改正されていたり
相場にあわせて定価をつけているからです

石のついているものの場合ですが
これも海外からの輸入品ですので
為替相場で金額が変わってきます
これも理由
それと石は天然なので同じものが2つとしてありません
もちろん素人の方には判りにくいと思いますが
ネックレスの何十粒
何百粒はあわせるのには大変です
なので一つ一つ値段が違います
これがわかりにくいと思われるところだと思いますが

ご参考までに

リスクヘッジで実物資産の保有は必要かと思いますが、宝石は資産になりますか?

私も詳しくないのですが、
ダイヤなどの販売価格は加工料や流通手数料が殆どで
ダイヤ自体の価値はあまりないと聞いたことがあります。

永遠の輝きダイヤモンドでも売ると二束三文です。知り合いが70万円のダイヤモンドリングを売って10万円にもならなかったと嘆いていました。石より地金の方がマシだと思います。インドの方は金のアクセサリーをたくさん着けて資産にしているとか。でも私は宝石好きで、原石からルース、ジュエリーを集めています。

ダイヤを含む宝石類は、購入時の金額を上回る可能性はゼロです。
ルースの状態によりますが、1/5以下がせいぜいです。

実物資産なら、金かプラチナぐらいですからね。 即金で換金できるものはね。
金貨も、封印を外したり、汚したら、買い取り金額は落ちます。
インドやスリランカで、採掘して、ルースにして日本に持ち込んで、プラスが出るかどうかも不明。
ルビーも薬品処理で、色を鮮やかにする方法が有ると聞きます。
中国だと、安物ヒスイを染めて高級品に見せて、観光客に売る商売があるそうです。

宝石(ルース:つまり石のみ)を趣味として20年間ほど収集した経験があります。資産運営を考慮したものではありませんでしたが、そのときの経験からお話しします。

結論として、宝石は資産として不適です。というより、換金できる資産とは考えない方がよいと思います。「必要なときにいつでも妥当な価格で換金できる」という流動性がほとんどありません。つまり、顧客の宝石を業者が公明正大な価格で即座に買い取ってくれるようなシステムはありません。100万円で買ったルースでも、すぐに換金したいなら御徒町(東京)の業者に頭を下げて20-30万円で引き取ってもらえたら幸運です。それでもダイヤモンドは他の宝石より少しましで、ルビーやサファイアはまったくと言ってよいほど流動性がありません。歴史に名前を残しているような宝石は別として、一般には宝石は高級家具と同じと考えればよいでしょう。宝石の換金には、不要な家具を誰かに引き取ってもらうと同じような困難さがあります。もっとも、宝石は使っても古びない、という点だけは有利ですが...。

質問者さまの言う「宝石」が、何を意味するのか分かりませんが・・・。
ダイヤ・アメジストなどを意味する場合は、全く資産価値はありません。
アメリカ国債・日本国債が「紙屑化」と進んでいる状況で、値上がりしているのは「金・プラチナ」です。
政情不安(特に、日本の無政府状態)では、国際的に金価格が大幅に上昇していますよね。
ところが、ダイヤモンドなどの価格は比較的安定しています。
極端に有名な、イエローストーンとかキャッツアイなどは例外ですがね。
「100万円で買った結婚指輪なんです」
「30万円で、どうですか?」
「えっ?たったの30万円!」
このような取引が、案外多いのです。

「金・プラチナ。高値で買います!」という店があっても、「ダイヤモンド。高値で買います!」という店は存在しません。
現在、世界市場を支配しているユダヤ資本も「金」です。
紀元前に世界各地に散らばったユダヤ人が大事に持っていたのは、「金」ですからね。
アジア各国の市場を支配している架橋も「金」が資本です。
金は、世界中で通用する通貨としての機能も果たします。
極端な例ですが、アフリカ・アマゾン奥地の原住民の方との取引でも通用します。

余談ですが・・・。
無政府状態の日本では、純金の仏具・仏像に人気が出ています。
何故か?
資産としての価値が期待できますし、イザという時は「相続税の対象外」となるのです。
仏壇・仏具・お墓などは、相続税対象外なんです。
一石二鳥らしいです。^^;

母が購入時500万円の指輪を持っています。これは私が使っていると贈与になりますか。また相続時はどうなるのでしょうか? 売却して介護費用にしてほしいとも言いますが、色石は売ってもたいした額にはならないですよね・・・?

あなたが貰ったのなら贈与税課税
将来相続したなら相続税対象ですが
いまはただ持っているだけ。

お母さんも「売却して、介護費用に当ててほしいと」おっしゃってるのなら「あなたにあげる」とは言ってないから、まだお母さんのものですね。

宝石はホーント売ると安い。
気に入ってるなら、持ってなさい。
ずーっと持ってて、いずれ娘さんにあげなさい。
税金のことなど心配しなさんな。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ