お供えをいただいた方へのお礼状の書き方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ねこネコ猫NEKO
祖母の一周忌を行い、出席できなかったいとこからお供え(お金)を頂いたとき。 お礼状を書きたいがどんな文面で書けばよいか分からないときのためのガイドです。

STEP1

まず、お礼状に使う上質紙と筆ペンを用意しましょう。

STEP2

謹啓 寒春の候 益々ご清祥御時とお慶び申し上げます。亡母花子OO院OO大姉に対しましては御懇篤なる御芳心を賜り尚格別の御厚志に預かり洵に有り難く辱みて謝やび申し上げます。 本来ならば早速拝謁親しく御礼申し上ぐるべき筈ではございますが略書を以ちまして謹み敬って御挨拶を申し上げます。尚同梱の一包は心ばかりの標にございます何卒お納める下さいますれば幸甚であります。 先ずは取り敢ず拝謝まで。 ○○市△△町□□番山田太郎

STEP3

ステップ2を参考に書いてみましょう。

まとめ

きれいに書くために1度練習してみるのも良いでしょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

お礼状に使う上質紙 筆ペン

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ