ご利益もらおう「縁結び」特集! 「東京、京都の強力神社」「縁結びで伊勢・出雲」「複数参拝は×?」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3629
  • ありがとう数:0

はじめに

11月5日は縁結びの日。旧暦10月(現在の11月)下旬、出雲大社に全国の神様が集まって縁結びの相談をするとされていることと「いい(11)ご(5)えん」(いいご縁)の語呂から島根県の神話の国・縁結び観光協会が制定しました。強力縁結び神社、参拝のルール、神社の不思議な話などのQAをまとめました。

http://www.izumooyashiro.or.jp/kamiari27/top.htm


【お悩みを非公開QAでプロの専門家に有料相談も可能です】

https://project.okwave.jp/private_qa/


四柱推命鑑定士

櫻井 めぐみ

https://okwave.jp/profile/u2829798.html?&slp=201801


手相鑑定士

Xeku

https://okwave.jp/profile/u2831490.html?&slp=201801


占星術・タロット

秋葉 貴子

https://okwave.jp/profile/u2828119.html?&slp=201801

何をやっても恋愛だけはうまくいかないので、神頼みすることにしました。もうすぐ40歳ですがいままで恋愛運だけは恵まれませんでした。縁結びは歴史のある神社のほうがいいんでしょうか?

台東区の今戸神社はテレビ等でも取り上げられたパワースポットですよ!

神頼みで参詣めぐりのお気持ちは分かりますが、神様の「ハシゴ」はあまりお勧めできませんね~。
ですが、関東地方+縁結び神社 で検索してみました笑
http://www.clfuku.com/kantou-enmushubi/

気持ちの問題でもありますので近場で済ますより本場の出雲をお勧めします。
出雲大社がメジャーですが、地元や通の人は八重垣神社に行きます。
そっちのパワーは八重垣神社の方が強いと言われています。
私もまったく相手もキッカケすら無かったのに八重垣神社に参拝して1月後に伴侶に巡り合うことができ、半年後に結婚しました。
たまたまかもしれませんし、ご利益だったのかもしれません。
でも、そんなことがあって独身の友人を連れて行ったら次々に結婚が決まって不思議な感覚というより少し怖いような気がしています。
もし、行かれるなら必ず「鏡の池」で良縁占いをしてください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E9%87%8D%E5%9E%A3%E7%A5%9E%E7%A4%BE

知人が京都に縁結びに行くのですが、一番オススメはどの神社ですか。知人は伏見稲荷大社に行ってみようかな~と言っていたのですが、他にもっとオススメがあれば教えて下さい

地主神社でしょう。清水寺の横です。

伏見稲荷の他にもいろいろあります。

地主神社(http://www.jishujinja.or.jp/)
「恋占いの石」をやる人で並んでいます。

野宮神社(http://www.nonomiya.com/)
お亀を祈りを込めてさすると、願いごとが達成されるといわれています。

他には、
上賀茂神社
下鴨神社
幸神社
松尾大社
大原野神社
今宮神社
貴船神社
熊野若王子神社
須賀神社
道祖神社
六孫王神社
八坂神社
などです

昔、京都で縁結びツアー(笑)をしたことがある者です。
今出ていないところでは
安井金毘羅宮と知恩院の中にある濡髪祠でしょうか?
最初の安井金毘羅宮は縁切りの神様で有名ですが
悪縁を切って良縁を結ぶという意味で
縁結びの神様としてもご利益があります。
中に大きな穴の開いた石があるのですが
表から裏に通り悪縁を切り、裏から表にくぐりなおすと
良縁に恵まれるとされています。
知恩院の濡髪祠は少し歩きますが、名前が艶っぽいからなのか
花街の方にも人気のある縁結びの神様です。
近くに千姫のお墓があることも
縁結びにご利益があると言われる理由なのかもしれません

伏見稲荷大社にはおもかる石という石があって
願い事をしながらその石を持ち上げて
思ったよりも軽かったらその願いは叶う
重く感じたら叶わないというような占いの石があります
試してみてはどうでしょう?
伏見稲荷とは少し離れているかもしれませんが
山科区には随心院という小野小町ゆかりの縁結びにご利益のあるところもあります。
昔の話なので忘れてしまったのですが
電車を乗りついて伏見稲荷から行けたような記憶があります。

いろいろなところで縁結びのお参りをするのはよくないですか?

問題ないですよ。ただ、一日に3つ4つ周ったりするのはあまりよくないそうです。

お守りはたくさん持っていてもいいそうです

どんなところにお参りしてもいいですし、何箇所まわってもいいですよ。
といいますのは、縁結びのお参りをしたいというあなたの願いだからです。
私は神社の総代をしているのですが、神社は神様のためにあるのではなく人々のためにあると考えています。
ですから、神社側の考えでお参りする人々にいろんな制約を課してはいけないのです。
あくまで願いをもってお参りするあなたの考えで行えばよいのです。
たくさんお参りしたから神様の逆鱗にふれるなどあるはずがありません。
ただ、申し上げておきますが、たくさんお参りしたから多くのご利益があると思ってはいけません。そうではなく多くの神様にお参りして願いをささげたいという気持ちであればいくらでもご参拝してよろしいのですよ。

関東でご利益のある縁結びスポットはありますか?

『東京大神宮』というところが縁結び神社だと
友人に聞いたので行きました。
飯田橋駅の近くです。(徒歩10分以内)

私には当時好きな人がいたのですが、
お参りした1週間後に、その彼から告白されました。
現在もその彼とお付き合いしています。

参考になれば幸いです。

個人的には、飯田橋の『東京大神宮』と芦ノ湖の湖畔にある『箱根神社』は、かなりの効果がありました。

『箱根神社』は数年通えば、良縁に恵まれると聞いて、二年ほど通ったら彼氏が出来ましたが、その彼氏から振られました。千葉在住だったので箱根は遠くてすぐに行けないので・・・
自分にぴったり合った人に出会えると言う噂を信じて『東京大神宮』に参拝をしたら、別れた彼氏から寄りを戻したいと言われ復縁、そして結婚をして夫婦で幸せに生活をしています。

『東京大神宮は』には、かならず『一人で行く』、『寄り道は絶対にしない』という参拝ルールがありますので、気をつけてください。

鎌倉に結構あるはずですよ。

ご利益かどうかわかりませんが、鎌倉の(どこだったか忘れましたごめんなさい)とあるところで買った招き猫。小さくて、恋愛成就とかってうたい文句に、友達にお土産として渡しました。
友達は婚約を破棄し、次の恋愛なんて・・・と後ろ向きだったので。

すると数ヶ月(本当に数ヶ月、半年とかではなく)で、「結婚するかも」と連絡がありました。「灯台元暗しじゃないけれど、幼馴染がさぁー」という連絡が、そしてその連絡の際に、「招き猫貰ってからいい事あった」と言うのです。「気のせい」と私は思いますが。
ですが、私自身、鎌倉のとあるところで「結婚できますよに」ってこれ冗談半分でお札書きましたら、1年後結婚していました(笑)

また、どこだったか調べておきますが。鎌倉は色々な所ありますね。
確か、逆にカップルで行くと別れるという神社とか。
そこのお札は怖かった・・・・

縁結びのお守りで二個一組のものがありますが、片思いの場合、一個は自分用で、もう一個はどうしたらいいですか?

私は石川県の有名な縁結び神社、「気多大社」で2個で一組の縁結びのお守りを買いました。
私はそのとき片思いだったので、巫女さんに聞くと、
「片方は自分で持ち歩き、もう片方は相手がいる人(恋人)はその人に渡す。片思い、又は好きな人もいない人はもう片方を神棚に飾り、結ばれたらその相手に渡す」
と教えてもらいました。
渡せる日が早く来るといいですね。

「彼氏がほしい」という友人の付き添いで明治神宮に行き、つられて私も縁結びのお守りを買いました。数日後、ずっと行方を捜していた友人がSNSで偶然見つかりました。友人と久しぶりに連絡がとれ、また仲良く話すことができました。会う約束もできました。 夢のような出来事で凄く嬉しいです。縁結びは恋愛だけでなく、友人などの縁もあるのでしょうか?

あると思いますよ。

人間関係だけではなくて、
入りたい学校や会社、行きたい土地など。

縁て何も恋愛だけを指したものではないと思っています。

縁結びは恋人関係というのが多いですが、

縁は親子や兄弟にも
繋がると思います。

恋愛以外でも人と人の縁ていうのも縁結びなのではないかと

縁結びを恋愛や結婚だけに結びつけたのはマスコミの勝手な思い込みと言うか、そのほうが売れるからだけです。
でもこの傾向は実は江戸時代中期には始まっていたんだそうです。
神社側もそれに便乗して縁結び=恋愛として売っているだけです。出雲大社の神在月の俗説もそうですね。

もともと縁結びには対人関係や仕事など広い意味での縁を結んでいます。
また縁結びには裏の意味が在り、自分にとって利とならない人物や事象を引き離すという事もあるのです。

縁結びに伊勢神宮と出雲大社、両方行っても大丈夫ですか?

出雲大社って縁結びとして聞きますけど、伊勢神宮って縁結びってメインでやってらっしゃるのですかね?ちょっと調べてみたのですが、それらしき所縁を調べることができませんでした。天照大御神だから商売の神様ってイメージですけどね。

・・・と思ったら、東京大神宮が「縁結びの神社」で、東京大神宮は「東京のお伊勢さま」という位置づけなので、それならば親許であるお伊勢さまも縁結びで違えねえってことなのか。なぜだろう、歴史好きとしてはなぜか釈然としない・笑。
それで調べてみましたら、東京大神宮は明治になって作られた神社で、いわゆる神前結婚式の発祥の地だったようです。その神前結婚式の普及の場という位置づけがあったため、縁結びの神様をやってるということのようです。

出雲大社にお願いするのが「歴史的に正しい」に一票。なお、都内で歴史的に正しい縁結びの神様は神田明神です。江戸時代から縁結びの神様といわれていたようです。

なお蛇足ながら、神様に遠慮があるのであれば、まず伊勢神宮なりなんなりに参拝して縁結びを祈願し、旧暦の11月に合わせて出雲大社に行けば、伊勢神宮なりなんなりの神様はその時期には出雲大社にいらっしゃるはずですから、「えー、神様。本日は念押しのつもりで出雲まで参りました。いつぞやのワタクシの願い、ここはひとつ出雲の神様も含めましてくれぐれも良縁をよろしくお願い申し上げます」ということにすればよろしいのでは。

まとめ

その他のQAはこちら

「縁結び」

http://okwave.jp/searchkeyword/%E7%B8%81%E7%B5%90%E3%81%B3


特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ