妹キャラから恋愛対象へ……。気になる年上男性をドキッとさせる一言

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by fotolia

年上男性から妹扱いされ、恋愛対象として見てもらえない。そのような悩みを抱える女性もいるのではないでしょうか。確かに、一度、妹キャラが定着してしまうと、そこからひとりの女性として見てもらうのは難しいかもしれません。とはいえ、絶対に恋愛対象になれないというわけではないのです。では、どのようなときに、男性は年下の女性を恋愛対象として意識するのでしょうか。今回は、男性が年下女性に言われてドキッとする一言についてご紹介いたします。

STEP1「男らしくてカッコいい」

妹ではなく、女として見てもらう。そのためには、彼を男として見ていることを知ってもらう必要があります。

「年下の女子から『男らしい』とか『カッコいい』って言われるとドキドキする。ああ、この子は自分のことを男として見てくれているんだな……って。」(33歳/編集)

ひとりの男として意識していることが伝われば、自然と彼もあなたを女として意識してくれるはず。それがきっかけとなり、妹的存在から恋愛対象へと変われるのではないでしょうか。彼の頼りになる一面を見つけたときは、迷わず褒めるようにしましょう。

STEP2「彼女になれる人がうらやましい」

彼との関係に進展が見られない。そんなときは、少し大胆な一言で彼を意識させましょう。

「職場の後輩女子から『先輩の彼女になれる人がうらやましいです』と切ない顔で言われたときは、正直ドキッとしましたね。もしかして俺のこと好きなの?って。そこから彼女を意識するようになりました。」(29歳/営業)

遠まわしに好意を伝えることで、彼から恋愛対象として見てもらえる可能性もあります。妹キャラを卒業したいのであれば、おもいきった一言で彼をドキッとさせてみては? 彼があなたを見る目もきっと変わるはずです。

STEP3意識してもらおう!

自分より年下の女性をつい妹扱いしてしまう男性もいます。とはいえ、きっかけさえあれば、そこから恋愛対象になることも可能なのです。

そのためには、ひとりの女として意識してもらえる発言を心がけてみましょう。何気ない一言から、彼との関係が変わるかもしれませんよ。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ