お米に虫が!? 無洗米ってどうして洗わなくていいの? 毎日食べるお米に詳しくなるガイド

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2410
  • ありがとう数:0

はじめに

本日8日は「お米の日」


1978年に、米を作るには88の手間がかかるといわれること、米の字を分解すると八十八になることから、全国農業協同組合により制定されました。


ということで毎日食べる身近な食材、お米についての


・虫が湧いちゃったんだけど、どうすれば良い?

・無洗米って、どうして洗わなくていいの?

・雑穀米にすると健康増進?


等、お役立ちQAをピックアップしました。

お米に虫が!どうすればいい?食べられる?

<洗い方>
(1)何度か普通に水を入れて、虫を洗い流す・・・虫は水に浮いてくるので。
(2)米をザルへ・・・粉みたいな小さな卵(もしかして糞?)が、ザルから簡単に流れ落ちる。
(3)ザルでサッと洗って、炊飯器へ。これでOK。

もう既に回答が出尽くしていますが食べても大丈夫です。
白い芋虫状の幼虫だったらマダラノメイガでしょうね。

ただ、お米を長期保存するなら冷蔵庫がいいんですよね。
農家でも米用の冷蔵庫に玄米か籾付きの状態で保管しているんですよね。
(私の親戚も米農家です)
なので昔と違って古米・古古米でも冷蔵庫で保管されている玄米であれば
そんなに味は落ちないんですよね。
(市販の複数原料ブレンド米より単一銘柄の古米の方がよっぽどうまい)

太陽に当てると逃げるそうですので、まずは広げて「虫干し」します。
少なくとも生体が見えるといやですものね。

取り除いたら冷蔵保管に切り替えるか、酸素をカットする。密封や真空(風)はダメ。完全にカットしましょう。
どちらの方法も初期投資が1万以上かかります。
冷蔵庫は手軽ですがランニングコストが高いですね。

私は、コメの袋をまず冷凍庫に入れて、虫が死んだ頃を見計らって、米が通らない程度に目の粗いざるに入れて研いでから炊きました。 

 退治する方法は残念ながら殺虫剤しかなく、お米自体についたものはできるだけ排除するしか手がありません。お米は大量のようですので、手間はかかりますがいったんザルで虫をより分け、日干ししてから袋を変えてよく乾燥した場所で保管するのがいいのではないかと思います。
 なお保存についてはできるだけ頑丈な(貯穀害虫はビニールや紙の袋ならものの数分で食い破ります)密封できる容器に入れるのがいいのですが、ちょっと量的に難しそうなので、忌避剤を活用されるのがいいのではないでそゆか。ただし市販の忌避剤には唐辛子抽出物、わさび抽出物等様々なものがありますが、いずれもどんな虫にも効果があるというものではありません。購入するときには、製品の裏の対象害虫をよく確認してから購入されるといいと思います。

虫をきちんと取り除いてからなら、食べても問題はないようですね。

にっくき虫は、どこから来るの?よい保存方方は?

お米に沸く虫の代表に
コクゾウムシ
ノシメマダラメイガ
タバコシバンムシ
等がいます。

コクゾウムシについては他の解答がありますので割愛します。

他の穀虫ですがその辺に普通に生息しています。

「フェロモントラップ」と言う物があり、穀虫の雌が出すフェロモンを活用した、「ゴキブリほいほい」みたいな物があるんですが一般家庭にしかけてみても、普通に捕獲できます。
捕獲されるのはトラップの関係で雄ばかりですが、まーどこの家庭でも捕獲される物と思って間違いないです。

主に穀類全般に被害を及ぼすんですが、中でもお米が大好きです。

穀虫の生育調査でも他の穀類に比べお米の場合、倍近い速度で成長する事があります。
なので、管理が雑なお米の場合、一般家庭でもお米に発生します。

特にノシメマダラメイガの場合、卵をお米のに直接産み付けるだけでなく、米袋やハイザーにも産みます。
とても小さいので、目視での発見は困難です。

卵から還った幼虫は、米袋位は食い破って侵入できる程の、強い顎を持っていますので、管理は非常に重要になります。

穀虫類は一般的に15℃を越えると活動を始めますので、冷蔵庫で保管は、密閉性・管理温度・湿度等、一般家庭では最適です。

 もともと米についている虫と、後から侵入する虫があります。前者はコクゾウムシ、後者はノシメマダラメイガ、ヒラタムシ、コクヌストモドキ等です。

 米につく虫をみんなコクゾウムシと表現するむきもありますが、これは正確ではありません。コクゾウムシは玄米を好みますので、精米を買っている一般家庭で目にすることはあまり多くありません。圧倒的に多いのは外部侵入種のノシメマダラメイガやコクヌストモドキですね。

 精米工程というのは、単純に言えば米の表面を削り落とすことです。仮にこの段階で虫や虫の卵が付着していたとしても、摩擦と摩擦熱でほとんど除去されるか、死滅してしまいます。ですから、普通はこの段階で虫はほとんどいなくなります。

 ところが、米の袋にはもともと通気のための穴が開けてありますし、素材もビニールです。米につく虫は例外なく幼虫の段階で侵入しますが、こいつらは敏感な嗅覚と強力な顎を持っていますので、通気孔を探り当てるか、ものの数分でビニール袋を食い破って侵入します。でも通気孔や侵入孔は1mmあるかないかの大きさですから「いつのまにか袋の中に虫が」というようになってしまうわけですね。

 米びつやライサー(押すと1合ずつでてくるやつ)も同じで、蓋のわずかな隙間から進入します。特にライサーは隙間以外にも、内部に入り込んで営巣している場合がありますので要注意です。昔家で使っていたのを分解したら、ノシメマダラメイガの巣だらけで仰天したことがあります、

 お家で米を保存する場合には、虫の忌避薬を使うとか容器を工夫するとかの方法がありますが、忌避剤は効果のある虫とない虫がありますので、一番いいのは密閉性の高い強固な容器を用意することだと思います。
 タッパーとか、PETボトルが有効ですね。また虫は15℃以下では活動が低下しますので、冷蔵庫も有効です。冷すことで酸化も防げますので、味覚の低下もある程度防げますよ。

虫により、もともと米に混じっていたのと外からやってくるのといるみたいですね。


虫が入らないように密封、虫の苦手な寒い冷蔵庫、そして、忌避財などを駆使して、保存するのがいいみたいです。

無洗米を洗わなくていいのは?

通常、玄米を精米機に通し、白米にします。
(コレによって、糠(ヌカ)が取り除かれます。)

白米には、肌糠と呼ばれる成分が表面を覆っていますので、洗米(磨ぎ)を行い、とぎ汁として、肌糠を取り除きます。

無洗米は、この肌糠を取り除いた物で、もう一つの設備(機器)を通すという、手間とコストがかかります。
(手法は何種類か有ります。詳しくは下記のURLを参照してみて下さい。)
http://www.musenmai.com/staticpages/index.php/musenmai_method

白米は、玄米から肺が(糠の部分)を取った物で、無洗米はその時についている糠を空気圧で取り払ったものです。
つまり、玄米には糠が多く付いておりますが、そのまま問題なく食べます。
白米に付いている糠も、当然ですが食べることが出来ます。

脱穀をするときに、お米を研ぐときに落とす糠まで脱穀しているのが無洗米です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E6%B4%97%E7%B1%B3

 ただし、洗わずに炊いても糠臭い商品があるにはあります。
だから、どの商品がどんな特徴を持っているのかを十分理解する必要があります。
研がずに水だけで炊ける美味しい商品もあります。

無洗米でも次の様な欠点を持っている商品があります。

※ 普通のお米とあまり変わらない。2回ぐらい研いだ方がいい商品。
※ 糠の匂いが落ちていない商品
※ 水だけで炊けるが、水を吸い込みにくく堅くなりがちな商品。

 無洗米は現在だと銘柄によって、質にばらつきがある様に感じます。

通常お米を研ぐ時に洗い流す部分まで既に落としているから、洗わなくてもいいのですね。

無洗米とそうでないお米と炊いたら、量が・・・?

白米と無洗米の炊きあがり量

無洗米150g×5を炊いたら、白米5合で炊き上がる量よりも多く炊きあがりました。

白米1合で炊きあがるご飯と同量のご飯が炊きあがる無洗米の重さは何グラムですか?
 
 

無洗米は白米で炊飯する時に洗米等で流失する分がありませんので、同量のお米であればその分(流失分)お米が多い事になります。

この流失分は3%~6%程度あると思って下さい。
流失分の誤差は対比する白米の品質や無洗米の製法にも左右されますし、炊きあがりの好みもありますので、数回の炊飯で調整される事をお勧めします。

つまり無洗米150gと白米150gでは無洗米の方が3%~6%多い事になります。
3%なら4.5g
6%なら 9g 無洗米の方が多いですから、

炊きあがり
3%で 約10g
6%で 約20g ご飯が多く炊けます。
(メーカー推奨値は10%位加水量を上げる事を謳ってる所もありますので、上記は参考程度と思って下さい)

ちょっとの差ですが、炊き上がり侮れないかもしれません。

雑穀米にすると、健康に?

雑穀米 

ご飯を炊くときに雑穀米を混ぜるのが最近話題になってるみたいですが、実際に雑穀米を混ぜたご飯を食べるようになってから体調がよくなったとかいう体験があったらお聞きしたいのですが..

雑穀米と麦を交互に白米に混ぜて食べているのでどちらの効果だか分からないのですが
便通が良くなりました。
3ヶ月食べ続けていますが今のところ実感しているのはそのくらいです。

こんばんは

五穀米とか食べ初めて1年ぐらいになりますね
これといった効果が出ているのかわかりませんが

コレステロールと血糖値下がりました
油も気をつけていますけどね

黒米(古代米)を白米に混ぜて食べると 肝臓の数値が良くなったそうです。
親戚の叔父さんがインターフェロンを打っていますが 黒米を食べるようになったら大分良くなったそうです。

主食を工夫するだけで体調がよくなるのでしたら、やった方がお得ですね。

まとめ

毎日食べるお米。ウンチクとともに美味しくいただきましょう。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ