人気の海外旅行先・グアム 初めてでも幼児と一緒でも、楽しめる方法はこちら

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2069
  • ありがとう数:0

はじめに

本日7月21日は「グアム 開放記念日」です。


1944年、日本占領下のグアム島にアメリカ軍が上陸し、グアムの戦いが始まった日になります。


ですが現在は、日本人が気軽に行ける海外旅行先として人気。


今回は

・初めてのグアム 気をつけることは?

・幼児と一緒。注意することは?

・これを持って行ったら、便利だったもの


等、グアム旅行にお役立ちのQAを集めました。

初めてのグアム 貴重品の管理をはじめ全般的に注意することは?

1月から5月だと、安いのは1月の成人式以後から春休みの始まる前まで、ただし大学生は3月に卒業旅行シーズンになるので少し高くなります。
そして春休みが終わってからはゴールデンウィークを除いて格安であるといえます。

春休みや土日を使うとツアー料金は5万ぐらいからになるでしょう。
また最近はエクスペディアや楽天トラベルなど、航空券手配とホテル手配と一緒に行って安くするものもあります。これはツアーではなく個人旅行手配ですので注意してください。

ツアー料金の中身は普通このようになっています。

・サーチャージ(燃油特別付加運賃)が入った金額になっていること
 これは、最近原油がすぐに高くなるので、運賃とは別に高くなった燃料代がチケット代に含まれることです。今は、これを含めた総額でツアー料金を表示することになっていますが、注意が必要です。
・空港送迎があるかどうか(混載バスか専用バスかなど)
 空港からホテルまで送迎がないと、グアムならタクシーで片道$20ぐらいかかります。また、初めての場所で手配すのは大変だったりします。
・景色に特別料金がかかるか
 ホテルによってはビーチが見える部屋と見えない部屋があり、料金が違います。
・現地での移動手段が入っているか
 バス載り放題チケットなどがついているかどうかです。グアムの場合HISだけ違う路線で、後はほぼすべて「赤いシャトルバス」になるはずです。
・その他オプショナルツアーは入っているか
 無料半日観光などがついている場合があります。
・お土産屋立ち寄りなどがあるか
 タイアップしているお土産屋などに立ち寄ることで、ツアー料金を下げている場合もあります。買う必要はありません。

などを検討することになります。

格安のツアーのホテルは、ビーチからかなり遠いものが多いです。また日本でいえばビジネスホテルクラスで、日本人観光客を想定していないので、日本人スタッフがいない、売店などもない、海から遠い、などのないないつくしです。一度、そういうグアムのホテルに泊まりましたが、まあ、あれですね、日本人の感覚ではかなりのオンボロ感があるといえます。こういうホテルは寝るだけで遊びまわる場合に使うホテルだといえます。
公式なグアムのホテルマップです。このうちサンビトレス・ロード沿いのホテルはまともなホテルです。
http://www.visitguam.jp/guide/activity/hotel/(日本語)
またサンビトレス・ロードから海側のホテルは、部屋からそのままビーチに出られビーチ用のタオルも用意されています。

その他の件
まず最初でしょうから、インターネットで探すのとツアー会社のパンフレットはぜひ見比べてください。
ツアーで相談したいなら、ツアー会社のお店に行きましょう。いろいろ教えてくれるはずです。でも「検討します」とすぐに契約はしないほうがいいでしょう。

1月だとすでに予約はかなり埋まっているはずです。3月の卒業旅行シーズンもそろそろ始まりますので、年内には予約を確定するぐらいの気持ちでいていいと思います。ただし4月以降は年明けから値段が確定して本格化します。

確実に行くなら、パスポートを今のうちに取ってしまってもいいでしょう。パスポート番号などは必ず必要ですので、あったほうがスムーズに予約できます。

ついでに言えば、旅行の際にパスポートだけは絶対に忘れないでください。忘れると旅行にいけませんが、パスポートさえあれば、現地は水着だけでもなんとかなります(ウソです)

グアムはシャトルバス乗り放題なら、初回は十分に楽しむことができるでしょう。ですからツアーをお勧めします。

同じ程度の料金で同じようなツアーがある場合は、大手ツアー会社を選びましょう。サポート体制が整っているので、安心感が高いです。HISはバスが違うので、よく検討してください。

最後に英語などについて
グアムなら話せなくても十分に楽しめると思います。ツアーならまったく問題ありません。お小遣いについてはチップがあるので、予定の1.5倍ぐらい用意したほうがいいでしょう。
ホテル街のお店は23時ぐらいまで開いています。昼は海で思いっきり遊んで、夜はショッピングで楽しめます。

行きの成田空港で換金をオススメ、グアムで日本の一万円札が使えたりしますが、良心的な換金率なのでホテルや飲食店で日本円を使って、お釣りはドルで。

ちなみに誰でも入れる海にはナマコだらけで、浮き輪とか遊び道具は持参して下さい。借りると高価過ぎます。

薬は買いにくいので、絆創膏と頭痛薬と日焼け止めが安心。
お土産にお菓子でも買うと思いますが、やたらと箱がでかいので行きのスーツケースはなるべく荷物は控え目に…
シャツはその場で洗えばすぐ乾きます。水道水がヌルヌルしますが、海外の水はぬめります。

ガイドブック、1冊でもお持ちですか?
近場で数日だけの旅行とはいえ、海外旅行が初めての方には、参考になることがたくさん書かれていますので、1冊買って熟読したほうがよいと思います。

グアムの治安は、普通に観光客として行動している分には、よいです。日本と変わらないぐらいです。
「安い財布を買って」「ホテルへ預ける際はフロント」・・・というのは、もっと幅広い「海外旅行の一般常識」であって、グアムには必ずしも当てはまらない(しなくてもよい)と思います。
グアムでは、必要以外のものは持ち歩かずに、部屋のセーフティボックスに入れていれば、大丈夫です。

海で遊ぶ間は基本、お金や貴重品は持って行きません。
宿泊ホテルのビーチやプールで遊ぶ間、お財布、何に必要ですか?何か飲みたくなったりしたときには、例えば、プールサイドバーで注文したものについての会計は部屋番号を伝えて「部屋付け」にすればいいです。
ビーチに出たついでに帰りに近所で買い物する、などということなら、数ドル程度やクレジットカード1枚を、防水ケースに入れて首からぶら下げて泳ぐといいです。
防水ケースは、グアムのABCストアなどでも売られています。

なお、ご存知かもしれませんが、部屋に備え付けのタオル類は、ビーチへは持っていかないでくださいね。マナー違反です。
ビーチやプールで使うタオルは、それ専用のものがあって、ホテルのフロントやプールサイドで無料で貸し出しされています。

グアムは行きましたが、そんなに危なくないと思います。
タクシーでぼったくられることもなかったし、バスもたくさん通っています。
ただ、夜は出歩かない方がよいと言われました。

私の泊まったホテルは、目の前が海のフィエスタというホテルで4泊5日連泊しましたが、各部屋にボタン式の金庫がありました。
海に出る日にはパスポートなどの貴重品はその中にいれておきました。
ホテルの掃除係が盗むとかいう話もあるとかないとかネットでそんな噂もなくはないですが、
私は盗まれなかったです。一緒に行った友達(8人くらい)も
それぞれの部屋の金庫に入れてたようですが、特に問題なかったです。
スーツケースは念のため数字でロックできるものを持って行き、ホテルの部屋においていました。
(空港でものが盗まれるのを防ぐのも兼ねています)
TSAロックというもので、空港に荷物預ける時もロックかけておいてOKのものです。
TSAロックについては参考URLに貼り付けておきました。

旅行の準備の時点でクレジットカードは必要な最低限のものを持っていきます。いざという時にカード払いもあると思うので、カード全くなしというのはちょと怖い。
お金は半分だけ持って歩き、残りの半分は金庫に入れておきました。

あと、旅慣れていないなら、極力ガイドブックに載っている場所に行くのがよいと思います。

グアムの夜は繁華街以外真っ暗です。(ぱっとみ外灯があっても電気がついてないところもたくさんあります)

夜ご飯で外に出る時は、徒歩で歩くよりタクシーなどで帰った方がよいと思います。

ホテルから夕食の場所に行く場合は、ホテルのフロントに頼めばやってくれます。
レストランからホテルに帰るときは、レストランの人にタクシーを呼びたいと頼めばよいです。
そして、呼んでもらえたら、チップをお忘れなく。

基本、治安はいいみたいですが、旅行先で浮かれて思わぬアクシデントに合わないよう、気をつけたいですね。

幼児連れでグアム 注意することは?

今年の3月に1歳2ヶ月の次男と長男を連れて家族でグアムに行ってきました。

長男は幼児の頃から海外旅行に行っておりますので、分かる限りで書き込みます。

(1)幼児連れの海外旅行での注意点や遊び方などあれば教えてください。
 ※子連れ海外旅行の遊び方がさっぱりイメージできません。
幼児特に乳児を連れて旅行に行く際、一番注意すべきなのは「子供の体調に合わせる」ということです。
特にグアムなどの暑い場所では、乳幼児の体力を考えると、ホテルを中心になるべく近場で行動し、必要に応じて部屋で休む、というほうがいいでしょう。乳児が体調不良になり高熱でも出すことになれば、まったく身動き取れなくなってしまいます。

グアムに関して言えば、どのホテルに宿泊するにしても、タモン湾でトロリーが利用できる、はずです。
午前中はプール、昼食とお昼寝をしたら海、夕方涼しくなったら買い物と夕食、という感じが一番無理が無いと思います。

いずれにしても、バナナボートやシュノーケリングなどのアクティビティは一切できませんし、夜も子供を置いてバーに行くこともできませんので(もし子供を部屋に置いて出ると、保護責任遺棄で確実に逮捕されます)、子供と一緒に海やプールを楽しんでください。

(2)おすすめスポット情報を教えてください。
 ※リゾート地から離れたスポットがあると旅した感があって嬉しいです。

グアムは小さい島ですので、あまり人に知られていない穴場というのはありません。個人的に好きなのは、レンタカーで南部の海岸沿いをドライブすることです。タロフォフォの滝(横井さんの洞穴もあります)やウタマック橋、レストラン パイレーツコーブ(最近はAKB48が歌の撮影で使ったので有名)などもあります。


(3)おすすめレストラン情報を教えてください。
 ※子連れで入りやすいレストランなどあれば嬉しいです。
グアムなどの南国は非常に子供にやさしいので、明らかなバー(酒場)以外のレストランは子供連れでも普通に入れます。

個人的にお勧めなのは、グアムプレミアムアウトレットと同じ敷地内にある「キングス」はアメリカの朝食が食べられるファミレスです。

穴場的なステーキなら、ラマダスイートホテルというちょっとタモン湾から離れたホテルの1階のレストランのステーキが安くておいしいです。タクシーやレンタカーなどでしか行けませんので、わざわざ行くほどではありませんが、レンタカーなどを借りているならニューヨークスタイルステーキをお勧めします。


(4)レンタカーあったほうがよいですか?
私は子供と一緒に旅行する場合は、ほぼ必ずレンタカーを借ります。

トロリーなどでも移動手段としては十分なのですが、特に幼児連れだと、オムツや着替え・ベビーカーなど持って行くものも多く、また子供が寝てしまったときになるべく休ませたまま移動したいからです。

ただ、幼児連れでトロリーを利用している方も多くいます。


その他

乳幼児の場合、一番大変なのは、オムツです。特に飛行機内で交換するのは結構大変です。外出時には通常ママバッグなどを利用してると思いますが、機内のトイレでは大きすぎるので、うちはアメニティポーチにオムツとお尻拭きを入れてそれだけ持ってトイレでオムツ替えをしています。

飛行機については、3時間半とはいえ、寝てくれないと最悪です。特に1歳半ぐらいまでは、じっとしてくれることはまず無いので、機内をずっと散歩する羽目になります。
乗る前に疲れさせて、機内では寝ている、というスケジュールをお勧めします。

水については、グアムの水道水は飲めません。ミネラルウォーターで日本の硬度に一番近く手に入りやすいのはアメリカ産のクリスタルガイザーです。また牛乳はロングライフ牛乳しかありませんので、あまり乳児に飲ませるのはお勧めできません(飲みなれていないとお腹の具合が悪くなることがあります)

お子さんの体調を第一、が家族全員楽しく過ごせるコツみたいですね。

グアム旅行 これを持っていくと便利!

グアムでは特別困る事もないですよ。日本と同じ物が売られているので。折りたたみの傘だけかな。スコールがあったので、役に立ちました。

グアムはどこのお店に入ってもクーラーガンガンで寒いので羽織るもの必須です!
外は日差しがきつくすぐに日焼けするので、こまめに日焼け止めを塗らなければ火傷状態になります…気をつけてくださいね。

どこでも海外へ持っていく物は、
・常備薬
・スーパーのビニール袋数枚(濡れたもの、汚れた物を入れたり便利)
・虫除けスプレー
・歯ブラシ(ブラシの部分が固くて血が出た事があるので)

後は自分の必用な物
足りないものは現地で買う

シュノーケルセット
ラッシュガード
帽子
ビーチサンダルではなく、水の中でもはけるブーツ
日焼け止めクリーム 海外のやつは品質悪いです

直接身体につけるものは、慣れているものを持っていったほうが良さそうですね。

グアムで挙式! 写真撮影はこんな感じで

先月、グアムでウエディングフォトやりました。
ドレス、タキシード、メイク、全部込みこみで、10カット10万でした。
本格的なアルバムを作ると60カットでプラス6万でしたが。

どこの地域で取るのか、季節はいつかにもよりますが、いくつか業者を比較検討されましたか?
式場との提携だと、割高になる可能性もあります。

日本人観光客の多いリゾートであれば、現地に日本人スタッフが常駐しているフォトスタジオもあります。
直接交渉して、衣装持ち込みで、カメラマンだけ依頼って手もありますよ。

プロだとね、やっぱり、良い表情を撮ってくれます。
なんせ、「写真を撮ること」をお仕事にして、それでご飯食べてるわけですから。
南国リゾートだと天気が変わりやすく、写真撮影時にスコールがザ~!!なんてこともありますが、プロに頼めば、そこは素敵な青空を合成なんてサービスも可能です。

プロに頼むと、撮影時間は30分程度。
カメラマンは現地の人、日本人のスタッフが同行して、「あっちを向いて」「こんなポーズをして」「はい、手を繋いで」「新郎は新婦の頬にキスして」と、あれこれ指示が出されて、言われるがままに動いてる内に終わります。
自分じゃ絶対にやらないようなポーズも、人前でのキスも、慌ただしく指示に従ってる内に出来ちゃいます。

うーん、普段から自撮りが大好きで、「どういうポーズが自分を美しくみせてくれるか」をよく知っていて、人前でのチューもノリでも軽々できちゃうカップルだったら、自分達だけで写真を取るのも良いかも。
「いつもと同じようなピースの写真ばっかりになるだろうな」と思うなら、プロに頼むのもアリでは?

でも、二人でのんびり写真撮影ってのも楽しそうですね。
思い出に残るだろうし。
旅行の日程に余裕があるなら、二人だけの写真撮影も良いと思います。
なお、その場合は、
(1)髪はアップにして、しっかり固めておくこと(屋外は風が強いので、ダウンヘアにすると大変なことになります)
(2)日差しが強いので、写真を撮る際にはギリギリまで目をつぶっておいて、1、2、3でシャッターと共にグワッと目を開くこと。
(3)ブーケや花飾りは、写真だけなら造花でも見劣りしないので、鮮やかな色の花でボリューミーに作るとキレイです。私は、スポンジ製のプルメリアでブーケや飾りを作って持ち込みました。
(4)写真撮影に没頭しすぎて貴重品管理をおろそかにしないこと。
をおすすめします。

念入りに準備をして、満足のいく記念撮影を!

雨季・・・?スコールとか、気になる天気は

7月のグアムの天気

7月にグアムに行くのですが、雨季に入るので雨を心配しています。
スコールですぐに雨が上がるという意見もあるのですが、
実際7月に行った事がある方がおりましたら、教えて頂けますと幸いです。

スコールですぐ上がったこともあれば、1日中ジメジメはっきりせずでものすごい湿気ってこともありました。
翌日には嘘のように晴れ上がったりもしました。

こればっかりは、運としかいいようがないです。

運を味方につけるしかなさそうです。

まとめ

しっかり準備をして、楽しいグアム旅行を!



特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ