コードギアスが人気を博した理由とは!?オススメの感動シーンは?コードギアス特集

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by photo AC

2015年6月26日に『コードギアス 亡国のアキト 第3章』のBlu-ray2アイテム&DVDが発売されるそうです!

コードギアスの人気はすごいですね!そこでコードギアスの魅力がかかれたQAをあつめてみました!

コードギアスが人気を博した理由

個人的な意見ですが、ゼーガペインはいわゆるハッピーエンド物。
夕方放映されていたせいもあり、視聴対象年齢が若干低めな気がします。

一方コードギアスは、深夜枠で、大量虐殺や主要キャラが死亡していくなど、
刹那的な話の収束で、対象年齢もゼーガペインに比べ少し高めに感じます。
主要キャラの数も圧倒的に多く、人気声優を贅沢にキャスティングされています。
人気があればこその二期製作・OVA化だと思います。

一番の違いは、各キャラの魅力やバックボーンの描き方がずいぶん違っていると
感じます。

コードギアス2期のR2の「R」て何か意味のあるRなんですか?

何かのサイトで見たのですが「ラウンド2」という意味と「リベンジ」のRだった様な気がします。とにかく複数の意味が込められています。

コードギアスを見る順番

基本は、小説もアニメも
コードギアス→コードギアスR2です
漫画は4種類くらいありますが、いずれもアニメとは違う展開をしています(一番本編に近い形で進むのは同じタイトルの『コードギアス反逆のルルーシュ』(マジコさんのもの)ですが)
なので、設定と人物が共通する別の話ととらえてしまっていいと思います
小説だと、岩佐まもるさん(表紙の絵は木村貴宏さん)のものが本編を描いたものです
その他のものはスポットをあてる箇所を変えた番外編のようなものだったと思います

なので、まずはやはりアニメのコードギアス→コードギアスR2をオススメします。やはり本家なので
それから興味を抱かれたならば、小説や漫画に行くのがよろしいかと…

コードギアス  感動したシーン※ネタバレ注意

自分は一期の14話ですね。

シャーリーがルルーシュに銃を向ける
→シャーリーとルルーシュの会話
→ギアスをかけるルルーシュ
→記憶をなくしたシャーリーとルルーシュの会話
→エンディング

の流れは鳥肌が立ちっぱなしでした。
BGMもものすごくよかったですし。


ちなみに次点は二期でのシャーリーの死です。
シャーリーの一途さには泣けました。

自分は最終話です
「自分達の正義を貫く」
ルルージュとスザクの言葉とは裏腹に今まで非道な事をしてきたルルージュ、だが実は世界の恨みを自分に向け最後は魔王とまで呼ばれた自分が死ぬ考えが事で世界を平和に導くという考えが最終話でようやくわかってきます。
妹のナナリーはその事実を知らないまま兄を「人殺し」と言い酷い敵対心を持っていましたが、最後にゼロに扮したスザクに剣で胸を刺されたルルージュに触れる事で今までのルルージュの思いが頭に流れ込み大泣きしてしまうというシーンです
カレンもそのことにきづいていて、そこかすごく 感動しました・・

1 何度生まれ変わっても、きっとまた・・ルルを好きになる。何度も何度も・・好きになる・・から・・・。(R213話 過去からの刺客より)  
自分が一番辛いのに、最期までルルーシュを気遣い、愛を伝えたところが悲しすぎます。

2 俺は・・世界を壊し、世界を・・・・創る。(R2最終話 Reより)

最愛の妹ナナリーが、世界の皆が争いのない平等な世界を創るために、自分の命と引き換えにゼロ(スザク)に討たれたルルーシュの最後のセリフ。これにより「ゼロ・レクイエム」は完遂。彼の最愛の妹ナナリーは兄の真意を知り、民衆がゼロコールに湧く中、大声で泣きすがるのでした・・・。そしてルルーシュが討たれる直前、2人の考えを見抜いたカレンも悲しみをこらえ、ルルーシュの最期を見届けます。

3 スザク・・・。あなたに逢えて・・・良かっ・・・・た。

(コードギアス無印23話 せめて悲しみとともに)

暴走したルルーシュのギアスによって日本人を虐殺したユフィ。ルルーシュはゼロとして彼女を襲撃せざるを得なくなります。
主君であり、恋人でもあるスザクに看取られたユフィのラストメッセージです。シャーリの死と同じく悲しすぎます。

これにより、ルルーシュとスザクはのちのゼロレクイエム計画まで、深い溝が生まれることになります。

長々とすいません

アニメのコードギアスで面白かった話数

スザクは終盤で仲間になるまで、ウザクなんて言われていましたね。
一期だと10話、13話。
二期だと1話、11話、18話、25話が好きです。

まとめ


このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ