宮崎あおい主演映画『初恋』に隠された真実

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1194
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 天使の卵
2006年公開の映画『初恋』は、主人公・中原みすず(宮崎あおい)が岸(小出恵介)という男に恋をし、彼が考えた3億円強奪計画の実行犯になるというお話。
白バイの男は、女子高生だったみすずがやったと映画では描かれています。

STEP1

実は、この『初恋』に出てくる登場人物は全員、実在したというのです。

大学時代の講師が、この映画の関係者で全て事実であったと話をしてくれました。

STEP2『初恋』という映画の原作者は、中原みすずさんといいます。

その彼女が映画に登場する、宮崎あおい演じる・みすず本人であるというのです。

STEP3

当時女子高生だったみすずさんが、3億円事件の実行犯である、というのが真実。

2006年の公開時には、そのような発表はなく、伏せられていた事実なのだと大学時代の講師が話してくれました。

まとめ

これが真実だったのかどうか、私には判断できません。
しかし、制作関係者のお話なのでまったくのでたらめではないかと思います。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ