アイシャドー/チークをすっきり片付け、自分だけのカラーパレットの作り方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kuroiusako
たくさんのアイシャドーとチークの片付けに困っている方、見た目がお洒落で、かつすぐに使えてすぐにしまえるよい方法を紹介します。

STEP1

Photo by kuroiusako
アイシャドーやチーク、新製品や欲しい色を購入していると、すっごい増えちゃったという方いませんか?
メーカーやブランドが違うと、ケースが違ってサイズが合わないので片付ける時にかさばっちゃいますね。
メイクボックスにも入りきらないし、しまっちゃうと使いたいときに使えなくて、結局お蔵入りに・・・なんてことも。
どんなにケースが違っても大丈夫。
すっきり片付けられて、
ある色もちゃんと見渡せて、
使うもの簡単、
ワンステップで片付けられる方法を紹介します。

STEP2その方法とは、写真のようなパレットにしてしまうこと。

Photo by kuroiusako
詳しい手順は・・・

STEP3まず、台になる素材を用意します。

Photo by kuroiusako
専用のパレットを販売しているメーカーもありますが、簡単には手に入らないですね。

STEP4

Photo by kuroiusako
専用のパレットでなくても、ある程度硬い素材を利用できるので大丈夫。

垂直に手で持ってもベコベコしない厚みのあるものを。
メイク中に持っていて疲れないよう軽い板状のものを選びましょう。

要らないノートの表紙を好きな形に切ったり、

STEP5お薦めはアクリル板。

Photo by kuroiusako
透明できれいですよね。
ホームセンターなどでお好きなサイズを購入しましょう。
(アクリルは厚いと重たいので、薄いものを)

しっかりした下敷きなんかを利用してもいいかもしれません。

STEP6次に、チークやアイシャドーをケースから取り出します。

Photo by kuroiusako
写真のように後ろから押して取り出せるものは簡単です。

STEP7ポンと取り出しましょう。

Photo by kuroiusako

STEP8

Photo by kuroiusako
後ろに小さな穴があるタイプは、爪楊枝などを使用します。

STEP9穴に爪楊枝を差し込んで押し出します。

Photo by kuroiusako
このタイプは金皿がボンドで付けられています。
その場合はティッシュなどで拭き取って置きましょう。

STEP10

Photo by kuroiusako
上記のような取り出す仕組みが用意されていない商品もあります。
写真のように元々パレットになっているものに多いですね。
しかし、こういったタイプが最もかさばるので、最も片付けにくいのも事実な訳で・・・

STEP11そんな時の必殺技です。(ちょっと危険ですが)

Photo by kuroiusako
各色が金皿に入っているタイプならこれでいけます。
金皿とケースの隙間にカッターナイフの刃を入れて、

STEP12てこの原理ですくい出します。

Photo by kuroiusako
力を入れ過ぎると、金皿が曲がってアイシャドーやチークが割れてしまいます。
慎重に慎重にやりましょう。
ボンドが付いている部位には偏りがあるものなので、ある場所で出しにくくても、
違う場所にカッターを差し込めば出来る場合があります。

カッターでチークやアイシャドーを傷つけないようにくれぐれも気をつけましょう。

STEP13

Photo by kuroiusako
この方法なら、ルナソルのアイシャドーパレットも、ポンッ

STEP14

Photo by kuroiusako
Diorのサンククールもポンッ

STEP15これは、金皿の上からカバーがかかっているタイプ。

Photo by kuroiusako
(写真はエスティローダーのチーク)
取り出せないように見えますが・・・

STEP16

Photo by kuroiusako
まず、金皿を隠している金色のカバーを外して、

STEP17

Photo by kuroiusako
同じようにカッターナイフを使用して、金皿を取り出します。

STEP18

Photo by kuroiusako
金皿のボンドが拭き取れない場合は、

STEP19

Photo by kuroiusako
マスキングテープなどを用いてカバーしてしまいましょう。

STEP20

Photo by kuroiusako
ちなみに写真のように、金皿がなく、ケースに直接アイシャドーやチークが入っているものは
どうにも取り出す手段がないように見えますが・・・

STEP21

Photo by kuroiusako
実は裏側に穴があって、

STEP22

Photo by kuroiusako
そこに爪楊枝を入れて押し出すとポンとまとめて取れちゃうのです。

STEP23

Photo by kuroiusako
なので、ケイトのアイシャドーパレットもまとめてポンッ

STEP24これで全て金皿が取り出せましたね。

(私の手持ちも商品は全て取り出せましたが、中にはどうにも取り出せない商品もあると思います。
ご了承くださいませ。)

STEP25後は簡単、台紙に並べて貼るだけ。

貼付ける前にどんな配置にするか並べてみるといいでしょう。

STEP26使用するのは両面テープです。

Photo by kuroiusako
これなら後で気に入らなくなったらはがせます。

STEP27後ろに色番号や色の名前などが書いてあるものもありますね。

Photo by kuroiusako
わかるようにしたい場合は、

STEP28

Photo by kuroiusako
マスキングテープに書き込んで、パレットに貼付けるといいでしょう。

STEP29後ろに両面テープをつけます。

Photo by kuroiusako
このときテープは小さめにした方が、はがすときが簡単でgood

STEP30

両面テープをはがして、台紙に貼付けます。

STEP31これで完成。

Photo by kuroiusako
今回は濃い色と薄い色を離して配置しましたが、
近くても混ざり合うことはありません。
違う色の粉がかかっても、ふうっと口で吹けば飛びます。

STEP32

Photo by kuroiusako
手で持ちやすいように空間をあけるのがちょっとしたコツ。

STEP33金皿をはがしたいときは、隙間にカッターナイフの刃を入れて、

Photo by kuroiusako
ちょっと持ち上げれば簡単に取り外しできます。

STEP34

Photo by kuroiusako
こんなにたくさんのアイシャドーも、すっきり板状になってしまうので、
こんな感じに片付けられちゃいますね。

STEP35

Photo by kuroiusako
取り出すのも片付けるのも簡単です

STEP36

Photo by kuroiusako
メイクボックスに入れるのも簡単

STEP37

Photo by kuroiusako
ホコリや傷が気になる方は、こんな引き出しにパレットをしまってもいいですね。
写真は無印良品のアクリルケース

STEP38さらにこんな容器を台紙にしてはいかが?

Photo by kuroiusako
無印良品のメイクボックスです。

STEP39

Photo by kuroiusako
こうやって重ねれば保護されるし、ホコリもかかりません。

STEP40

Photo by kuroiusako
いろんな工夫で理想のメイク台が作れますよ。

まとめ

ケースから金皿を取り出すときは慎重に

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

パレットの台(厚い紙やアクリル板、木製の板でも出来ます) 両面テープ カッターナイフ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ