意外と知らない「民放」特集。「各局の特色」「日本のCMは多め?」「SP番組のメリット」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

4月21日は民放(日本民間放送連盟)の日。1951年、日本で初めて民放16社に予備放送免許が与えられたことを記念して、1993年に「民放の日」と制定しました。「民放各局の特色」「民放のCMは多い?」「1局でいいのでは?」「SP番組はなぜ多い」といった民放やテレビに関するQAをまとめました

民放各局の特色はどのような感じですか

NHK以外はすべて新聞社とのつながりがありますね。
まずテレビ東京ですが、ここは日本経済新聞社のグループです。したがって、経済番組が多いことです。
そして、都市型TV局を宣言しているため、系列局は大都市周辺に限られています。(ネット化が遅れていまさら全国展開したくないというのもあるけど・・・)
というわけで、自社製作TV番組を売ることで利益を出しています。そのため、他局にではあまりやってないような番組を作る傾向があります。
その一番がアニメ番組です。最近は他社もアニメが売れるということを身に着けてきましたが、テレビ東京は昔からやっていました。これは出発が教育テレビだったことも関係しています。

テレビ朝日も元々教育局で出発しています。そのため、教育番組が元々多い局です。これには料理番組や子供向け番組なども含まれます。
教育局から総合局への転換が遅かったため、総合局転換後は報道に力を注いだようで、努力の甲斐あって報道局としてのイメージがついてるようです。

フジテレビはフジサンケイグループのテレビ局です。
昔から、バラエティに強い局でいい意味でエンターテイメント路線を貫いている感じはありますが、報道関係ではいまいちの様子も伺えます。

TBSと日本テレビは民放では老舗になります。
TBSは最近路頭に迷っている感じがします。
ドラマ、バラエティ、報道もよかったのは昔のことで、視聴率が他局に抜かれるようになってから、TBSのカラーが出せてないような気がしますね。なんか、どこに向かうのかTBSってカンジです(笑)
その結果、いつのまにか民放なのにイメージは官僚的。ただ、そのせいかお堅いイメージはあるので報道関係では信頼できるテレビ局ではないかなぁとは思います。ただ、TBS制作の魅力ある番組はないな。

日本テレビは良くも悪くも読売系列です。
昔は巨人戦で華々しかったころもありましたが、今はその巨人がお荷物となってますね。
老舗であるが故の苦労はTBSと同じで、やはり他局の追随を受けて方向性を見失ったこともあるようでしたが、TBSとちがうのははっきりと路線を決めて立ち直ったことでしょうか。
フジテレビと同じバラエティ路線に転換しました。
そのあとは視聴率争いでも上位に入れる実力を持てるにまでいたりました。フジと違うのは、ネットワークが古くから確立されてたがため、報道にも強いことです。あとは巨人戦がよくなれば完璧なんですが。

最後はNHKですが、ここはスポンサーがないためスポンサーの意向が入る番組つくりをしないですむのが、大きな特徴です。そのため、公平さを要求する番組は得意分野です。公平さを追求する番組とは報道番組、ドキュメンタリー、政見放送などです。
それから、教育番組や語学、趣味の番組つくりなど独自の路線を行きます。
日本国民のためのテレビ局といったところでしょう。

なぜ民放各社はNHKの紅白歌合戦の紹介をやたらとするのでしょうか? 大晦日のライバル番組なのに

情報番組であれば、視聴者が求めるような情報を提供するのが
本旨だと思いますよ。
むしろ、自局に有利な事だけを流し、不利な事には触れない事の方が
情報番組としては不自然ではありませんか?
仮に、何か不祥事があって、各局の報道の仕方に違いがあれば
むしろ、その方が怖いですね~。
表面的な繋がりだけでなく、深いところでは、皆が繋がっていると
考えても間違いではないと思いますよ。

意外かもしれませんが民放職員というのはNHKを
どこか「放送局の雄」みたいにとらえてるところが
あってとにかくNHKは別格みたいに捕らえてるところが
あります以前久米宏がNHKが裏番組にニュースをぶつけると
きいただけでおそれおののいたといわれています
ですからおそらく子供が兄貴を紹介するような感覚なのでは
ないでしょうか民間社員の中にどこか「大晦日といったらNHK様の紅白だよね
」という不文律の暗黙があるのだと思いますですから民放は
大河ドラマの紹介もしますし久保純子や草野光代 善場アナのような元NHKキャスターを重宝します
そもそも紅白歌合戦は平安の歌詠みから1000年近い歴史のある
大変由緒あるものですおそらくそういったいろんな理由から
NHKの顔をたてるのだと思います
とまあ憶測ですが

「笑点」はなぜ民放なのですか? NHKっぽい気がします

何故民放なの?と言われても、「日テレでやってるから」としか答えようがないですが(笑)、「なぜNHKみたいなの?」であればお答えできると思います。
笑点は1966年に立川談志さんが企画して始めた「寄席バラエティ番組」で、既に43年の歴史があります。当時は民放も今のようなバラエティが無く、今では信じられないでしょうが「笑点」は爆笑番組だったのです。
他にその手の番組と言えばNHKの「ジェスチャー」、「シャープさんフラットさん」、「私の秘密」、民放の「底抜け脱線ゲーム」、「アップダウンクイズ」、「ズバリ当てましょう」など、みんな同じようなテンションでした。
その後、民放はスポンサーの顔色をうかがい、視聴率を気にしながら世相の移り変わりを反映した番組作りを余儀なくされ、ある意味では先鋭的に過激に、ある意味では低俗に、急速に様変わりをしていったのです。
具体的に言えば東京の「コント55号の裏番組をぶっ飛ばせ!」「8時だよ、全員集合!」、「巨泉前武ゲバゲバ90分」大阪の「ヤングOh!Oh!]の登場が現在の民放バラエティの源流だと思います。
そしてスポンサーがなく聴視料に依っているので視聴率も気にしなくて良いNHKと、なぜか「笑点」だけがその流れから外れて現在に至っています。そのため「笑点」だけがNHKの様に見えるんだと思います。
ではなぜ「笑点」だけが様変わりせず残ったのかは、おそらくですが、視聴者のみんながみんな時流に乗りたい訳じゃなく、例えばお年寄りなんかも安心して理解が出来るお笑い番組も必要じゃないかと言うことでしょう。だから「笑点」も「水戸黄門」も必要なのです。

日本の民法のCMは海外に比べて非常に多いそうです。知人のイギリス人が「英国ではありえないことだ」と言っていました。CM量の規制などはないのでしょうか

民放のコマーシャルの時間は
「民放連」の放送基準で定められています。
「民放連放送基準第18章・広告の時間基準」を
参照して下さい。

あくまで民間の任意団体ですから
罰則規定があっても、それは緩いと思われます。

民間放送キー局の報告出稿量が激減している原因の一つだと思います。
たしかにアメリカやヨーロッパ(ドイツ)では番組の流れを無視したCMの入れ方は少ないようです。
特にドイツでは重大な事件や事故があった場合は「スポンサーの好意によりCMの時間ですがこのまま番組を続けます」とテロップが入りCMでニュースが途切れることは少ないです
スポンサーもそれが企業の社会性の義務だと心得てます
BBCには公共性のある企業のCMはあったような・・・・
日本のようにスポンサーに不利益なニュースは扱わない放送局は欧米には少ない気がします。
ヨーロッパに放送局は一部のケーブルTVは別として自分たちの番組やCMがいかに社会に影響与えるか知ってます

ケーブルテレビなどは独自性がありますが、民放はどれも同じような番組ばかりに見えます。1局だけで十分ではないでしょうか?

おそらく大都市にお住まいなのでしょう。いまでも地方では、
民放が2局しかない県が少なくありません。それこそ「 どげんか
せんといかん! 」の宮崎もそうです。宮崎では 24 時間テレビが
コマ切れでしか見られなかったそうですよ。

 inmarsat さんの考えだと、宮崎の人は東京や大阪、福岡のテレビ
事情を羨ましく思わないことになりますね。宮崎に限らず民放2局の
県はたくさんありますから、周りを探してみてください。「 民放なんて
どれも一緒だから、2局で十分だったでしょ? 」ってね。

 ちなみに、全国に取材網を張り巡らせているのは全国紙とNHK、
そして民放キー局だけです。民放が1社になると、それだけニュース
源が減ることになり、情報の選別が行なわれます。表に出したくない
情報を持つ政治家や官僚にとっては、都合のいい世界かもしれませんね。

民放とケーブルテレビの独自性・類似性の比較は無意味。

民放は総合百貨店。
ニュース、スポーツ、ドラマ、映画、音楽番組、情報、バラエティ、文化・・・とありとあらゆるジャンルの内容を報道する。
一方、ケーブルテレビは映画に特化したり、アニメに特化したり、ニュースに特化したりする専門店。

百貨店を専門店を比較して、百貨店は似たり寄ったりで複数ある価値が無いという批判は無意味。

そんなことを言い出すと、ケービルテレビやCS放送の各チャンネルも、「同じような内容(ゴルフなど)ばかりを繰り返し放送しているだけ。ゴルフなんて2時間だけでよくない?あとの22時間は無駄。」なんてことにもなる。私にとってゴルフなんてほとんどどれも同じ。

質問者さまの願いが通じたとして
夕方の民放のニュースを観終わって、19時…
テレビ欄を観ると

民放:クイズ番組
NHK総合:ニュース
NHK教育:手芸

だったら、泣きますね。
(質問者さまの主観で)似ているから1局でいいなんて、無茶苦茶です。

だったらケーブルテレビを引け…ですか?
僕自身は現状の民放で満足ですから、余計な出費は出したくありませんし、ケーブルテレビが観れない地域もあります。
ケーブルテレビが観れない地域の人は衛星放送を自腹で設置しろとでも?

ちなみに
>ケーブルテレビなどではかなり独自性が高いようです。
>他局が真似できないような印象があります。
これはケーブルテレビだからこそできる芸当で、ケーブルテレビ以外がやればクレームものですし、またケーブルテレビの生きる道です。
民放は比べるものが違いすぎると思います。
(哺乳類だからといって、クジラとウマを比べるようなもの)

また放映料(放映権)やCMなどではテレビ局が暴利をむさぼりそうですね。

ちなみに独占禁止法は、ある一社だけが市場を独占することを禁止するというよりむしろ、価格の操作など(テレビ業界なら放映料など)によって新規参入が妨害されたり、利用者(テレビ業界ならスポンサーなど)が不当に高い価格で損をするのを予防するための法律です。
(今でも飲料メーカーや民放などは“カルテル”に当たりそうで、怪しいものですが)民放が1社になれば、ケーブルテレビ関係も“右向け右”、従わなければ業界全体で締め出し…になり得ますから、独占禁止法に触れるでしょうね。

法律番組を見ていて不思議に思うのですが、なぜ弁護士によって有罪・無罪に分かれるのでしょう。法律に答えは一つしかない気がするのですが・・・

わざと意見を別けてと言うのもありますが、”裁判は水物”と弁護士兼作家の和久俊三という方がエッセイかなにかでいろいろ書いていました(2,30年前に読んだので詳しいことはわからない)正直正しいか、正しくないかというより強い・弱いという気もします。
 それぞれ異なる意見があるから弁護士がいて、裁判官がいるのでは?とおもいます。また、法律の条文は変わらなくても、解釈や運用はそのときの社会情勢によって変わります。正直社会が認めればカッターナイフを持っていただけで警察が捕まえても世間は非難しません。

法律に答えは一つしかない,のですが、事実は無数にあります。事件一つ一つが同じことはまずありません。事実を捉え理解し、それに法律の適用がどうあるべきか、これについてに意見は弁護士により夫々です。

また、番組編集上いろいろの意見で論争した方が、見ている方は面白いですからね。わざと違う意見を主張して、自分の存在をアピールする、芝居巧者のタレント弁護士もいますからね。

最近、「2時間SP」「3時間SP」「番組合体SP」などの番組が多すぎじゃないですか? こういう放送をすることに何のメリットがあるのでしょうか

ワンクール終わる時期なのと、不評なのが打ち切られているのでは?

お試しとして放送して、人気があればシリーズ化、人気がなければ切る、ということが容易に出来るから
合体SPは予算の統合と放送時間が長いほうがインパクトあると思っているから

二つのメリットが考えられます。

一つは視聴率が低空飛行を続けている番組を流すより、視聴率の良い番組のスペシャル版や合体した番組を流した方が視聴率が稼げるとテレビ局が考えているからです。
視聴率はスポンサーの評価の基準になりますから、民放としては意識しないわけにはいきません。
そしてもう一つは視聴率の悪いバラエティー番組は大々的に最終回を流すよりも、こっそりと消滅(フェードアウト)させた方が出演者や司会者の沽券に傷を付けずに済むし、失敗をごまかせるからでしょう。

しかし、視聴者からすれば迷惑です。
ご質問のように改変期と通常期がサッパリ分からなくなるのもそうですし、レギュラー番組を期待して見ている視聴者からすれば非常に不都合な話です。
私もそうですが、こういう事はテレビ離れに拍車を掛けているようにしか思えません。

まとめ


このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ