QAで知る「喫茶店」ガイド。「喫茶店って何?」「美味しいサンドイッチの秘密」「カフェと喫茶店の違い」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

熟練の店員が様々な飲み物を淹れてくれることで人気のブルーボトルコーヒー。そのルーツは日本の渋谷にある喫茶店「茶亭羽當」だそうです。落ち着ける空間と美味しいコーヒーを追求した喫茶店は日本の誇れる文化のひとつ。「喫茶店とは何なのか?

」「カフェと喫茶店の違い」「喫茶店サンドイッチとトーストの秘密」などのQAをご紹介します

喫茶店って何でしょうか。どういう場所なんでしょう?

高度成長期(昭和40年代~50年代前半)に、存在した洋風の有料休憩所。

当時、洋風の場所なんて、ありませんでしたから、雰囲気代です。
 もちろん、自動販売機もありません。
道は、水溜まりがある、ガタゴト道(土の道)ばかりです。
 家は、平屋建てが一般的。瓦に土壁を使った和風。
クーラー(エアコン)もなければ、乗用車も無い時代。

 ちょっと、休憩するのには、持って来いの場所でした。

熱い夏の日に冷房が効いていて座る場所と淹れたての飲み物を提供してくれる場所。テーブル付きなので本を持ち込めば長居も可能。水とトイレがただ。

その昔は待ち合わせに決まった喫茶店を使い、連絡を取るのに喫茶店当てに電話して呼び出してもらっていた、という携帯電話以前の歴史が喫茶店と待ち合わせの繋がりだと思います。

でなきゃ駅で待ち合わせようがどこでもいいわけ。

駅には伝言板なんてありましたねえ、でもたどり着けなかった人には読む事さえできないんです。遅れますという伝言は行きつけの常連の喫茶店が一番。

明治時代にフランスのカフェのまねをしてカフェというものが出来ました。
はじめはその名の通り、コーヒーを飲ませる店だったのですが、やはり金持ちの集まる場所なので、そのうちお酒も出し始め、女性が給仕をする風俗店になっていきました。
そこでコーヒーだけを飲ませる店と言うことで「喫茶店」と名付けられた店が出てきました。
「喫茶」というのは大昔からある言葉で、お茶など飲み物を飲む(ただ飲むのではなくそれを目的として楽しむという意味ですね)ことです。
お茶を飲む店としては江戸時代には「茶店(”さてん”ではなくて”ちゃみせ”)がありましたが、ちょっとおしゃれなイメージと言うことで「喫茶店」と命名したのでしょう。
日本茶を飲む場所ではなく、紅茶やコーヒーを飲む場所です。

その後またお酒を出す喫茶店が出てきたため、お酒は出さない喫茶店を「純喫茶」と分類するようになりました。
最近は「コーヒー店」とか「カフェ」と呼ぶ方が一般的になり、「喫茶店」は死語になりつつあります。

喫茶店だと、自宅より落ち着いて本が読めます。なぜでしょうか?

そうですね、経験ありますよ。
私も現在、部屋をどうしたら
リラックス空間にできるか検討中です。

おそらくですけど、
人間は五感で外部情報を得ていますので、

目・シックな色彩、インテリア、光
耳・流れる音楽(BGM)、少々のざわつき
鼻・落ち着く匂い
皮・机、椅子の肌触りの良さ
口・美味しい味

これが専門的に(又は経験的に)
創られているのだと思います。

それは、適度に緊張感があるからです。
まったく一人だと、何をやってもお構いなしですが、喫茶店という社会空間にいることでさまざまな制約、規制が働きます。その「まったく自由でないが、とりあえず自由」な時空間が喫茶店というものじゃないでしょうか?だから、おのずと活字を読むエネルギーも促されるわけですよ。

カフェと喫茶店のちがいって何ですか?

個人的意見としてですが

カフェ
 ・飲み物の種類が多い
 ・食べ物はフード主体(デザート系は少ない)
 ・アルコールが置いてある(所が多い)
 ・開放的(会話を楽しみやすい)

喫茶店
 ・珈琲専門店など1つの飲み物のバリエーション(?)が豊富
 ・食べ物はデザート主体(チョコパフェとかケーキなど)
 ・アルコールはなし
 ・静かで自分の世界が作れる(本を読む、資料作成etc…)

ドイツ語でdas Cafe(ダス・カフェ)das Kaffeehaus(ダス・カフェーハオス)
後者はオーストリアで言うようです

日本語ではどちらも喫茶店です。
新しく店を作る時にネーミングは大事ですよね。ただ、名前だけの看板を上げるかそれとも、なんとかカフェと上げるか、後者のほうがおしゃれな感じがしませんか?
特に明確な違いはないと思いますけど、夫が詳しいので又聞いて、線引きがあるのなら、また書いてみますね。

夫に聞きました。
高齢者が入りやすいのが喫茶店、今風のがカフェ、東京には喫茶店は無い。カフェばかりと言っていました。
又、珈琲専門店、紅茶専門店は喫茶店とは言わないとも。
カフェテリアというのは現代用語の基礎知識によると露天の喫茶店とあったので、オープンテラスの店の前にテーブルと椅子が置いてあって、そこで紅茶等を飲むことが出来る店は当然、カフェですね。

自宅より、喫茶店のトーストは「ぱりっ」としていておいしいですね。なぜでしょうか?

オーブントースターの種類の中に「熱風トースター」というのがありますので、それを使ってみてはいかがでしょうか?

トースターを余熱してからやってみてはいかがでしょうか?
最初に二分ほどトースターを温めてから焼くと美味しく焼けると聞いたことがあるのですが、それが「ぱりっと」焼けるのか「ふんわり」焼けるのかがちょっと記憶に・・・ないんですよねえ(^^;
でも、喫茶店だとおそらく何回もつづけて焼いたりするので常に余熱状態にはなりますよね。
一度お試しあれ!

喫茶店サンドイッチってすごく美味しいですね。どうやって作っているのですか?

確か 両面に最初にバターを塗りますよね 
 卵焼きは少し砂糖を入れたりします あとタルタルソースのように小さく切った卵とピクルスを入れるとまたおいしいよ
 あと余談かも知れませんが、みじん切りにしたタマネギを塩で数分もんで 水で洗い流して これをさっきのマヨに入れてハムなどで挟むとこれもおいしいですよ

業務用マヨネーズはドンキホーテで売っているキューピーの1キロ入りのものです。
パンはまさに超熟の長いものを好きな厚さに切って使っていました。
使うときに切るパンはそれだけでも味が違って、格段においしくなりますね。
ゆで卵は普通の卵きりで縦横にざくっと切るだけでした。あとマヨネーズと塩コショウ少々。コショウを効かせるとおいしいです。

今日喫茶店で実際に聞いてみました
やっぱり一番はパンが違うとのこと・・・
良いパンの方が、綺麗に切れるし美味しいんですね
大体、喫茶店のパンは最上級(高い)のを使っているそうです
あとは、切り立てでサンドイッチを作るからうまくできるそうです
初めから切ってあるものでは、形が汚くなるとか
だから、一斤パンでチャレンジして下さい
その際、切り方は厚めに!です
今日作り方を良く見てましたが
やっぱり、両面にバターは必須みたいです
野菜(水分が多いもの)を使うならその上にマヨネーズを重ねます
それで綺麗なサンドイッチが出来ます
レシピ(具)ですが、そんな大層な物じゃないですよ
ハムとかやっぱ高いの使ってますが・・・
(美味しさは単純に慣れと良いものを使っているから)
具は料理本のサンドイッチの作り方通りに作ってみては?

うちのバイト先の喫茶店のサンドイッチも美味しいって評判ですよ。まず、パンの美味しさが違うと思います!ある程度良いパン使ってますか?
レシピ↓
1.マヨネーズ少量とゆで卵1個を、入れ物の中で、混ぜる(卵は細かくしながら)
2.パン(めっちゃ長い業務用の奴をつかってます)を薄めに切って、両面にバターを塗る(サンドイッチ用パンより少し厚め)
3.2の上に1をのせる
4.挟んで切る
普通ですよねwあ、押さえつけたりとかしてませんよ。切る時は上記のサンドイッチの上に、もう一種類のサンドイッチを重ねてきってます。端をきってから、斜めに切るって感じです。
多分、パンの美味しさの違いと、見た目の綺麗さの違い(慣れてるから凄く綺麗です)だと思います。見た目が綺麗なだけで食欲そそりますからね。あとは、卵のゆで加減もありますね。ゆですぎると美味しくない・・・。あと包丁も悪いものだと綺麗に切れないだろうし。一番大きいのはなれと思いますよ!作るのを横で見てて綺麗だなって思いますから。
バイト先のサンドイッチはこんな感じです!!

初めまして。
アルバイトだったんですが、
以前某有名ベーカリーでサンドウィッチなどを作っていました。

 今は家で作りますが、家族もおいしいと褒めてくれるので、
良かったら、チャレンジしてみてください。

 まずタマゴサラダですが、サラダで食べるより、
気持ちだけ塩気を強くしています。
塩分そのままでこしょうを多めにするのもいいです。

 最初にゆで卵を作っている間に、
パンにバターを塗ります。
長時間置くとパンの水分が飛んで固くなるので、
バターを塗った面を互いに接着させる形で、
パンの袋に戻して軽く閉じておきます。
(又はラップでくるんでもいいかもしれません)

 タマゴサラダにレタスやきゅうりの野菜を敷く場合は、
その野菜の水分はきちんと拭き取っておく。
特にレタスの水分は、パンがべちょべちょになります。
せっかくバターを塗っても意味がありません。
(バターはパンに余分な水分を吸わせない役目もしています)

 サンドウィッチの場合、見た目の美しさも味のエッセンスになるので、
切ったときの断面に野菜などがきちんと見えるように、挟みます。
(切るラインに対して、対角線というか
串刺ししたような形にきゅうりなどを配置するとキレイです)

 具を挟んだパンを切るときのポイントですが、
パンを押さえる手は、指先で点で軽~く押さえるような感じにして、
その指と指の間にできた空洞を利用して、
包丁をいれていくのがベストだと思います。

週一回、自宅の庭で喫茶店をやってみたいと思っています。どのような手続きが必要ですか?

家の台所では駄目ですから(保健所に認めて貰えません)
その設備費用だけでかなりの額が必要ですよ

金持ちの道楽のつもりじゃないと採算合わないでしょう。

地元の保健所に届出をします。
そこで説明を受けるのが一番早いと思います。
「家庭で喫茶店を開きたいのですがどこに注意したらよいですか?」

回答として言われるのは、多分次のことです。
厨房の条件(水道を2ヶ所設置する)がネックです。
網戸や防水の話も聞かされると思いますが、
自宅で考えている皆さん、ここで挫折される見たいですね。

開業を考えていますが、喫茶店のオーナーって忙しいですか?

これはオーナー次第だと思います。つまりrallyさんがどういう「経営」をしたいかです。その手段がたまたまという理由で喫茶店になったのなら、あまり効率の良い商売ではないと思いますよ。

というのも私の親戚には、雑誌に何度か取り上げられるくらいの規模の喫茶店を経営している叔父・伯母がおり、rallyさんの言う通り常にとても忙しく、旅行なんて夢のまた夢だし、1日お休みするのだって相当な準備が必要のようです。
聞いたことをいくつかあげてみると、
○店舗管理
○経理管理
○メニューの味の管理/創作
○アルバイトの指導/配置/管理
○衛生面のチェック/管理
○顧客のニーズ調査/動向確認
など、他にもやろうと思えばいくらだってやる事はあるそうです。

たしかにあまり店には出ず、出資者としての経営のみ行う場合はこの限りではありません。でもそれが喫茶店じたいにどう反映されるかはまた別のことです。もし仮に雇われ店長を使うのだとしても、その人の能力次第というあやふやなものになりかねないでしょう。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ